遺骨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 遺骨の意味・解説 

い‐こつ〔ヰ‐〕【遺骨】

読み方:いこつ

死者の骨。火葬などにしてあとに残った骨。また、戦没者の骨。

「遺骨」に似た言葉

遺骨 【いこつ】

一般的に死者の骨のこと。火葬して骨になったもの、土葬されて骨化したものとがある。刑法で遺骨遺棄禁じ場合の遺骨とは、火葬の場合、火葬後の骨(焼骨と言う)の中から遺族などにより捨骨されたものを言う

骸骨

(遺骨 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 23:55 UTC 版)

骸骨(がいこつ)とは、第1義には、脊椎動物死骸腐敗が進んで有機物が消失したことで骨格だけになったもの[1][2][3][4][5]。白骨[1]。むくろ(骸)[3]死体[3]。骨のほかに靭帯軟骨をも含む[5]。第2義には、体の骨[1][3]。体の骨組[2][3]。骨格[1][3]。第3義には、勤めなどを終えた後の、役立たなくなった身の譬え[3]


  1. ^ a b c d e 小学館『デジタル大辞泉』. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c 三省堂大辞林』第3版. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ a b 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  5. ^ a b c 小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “骸骨”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  6. ^ a b skeleton”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年5月1日閲覧。
  7. ^ a b 髑髏”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  8. ^ a b 日立デジタル平凡社『世界大百科事典』第2版. “しゃれこうべ”. コトバンク. 2020年5月1日閲覧。
  9. ^ 村上ほか (2000), p. 54.
  10. ^ 造事務所 (2007), p. 109.


「骸骨」の続きの解説一覧

遺骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 06:58 UTC 版)

樺太」の記事における「遺骨」の解説

熊笹峠には、樺太の戦いにおけるソ連軍南進阻止し同軍北海道進攻断念させた日本の将兵の遺骨が今も眠っている[要出典]。

※この「遺骨」の解説は、「樺太」の解説の一部です。
「遺骨」を含む「樺太」の記事については、「樺太」の概要を参照ください。


遺骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 05:42 UTC 版)

武宣皇后卞氏」の記事における「遺骨」の解説

2009年河南省曹操陵墓発見されたとき、壮年男性の遺骨、壮年女性の遺骨、若い女性の遺骨の3体の遺骨が発見された。男性の遺骨は安置状況から、陵墓主たる被葬者考えられ曹操の遺骨だとの結論出された。一方で中国社会科学院考古研究所は、2体の女性遺骨のうち壮年女性の遺骨は、『魏志』の「武宣皇后紀」の記述から武宣皇后推定している。武宣皇后と思われる遺骨は死亡50代過ぎており、没年からして曹操より20歳ほど年下だったと考えられている。しかし歴史記録によると、武宣皇后死亡時に70代で、曹操(6566)との年齢差5歳程度であったとされる

※この「遺骨」の解説は、「武宣皇后卞氏」の解説の一部です。
「遺骨」を含む「武宣皇后卞氏」の記事については、「武宣皇后卞氏」の概要を参照ください。


遺骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 00:59 UTC 版)

安重根」の記事における「遺骨」の解説

旅順監獄共同墓地葬られ安重根は、遺言として解放後韓国への移葬を希望していたが、35年後に葬られた場所の所在を知るものがおらず、墓と遺骨は紛失したまである韓国はしばし日本軍隠した等の主張がされることがあるが、同監獄日本人医師古賀一や同様に処刑され共同墓地埋葬され李会栄の子と孫も、安の墓を参ったことがあると言い、特に隠されたというより単に裏山にあったとされる共同墓地管理されなくなって正確な所が分からなくなったに過ぎない1992年韓国中国国交回復した後に一部関連資料発見され、安の遺体埋葬推定地調査行われた韓国北朝鮮2005年から2007年にかけて文献調査をした後、共同調査団を構成して旅順監獄現地調査をしたが、特に成果はなかった。 李明博大統領は、その任期中に安の死から100周年迎えことから2008年2010年 に、安の遺骨問題担当する国家報勲庁に発掘調査行わせたが、監獄西北野山(約6600平方メートル)という広大な範囲調査して、何も見つけることが出来なかったこのため日本側埋葬資料の提供を要請していた。 これを受けて民主党の松本剛明衆院議員は、被害者である伊藤博文玄孫にあたる縁から、2011年外務大臣に就任した後に「遺骨関連記録を必ず探し韓国側引き渡したい」と述べた が、結局何の進展もなかった。 そのため、以後もたびたび韓国側は遺骨の関連記録提出日本政府要求している。 2019年、「三・一独立運動」から100年になるのに合わせ、韓国政府は遺骨の収容目指している。本人遺書により、母国への再埋葬希望していた。

※この「遺骨」の解説は、「安重根」の解説の一部です。
「遺骨」を含む「安重根」の記事については、「安重根」の概要を参照ください。


遺骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 14:50 UTC 版)

コンスタンティン・パッツ」の記事における「遺骨」の解説

1988年エストニア人のヘン・ラットとヴァルダー・ティムスクはロシアパッツの遺骨捜索乗り出した。彼らはカリーニン現在のトヴェリ)から15キロの場所に位置するパッツ入院させられていたブラシェヴォ足を運んだ。そこでパッツ最後の担当医、センヤ・グラシーヴァと面会し1956年パッツ葬式について訪ねた彼女はパッツ他の死者とは異なり大統領のように手厚く葬られたと語った1990年6月22日パッツの墓は掘り返され10月21日タリンのメサカミストゥ共同墓地改葬された。2011年、ブラシェヴォパッツ記念する十字架立てられた。

※この「遺骨」の解説は、「コンスタンティン・パッツ」の解説の一部です。
「遺骨」を含む「コンスタンティン・パッツ」の記事については、「コンスタンティン・パッツ」の概要を参照ください。


遺骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 10:01 UTC 版)

ロームシャ」の記事における「遺骨」の解説

1990年タイカーンチャナブリー近郊ロームシャのものと思われる遺骨700体以上が発掘された。

※この「遺骨」の解説は、「ロームシャ」の解説の一部です。
「遺骨」を含む「ロームシャ」の記事については、「ロームシャ」の概要を参照ください。


遺骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 04:27 UTC 版)

アドルフ・ヒトラーの死」の記事における「遺骨」の解説

1970年には、スメルシ施設KGBコントロール下、東ドイツ政府移譲され予定だった。ヒトラー埋葬場所ネオナチ聖地になることを恐れKGB議長ユーリ・アンドロポフ部隊遺骸破壊する許可与えたソビエトKGBチーム詳細な埋葬場所指示され1970年4月4日秘かに10体の遺骸掘り出し完全に焼却して灰をエルベ川散骨した。 この1年前1969年ソビエトジャーナリスト、レヴ・ベジメンスキー(Lev Bezymensky)が、スメルシ検視レポートに基づき西側で本を出版した。しかし初期の情報攪乱のため、歴史家はその情報信頼性疑いを持つ場合がある。 しかしソビエト連邦の崩壊後の1993年に、KGBFSB)が、KGB元メンバーによる公的検死記録その他報告書公表した。これらにより歴史家は、ヒトラーエヴァ死体その後について見解一致達したまた、これによりトレヴァー=ローパー1947年著書The Last Days of Hitler』で示されたヒトラーの死についての見解裏付けられた1993年ロシア政府は、ヒトラー下頤骨と銃弾の痕のある頭骨一部を、モスクワにあるロシア連邦保安庁FSB)の公文書館保管していることを発表した。アメリカ・コネチカット大学チームロシア政府許可を受けて頭骨DNA鑑定実施したところ、この頭骨女性ものであるとの結果出たという。 2000年4月26日モスクワ市内のロシア国立公文書館ヒトラー頭骨一部報道陣初公開された。遺骨の公開展示企画した責任者であるFSBのニコライ・ミハンキン大佐インターファックス通信とのインタビューで「ヒトラーの遺骨は二度とロシアら出ることはないだろう。我々は常にそれを監視している。」と語っている。 2018年フランス人法医学者のフィリップ・シャルリエ(英語版)がロシア連邦保安局国立公文書館許可を受け、保管されていたヒトラーの遺骨の調査開始した(遺骨調査許可1946年以来とされている)。公文書館にある頭蓋骨ケース入っており触れることさえできなかったが、ロシアKSB保管されていた義歯断片については詳細な調査許された。ヒトラー生前撮影されていたレントゲン写真照合したところ、義歯形状一致した彼の骨格や歯の状態に合わせたオーダーメイドであり、別人のものとは考えがたい。また、表面の傷や付着した歯石実際に使用されていたことを示しており、模造品とも考えがたい。偶然落ちた破片持ち帰って付着物組成分析したところ、レタス繊維など見つかり、これも菜食主義者であったヒトラー食生活合致する以上のことから、この義歯本物断定された。そのうえで頭蓋骨残された弾痕虫歯についた青みがかった付着物から、銃で頭を撃ち抜く行為青酸カリ服用する行為両方行われたであろう結論づけている。

※この「遺骨」の解説は、「アドルフ・ヒトラーの死」の解説の一部です。
「遺骨」を含む「アドルフ・ヒトラーの死」の記事については、「アドルフ・ヒトラーの死」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「遺骨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「遺骨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



遺骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

遺骨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遺骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2022 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骸骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの樺太 (改訂履歴)、武宣皇后卞氏 (改訂履歴)、安重根 (改訂履歴)、コンスタンティン・パッツ (改訂履歴)、ロームシャ (改訂履歴)、アドルフ・ヒトラーの死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS