定めてとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(思量) > 定めての意味・解説 

さだめ‐て【定めて】

[副]

定めし」に同じ。

「貴方は—飽きっぽいと思うでしょう」〈漱石明暗

必ず。

花開くれば必ずを結ぶ、罪を作れば—果を感ずるなり」〈今昔三・一七〉


さだめ‐て【定━】

〔副〕

[一] 非推量文に用いる。

肯定文用いる。

(イ) はっきりと。明らかに

蘇悉地羯羅経延喜九年点(909)「決(サタメテ)能く願を満つ

天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「コレワ sadamete(サダメテ) レイノ イソポガ シワザニ ヨッテ

(ロ) 絶対的真理表現するために用いられたもの。かならず。たしかに

今昔1120頃か)三「盛(さかり)なる者は必ず衰ふ、生(しょうじ)ぬる者は定めて死ぬる事也」

否定文用いる。下に打消表現を伴う。決して(…でない)。

今昔1120頃か)三「死なむ事定(さだめ)て不疑ず」

[二] 推量文に用いる。

① 下に推量表現を伴う。

(イ) 確信をもっていう。きっと。かならず。

源氏100114頃)行幸尋ね得たまへらむはじめをおもふに、さためて心清う、見放ち給はじ」

(ロ) 確信性が薄い。おそらく。たぶん。

*虎明本狂言入間川室町末‐近世初)「仰のことく、お国もとでは、定てお待かねなされまらせう」

② 下に推量表現伴わない。きっと。

捷解新語(1676)一「ひるすぎよりあめがそそけて、かぜがわろう御ざたが、さためて御くらうにわたらしられてこそ御ざれ」


定めて

読み方:さだめて

マ行下一段活用動詞定める」の連用形である「定め」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「定めて」の関連用語

定めてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



定めてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS