ギャンブルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > ギャンブルの意味・解説 

ギャンブル【gamble】

読み方:ぎゃんぶる

賭(か)け事。ばくち。また、偶然や運に頼る危険な試み。「公営―」「結婚は―だ」


ギャンブル

作者御堂彰彦

収載図書付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います 4
出版社アスキー・メディアワークス
刊行年月2008.7
シリーズ名電撃文庫


ギャンブル

名前 Gamble

賭博

(ギャンブル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/06 03:40 UTC 版)

(とばく、英: gambling、独: Glücksspiel、仏: jeu d'argent)とは、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと[1]


注釈

  1. ^ サイコロを投げてその目の出方に掛ける競技であるが、サイコロを投げる役であるシューターがプレイヤーに回り、シューターも他の役と同様に掛けることが出来るため、賭事と博戯が混在している。
  2. ^ 投資商品の中でも、当たれば巨額の利益が得られるが、相場の値下がりなどによる投資額の損失リスクが高いもの。
  3. ^ この場合の引換券は「ゲームカード」と言われ、当てれば粗品がもらえるカードの意。

出典

  1. ^ a b 広辞苑第六版「賭博」
  2. ^ 「賭博1」(ものと人間の文化史40-1)p64-66 増川宏一 法政大学出版局 1980年6月20日初版第1刷
  3. ^ 「賭博1」(ものと人間の文化史40-1)p45 増川宏一 法政大学出版局 1980年6月20日初版第1刷
  4. ^ 「カジノ産業の本質 社会経済的コストと可能性の分析」p94 ダグラス・M・ウォーカー 佐々木一彰・仁木一彦監訳 山田美明・田畑あや子・岡本由香子訳 日経BP社 2015年6月15日第1版第1刷発行
  5. ^ a b 大谷實『新版刑法講義各論[追補版]』(成文堂、2002年)533頁
  6. ^ 呉智英『言葉につける薬』(双葉社1994年 ISBN 4-575-28339-8 )93頁「ばくち打ちは二度ばくちを打つ」より
  7. ^ 「合百賭博に手入れ 女もまじえた一味二十二名検挙」『日本経済新聞』昭和24年6月23日2面
  8. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p20 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  9. ^ 「スポーツの世界地図」p104-105 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  10. ^ a b c 「宝くじ問題検討会報告書 平成22年11月 宝くじ問題検討会」 (PDF) 日本国総務省 2020年2月19日閲覧
  11. ^ 「宝くじの文化史 ギャンブルが変えた世界史」p16-17 ゲイリー・ヒックス著 高橋知子訳 原書房 2011年11月10日第1刷
  12. ^ 「アジア各地に外国人専用カジノ、恩恵と損失の狭間で政府苦肉の策」 AFPBB 2013年1月29日 2020年2月18日閲覧
  13. ^ 「公営競技の文化経済学」(文化経済学ライブラリー1)p12-13 佐々木晃彦 芙蓉書房出版 1999年3月31日第1刷
  14. ^ 「賭博3」(ものと人間の文化史40-3)p337-338 増川宏一 法政大学出版局 1983年10月5日初版第1刷発行
  15. ^ 「宝くじ問題検討会報告書 平成22年11月 宝くじ問題検討会」 (PDF) 日本国総務省 2020年2月18日閲覧
  16. ^ 「公営競技の文化経済学」(文化経済学ライブラリー1)p21 佐々木晃彦 芙蓉書房出版 1999年3月31日第1刷
  17. ^ 「公営競技の文化経済学」(文化経済学ライブラリー1)p28 佐々木晃彦 芙蓉書房出版 1999年3月31日第1刷
  18. ^ 「公営競技の文化経済学」(文化経済学ライブラリー1)p34 佐々木晃彦 芙蓉書房出版 1999年3月31日第1刷
  19. ^ 検察庁前で麻雀「黒川杯」 テンピンで黒い牌で…警官集まる騒動に : スポーツ報知
  20. ^ a b c 「スポーツの世界地図」p104 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  21. ^ a b c 「米、全州でスポーツ賭博解禁へ 最高裁が判断」 AFPBB 2018年5月15日 2020年2月18日閲覧
  22. ^ 「本物のカジノへ行こう!」p88-89 松井政就 文藝春秋 2016年3月20日第1刷
  23. ^ 「本物のカジノへ行こう!」p92-94 松井政就 文藝春秋 2016年3月20日第1刷
  24. ^ 「宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率 資料3」 (PDF) 日本国総務省 2020年2月18日閲覧
  25. ^ 「宝くじの文化史 ギャンブルが変えた世界史」p13-14 ゲイリー・ヒックス著 高橋知子訳 原書房 2011年11月10日第1刷
  26. ^ a b 「カジノ産業の本質 社会経済的コストと可能性の分析」p20 ダグラス・M・ウォーカー 佐々木一彰・仁木一彦監訳 山田美明・田畑あや子・岡本由香子訳 日経BP社 2015年6月15日第1版第1刷発行
  27. ^ 「【IR法成立】「観光立国の実現の第一歩」高まる経済効果への期待」 産経新聞 2016年12月15日 2019年12月22日閲覧
  28. ^ a b 「本物のカジノへ行こう!」p90 松井政就 文藝春秋 2016年3月20日第1刷
  29. ^ a b 増子保志, 「マカオカジノ産業における構造変化 -転換点としての対外開放-」 日本国際情報学会 『国際情報研究』13巻 1号 2016年12月25日発行, p.26-36, 2020年2月18日閲覧。
  30. ^ 「本物のカジノへ行こう!」p84 松井政就 文藝春秋 2016年3月20日第1刷
  31. ^ a b c d 「カジノ産業の本質 社会経済的コストと可能性の分析」p19 ダグラス・M・ウォーカー 佐々木一彰・仁木一彦監訳 山田美明・田畑あや子・岡本由香子訳 日経BP社 2015年6月15日第1版第1刷発行
  32. ^ 「本物のカジノへ行こう!」p20 松井政就 文藝春秋 2016年3月20日第1刷
  33. ^ a b 「韓国カジノ産業の動向」p62 柳匡勳 (観光文化224号 January 2015) (PDF) 公益財団法人日本交通公社 2020年2月18日閲覧
  34. ^ スロット禁止「思わぬ効果」 コロナ感染防止、依存症が緩和―オーストラリア”. 時事通信社 (2020年4月28日). 2020年4月29日閲覧。
  35. ^ 「カジノ産業の本質 社会経済的コストと可能性の分析」p238-245 ダグラス・M・ウォーカー 佐々木一彰・仁木一彦監訳 山田美明・田畑あや子・岡本由香子訳 日経BP社 2015年6月15日第1版第1刷発行
  36. ^ 「本物のカジノへ行こう!」p53 松井政就 文藝春秋 2016年3月20日第1刷
  37. ^ 「スポーツ賭博解禁に揺れるアメリカ、野球界には根強い抵抗」 冷泉彰彦 ニューズウィーク日本版 2018年05月31日 2020年2月18日閲覧
  38. ^ Blau, Benjamin M.; Whitby, Ryan J. (2020-09-01). “Gambling activity and stock price volatility: A cross-country analysis” (英語). Journal of Behavioral and Experimental Finance 27: 100338. doi:10.1016/j.jbef.2020.100338. ISSN 2214-6350. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214635019302965. 
  39. ^ アメリカ精神医学会 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』578-582頁 「物質関連障害および嗜癖性障害群 - 非物質関連障害群 - ギャンブル障害」。日本語版用語監修:日本精神神経学会、監訳:高橋三郎・大野裕、訳:染矢俊幸・神庭重信・尾崎紀夫・三村將・村井俊哉。、医学書院、2014年6月15日。ISBN 978-4260019071 
  40. ^ WHO 『ICD-10 精神および行動の障害-臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』221-222頁「F63 習慣および衝動の障害」 監訳・融道男・中根允文・小見山実・岡崎祐士・大久保善朗。、医学書院、2005年11月15日。ISBN 978-4260001335 
  41. ^ a b c d ジョナサン・ウルフ 『「正しい政策」がないならどうすべきか:政策のための哲学』 大澤津・原田健二郎訳 勁草書房 2017年 第2刷 ISBN 9784326154401 pp.56-60.
  42. ^ イスラーム契約のシャリーア(イスラーム法)適合性 - 平成30年度土木学会 小林潔司会長情報発信プロジェクト 基礎知識 08_2018.10 月版
  43. ^ a b c d e f 『イスラーム世界がよくわかるQ&A100』/第6章 Q82:カフェでトランプをしているようですが、お金を賭けているのでしょうか。 - AA研
  44. ^ ギャンブル”. 2018年5月14日閲覧。
  45. ^ The Unofficial Site of the Iglesia ni Cristo”. 2019年4月17日閲覧。
  46. ^ 「賭博1」(ものと人間の文化史40-1)p108 増川宏一 法政大学出版局 1980年6月20日初版第1刷
  47. ^ 「賭博1」(ものと人間の文化史40-1)p124 増川宏一 法政大学出版局 1980年6月20日初版第1刷
  48. ^ 「賭博1」(ものと人間の文化史40-1)p138 増川宏一 法政大学出版局 1980年6月20日初版第1刷
  49. ^ 「賭博1」(ものと人間の文化史40-1)p49-50 増川宏一 法政大学出版局 1980年6月20日初版第1刷
  50. ^ 「賭博3」(ものと人間の文化史40-3)p5 増川宏一 法政大学出版局 1983年10月5日初版第1刷発行
  51. ^ 「賭博3」(ものと人間の文化史40-3)p339-340 増川宏一 法政大学出版局 1983年10月5日初版第1刷発行
  52. ^ 「歴史と統計学 人・時代・思想」p94 竹内啓 日本経済新聞出版社 2018年7月25日第1刷



ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 22:44 UTC 版)

ニュージャージー州」の記事における「ギャンブル」解説

ネバダ州についでカジノ合法化した。1978年州議会アトランティックシティカジノ開業承認した当時はラスベガス唯一の大規模カジノ・リゾートだった。現在、多くのカジノアトランティックシティボードウオーク沿いにあり、世界最長のボードウオークとなっている。2013年2月26日クリス・クリスティ州知事はオンライン・ギャンブルを認める法を成立させた。

※この「ギャンブル」の解説は、「ニュージャージー州」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「ニュージャージー州」の記事については、「ニュージャージー州」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:05 UTC 版)

Second Life」の記事における「ギャンブル」解説

有料スロットマシーンなどを使った賭博2007年7月以降禁止されたが、ビンゴゲーム亜種であるZyngoゲーム機並べた遊戯施設事実上のカジノ)がそれ以降多数存在する。しかしそれも徐々に縮小されてきている。

※この「ギャンブル」の解説は、「Second Life」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「Second Life」の記事については、「Second Life」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 05:10 UTC 版)

ペンシルベニア州」の記事における「ギャンブル」解説

詳細は「w:Gambling in Pennsylvaniaを参照 カジノ2004年に合化された。州内に9か所カジノがあり、建設中または計画中のものが3か所ある。競馬スロットマシン電子テーブルゲーム合法だが、テーブルゲーム合法化する議案2009年秋審議された。ポーカールーレットブラックジャックダイスなどのテーブルゲーム2010年1月議会承認され1月7日州知事署名により法制化された。スポーツ係わる賭博違法である。 エド・レンデル州知事2009年バー民間クラブでのビデオ・ポーカー・マシンの合法化検討した。これは推計17,000台のマシン運営されているからだった。この計画では、アルコール販売許可され施設が5台までのマシン置くことを認められるはずだった。すべてのマシンカジノと同様に州のコンピュータ・システム繋がれることになっていた。ギャンブルの売り上げは、勝者支払った後の50%を州に税として支払い残り50%は経営者に残ることになっている

※この「ギャンブル」の解説は、「ペンシルベニア州」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「ペンシルベニア州」の記事については、「ペンシルベニア州」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 08:53 UTC 版)

ベンジャミン・シーゲル」の記事における「ギャンブル」解説

1937年西海岸での組織拡大も兼ねてカリフォルニア州拠点移した当地のギャングボスのジャック・ドラグナには組織をまとめる力量がなく、シーゲルには小物のローカル・ギャングにみえた。ルチアーノコステロ代理ホテル不動産ビジネスを始めたほか、仲間のモー・セドウェイと組んで西海岸競馬通信社私設馬券場を勢力下においた。 1938年地元ギャングのトニー・コルネロと共に当時カリフォルニア違法だったギャンブルをサンタモニカ海岸3マイルの沖でレックス号という船の上開いた。3マイル沖の海上なら法律の適用外になるという目論見だったが、ロサンゼルス郡警察はすぐに手入れ乗り出しレックス開店休業追い込んだそのため2人はさらに離れた12マイル沖で始めた。しかし今度陸地から遠すぎで客がほとんど訪れなかった。この件2人大損したという。メキシコ麻薬密輸にも関わった伝えられた。1944年カリフォルニアのセアリトスに仲間アレン・スマイリーと共に倉庫を買い、盗難くず鉄安く買って政府高く売った

※この「ギャンブル」の解説は、「ベンジャミン・シーゲル」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「ベンジャミン・シーゲル」の記事については、「ベンジャミン・シーゲル」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:48 UTC 版)

賭ケグルイ」の記事における「ギャンブル」解説

本編枢軸生徒会によって一元的管理されている階級制度強者羨望集め弱者は「家畜扱いされるなど、差別的扱い付ける。

※この「ギャンブル」の解説は、「賭ケグルイ」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「賭ケグルイ」の記事については、「賭ケグルイ」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 10:19 UTC 版)

徳光和夫」の記事における「ギャンブル」解説

大のギャンブル好きである。特にボートレース大好きであり、選手の心理状況家族構成まで調べるくらいに熱中している日テレ時代に『ズームイン!!朝!』を担当していた時は、番組終わるとほぼ毎日のように平和島競艇場直行していたと言われている。「競馬遊び競艇勝負」が口癖でもあるという。 競馬では大穴狙い多く負けて当然と言った馬券買い方よくするウインズ後楽園によく出没する1997年2月17日には、船橋競馬場当時南関東公営競馬史上最高配当記録となる馬複馬連20万馬券的中し、約800万円の払い戻しを受け、大々的に報じられた(この時ウインズ新橋の場外発売で馬券購入)。その際徳光馬券予想コーナー掲載していたスポーツ報知では「徳さん万馬券的中」と1面報じたが、別のスポーツ新聞徳光であることに気がつかず、「初老の男性換金来た」と報じたウインズ後楽園高額払い戻し受けた際、一般人発見され騒ぎになり払い戻し含めて新聞掲載されたその際家族には勝った金額過小報告していたが、翌日新聞報道奥さんバレた競輪では自宅のある茅ヶ崎程近い平塚競輪場訪れる。2007年の日本選手権競輪など、当地でのテレビ中継ゲスト呼ばれたこともある。 公営競技以外にも麻雀も打つ(過去にストレス解消法として、深夜まで及ぶことがあった)。 2009年4月映画『グラン・トリノ』特別試写会招かれた際には、自らの理想死に方として「『これを孫娘渡してくれ…!』と言って万馬券を持って死ぬ、とかですね、あまりにも高価な万馬券故にショック死をしてしまうとか」と語っている。

※この「ギャンブル」の解説は、「徳光和夫」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「徳光和夫」の記事については、「徳光和夫」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:27 UTC 版)

蛭子能収」の記事における「ギャンブル」解説

無類のギャンブル好きで競艇から麻雀パチンコカジノまでオールラウンドにこなす。妻とラスベガス旅行中カジノはまった丁半チンチロリンなど大衆博戯も得意領域である。競馬は得意領域はないたスポーツ新聞予想頼りにしている。競馬のめり込まない理由として動物興味がない」「動物癒されたことはない」「人と動物気持ち通じ合わない」「気持ちが通じ合うとすれば、それは人間思い込み」と独自の倫理観展開している。 高校在学中高校生パチンコ禁止」という学校ルール守り続け高校卒業式終了と同時にパチンコ屋直行した全国民の中で高校卒業後に最速パチンコ屋行ったのは自分ではないかと回想している。 これまでにギャンブルで1億円以上負けている。ただし、借金一銭もなく「ギャンブルで失敗して自業自得なんだし身から出た錆借金してギャンブルは確実に地獄行き」と持論述べている。 2006年8月には出身地長崎県にある大村競艇場で「蛭子能収杯」という一般戦の冠レース開催され初日10 - 12レース蛭子自らが番組編成当たった競艇選手以外の個人名の冠レースは、この蛭子能収杯が競艇史上初また、2008年からは、大村競艇場開催されオール女子戦(2008年2009年女子リーグ)のサブタイトルとして「真夏女王蛭子能収杯」が付けられ、「蛭子ドリーム」と名づけられた初日12Rドリーム戦は、蛭子自らメンバー選定番組編成に当たっている。 また2008年から多摩川競艇場にて「多摩川蛭子カップ」という一般戦の冠レース開催されている。ここでも初日後半2レース蛭子自ら番組編成に当たっている。 競艇以外の公営競技では1996年ばんえい競馬イメージキャラクター務めていた。 1998年11月に、東京都新宿区歌舞伎町麻雀店で麻雀賭博現行犯で逮捕、約4か月の間タレントとしての活動自粛したその際に、「自分があんな(あの程度の安い)レート警察御用になるだったら東尾さんなん懲役ものじゃないのか」と語っていたという。後に図に乗っていたので、ここで一度落とされ良かった」と回想している。 本人モチーフとしたパチンコ台CR蛭子能収」「CR人」(高尾り発売)も登場した

※この「ギャンブル」の解説は、「蛭子能収」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「蛭子能収」の記事については、「蛭子能収」の概要を参照ください。


ギャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 12:10 UTC 版)

柏木昭男」の記事における「ギャンブル」解説

柏木カジノに通い始めたのは1980年代からと言われている。 1990年1月ダーウィンカジノにおいて、バカラで約29億円を稼ぎ、ギャンブル界でも一躍有名な存在となった柏木自らの財政状態について秘密主義貫いていたので、カジノ関係者信用調査においては彼の職業は「ビジネス」とされていた

※この「ギャンブル」の解説は、「柏木昭男」の解説の一部です。
「ギャンブル」を含む「柏木昭男」の記事については、「柏木昭男」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ギャンブル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ギャンブル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 08:42 UTC 版)

名詞

ギャンブル

  1. 賭け事賭博博打

語源

英語 gamble

発音(?)

ギャ↘ンブル

「ギャンブル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ギャンブルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギャンブル」の関連用語

ギャンブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギャンブルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの賭博 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニュージャージー州 (改訂履歴)、Second Life (改訂履歴)、ペンシルベニア州 (改訂履歴)、ベンジャミン・シーゲル (改訂履歴)、賭ケグルイ (改訂履歴)、徳光和夫 (改訂履歴)、蛭子能収 (改訂履歴)、柏木昭男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのギャンブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS