サクラメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 儀式 > サクラメントの意味・解説 

サクラメント【sacrament】

読み方:さくらめんと

キリストによって定められ神の恩恵にあずかる儀式カトリック教会では秘跡といい、洗礼堅信聖体・ゆるし・病者の塗油叙階婚姻七つプロテスタント教派では聖礼典礼典)と称し洗礼聖餐(せいさん)式とをいう。


サクラメント【Sacramento】


サクラメント 【sacrament】

キリストによって定められ神の恩恵信徒与え儀式ギリシア正教では「機密」、ローマカトリックでは「秘跡」と称し洗礼堅信聖餐告解終油叙階結婚七つの式がある。プロテスタントは「礼典」または「聖礼典」といい、洗礼聖餐二儀式とするものが多い。

サクラメント

名前 Sacramento

サクラメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/22 01:19 UTC 版)

イエス=キリスト
降誕 十字架 復活
使徒 教会 聖伝


  1. ^ μυστήριον…「ミスティリオン」は現代ギリシア語読み。古典ギリシア語再建音では「ミュステーリオン」もしくは「ミュステリオン」となる。
  2. ^ カトリック教会のカテキズムより。(「カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)」137頁、カトリック中央協議会 ISBN 978-4-87750-153-2
  3. ^ a b c 教会問答鎌倉聖ミカエル教会内のページ)
  4. ^ a b c 第20章 聖奠的諸式 (熊本聖三一教会内のページ)
  5. ^ ARTICLES OF RELIGION
  6. ^ a b 『聖事経』, pp. 35-65.
  7. ^ 前掲『正教要理』80頁 - 81頁
  8. ^ 『聖事経』, pp. 69-84.
  9. ^ 前掲『信仰の機密』135頁
  10. ^ 『聖事経』, pp. 97-124.
  11. ^ 『聖事経』, pp. 141-215.



サクラメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 05:02 UTC 版)

住居番号」の記事における「サクラメント」の解説

カリフォルニア州州都サクラメントの中心部道路は、碁盤の目状である(グリッドプラン)。ほぼ東西に走る道路北から順にA通り(A Street)、B通り(B Street)、C通り(C Street)というように、アルファベット1文字の名前与えられている。ほぼ南北に走る道路西から順にフロント通りFront Street)、2番通り2nd Street)、3番通り3rd Street)というように、フロント通り除いて番号命名されている。東西道路南北道路囲まれ1区画(街区ブロック)は、ほぼ正方形で、1辺の長さは約400フィート(約122メートル)である。 そして、市の例規によれば住居番号には次の規則がある。 東西に走る通りについては、南北に走るフロント通り基準とし、東に行くほど数字大きくなる。道の北側奇数南側偶数である。 南北に走る通りについては、東西に走るA通り基準とし、南に行くほど数字大きくなる。道の東側奇数西側偶数である。 番号100から始まり交差点超えるごとに百の位数字が1ずつ大きくなる。 よって、東西の通りを東に進むと、フロント通りから2番通りまでの間には、南側100102104など、北側101103105など、100番台の家が並んでいる。2番通りから3番通りまでの間には、200番台の家が並んでいる。3番通り超える300番台4番通り超える400番台であり、以下同様である。 南北の通りを南に進むと、A通りからB通りまでの間には、西側100102104など、東側101103105など、100番台の家が並んでいる。B通りからC通りまでの間には、200番台の家が並んでいる。C通り超える300番台、D通り超える400番台であり、以下同様である。

※この「サクラメント」の解説は、「住居番号」の解説の一部です。
「サクラメント」を含む「住居番号」の記事については、「住居番号」の概要を参照ください。


サクラメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/19 09:43 UTC 版)

キリスト者共同体」の記事における「サクラメント」の解説

サクラメントは再び、その本来的な七という数字含んでいる。 洗礼式幼児洗礼14歳まで) 堅生式(14歳対話のサクラメント(個人運命への働き掛け人間聖化式(聖餐と共に14歳以上) 結婚式 司祭聖化終油式 サクラメントは、人生重要な瞬間例えば、洗礼や堅生式)や、個人的な決断の時例えば、対話のサクラメント)に、復活者の力を呼び寄せるそれ以外儀式存在する例えば、日曜子供礼拝式や、葬儀がそれである。 洗礼には二人の霊父・霊母が必要であり、婚礼には婚礼立会人が必要である。対話のサクラメントは、何よりも先ず人間自己責任能力強め為にある。司祭聖化式は、男性に対して女性に対して同様に執り行われ按手伝統受け継ぐ

※この「サクラメント」の解説は、「キリスト者共同体」の解説の一部です。
「サクラメント」を含む「キリスト者共同体」の記事については、「キリスト者共同体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サクラメント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サクラメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サクラメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サクラメント」の関連用語

サクラメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サクラメントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクラメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの住居番号 (改訂履歴)、キリスト者共同体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS