骸骨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 死体 > 骸骨の意味・解説 

がい‐こつ【骸骨】

読み方:がいこつ

死体の皮や肉が腐り落ちて、骨だになったもの。白骨

からだの骨。骨格


がいこつ 【骸骨】

古代には個人死後の姿を現すものとされたが、身の残骸とする見方もあった。中国官職辞す願い出を、「骸骨を乞う」と表現することがある日本では無常の理を示す物体とも見られたが、遺骨としての尊崇もある。

骸骨

作者アン・ビーティ

収載図書あなたが私を見つける所
出版社草思社
刊行年月1990.4


骸骨

作者西尾正

収載図書怪奇探偵小説集 1
出版社角川春樹事務所
刊行年月1998.5
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書恐怖ミステリーBEST15―こんな幻の傑作読みたかった!
出版社シーエイチシー
刊行年月2006.5

収載図書西尾正探偵小説選 1
出版社論創社
刊行年月2007.2
シリーズ名論創ミステリ叢書


骸骨

作者都筑道夫

収載図書血のスープ 怪談篇―都筑道夫コレクション
出版社光文社
刊行年月2003.4
シリーズ名光文社文庫


骸骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 23:55 UTC 版)

骸骨(がいこつ)とは、第1義には、脊椎動物死骸腐敗が進んで有機物が消失したことで骨格だけになったもの[1][2][3][4][5]。白骨[1]。むくろ(骸)[3]死体[3]。骨のほかに靭帯軟骨をも含む[5]。第2義には、体の骨[1][3]。体の骨組[2][3]。骨格[1][3]。第3義には、勤めなどを終えた後の、役立たなくなった身の譬え[3]


  1. ^ a b c d e 小学館『デジタル大辞泉』. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c 三省堂大辞林』第3版. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ a b 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  5. ^ a b c 小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  6. ^ a b skeleton”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月1日閲覧。
  7. ^ a b 髑髏”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  8. ^ a b 日立デジタル平凡社『世界大百科事典』第2版. “しゃれこうべ”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  9. ^ 村上ほか (2000), p. 54.
  10. ^ 造事務所 (2007), p. 109.


「骸骨」の続きの解説一覧

骸骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 06:52 UTC 版)

ホーンテッドミュージアムII ようこそ幻影遊園地へ」の記事における「骸骨」の解説

左から2番目の列の第3エリア現れるボスお化け屋敷仕掛けだった骸骨が魔法使いの力で自由に動くうになる巨体にも拘らず骨だけであるが故に動き素早い。だが的が大きく狙い易い。両手地面叩きつけ捜査官を空に飛ばすが、実はこの時攻撃チャンスである。しかし、飛び道具が来るのでそれに注意払わなくてはならない。時々骸骨看守差し向けその隙に自分逃げ出すこともある。

※この「骸骨」の解説は、「ホーンテッドミュージアムII ようこそ幻影遊園地へ」の解説の一部です。
「骸骨」を含む「ホーンテッドミュージアムII ようこそ幻影遊園地へ」の記事については、「ホーンテッドミュージアムII ようこそ幻影遊園地へ」の概要を参照ください。


骸骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 21:58 UTC 版)

源平討魔伝」の記事における「骸骨」の解説

地獄BIGモード)で出現。「色即是空」「空即是色」「一切苦厄」というテロップ現れるテロップの文字にかかわらず音声は「色即是空」である。事実上はオープニングボスのようなもので、強力なを持っており、打ち合う景清の剣の値が減少することがある倒したとき全身の骨が散乱するが、これに当たるダメージを受ける。あばらの部分狙ってダメージ与えて倒すと骨が散乱せず、青い玉落とす。命を10PCエンジン版では2)回復散乱した場合消える前に落ちているあばら骨素早く斬れば玉を出すことが可能。骸骨に向かって飛びかかると、骸骨の体勢によっては空中弾かれて、骸骨より先に着地することができ、そのまま鳥居に進むとクリアとなる。骸骨がジャンプしてきた時に直進すれば下をくぐるともできる倒さなかったとしても何らペナルティはない。

※この「骸骨」の解説は、「源平討魔伝」の解説の一部です。
「骸骨」を含む「源平討魔伝」の記事については、「源平討魔伝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「骸骨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

骸骨

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 01:27 UTC 版)

名詞

がいこつ

  1. 死骸腐敗骨だになったもの。
  2. 骨格

発音(?)

が↘いこつ

「骸骨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



骸骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

骸骨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



骸骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骸骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのホーンテッドミュージアムII ようこそ幻影遊園地へ (改訂履歴)、源平討魔伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの骸骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS