福祉葬とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 福祉葬の意味・解説 

福祉葬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/12 09:05 UTC 版)

福祉葬(ふくしそう)は、生活保護法第18条[1]に基づき、生活保護を受けている世帯の一員が亡くなり、その葬儀費用を出すことができない場合、自治体からの葬祭扶助の範囲内で執り行われる葬儀のことである。生活保護葬、民生葬と呼ぶ場合もある。ただし、政教分離原則から自治体が独自に宗教行事を行うわけにはいかないので、本来の葬祭扶助は、「直葬」「火葬」のみであって、宗教的な形を踏んだ「葬儀」という位置づけは正しくないという見方もある。




  1. ^ 18条には、検案、死体の運搬、火葬または埋葬、納骨または葬祭のために必要なものについて葬祭扶助が行われるとある。お寺など僧侶への読経代などは含まれない。また2項には、死亡者に扶養義務者がいない場合という制限がある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「福祉葬」の関連用語

1
14% |||||

2
14% |||||

3
14% |||||

4
12% |||||

5
12% |||||

6
12% |||||

7
12% |||||

8
10% |||||

9
10% |||||


福祉葬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



福祉葬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福祉葬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS