採集狩猟民とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 人文 > 人々 > 採集狩猟民の意味・解説 

さい しゅうしゅりょう みん -しふしゆれふ- [6] 【採集狩猟民】

食料獲得方法生業)を主に、植物採集狩猟漁労依存している人々。 → 農耕牧畜民

狩猟採集社会

(採集狩猟民 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/20 04:18 UTC 版)

狩猟採集社会(しゅりょうさいしゅうしゃかい)とは、主に人類学上の言葉で、野生の動植物の狩猟や採集を生活の基盤とする社会のことである。農耕が開始された新石器時代まで全ての人類は狩猟採集社会だったと考えられている。


注釈

  1. ^ 全ての狩猟採集民に対して指摘できることではない。北米インディアンのポトラッチニューギニアビッグマン社会、南米のナンビクワラにおける分配は権威を発生させる[要出典]
  2. ^ 獲物の第一の所有者はハンターではなく矢や槍の所有者である[要出典]

出典

  1. ^ 山田仁史「アジアをみる眼」『アジアの人類学』片岡樹, シンジルト, 山田仁史、春風社、2013年。 [要ページ番号]
  2. ^ a b マーシャル・サーリンズ『石器時代の経済学』山内昶訳、法政大学出版局〈叢書・ウニベルシタス ; 133〉、1984年2月。 [要ページ番号]
  3. ^ 市川光雄「共存の原理」『ヒトの自然誌』田中二郎, 掛谷誠、平凡社、1991年。 [要ページ番号]
  4. ^ 安岡宏和 (2007). “アフリカ熱帯雨林における狩猟採集生活の生態基盤の再検討--野生ヤムの利用可能性と分布様式から (特集 地域研究の前線)”. アジア・アフリカ地域研究 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科) 6 (2): 297-314. ISSN 1346-2466. http://hdl.handle.net/2433/80084. 


「狩猟採集社会」の続きの解説一覧



採集狩猟民と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「採集狩猟民」の関連用語

採集狩猟民のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



採集狩猟民のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狩猟採集社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS