考古学者とは? わかりやすく解説

考古学者

作者A.P.ド・マンディアルグ

収載図書の太陽―マンディアルグ短編集
出版社白水社
刊行年月1989.7
シリーズ名白水Uブックス


考古学者

作者北川

収載図書キラめく星たち
出版社新生出版
刊行年月2008.3


考古学

(考古学者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 01:47 UTC 版)

自然人類学
分子人類学
文化人類学
言語人類学
社会人類学
考古学


注釈

  1. ^ 1853年~1854年にかけてフェルナンド・ケラーによる調査とその報告、ロバート・マンローによるスコットランドなど「湖上住居」の報告、名高いのは19世紀末のフロリダ州南西部キー・マルコの「杭上住居民」をフランク・カッシングが発掘したハリケーンによって倒壊した集落跡、アーサー・ブライドが1893年から1907年にかけて発掘したグラストンベリー湖の柵杭で囲まれた紀元前200年の集落跡

出典

  1. ^ 泉森皎編『日本考古学を学ぶ人のために』(世界思想社2004年
  2. ^ 佐原真「考古学史を語る」(金関恕・春成秀爾編『佐原真の仕事1 考古学への案内』岩波書店、2005年)
  3. ^ 考古図』 - コトバンク
  4. ^ (1827-1901) 組織的な計画と方法、記録を伴う発掘を実施、世界初の実験考古学も試みた。
  5. ^ (1853-1942) エジプト土器編年の体系をうち立てた。
  6. ^ 理化学的年代測定法・コンピュータと統計学・システム論・生態学の応用
  7. ^ 安斎正人『KASHIWA学術ライブラリー06 理論考古学入門』(柏書房、2004年)
  8. ^ a b デンマーク国立博物館に民族学部門を開設したときに三時代区分法を適用したクリスチャン・トムセンが1839年にオランダのライデンにシーボルトを訪ねている。その時、『北欧古代学入門』(独文版1837年)をシーボルトに献呈した可能性もある。佐原真「日本近代考古学の始まるころ -モールス、シーボルト、佐々木忠二郎資料によせて-」(金関恕・春成秀爾編集『佐原真の仕事1 考古学への案内』岩波書店 2005年)235ページ
  9. ^ その著『日本』(1832~1858のころ)
  10. ^ 大森貝塚の項目参照
  11. ^ 近藤義郎「戦後日本考古学の反省と課題」(考古学研究会編『日本考古学の諸問題』1964年)
  12. ^ cognitive science 人間の認知(知的営み)にかかわる学問領域の総称 
  13. ^ a b 松本直子・中園聡・時津裕子編『認知考古学』(青木書店、2003年)
  14. ^ 瀬戸 哲也他『沖縄県の戦争遺跡 平成22~26年度戦争遺跡詳細確認調査報告書 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書75』沖縄県立埋蔵文化財センター、2015年
  15. ^ 川北稔ほか帝国書院、時代区分は、1)自然に適応しながら生きていた時代、2)自然環境への挑戦の時代、3)環境問題の出現と社会の調和の時代。
  16. ^ 高橋学『平野の考古学』古今書院 2003年、松井章編『環境考古学マニュアル』(同友社、2003年)
  17. ^ 原子力環境整備促進・資金管理センター 「地層処分にかかわる記録保存の研究」(『原環センター技術報告書』2002年)



考古学者(Archeologist)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/15 02:35 UTC 版)

NetHack」の記事における「考古学者(Archeologist)」の解説

初期装備武器として鞭、つるはし持ち、革の服を着てフィードラをかぶるインディアナ・ジョーンズのような格好宝石の鑑定能力に長けている

※この「考古学者(Archeologist)」の解説は、「NetHack」の解説の一部です。
「考古学者(Archeologist)」を含む「NetHack」の記事については、「NetHack」の概要を参照ください。


考古学者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 17:08 UTC 版)

ハイラム・ビンガム3世」の記事における「考古学者」の解説

1908年サンティアゴ開催され全米科学者会議代表として出席。その帰路で、古いスペイン貿易ルート探検しペルー立ち寄る。そこでオリャンタイタンボOllantaytambo)というインカ時代都市見学して強い興味覚える。1911年イェール大学ペルー探検隊組織してペルーへ入る。そして同年の7月24日マチュ・ピチュ発見1912年1915年にも、イェール大学およびナショナルジオグラフィック協会援助を受けてペルーインカ遺跡調査している。この調査は、ナショナル・ジオグラフィック誌が1913年4月号のすべてをマチュ・ピチュ特集にした事で有名になった。

※この「考古学者」の解説は、「ハイラム・ビンガム3世」の解説の一部です。
「考古学者」を含む「ハイラム・ビンガム3世」の記事については、「ハイラム・ビンガム3世」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「考古学者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

考古学者

出典:『Wiktionary』 (2021/06/13 13:12 UTC 版)

名詞

考古 学者こうこがくしゃ)

  1. 考古学研究する科学者

関連語

翻訳


「考古学者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

考古学者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



考古学者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの考古学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNetHack (改訂履歴)、ハイラム・ビンガム3世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの考古学者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS