報奨金とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 報奨金の意味・解説 

報奨金

読み方:ほうしょうきん

勤勉勤労をたたえ、さらなる努力奨励する意味合い贈られる金品。「寸志」などとして贈られることも多い。

報奨金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 03:35 UTC 版)

近代オリンピック」の記事における「報奨金」の解説

日本オリンピック委員会は、1992年アルベールビルオリンピック以降のオリンピック金メダリスト300万円2016年リオデジャネイロオリンピックからは500万円)、銀メダリスト200万円銅メダリスト100万円の報奨金を贈っている。

※この「報奨金」の解説は、「近代オリンピック」の解説の一部です。
「報奨金」を含む「近代オリンピック」の記事については、「近代オリンピック」の概要を参照ください。


報奨金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 06:07 UTC 版)

パラリンピック」の記事における「報奨金」の解説

各国が報奨金で障害者スポーツ振興図っているが、日本でもJPSA実施し2008年北京パラリンピック以降の金メダリスト100万円、銀メダリスト70万円銅メダリスト50万円贈られた。のちに増額され2014年ソチパラリンピック以降の金メダリスト150万円銀メダリスト100万円、銅メダリスト70万円となった将来的には日本オリンピック委員会の報奨金と同額とすることを目標にしているが、財源確保のための協賛企業確保いかにしておこなうか、そのためには大会自体ブランド価値高めるという課題が残る。

※この「報奨金」の解説は、「パラリンピック」の解説の一部です。
「報奨金」を含む「パラリンピック」の記事については、「パラリンピック」の概要を参照ください。


報奨金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 16:24 UTC 版)

島根女子大生死体遺棄事件」の記事における「報奨金」の解説

2010年2月当事件は捜査特別報奨金制度対象になった通常発生から半年以上経った事件適用されるが、本件発生から3ヶ月余で適用されており異例である。以降毎年更新され事件解決被疑者検挙直接つながる有力情報の提供者(警察関係者を除く)に最大300万円支払われることになっていた。 2017年3月島根県警被疑者繋が有力な情報提供した3人に計300万円支払われる発表した県警情報提供具体的な内容等は明らかにしていない

※この「報奨金」の解説は、「島根女子大生死体遺棄事件」の解説の一部です。
「報奨金」を含む「島根女子大生死体遺棄事件」の記事については、「島根女子大生死体遺棄事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「報奨金」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「報奨金」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「報奨金」の関連用語

報奨金のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



報奨金のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの近代オリンピック (改訂履歴)、パラリンピック (改訂履歴)、島根女子大生死体遺棄事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS