受肉とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 受肉の意味・解説 

じゅ にく [0] 【受肉】

キリスト教根本教義の一。三位一体の神の位格ペルソナ)の一つである神の子キリストとして、人間となって現れること。霊が肉に結合すること。託身。インカルナチオ。

じゅにく 【受肉】

Incarnation英)キリスト教で、永遠神の子キリストイエスという人間肉体)になって地上生まれたこと。霊が肉に結合すること。托身とも。(仏教化身当る)→ 処女懐胎 化身 ドケティズム

受肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 23:37 UTC 版)

受肉(じゅにく、ギリシア語: Ενσάρκωση Ensarkōsē[1], ラテン語: Incarnatio, 英語: Incarnation, ドイツ語: Fleischwerdung, Menschwerdung, ロシア語: Воплощение)とは、三位一体のうち子なる神(神の言)が、ナザレのイエスという歴史的人間性を取った事を指す、キリスト教における教理[2]


  1. ^ 古典ギリシア語再建音:エンサルコーセー、現代ギリシア語転写例:エンサルコシ
  2. ^ 『キリスト教大事典 改訂新版』530頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  3. ^ 信仰-教会:日本正教会 The Orthodox Church in Japan
  4. ^ 東方正教会の歴史(抄)
  5. ^ 「藉」と「籍」は別の字であり、前者は草むしろを敷きその上に乗ることから、動詞として「かりる、かさねる」といった意味をもち、後者は文字を書いた竹札を重ねて保存したものを指すところから、動詞として「記入する、農具ですく」といった意味をもつものである。出典:『漢字源』1013頁、1154頁、学研、1996年4月1日改訂新版第3刷 ISBN 9784053000231
  6. ^ 『カトリック大辞典 III』431頁、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷
  7. ^ 『カトリックの信仰〈第3〉御托身―公教要理第一部解説 (1947年)』ASIN B000JBED44
  8. ^ 新要理書編纂特別委員会 (著, 編集), 日本カトリック司教協議会 (監修) 『カトリック教会の教え』ISBN 9784877501068(2003年版)でも、事項索引に「受肉」は存在し多くの頁への誘導が記載されているが、「託身」「托身」は用意されていない。
  9. ^ ma‛neetho (シリア語):個々の韻文と詩的な形での応答文からなる答唱、元来は聖歌。本文に挙げたマネートの原文は6世紀にさかのぼり後世の資料ではアンティオキアの大司教聖セウェルス(465年ごろ-538年)に仮託されている。ビザンティウム正教の儀礼には賛詞と呼ばれる類似の賛美歌があり、ユスティニアヌス皇帝(483年ごろ-565年)に仮託されている
  10. ^ [1]


「受肉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「受肉」の関連用語

受肉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



受肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの受肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS