墓とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

はか【墓】

読み方:はか

遺体遺骨埋葬した場所。また、そこに記念のために建てられ建造物。塚。「—に詣でる


ぼ【墓】

読み方:ぼ

[音](漢) [訓]はか

学習漢字5年

[一]〈ボ〉死体葬る所。はか。「墓域墓穴墓参墓誌墓所墓前墓地墓碑墓標展墓墳墓陵墓

[二]〈はか〉「墓石墓場


墓 【はか】

死体または火葬後の焼骨収めるところ。「墓地」「納骨堂」「墓所参照

作者色川武大

収載図書恐怖の旅
出版社福武書店
刊行年月1989.3
シリーズ名福武文庫

収載図書怪奇・ホラーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4

収載図書恐ろしき執念
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4
シリーズ名怪奇・ホラーワールド 大きな活字読みやすい

収載図書戦後短篇小説再発見 5 生と死光景
出版社講談社
刊行年月2001.10
シリーズ名講談社文芸文庫


作者ギイ・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン怪奇傑作集
出版社福武書店
刊行年月1989.7
シリーズ名福武文庫


作者徳田秋声

収載図書秋声全集 第10巻
出版社臨川書店
刊行年月1990.9

収載図書徳田秋声全集 第16巻 春来る暗夜
出版社八木書店
刊行年月1999.5


作者萩原朔太郎

収載図書猫町十七
出版社岩波書店
刊行年月1995.5
シリーズ名岩波文庫


作者村松友視

収載図書帰ってきたアブサン
出版社河出書房新社
刊行年月1996.7

収載図書帰ってきたアブサン
出版社河出書房新社
刊行年月1998.10
シリーズ名河出文庫


作者P.D.カセック

収載図書999聖金曜日
出版社東京創元社
刊行年月2000.2
シリーズ名創元推理文庫


作者宮本百合子

収載図書宮本百合子全集 第2巻 小説
出版社新日本出版社
刊行年月2001.1


作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書小山内薫
出版社大空社
刊行年月2003.3
シリーズ名明治翻訳文学全集


読み方:はか

  1. 寺院ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・石川県
  2. 寺院北陸地方〕。〔第五類 一般建物
  3. 寺院。〔北陸〕 或は山。峠。

分類 北陸北陸地方石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/13 08:45 UTC 版)

(はか、: tombあるいはgrave)は、遺体遺骨を葬ってある場所[1]。「墳墓(ふんぼ)」「墳塋」(ふんえい)ともいう。


  1. ^ a b c 『日本大百科全書』【墓】
  2. ^ 天龍寺とは(2019年1月6日閲覧)。
  3. ^ 墓埋法をわかりやすく解説!トラブルを避けるために覚えるべきこと | お墓探しならライフドット”. お墓・霊園探しならライフドット. 2022年1月8日閲覧。
  4. ^ a b 墓地とは 亘徳、2017年2月6日閲覧
  5. ^ a b 2011年2月18日の『朝日新聞』朝刊39面
  6. ^ 『墓じまい』 - コトバンク
  7. ^ 「合葬墓、少子化で広がる 管理の不安解消へ整備相次ぐ」日本経済新聞』夕刊2018年12月28日(1面)2019年1月6日閲覧。
  8. ^ 木槨墓. コトバンクより。
  9. ^ a b c “土葬から火葬へ 変わりゆく韓国の葬儀”. 朝日新聞. (2005年12月9日). http://www.asahi.com/travel/seoul/TKY200512080241.html 2017年2月5日閲覧。 
  10. ^ a b c d お墓の形態 亘徳、2017年2月6日閲覧
  11. ^ 墓荒らしとは│どんな罪? 警察に捜査されている場合の対処法は?”. ベリーベスト法律事務所 奈良オフィス. 2023年6月26日閲覧。


「墓」の続きの解説一覧

墓(はか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:35 UTC 版)

あばれ!隼」の記事における「墓(はか)」の解説

6番。キャッチャー

※この「墓(はか)」の解説は、「あばれ!隼」の解説の一部です。
「墓(はか)」を含む「あばれ!隼」の記事については、「あばれ!隼」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「墓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 23:46 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (はか) 遺骸遺骨葬るまた、そこにしるしとして立てた石、木など。塚。墳墓

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「墓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



墓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「墓」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||


墓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



墓のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2024 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの墓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあばれ!隼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS