「最後の審判」とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 「最後の審判」の意味・解説 

「最後の審判」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 21:13 UTC 版)

キリスト磔刑と最後の審判」の記事における「「最後の審判」」の解説

「キリスト磔刑」パネル同じく「最後の審判」のパネル上から天界俗界地獄という三層構成描かれている。上部天界には聖職者信徒とともに中央にキリスト、その左右に聖母マリア洗礼者ヨハネという伝統的なモチーフ描かれている。中部描かれ俗界には大天使ミカエル死神大きく描かれ下部地獄には地獄に落ちて魔物蹂躙され苦し亡者描かれている。美術史家ブライソン・バローズは地獄描写を「ボスブリューゲル描き出した残虐描写は、(ファン・エイクの)地獄恐ろしさに比べれば子供遊んでいる沼地みたいなものだ」としている。ペヒトはこのパネル描かれている怪物中世動物寓意譚とを比較して当時考えられていた動物の姿をした全ての魔物」が描かれていると指摘したファン・エイク表現した地獄は「ぎらつく目と白い牙」が目立魔物たち住処である。地獄罪人たちは、ネズミヘビブタクマロバなどの似姿をした魔物たち意のままに絶え間ない拷問を受けている。大胆にファン・エイクは、苦痛に喘ぐこのような罪人中に王族聖職者の姿も描き入れている。 俗界上下天界地獄に比べると非常に狭いスペースに、最後の審判業火と蘇った死者描写されている。画面左側には墓穴から出てくる死者たちが、右側に荒れ狂う海から浮き上がる死者たち描かれている。「最後の審判」で最も大きく描かれている大天使ミカエル死神両肩の上に屹立し、その身体と翼が画面中部表現されている俗界のほぼ大部分占めている。宝石ちりばめられ黄金甲冑を身につけ、巻き毛金髪彩り豊かな翼を持つミカエルの姿は、ファン・エイク1437年描いたドレスデンの祭壇画』のミカエルよく似ている。ジェフリー・チップス・スミスはこの作品ミカエルが「地面骸骨の姿をした死神の翼であることが明らとなった地球踏みしめる巨人のようだ地獄亡者たちは死神排泄物となって地獄ヘドロと化す」と表現している骸骨表現され死神コウモリのような姿形表現されており、その頭骨地上にもたげられ、腕と脚は地獄落ち込んでいる。オットー・ペヒトは、この死神こそが「最後の審判」の主役となっているが、地獄恐怖天界栄光狭間に立つ痩身年若い大天使には、この死神太刀打ちできないとしている。 画面上部に描かれているのは『マタイによる福音書』(25:31) に「人の子栄光中にすべての御使たちを従えて来るとき、彼はその栄光の座につくであろう」と記されているキリストの再臨である。「キリスト磔刑」パネル裸体で息絶えたキリストが、復活し栄光とともに姿を現している。復活した素足のキリストは赤いコープ典礼などのときに聖職者羽織る非常に長いマント (en:Cope))を身にまとい、四肢黄金の光包まれている。開いた両掌には聖痕があり、コープ隙間からのぞくわき腹にはロンギヌスの槍による刺し傷痕が、そして両足には釘に貫かれた痕が描かれている。 キリスト整列した多くの天使聖人長老たち中心に坐している。ペヒトはこの天界光景を「あらゆるもの美しく穏やかで秩序立っている」と表現しているキリストのすぐ左右に侍る聖母マリア洗礼者ヨハネ跪いて祈り捧げている。両者頭部には円光があり、ほかの人物像に比べると聳え立つであるかのように非常に大きく描かれている。マリア右手を胸にあて、左手自身のローブ守護する小さな裸体人々慈悲与えかのように掲げられている。この構図キリスト教美術で「慈愛聖母」(en:Virgin of Mercy) と称される伝統的なモチーフ連想させるキリスト足下には乙女たちによる聖歌隊描かれている。鑑賞者の方表情を向けるこの乙女たちは、キリスト称える讃美歌口ずさんでいる。 キリスト前に天国の鍵を捧げ持つ聖ペトロ率いる白いローブ使徒たちが、聖歌隊左右向い合せベンチに6名ずつ座っている。それぞれのベンチ後ろに使徒たち目を配る天使が、キリスト頭上に十字架支え二人天使描かれている。頭上天使は、聖職者着用する衣服である白色アミス肩衣 (en:amice))アルバをまとい、右側天使はさらにその上から緑色祭服ダルマティカ羽織っている。十字架を持つ二人天使周囲は、トランペットと思われる長い楽器奏でる天使たち囲まれている。キリストの両横に浮か二人天使は、「キリスト磔刑」パネルにも描かれているキリストの受難象徴手にしており左側天使の冠を、右側天使海綿と釘をそれぞれかかげて描かれている。 初期フランドル派画家ペトルス・クリストゥスファン・エイク弟子で、この『キリスト磔刑と最後の審判』を工房での徒弟時代研究した考えられている。クリストゥス1452年大規模な祭壇画制作しているが、その祭壇画描かれている最後の審判部分は、この「最後の審判」のパネル改編した作品となっている。ファン・エイクの「最後の審判」とクリストゥスの「最後の審判」には著し相違点見られるが、クリストゥス作品ファン・エイク及ぼした影響明らかである縦に細長い構図画面中部描かれ天界地獄別つ大天使ミカエルなど、ファン・エイクの「最後の審判」から持ち込まれ構成多くみられる

※この「「最後の審判」」の解説は、「キリスト磔刑と最後の審判」の解説の一部です。
「「最後の審判」」を含む「キリスト磔刑と最後の審判」の記事については、「キリスト磔刑と最後の審判」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「「最後の審判」」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最後の審判」のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



「最後の審判」のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキリスト磔刑と最後の審判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS