神の子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 神の子の意味・解説 

かみ‐の‐こ【神の子】

読み方:かみのこ

新約聖書で、イエス=キリストのこと。

キリスト信じる者。キリスト教徒


かみのこ 【神の子】

古代オリエントと『旧約聖書』では王の称号。『新約聖書』ではイエス称号。またキリスト教徒をもいう。(キリスト教徒神の僕とも)

神の子

作者上林暁

収載図書上林暁全集 第2巻 増補決定版
出版社筑摩書房
刊行年月2000.7


神の子

作者中地洋太

収載図書パッサカーリア南の島
出版社文芸社
刊行年月2003.6


神の子

作者L.オフラハティ

収載図書愛と皮肉の名作物語風変わりな英米短編集
出版社海苑社
刊行年月2006.5


神の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 15:20 UTC 版)

本記事ではキリスト教における神の子(かみのこ、ギリシア語: Ο Υιός του Θεού[1], ラテン語: Filius Dei[2],ドイツ語: Sohn Gottes[3], 英語: Son of God[4], ロシア語: Сын Божий[5])の概念を主に扱う。


  1. ^ Ο Υιός του Θεού γίνεται υιός του ανθρώπου
  2. ^ Latin Vulgate Bible, Biblia Sacra Vulgata, Gospel According to Saint Matthew Chapter 16より、16:16
  3. ^ Sohn Gottes
  4. ^ a b c d CATHOLIC ENCYCLOPEDIA: Son of God
  5. ^ a b c d Сын Божий正教会の出典) (ロシア語)
  6. ^ a b c d キリスト教大事典 改訂新版』p224, 教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  7. ^ 言(ことば)…日本聖書協会新共同訳聖書口語訳聖書での表現。ヨハネによる福音書 1:1
  8. ^ 神言(かみことば)…日本正教会での表現。『領聖⑥(4)』 府主教ダニイル p3
  9. ^ a b c かみ‐の‐こ【神の子】大辞泉
  10. ^ Teachings of the Orthodox Church Greek Orthodox Archdiocese of America
  11. ^ a b モスクワおよび全ロシアの総主教キリルからの降誕際に際してのご挨拶
  12. ^ a b カトリック仙台教区
  13. ^ a b 日本聖公会京都教区
  14. ^ a b 第3回日本基督教団改革長老教会協議会宣言
  15. ^ a b 保守バプテスト同盟 信仰告白
  16. ^ 正教時報2008年12月号 府主教ダニイル主代郁夫(PDF)
  17. ^ a b Αναγέννησηより、Ρωμαίους η14:Επειδή όσοι διοικούνται υπό του Πνεύματος του Θεού, ούτοι είναι υιοί του Θεού. (ローマの信徒への手紙 8:14)
  18. ^ Άγγελοι γαμπροί και γίγαντες. Τι ήταν οι υιοί Ελοχίμ και οι Νεφιλείμ;
  19. ^ Constitution dogmatique Dei Filius
  20. ^ Jesus Christ - Our Lord and Savior (CopticChurch) | St-Takla.org
  21. ^ CATHOLIC ENCYCLOPEDIA: Christologyカトリック教会の出典) (英語)
  22. ^ What do Anglicans Believe?聖公会の出典) (英語)
  23. ^ Westminster Confession of Faith (Chapter VIII Of Christ the Mediator)ウェストミンスター信仰告白
  24. ^ This We Believe: Jesus Is the Son of God - AU United Methodist Communityメソジストの出典) (英語)
  25. ^ ヨハネによる福音書 8章42節
  26. ^ 三位一体について | カトリック西千葉教会
  27. ^ ウェストミンスター信仰基準 日本基督改革派教会訳
  28. ^ 三位一体の神の業 清和女子中高等学校
  29. ^ 教会への正教の理解Fr.John Meyendorff、翻訳 司祭 ゲオルギイ松島雄一)
  30. ^ a b 『旧約聖書略解』p529, 日本基督教団出版部、1986年第40版
  31. ^ a b 『聖書思想事典』p189(カトリック教会の出典)
  32. ^ 『聖書辞典p181』 いのちのことば社 (1961) ASIN B000JAJUIY
  33. ^ Объяснение священной книги псалмов - прот. Григорий Разумовский
  34. ^ Is Psalm 2 Really about Jesus? - Old Testament Prophecies (G. Campbell Morgan) (英語)
  35. ^ a b 参考:聖書協会口語訳聖書の「神の子」の検索結果
  36. ^ a b 参考:聖書協会新共同訳聖書の「神の子」の検索結果
  37. ^ マルコによる福音書の冒頭、1章1節にある"Ἀρχὴ τοῦ εὐαγγελίου Ἰησοῦ Χριστοῦ, υἱοῦ τοῦ Θεοῦ."「神の子イエス・キリストの福音のはじめ。」(口語訳聖書)について。この個所の「神の子」については、この文言が無い写本もあり、初めからあった文言かどうかが議論の的ともなっている(Does Mark 1:1 Call Jesus God’s Son’? A Brief Text-Critical Note | Bible.org - Worlds Largest Bible Study Site)。ギリシャ正教会が使用するマルコによる福音書には、「神の子」(υἱοῦ τοῦ Θεοῦ)の文言は入っている(Mark 1:1 Greek Texts and Analysis)。
  38. ^ 諸聖神父の会衆祭の総奉事
  39. ^ СЫН БОЖИЙ (СЛОВАРЬ БИБЛЕЙСКОГО БОГОСЛОВИЯ)
  40. ^ a b Сын Божий Из "Библиологического словаря" священника Александра Меня正教会の出典) (ロシア語)
  41. ^ Dictionary : SONS OF GOD - Catholic Cultureカトリック教会の出典) (英語)
  42. ^ The Consequences of Redemption by Archbishop Dmitri正教会の出典)
  43. ^ 『聖書思想事典』p190(カトリック教会の出典)
  44. ^ Heidelberg Catechism published in the German university town of Heidelberg in 1563改革派教会の出典)
  45. ^ LORD'S DAY 13 | Southport United Methodist Churchメソジストの出典)
  46. ^ Gift of Spirit Makes Us "Sons in the Son' by Pope John Paul IIカトリック教会の出典) (英語)
  47. ^ Abstract of Systematic Theology (CHAPTER XXXVI.). by REV. JAMES PETIGRU BOYCE, D. D., LL. D.バプテストの出典) (英語)
  48. ^ 『聖書思想事典』p188(カトリック教会の出典)
  49. ^ Толкования на Священное Писание На книгу Бытия, 6. — преподобный Ефрем Сирин
  50. ^ フェデリコ・バルバロ『聖書』16頁、講談社 (1980/11/25) ISBN 9784061426061


「神の子」の続きの解説一覧

神の子(かみのこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 18:48 UTC 版)

とある魔術の禁書目録の用語」の記事における「神の子(かみのこ)」の解説

十字教創始者であり、十字教における唯一神同一の存在とされる信仰対象キリスト教におけるイエス・キリスト相当する2000年上前生まれ全人類に与えられた「罪」を一手に引き受け、たった1人抹消するために、十字架磔刑となり復活した逸話が有名。

※この「神の子(かみのこ)」の解説は、「とある魔術の禁書目録の用語」の解説の一部です。
「神の子(かみのこ)」を含む「とある魔術の禁書目録の用語」の記事については、「とある魔術の禁書目録の用語」の概要を参照ください。


神の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 20:25 UTC 版)

つきツキ!」の記事における「神の子」の解説

エルニことエルニーニョを指す言葉上述のようにエルニ崇拝した村人たちがつけたものであり、1巻エルニ自己紹介した際も名乗っていた。

※この「神の子」の解説は、「つきツキ!」の解説の一部です。
「神の子」を含む「つきツキ!」の記事については、「つきツキ!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「神の子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「神の子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

神の子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神の子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神の子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのとある魔術の禁書目録の用語 (改訂履歴)、つきツキ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS