宿命論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 宿命論の意味・解説 

しゅくめい‐ろん【宿命論】


宿命論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 05:35 UTC 版)

宿命論(しゅくめいろん)あるいは運命論(うんめいろん、: fatalism)とは、世の中の出来事はすべて、あらかじめそうなるように定められていて、人間の努力ではそれを変更できない、とする考え方[1][2]。宿命論の考え方をする人を宿命論者と言う。


  1. ^ 予定説[要出典]」(ただしキリスト教における予定説は一部教派にしか受け入れられていない)
  1. ^ 広辞苑
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ a b c ブリタニカ百科事典【宿命論】
  4. ^ ブレードニヒ 2008, pp. 108-110.
  5. ^ 伊藤綾, 「ボードレールと宿命論的歴史観 : 19世紀フランス歴史哲学との関連において」『日本フランス語フランス文学会関東支部論集』 15巻 p.97-107, 2006-12-20, 日本フランス語フランス文学会関東支部, doi:10.24518/bellf.15.0_97


「宿命論」の続きの解説一覧

宿命論

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 15:25 UTC 版)

名詞

宿命 しゅくめいろん

  1. 一切出来事はそうなるよう予定され、人間ではそれを変更できないとする

発音

しゅ↗くめ↘ーろん

類義語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宿命論」の関連用語

宿命論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宿命論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宿命論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宿命論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS