予定説とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 予定説の意味・解説 

よてい‐せつ【予定説】

読み方:よていせつ

キリスト教教理の一。人が救われるのは、人間意志能力によるのではなく、全く神の自由な恩恵基づくという聖書教理パウロからアウグスティヌス経てカルバン救済滅亡二重予定説に至る。

「予定説」に似た言葉

予定説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 04:39 UTC 版)

予定説(預定説、よていせつ、英語: Predestination)は、聖書からジャン・カルヴァンによって提唱されたキリスト教神学思想。カルヴァンによれば、救済にあずかる者と滅びに至る者が予め決められているとする(二重予定説)。神学的にはより広い聖定論に含まれ、その中の個人の救済に関わる事柄を指す。全的堕落と共にカルヴァン主義の根幹を成す。


  1. ^ 参考:ローマ人への手紙(ロマ書)8:29、9:15など
  2. ^ マーティン・ロイドジョンズ『試練の中の信仰』いのちのことば社
  3. ^ ジャン・カルヴァンキリスト教綱要改革派教会
  4. ^ アリスター・マクグラス『宗教改革の思想』教文館p.103-106
  5. ^ マクグラス『キリスト教神学入門』教文館p.608-610
  6. ^ 2.アルミニウス主義の台頭 - Ichinomiya Christian Institute Server
  7. ^ 宇田進『福音主義キリスト教と福音派』いのちのことば社
  8. ^ 日本福音同盟『日本の福音派』いのちのことば社
  9. ^ 日本キリスト改革派教会歴史資料編纂委員会『日本基督改革派教会史』
  10. ^ 神学博士マカリイ著・上田将訳『正敎定理神學』326頁~330頁 正敎會編輯局
  11. ^ Cyril Lucaris (Encyclopædia Britannica)


「予定説」の続きの解説一覧

予定説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 17:54 UTC 版)

ジャン・カルヴァン」の記事における「予定説」の解説

@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}「カルヴァン神学中心教義は予定説(二重予定説)である」というアレクサンダー・シュヴァイツァー(ドイツ語版)の学説は、マックス・ヴェーバーらに影響及ぼした見方ではあるが、現在は支持されないという主張を行う者が現れているその者の名前を知る者は多くはない。[要出典]「予定」の項目が現われるのは『キリスト教綱要第3版からであるカルヴァン中心思想特定することは困難であるが、「神中主義」などと表現されることが多くなった。 予定教義は、カルヴァン死後後継者の手によって発展し1619年ドルト会議の「ドルト信仰基準」(ドルト信仰告白)などを経てカルヴァン死後100年後のウェストミンスター教会会議1643年7月1日 - 1649年2月22日)において採択された「ウェストミンスター信仰告白」(1647年)によって現代見られるような形で一応完成したそれ以来改革派神学者の保守的陣営において、19世紀終わりまで二重予定論に関してウェストミンスター信仰告白枠組み抜本的に変えることを迫るほど新しく有効な議論起こされた形跡はない。 しかし20世紀に入ると、カール・バルト主著教会教義学』等のなかでカルヴァンウェストミンスター信仰告白二重予定説強く批判したを受けてそれまで保守的陣営とどまっていた改革派神学者たち自身が、二重予定説立論そのものについての抜本的な再検討へと動き始めた。 とくに、アムステルダム自由大学神学部長く教鞭をとった改革派教義学ヘリット・コルネーリス・ベルカウワーによる再検討は、抜本的なものであった。ベルカウワーは、神の予定二重性は「非均衡的」であること、つまり、選び遺棄同等の強調置かれるべきではないこと、また、キリストにある選び」(Election in Christ) という点、つまり、予定論キリスト論側面強調することが重要であることなどを主張した。 ただし、バルト自身の予定論恵み選び教説)の大意は「神の御子イエス・キリスト十字架において遺棄されることによって、万人が選び定められたということであり、人間のなかに救いへと選ばれる者と遺棄される者がいるとするカルヴァン予定論とは全く趣を異にするものであるカルヴァンは、職業は神から与えられたものである職業召命観)以下キリスト教綱要より抜粋・・・最後に主なる神は我々すべての者に、人生あらゆる活動において、自分の使命重んじなければならないことを、命じておられること、に注意しなければならない。………神は、すべての人人生あらゆる領域において、それぞれの特別な義務お定めになった。………人が、自分の心配、苦労、困難、その他の重荷何においても、神が自分の導き手であることを知っておれば、これらのことが、どんなに軽くされるかしれない各個人はその重荷を神から背負わされるのであるということ納得できれば為政者は、自分の務を、一そう大きな満足をもって自分の義務専念するであろう……かくてまた、特殊な慰めというものが生れるなぜならば、(われわれが自己の天職に従う限りは余りに卑しく下劣で、到底神の御目前において真に尊く見え、非常に重要に思われないというような仕事は、どこにもないからである。・・・ とし、得られた富の蓄財認めた。この思想は、当時中小商工業者から多くの支持を得、資本主義幕開け思想の上からも支持するものであったとされる。[要出典]

※この「予定説」の解説は、「ジャン・カルヴァン」の解説の一部です。
「予定説」を含む「ジャン・カルヴァン」の記事については、「ジャン・カルヴァン」の概要を参照ください。


予定説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 22:59 UTC 版)

コルビーのラトラムヌス」の記事における「予定説」の解説

840年代-850年代に、ラトラムヌスオルベゴデスカールクス(803年頃-868年)の教説に関する論争巻き込まれたラトラムヌス830年頃に放浪教師コルビー修道院滞在した際に初めゴデスカールクス遭遇したとみられており、後に大司教ランスのヒンクマルスとゴデスカールクス論争になった際にゴデスカールクス支援している。ゴデスカールクス一種の二重予定説説き、神は選ばれた者と堕ちる者の両方予定された唱えた851年ヨハネス・スコトゥス・エリウゲナゴデスカールクス教えに対する反駁委託されたが、彼の著書神の予定に関する論考』は、あらゆる種類の予定説を根本的に否定しており、この否定ラトラムヌスリヨンフロールス怒り誘った。これに対する返答として、ラトラムヌス二巻からなる著書神の予定について』(羅:De Praedestinatione Dei)を執筆して二重予定説弁護したが、罪も予定されているという考えには反対した。

※この「予定説」の解説は、「コルビーのラトラムヌス」の解説の一部です。
「予定説」を含む「コルビーのラトラムヌス」の記事については、「コルビーのラトラムヌス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「予定説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「予定説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「予定説」の関連用語

予定説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



予定説のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予定説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャン・カルヴァン (改訂履歴)、コルビーのラトラムヌス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS