盗難とは? わかりやすく解説

とう‐なん〔タウ‐〕【盗難】

読み方:とうなん

金品盗まれること。また、その災難。「―にあう」


盗難

作者江戸川乱歩

収載図書陰獣新装版
出版社春陽堂書店
刊行年月1987.6
シリーズ名江戸川乱歩文庫

収載図書白髪鬼新装版
出版社角川書店
刊行年月1987.8
シリーズ名角川文庫

収載図書屋根裏の散歩者
出版社講談社
刊行年月1987.11
シリーズ名江戸川乱歩推理文庫

収載図書屋根裏の散歩者復刻版
出版社春陽堂書店
刊行年月1993.11
シリーズ名創作探偵小説

収載図書恐怖王
出版社春陽堂書店
刊行年月1995.10
シリーズ名春陽文庫

収載図書江戸川乱歩短篇 1 本推理
出版社筑摩書房
刊行年月1998.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書夢遊病者の死
出版社角川書店
刊行年月2000.6
シリーズ名角川ホラー文庫

収載図書屋根裏の散歩者江戸川乱歩全集 第1巻
出版社光文社
刊行年月2004.7
シリーズ名光文社文庫

収載図書白髪鬼暗黒星 覆刻
出版社沖積舎
刊行年月2007.11
シリーズ名江戸川乱歩全集


盗難

作者宮本百合子

収載図書宮本百合子全集33習作2
出版社新日本出版社
刊行年月2004.1


窃盗

(盗難 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 06:48 UTC 版)

窃盗(せっとう)とは、窃かに盗むこと、あるいは単に盗むことをいう。倫理的・道徳的に反社会的行為とされ、また、法的にも、不法行為責任および刑事責任が問われるのが通常である。


  1. ^ (用例)窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる。(刑法第238条 事後強盗
  2. ^ 犯罪統計書 平成23年の犯罪
  3. ^ 八巻正治は自著『君は麦畑の風の中を』の中で「秋の紅葉が過ぎ冬場になると、あたりの山々がもうミカン色いっぱいになります。そしてドライブをしながらヒョイと手を伸ばせば道端のミカンが簡単に取れるのです(ゴメンナサイ)」(同書pp.168)と軽い口調で窃盗の告白をしている。当時、大学教授であった人物が、このような文章を冗談めかしつつも平然と書いていることが、いかに「畑泥棒」が軽い犯罪であるかのように考えられているかの一例である。


「窃盗」の続きの解説一覧

盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/11 15:00 UTC 版)

安国寺 (壱岐市)」の記事における「盗難」の解説

朝鮮半島から流出した文化財の返還問題を参照 1994年7月23日591帖のうち493帖が宝物殿から盗まれていることが発覚した1995年にしみや汚れ巻末署名などが酷似したもの3帖が韓国「発見」され、韓国の国宝284号に指定された日本の外務省1998年韓国政府に対して調査依頼したが、個人所有であるとして返還認められなかった。所有者は、コリアナ化粧品(코리아나화장품)会長韓国博物館会会長の相玉(유상옥、ユ・サンオク)である。

※この「盗難」の解説は、「安国寺 (壱岐市)」の解説の一部です。
「盗難」を含む「安国寺 (壱岐市)」の記事については、「安国寺 (壱岐市)」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 01:52 UTC 版)

婦人の肖像 (クリムト)」の記事における「盗難」の解説

1997年2月22日、リッチ・オッディ近代美術館改修工事に伴って閉館されていた際に本作所在不明になる作品金色フレームと紐が美術館屋根の上発見されことから、夜の間に何者か美術館天窓から鉤のような器具取り付けた紐を垂らし本作吊り上げ盗み去ったか、もしくは何者か天窓から美術館中に侵入して本作盗み去った可能性がある考えられていた。 同年4月1日イタリアフランス国境位置するヴェンティミーリアにおいて、政治家ベッティーノ・クラクシ宛て小包国境警備隊回収し検査したところ、クリムトによると思われる作品入れられていた。しかし、それは巧妙に作られた贋作であることが判明した2019年12月10日庭師がリッチ・オッディ近代美術館外壁表面を覆うツタ取り除いていたところ、金属製小さなドア発見しその中スペースから本作発見された。作品は黒いビニール製ごみ袋入れられており、無傷であった。2020年1月17日発見され作品が、クリムトによって描かれ本物であることが明らかにされた。

※この「盗難」の解説は、「婦人の肖像 (クリムト)」の解説の一部です。
「盗難」を含む「婦人の肖像 (クリムト)」の記事については、「婦人の肖像 (クリムト)」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 03:14 UTC 版)

バッドアート美術館」の記事における「盗難」の解説

MOBA作品2点が盗難により失われたことがある。この事件メディアの注目浴び美術館地位を高めることになった1996年行方不明になったR・アンジェロ・リーの「アイリーン」はウィルソンゴミ中から見つけてきた絵で、コレクションに入る以前から何者かナイフカンバス切りつけ箇所裂け目特徴だった。盗難に遭ったMOBAは「すでにしてパワフルな作品に、盗難によってさらなるドラマ要素加えられた」とコメント出した美術館は「アイリーン」を返却してくれれば6.50ドル謝礼を出すと宣言しMOBA資金提供者は後にこの額を36.73ドルにまで上げたが、作品長い間戻ってこなかった 。ボストン警察はこの犯罪を「窃盗その他」に分類した伝えられるところでは知名度の高いボストンイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館1990年起こった凶悪な強盗事件と「アイリーン」の消失何の関係があるのか理解できない、とサッコ発言したという。「アイリーン」が盗まれてから10年後2006年に、窃盗犯MOBA接触し、絵に5千ドル身代金要求してきた。代金はまった支払われなかったが、結局絵は戻ってきた。 「アイリーン」の盗難がきっかけとなり、MOBA職員ダミー防犯カメラ導入することに決めデッダム分館ではカメラ下に注意書き添えられた。「注意-このギャラリーダミー防犯カメラ設置しています」。こうして抑止策をとったにも関わらず2004年にはレベッカ・ハリスの「配水管としての自画像」が壁から外され10ドル身代金要求するメモ代わりに置かれているという事件が起こった。しかも犯人メモに連絡先を書き忘れていた。絵はすぐに戻ってきた上に寄付金10ドルがついてきた。キュレーターのマイケル・フランクは窃盗犯が絵を買い取って貰う相手見つけることが難しかったではないか推測している。しかしその根拠は「一流どころであれば犯罪者とは交渉しない」から、というものだった

※この「盗難」の解説は、「バッドアート美術館」の解説の一部です。
「盗難」を含む「バッドアート美術館」の記事については、「バッドアート美術館」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 10:07 UTC 版)

手紙を書く婦人と召使」の記事における「盗難」の解説

手紙を書く婦人と召使』は1974年4月27日に、ゴヤ2点ゲインズバラ3点ルーベンス絵画作品とともに盗難に遭っている。当時これらの絵画所蔵していたのは第2代準男爵アルフレッド・ベイト(Sir Alfred Beit, 2nd Baronet)で、ベイト邸宅ラスボラハウス(Russborough House)からコレクション強奪したのはIRA武装メンバーだった。IRA支援者だったブリジッド・ローズ・ダグデイル(Rose Dugdale)の指示のもと、IRAメンバードライバー使用して額縁から絵画剥ぎ取ったのであるその後、『手紙を書く婦人と召使』を含む盗難絵画は、事件発生から8日後にカウンティ・コーク(County Cork)のコテージ発見された。 1986年にも『手紙を書く婦人と召使』は、ダブリン犯罪者マーティン・カーヒル(Martin Cahillの手引きで盗まれている。カーヒルそれまでに盗んだ多くの絵画あわせて総額20,000ポンド返還金要求したしかしながらこの代金支払われることはなく、カーヒル自身国際的な盗難美術品処分できるだけの伝手知識持っていなかった。アイルランド放送協会報道では、カーヒル美術品嗜好は「リビングの壁にかかっている、川に浮か白鳥のような明る安っぽい版画」で「盗んだ傑作絵画大金もたらす金づるだと思っていた」としている。『手紙を書く婦人と召使』は1993年8月に、アイルランド警察おとり捜査によってアントウェルペン発見された。『手紙を書く婦人と召使』は現物不在の状態でアイルランド国立美術館寄贈されており、返還された『手紙を書く婦人と召使』は、そのままアイルランド国立美術館所蔵されている。

※この「盗難」の解説は、「手紙を書く婦人と召使」の解説の一部です。
「盗難」を含む「手紙を書く婦人と召使」の記事については、「手紙を書く婦人と召使」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 20:29 UTC 版)

マドンナ (エドヴァルド・ムンク)」の記事における「盗難」の解説

叫び参照のこと。 2004年8月22日日曜日、銃を携えて覆面被った男たちによって、『マドンナ』と『叫び』ムンク美術館から盗難されるという事件が起きた犯人達は美術館警備員に対して床に伏せるよう脅し、壁に張られ防護用の綱を引きちぎり、黒い車乗って逃走した逃走使用されアウディ・A6ステーションワゴンは、後に乗り捨てられているところを警察によって発見された。

※この「盗難」の解説は、「マドンナ (エドヴァルド・ムンク)」の解説の一部です。
「盗難」を含む「マドンナ (エドヴァルド・ムンク)」の記事については、「マドンナ (エドヴァルド・ムンク)」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 14:08 UTC 版)

ケーブル」の記事における「盗難」の解説

送電通信ケーブル類は、再生利用可能で比較高価格取引されている銅線使われている場合が多いため盗難に遭いやすい。ブラジルの例では、2016年リオデジャネイロオリンピックの開会式開催されたエスタジオ・ド・マラカナンスタジアムが閉幕後管理手薄になると途端にケーブル類が盗難に遭った日本でも東日本大震災発生時に立ち入り制限区域などで送電線などの盗難が複数発生したことをはじめ比較人目のつく場所で送電線盗まれるなど被害少なくない

※この「盗難」の解説は、「ケーブル」の解説の一部です。
「盗難」を含む「ケーブル」の記事については、「ケーブル」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 09:09 UTC 版)

クリミアのアイ=ペトリ」の記事における「盗難」の解説

2019年1月27日、クインジの特別展のためにモスクワトレチャコフ美術館展示されていた本作が、開館時間中に、美術館スタッフのような服装をして入館してきた男によって持ち去られ盗難事件発生した多くの入館客がいる中で、男が壁に掛けられていた作品取り外しその場を立ち去る様子が、防犯カメラ映されていた。作品には、アラーム機能装備されていなかった。男は、額縁から外した作品館外持ち出している。男が、あたかも美術館スタッフであるかのように自然に持ち去ったために、入館客やスタッフ不審に思わなかったことで、犯罪成立したとの見方がある。翌28日に、拘束された男が自供した通りに美術館近くにある建設現場で、無傷の状態で作品発見回収された。

※この「盗難」の解説は、「クリミアのアイ=ペトリ」の解説の一部です。
「盗難」を含む「クリミアのアイ=ペトリ」の記事については、「クリミアのアイ=ペトリ」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 04:47 UTC 版)

高麗版大般若経 (安国寺)」の記事における「盗難」の解説

1994年7月23日493帖が宝物殿から盗まれていることが発覚した残り他の場所展示しており無事だった1995年にしみや汚れ巻末署名などが酷似したもの3帖が韓国「発見」され、韓国の国宝284号に指定された日本の外務省1998年韓国政府に対して調査依頼したが、個人所有であるとして返還認められなかった。所有者は、コリアナ化粧品(코리아나화장품)会長韓国博物館会会長の相玉(유상옥、ユ・サンオク)である。 盗難の公訴時効は、2001年7月23日成立している。 この問題は2011年4月22日衆議院外務委員会でも取り上げられ外務大臣韓国政府調査依頼する答弁日本の外務省同月末に韓国外交通商部に対し1994年安国寺から盗まれた「高麗版大般若経」と、2002年鶴林寺から盗まれた「阿弥陀三尊像」について、韓国内流入事実確認詳し経緯再調査要請した。 なお、対馬長松寺には安国寺版と同版とみられる高麗版大般若経紙本折本装、586帖、高麗初雕版系)があり、2011年6月27日重要文化財指定された長崎県立対馬歴史民俗資料館寄託

※この「盗難」の解説は、「高麗版大般若経 (安国寺)」の解説の一部です。
「盗難」を含む「高麗版大般若経 (安国寺)」の記事については、「高麗版大般若経 (安国寺)」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 11:16 UTC 版)

半鐘」の記事における「盗難」の解説

2006 - 2007年およびその前後には、国際的な金属価格高騰日本の各地さまざまな金属製品の盗難が相次いだ半鐘例外ではなく、しばしば被害遭っている。一部スクラップとして中華人民共和国輸出されるケース見られた。

※この「盗難」の解説は、「半鐘」の解説の一部です。
「盗難」を含む「半鐘」の記事については、「半鐘」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 18:45 UTC 版)

秩父宮記念スポーツ博物館」の記事における「盗難」の解説

2010年3月14日未明展示されていた第1回近代オリンピックアテネ大会優勝メダルが盗難に遭っている。盗難されたメダルはドイツのヘルマン・ヴァインゲルトナー体操競技鉄棒種目優勝し獲得したもので、日本びいきだった選手の遺族東京五輪開催にあたり最も優れた成績残した選手に」と寄したもの結果東京五輪日本人初め体操個人総合優勝した遠藤幸雄贈られたものだった。これは1994年日本オリンピック委員会寄贈されそれ以来博物館内に展示されいたものだった。四谷署は被害届受理し遠藤幸雄遺族も「返していただきたい」と語っている。

※この「盗難」の解説は、「秩父宮記念スポーツ博物館」の解説の一部です。
「盗難」を含む「秩父宮記念スポーツ博物館」の記事については、「秩父宮記念スポーツ博物館」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 01:22 UTC 版)

アシュモレアン博物館」の記事における「盗難」の解説

1999年12月31日泥棒隣接する建物足場使ってアシュモレアン博物館屋根登り天窓破って侵入ポール・セザンヌ油絵オーヴェル=シュル=オワーズ眺望」を盗み出した。賊は同じ部屋にあった他の作品には手をつけず、また盗品売り出されることもなかったため、何者か依頼にもとづく美術品盗難事件ではないか推測されている。

※この「盗難」の解説は、「アシュモレアン博物館」の解説の一部です。
「盗難」を含む「アシュモレアン博物館」の記事については、「アシュモレアン博物館」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 01:39 UTC 版)

ゴイアニア被曝事故」の記事における「盗難」の解説

1987年9月1013日頃、2人若者ロベルト・ドス・サントス・アルヴェス (Roberto dos Santos Alves) とワグナー・モタ・ペレイラ (Wagner Mota Pereira) が、廃病院高価な品があるという噂を聞きつけ侵入線源容器はめこまれたダイヤルキー状の回転遮蔽装置ごと持ち出しロベルト自宅持ち帰った施設からロベルト自宅までの区間放射能漏れ認められなかったが、2人線源からのガンマ線被曝し続けた13日 2人嘔吐症状出現食あたり考え放置14日 ワグナーにめまい、下痢、おそらく線源直に当た続けたと思われる左手浮腫出現15日 ワグナー病院受診食物アレルギー診断されその日は軽い仕事しかできなかった。

※この「盗難」の解説は、「ゴイアニア被曝事故」の解説の一部です。
「盗難」を含む「ゴイアニア被曝事故」の記事については、「ゴイアニア被曝事故」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 08:31 UTC 版)

パリ市立近代美術館」の記事における「盗難」の解説

2010年5月20日パリ市立近代美術館から5絵画盗まれた。パブロ・ピカソの『小さなえんどう豆英語版)』(1912)、ジョルジュ・ブラックの『エスタック近くオリーブの木』、アンリ・マティスの『田園風景』、アメデオ・モディリアーニの『扇を持つ女性フランス語版)』、フェルナン・レジェの『ろうそくのある静物英語版)』の5で、被害額1億ユーロ(約111億円)であった美術館の窓が割られ監視カメラにはマスクをした男性一人絵画盗み出すところが映っていた。当局単独犯による犯行とみている。犯人注意深く絵画額縁から外しカンバスのみ持ち去った事件当時なぜ警報鳴らなかったのか不明で、盗難に気がついたのは職員美術館出勤した7時少し前であった。この盗難は2008年ビュールレ・コレクション起こった盗難に次ぐ史上2番目に被害額大き事件となった2011年9月に盗難に関わったとして3人逮捕されているが、絵画はまだ見つかっていない。 『扇を持つ女性フランス語版)』 アメデオ・モディリアーニ

※この「盗難」の解説は、「パリ市立近代美術館」の解説の一部です。
「盗難」を含む「パリ市立近代美術館」の記事については、「パリ市立近代美術館」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 09:36 UTC 版)

パラディウム」の記事における「盗難」の解説

トロイア戦争時、トロイにおけるパラディウム重要性プリアモス息子予言者のヘレノスからギリシア人たちに明かされていたと言われている。パリスの死ヘレノストロイを去るが、オデュッセウス捕まったギリシア人たちはこの予言者から何とかしてトロイ弱点聞きだした。そして、パラディウムトロイ城壁内にある間はトロイ決し陥落しないということ知った。そこで、この像を盗み出すという重要な使命オデュッセウスディオメーデース与えられたディオメーデースオデュッセウストロイ城塞秘密の通路抜けパラディウム盗み出し成功するその後ギリシア側のトロイアの木馬という奇策トロイ陥落することになった一説によればオデュッセウスディオメーデース待たせておいて物乞い変装して夜のトロイ潜入した。そこでヘレネーオデュッセウス気づきパラディウム在り処教えた一方ディオメーデース城壁登ってトロイ侵入した二人合流して衛兵何人か殺し、さらにアテーナー神殿神官殺し、「血まみれの手でパラディウム盗んだパラディウム実際に手に取ったのはディオメーデースと言われており、彼がそれを船まで運んだパラディウム手にしたディオメーデース描いた像や絵がいくつかある。 叙事詩環の『小イーリアスによれば、船に向かう途中でオデュッセウスディオメーデース殺してパラディウム手柄独り占めしようと企んだオデュッセウスディオメーデース背中から切ろうと剣を振りかざしたディオメーデースは剣が月光反射したきらめき感じ、危険を察知した彼はオデュッセウスの剣を奪い縛り上げ、剣の平らな部分打ち付けて、前を歩かせた。この故事からギリシアでは強制され行動することを "Diomedes' necessity" と呼ぶこの様子はフランス彫刻家 ピエール=ジュール・カヴァリエ (181494) が1842年彫像描写している。その像はパラディウム持ったディオメーデース肩越し背後に顔を向けている姿を描いたものであり、オデュッセウス登場していない。オデュッセウストロイ攻略必要だったため、ディオメーデースは彼を罰すること控えたディオメーデーストロイ離れる際にパラディウム携行した一説によれば彼はそれをイタリア持ち込んだ別の説によれば帰路途中で盗まれたという。

※この「盗難」の解説は、「パラディウム」の解説の一部です。
「盗難」を含む「パラディウム」の記事については、「パラディウム」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/21 02:16 UTC 版)

アムステルダム市立美術館」の記事における「盗難」の解説

1988年5月20日市立美術館から、フィンセント・ファン・ゴッホの「カーネーションのある花瓶」(1886年)、ヨハン・ヨンキントの「ヌヴェールの通り」(1874年)、ポール・セザンヌの「瓶とリンゴのある静物」という3点油絵が盗難に遭った1988年5月31日買い手装った警察により、3作品はいずれ無傷のまま取り戻された。犯人逮捕され有罪判決受けた

※この「盗難」の解説は、「アムステルダム市立美術館」の解説の一部です。
「盗難」を含む「アムステルダム市立美術館」の記事については、「アムステルダム市立美術館」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 02:00 UTC 版)

糸車の聖母」の記事における「盗難」の解説

2003年に「バクルーの聖母」は旅行者装った二人組によってドラムランリグ城から盗み出された。この二人組は「バクルーの聖母」が窓から運び出されるところを目撃していたニュージーランドからの観光客に対してご心配には及びません私たち警官です。これは単なる訓練なのですと声をかけている。2007年になってバクルー公家の保険業者として雇われていた公認損害査定のもとに72時間以内に「バクルーの聖母」を取り戻手配整えることができるとする、イギリス人弁護士からの交渉があった。この弁護士ランカシャーのスケルマズデイルに住むマーシャル・ロナルドという人物で、通報受けた警察は、美術品専門家バクルー公家から派遣され代理交渉人見せかけた二人覆面捜査官ロナルドのもとに送り込んだ。そして「バクルーの聖母」はグラスゴーにあるロナルドオフィス発見されのである。この事件で、別々の法律事務所所属する二名事務弁護士を含む4名が逮捕された。エディンバラ新聞スコッツマン』はグラスゴー法律事務所について「当地でもっとも成功し尊敬されている法律事務所一つ」だとし、逮捕されメンバーは「犯罪行為手を染めていたわけではなく二つ組織仲介役果たそうとしたにすぎない正体不明の組織からの申し入れが、イングランドにおける絵画作品の「適法返還手続き」に則ったものかどうか入念に調査しようとしていただけだ」という法律事務所発表記事にしている。 第9代バクルー公爵ジョン・スコット2007年9月死去しており、取り戻された「バクルーの聖母」を目にすることはできなかった。2009年以来、「バクルーの聖母」はスコットランド国立美術館長期貸与されており、2015年現在でもスコットランド国立美術館展示されている。スコットランド外で過去にロンドンミラノでのみ一般公開されたが、2016年1月から墨田区東京都江戸東京博物館開催されるレオナルド・ダ・ヴィンチ 天才挑戦」で展示されることが発表された。 「バクルーの聖母」の盗難事件逮捕されバクルー公爵への金銭要求疑い起訴されていた弁護士ロナルド2010年釈放されている。そしてロナルド2013年に、第10代バクルー公ダンフリーズ・アンド・ガロウェイ警察署長告訴したロナルド6年前に覆面警察官約束した425ポンド報奨金支払い求めている。

※この「盗難」の解説は、「糸車の聖母」の解説の一部です。
「盗難」を含む「糸車の聖母」の記事については、「糸車の聖母」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 02:52 UTC 版)

FIFAワールドカップトロフィー」の記事における「盗難」の解説

第二次世界大戦中カップ1938年第3回大会優勝したイタリアローマ保管されていた。1943年イタリア降伏すると、ローマ占領したナチスが金採取目的で捜索した。しかし、盗難の危機察知したイタリアチーム関係者自宅ベッド下に靴の箱に入れて命懸けで隠し、難を免れた最初の盗難は1966年イングランド大会前に行っていた展示期間中のことだった。盗難の直後にイングランドサッカー協会金銭要求する脅迫状届き警察おとり捜査によって港湾労働者の男が逮捕された。しかしこの男別の男に500ポンド雇われ受け渡し頼まれただけだと主張しカップ見つからなかった。しかし数日後ロンドン郊外のある一般住宅ピクルスという子犬が、自宅の庭で新聞紙包まれトロフィー発見し事なきを得たこの子一躍ヒーローとなり、1年分のペットフード贈られたり、映画出演したりするなどしたという。 2度目の盗難は、ブラジル永久譲渡され後の1983年起きた当時ブラジル政治・経済混乱期犯罪多発していたうえに、ブラジルサッカー連盟ドアには鍵がかけられておらず警備員一人かいなかったしばらくして容疑者逮捕された(元ブラジルサッカー連盟職員のセルジオ・ペレイラという銀行員と、この銀行員窃盗依頼したとされる無職一般人の男2名)。 しかし、必死の捜査にもかかわらずトロフィーそのものは現在も見つかっていない。公式には現在も捜査中というが、イタリア人富豪カップほしさに購入したという説や、アルゼンチン人妬みによる犯行という説まであるそのため、現在ブラジル保管されているのはレプリカとなっている。

※この「盗難」の解説は、「FIFAワールドカップトロフィー」の解説の一部です。
「盗難」を含む「FIFAワールドカップトロフィー」の記事については、「FIFAワールドカップトロフィー」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 10:16 UTC 版)

大原美術館」の記事における「盗難」の解説

1963年コロー絵画ナポリ風景』がすり替えられ盗難に遭う事件発生。現在も行方不明1970年本館展示されていたルオー道化師』、ゴッホ『アルビーユへの道』(贋作疑いがあり現在は公開されていない。)、モロー雅歌』、ギヨマン『自画像』、ヴュイヤール『薯をむくヴュイヤール夫人』の絵画5点が盗難される事件発生被害総額1億8000万円とされ、倉敷警察署捜査本部置かれたほか、警察庁海外流出恐れがあるとして国際刑事警察機構を通じて手配行った。この犯人グループ1972年逮捕され、無事美術館戻された[要出典]が、事件発生後は、本館一階側面にある窓全て塞がれ警備体制強化されている。

※この「盗難」の解説は、「大原美術館」の解説の一部です。
「盗難」を含む「大原美術館」の記事については、「大原美術館」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 21:47 UTC 版)

灯油」の記事における「盗難」の解説

灯油価格高くなると、住宅屋外に設置してある灯油タンクから灯油抜き出す盗難事件発生している。寒冷地にある企業などが、盗難対策グッズ開発し販売している。 北海道函館方面せたな警察署等の警察機関でも、灯油盗難防止用品紹介している[リンク切れ]。 また、不必要な状況下で灯油持ち歩いたり、迂闊にポリタンク屋外で保管していると放火犯捜査対象になる場合もある。

※この「盗難」の解説は、「灯油」の解説の一部です。
「盗難」を含む「灯油」の記事については、「灯油」の概要を参照ください。


盗難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 15:39 UTC 版)

ビュールレ・コレクション」の記事における「盗難」の解説

2008年2月10日間もなく閉館という日曜日夕刻武装した国際強盗団当館押し入った。賊は学芸員に銃を突きつけドガモネゴッホセザンヌ油彩画4作品強奪した当時共同通信報道によれば被害総額1億8000スイスフラン(約175億円)に上り市警担当者は、美術品盗難事件としてはヨーロッパ史最大規模であると述べた盗まれたのは以下に挙げる4点であったドガ 『リュドヴィック・ルピック伯爵娘たち』/※収蔵作品リストでの位置画像は「#盗01」と「#盗01画」を参照(以下同様)モネヴェトゥイユ近郊ひなげし畑』/※「#盗02」と「#盗02画」を参照ゴッホ花咲くマロニエ』/※「#盗03」と「#盗03画」を参照セザンヌ 『赤いチョッキ少年』 /※「#盗04」と「#盗04画」を参照。 『ヴェトゥイユ近郊ひなげし畑』と『花咲くマロニエ』は、同年2月18日チューリッヒ市内の精神科病院駐車場放置されていた自動車後部座席から発見された。『赤いチョッキ少年』は、2012年4月12日強奪関与した容疑者らをセルビア共和国首都ベオグラード逮捕した際に自動車のドアパネルの中から発見された。残る『リュドヴィック・ルピック伯爵娘たち』も同年発見され回収された。 この事件発生したを機に当館警備見直し余儀なくされたが、個人美術館にとって警備費用増大負担大きく、ついに2015年5月31日付で閉館した当館コレクション2020年チューリッヒ美術館移管されることになっている

※この「盗難」の解説は、「ビュールレ・コレクション」の解説の一部です。
「盗難」を含む「ビュールレ・コレクション」の記事については、「ビュールレ・コレクション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「盗難」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

盗難

出典:『Wiktionary』 (2019/09/29 01:25 UTC 版)

名詞

とうなん

  1. ものを盗まれること。

関連語

翻訳


「盗難」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「盗難」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



盗難のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの窃盗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの安国寺 (壱岐市) (改訂履歴)、婦人の肖像 (クリムト) (改訂履歴)、バッドアート美術館 (改訂履歴)、手紙を書く婦人と召使 (改訂履歴)、マドンナ (エドヴァルド・ムンク) (改訂履歴)、ケーブル (改訂履歴)、クリミアのアイ=ペトリ (改訂履歴)、高麗版大般若経 (安国寺) (改訂履歴)、半鐘 (改訂履歴)、秩父宮記念スポーツ博物館 (改訂履歴)、アシュモレアン博物館 (改訂履歴)、ゴイアニア被曝事故 (改訂履歴)、パリ市立近代美術館 (改訂履歴)、パラディウム (改訂履歴)、アムステルダム市立美術館 (改訂履歴)、糸車の聖母 (改訂履歴)、FIFAワールドカップトロフィー (改訂履歴)、大原美術館 (改訂履歴)、灯油 (改訂履歴)、ビュールレ・コレクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの盗難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS