妬みとは?

嫉み

読み方:そねみ
別表記:妬み

自分と他人比べ他人優れた部分羨み、憎く思うこと。似たような意味の「妬み」が、相手に対して憎しみが強いのに対し、相手優れていることに対して劣等感を抱くという意味合いが強い。

そねみ【嫉み/妬み】

そねむこと。ねたみ。嫉妬(しっと)。「人の—を受ける」


ねたみ【妬み/嫉み】

ねたむこと。嫉妬(しっと)。そねみ。「—を買う」「—から告げ口をする」


ねたみ【妬・嫉】

〔名〕 (動詞「ねたむ(妬)」の連用形名詞化) ねたむこと。うらやましく憎く思うこと。くやしく残念に思うこと。そねみ。嫉妬

古今著聞集(1254)一一女院御方負させ給て、源氏絵十巻たみたる料紙に書て、色々の色紙に詞はかかれたりけり。〈略〉御妬に、院御方御負ありて」


妬み

読み方:そねみ、ねたみ

マ行五段活用動詞「妬む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

妬み

作者辻邦生

収載図書風の琴二十四の絵の物語
出版社文芸春秋
刊行年月1992.5
シリーズ名文春文庫


妬み

作者小泉喜美子

収載図書悪魔のような女女流ミステリー傑作
出版社角川春樹事務所
刊行年月2001.7
シリーズ名ハルキ文庫


羨望

(妬み から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 10:11 UTC 版)

羨望(せんぼう、: envy ラテン語: invidia)とは、自らの持たない優れた特質、業績、財産などを他者が持つときに起こる、それらへの渇望、ないしは対象がそれらを失うことへの願望である[1]。羨望は他者が自分が持たない望ましい物品を持つときに、自己肯定感の低下という感情的な苦痛として現れる場合がある。




  1. ^ 七つの大罪において、その元の言葉はいくつかの日本語に翻訳することができるが、その一例として envy が挙げられる。envy は「羨望、嫉妬、羨み、妬み」等と翻訳することができる。それらは心理学領域では嫉妬(jealousy)と羨望(envy)という近似した、しかし異なる感情として議論されることがあるが、七つの大罪における元々の言葉は envy 一つであり、そうした議論とは無縁である点に注意が必要である。
  2. ^ 日常生活で用いる嫉妬という日本語には2つの意味があり、「自分が愛する人の愛情が他人にむけられるとき」に生じる愛情関連の嫉妬と、「自分がほしいのに得られなかったもの持っている人をみたとき」に生じる優劣関連の嫉妬がある。( 水島広子 (2014) pp. 18, 26, 68)
    英語の jealousy(嫉妬)とenvy(羨望)は欧米の心理学的議論に沿って訳し分けられたが、実際の日本語の日常生活においては、「愛情関連の嫉妬」と「優劣関連の嫉妬」として、嫉妬の一語で jealousy と envy の両方の意味を担うことができる。
  1. ^ Parrott, W. G.; Smith, R. H. (1993), “Distinguishing the experiences of envy and jealousy”, Journal of Personality and Social Psychology 64: 906--920, doi:10.1037/0022-3514.64.6.906, PMID 8326472 
  2. ^ van de Ven N., Zeelenberg, M., Pieters R., "Leveling up and down: the experiences of benign and malicious envy," Department of Social Psychology, Tilburg Inst. for Behav. Econ. Res. (Tilburg Univ. 2009).
  3. ^ PsyBlog, "Why envy motivates us," 31 May 2011 (citing, inter alia, van de Ven).
  4. ^ 松木邦裕 (2002) p. 305
  5. ^ 岩崎徹也 (2002) p. 194
  6. ^ Pedrick, Victoria; Oberhelman, Steven M. (2006). The Soul of Tragedy: Essays on Athenian Drama. Chicago, IL: University of Chicago Press. p. 22. ISBN 978-0-226-65306-8 
  7. ^ 2.7.1108b1-10
  8. ^ Russell, Bertrand (1930). The Conquest of Happiness. New York: H. Liverwright 
  9. ^ Russell(1930), pp. 90–91
  10. ^ Yoshimura, Christina G. (2010), “The experience and communication of envy among siblings, siblings-in-law, and spouses”, Journal of Social and Personal Relationships 27: 1075--1088, doi:10.1177/0265407510382244 
  11. ^ Fields, R (2011年). “Eat Your Guts Out: Why Envy Hurts and Why It's Good for Your Brain”. 2014年6月10日閲覧。


「羨望」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妬み」の関連用語

妬みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



妬みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの羨望 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS