ため池とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ため池の意味・解説 

ため池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/13 20:27 UTC 版)

ため池(ためいけ、溜池、溜め池)とは主に農業灌漑)用水を確保するためにを貯え、取水設備を備えた人工ののことである。その目的のために新設したり、天然池沼改築した池を指す。




  1. ^ 吉川弘之『コメ』東京大学出版会、1995年、132頁
  2. ^ a b c d 吉川弘之『コメ』東京大学出版会、1995年、133頁
  3. ^ ため池講座更新日:2010年4月1日 兵庫県
  4. ^ a b ため池とは (PDF) 農林水産省農村振興局整備部防災課
  5. ^ ひょうごのため池


「ため池」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ため池」の関連用語

ため池のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

針江の生水

XL1200C

302号車

FZ1

別冊宝石

妻

キー・シート

二層同時舗設式アスファルトフィニッシャ





ため池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのため池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS