最後の審判とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 最後の審判の意味・解説 

さいごのしんぱん 【最後の審判】

キリスト教で、世の終末イエスキリスト再臨して人類を裁くという思想。またその教え善人永遠祝福を、悪人永久刑罰を、うけるという。ヨハネの『黙示録』などに示され、宗教画画材として知られる。とくにバチカンシスティナ礼拝堂ミケランジェロの描いた壁画が有名。公審判世界審判。→ 審判

最後の審判

作者アイザック・アシモフ

収載図書地球空地いっぱい
出版社早川書房
刊行年月1988.9
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


最後の審判

作者ルース・レンデル

収載図書熱病の木
出版社角川書店
刊行年月1988.12
シリーズ名角川文庫


最後の審判

作者新谷識

収載図書殺人願望症候群
出版社中央公論社
刊行年月1989.3


最後の審判

作者カレル・チャペック

収載図書ひとつのポケットから出た話
出版社晶文社
刊行年月1997.8
シリーズ名ベスト文学のおくりもの


最後の審判


最後の審判

収載図書フーコー短編小説傑作10
出版社フーコー
刊行年月2002.11


最後の審判

作者舟崎克彦

収載図書宇曽保物語動物寓話集
出版社風濤
刊行年月2004.7


最後の審判

作者渡辺浩弐

収載図書プラトニックチェーン 03
出版社エンターブレイン
刊行年月2004.8


最後の審判

作者い原智治

収載図書天使のデータファイル
出版社文芸社
刊行年月2007.3


最後の審判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 20:43 UTC 版)

最後の審判(さいごのしんぱん、Last Judgement)とは、ゾロアスター教およびアブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教)が共有する終末論的世界観であり、世界の終焉後に人間が生前の行いを審判され、天国か地獄行きかを決められるという信仰である。




  1. ^ 『神の国』5、p.117、岩波文庫
  2. ^ Catechism of the Catholic Church 990カトリック教会のカテキズム990
  3. ^ アウグスブルグ信仰告白西日本福音ルーテル教会
  4. ^ ウェストミンスター会議ウェストミンスター信仰告白日本キリスト改革派教会大会出版委員会編
  5. ^ 奥山実『世の終わりが来る!『ヨハネの黙示録』の私訳と講解』マルコーシュ・パブリケーション
  6. ^ 高木慶太『これからの世界情勢と聖書の預言(新版)』
  7. ^ 高木慶太『近づいている世界の終焉』
  8. ^ 高木慶太『「中東の激動」と聖書預言』
  9. ^ 高木慶太『近づいている人類の破局』
  10. ^ ハル・リンゼイ『地球最後の日』
  11. ^ 『標準音楽辞典』音楽之友社
  12. ^ 最後の審判”. 宗教法人日本ムスリム教会. 2013年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月12日閲覧。


「最後の審判」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最後の審判」の関連用語

最後の審判のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



最後の審判のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最後の審判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS