物々交換とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 物々交換の意味・解説 

ぶつぶつ‐こうかん〔‐カウクワン〕【物物交換】

貨幣媒介させずに、物と物を直接交換すること。バーター


物々交換

作者山内

収載図書変態
出版社日本文学館
刊行年月2008.8


物々交換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 22:51 UTC 版)

物々交換(ぶつぶつこうかん、: barter)とは、物品と物品を直接に交換する決済手段である。お金(通貨)が存在しなかった時代での決済手段とされてきたが、まだ物々交換で経済が成り立っていたという記録は見つかっていない[1]。「物」とあるが、無形のサービスについても使う。


  1. ^ 「おかね」のはじまり 八十二文化財団
  2. ^ a b 清水崇 (2003). “貨幣の探索理論の新展開”. 経済学研究 (一橋大学) 45: 197-234. doi:10.15057/9227. 
  3. ^ そのあたりの状況は、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」「とと姉ちゃん」などで描かれている。
  4. ^ NHK BSプレミアム「天涯の地に少年は育つ アンデス 神の糸を刈る日」(2006年放映)
  5. ^ トーマス・グレコ『地域通貨ルネサンス』大沼安史訳 本の泉社 2001 ISBN 4880233420 pp.137-140.


「物々交換」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「物々交換」の関連用語

物々交換のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



物々交換のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物々交換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS