土地収用とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 収用 > 土地収用の意味・解説 

とち‐しゅうよう〔‐シウヨウ〕【土地収用】


土地収用 (とちしゅうよう)

 道路河川など公共事業のために土地必要になった場合一般的にはその事業の施行者土地所有者等と話し合い合意の下で契約結んで土地に関する権利取得しますこのような方法任意買収と呼ぶことがあります話し合いで合意に達することができないとか権利について関係者間で争いがあるといったときのように、任意買収できない場合について、土地収用法定め手続きに従って事業施行者土地に関する権利取得することを土地収用、あるいは単に収用といいます
 土地収用の制度は、諸外国にもある一般的な制度ですが、日本では憲法の規定を受けて土地収用法より詳細内容定められています。憲法29条は私有財産保障する一方で、「私有財産は、正当な補償下に、これを公共のために用ひることができる」と規定してます。この規定を受けて土地収用法では、公共の福祉私有財産調整を図るため、土地等の収用又は使用に関する要件手続き効果損失補償等について具体的に定めてます。主な手続きとしては、事業認定収用裁決あります

事業認定
 土地収用の対象事業は、土地収用法道路河川など公共施設個々に細かく定められていますが、具体事業について土地収用を行おうとする場合は、起業者事業施行者のこと)は国土交通大臣又は都道府県知事から事業認定を受ける必要があります。これは、事業が土地収用の対象とするに足る公益性妥当性等を備えているかを審査し認定するものですこれにより土地収用する権限起業者与えられます。
 なお、都市計画事業認可又は承認受けた事業については、事業認定を受けなくても裁決申請を行うことができます。 

収用裁決
 事業認定後、起業者都道府県収用委員会に対し個々の土地について裁決申請を行うと、収用委員会審理の手続を経て裁決補償金額等を決定します。この裁決に基づき起業者土地取得することができるようになります

土地収用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/23 09:00 UTC 版)

土地収用とちしゅうよう)とは、日本国憲法第29条第3項「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。」に基づき、公共の利益となる事業の用に供するため、土地所有権その他の権利を、収用委員会(委員は都道府県議会の同意を経て任命された収用委員により構成される行政委員会)での審理裁決など、一連の手続きを経てその権利者の意思にかかわらず、又は地方公共団体等に強制的に取得させる行為をいう。





土地収用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 04:21 UTC 版)

清教徒革命」の記事における「土地収用」の解説

共和政府は、征服したオールド・イングリッシュらの土地イングランド人分配しはじめた。これには2つ事情があった。1つには兵士支払給料滞納しておりアイルランド土地かわりに付与する旨の証書発行していたこと、いま1つ商人たちからアイルランド土地担保に投資を受けていたことである。この2つ弁済するため、ミア・アイリッシュのみならずオールド・イングリッシュまでも追い払われ商人兵士分配されていった生活苦陥っていた兵士証書は軍の士官たちに安く額面の1/4~1/5といわれる買い集められ、士官アイルランド地主となるケース多かった

※この「土地収用」の解説は、「清教徒革命」の解説の一部です。
「土地収用」を含む「清教徒革命」の記事については、「清教徒革命」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「土地収用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「土地収用」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



土地収用と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土地収用」の関連用語

土地収用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



土地収用のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2022 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土地収用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの清教徒革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS