ため池とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ため池の意味・解説 

ため‐いけ【×溜め池】

読み方:ためいけ

灌漑(かんがい)・防火などの用水をためておく人工の池


ため池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 00:01 UTC 版)

ため池(ためいけ、溜池、溜め池)とは、主に農業灌漑)用水を確保するためにを貯え、取水設備を備えた人工ののことである。その目的のために新設したり、天然池沼改築したりした池を指す。日本には十数万から約20万か所あると推定されている[1](「#統計」も参照)。


  1. ^ a b c 「ため池の決壊 防げ/西日本豪雨 教訓/国が指定新基準■地図作成」『読売新聞』夕刊2019年1月25日(社会面)
  2. ^ 吉川弘之『コメ』東京大学出版会、1995年、132頁
  3. ^ a b 野外調査”. 農林水産省. 2020年2月2日閲覧。
  4. ^ 「西日本豪雨 全国のため池、緊急点検指示/首相」毎日新聞』朝刊2018年7月20日(2018年8月3日閲覧)
  5. ^ 平成30年7月豪雨等を踏まえた今後のため池対策の進め方について 農林水産省プレスリリース(2018年11月13日)2019年1月26日閲覧
  6. ^ 農業用ため池の管理及び保全に関する法律 衆議院
  7. ^ 「ため池登録 半数止まり/西日本豪雨で決壊相次ぐ/所有者割り出し困難」『毎日新聞』朝刊2019年1月5日(総合・社会面)2019年1月12日閲覧
  8. ^ 「ため池王国」兵庫県で“水増し” 調べたら1万ヵ所ありませんでした”. 神戸新聞NEXT (2019年5月31日). 2019年6月1日閲覧。
  9. ^ (研究成果)ため池防災支援システム- 地震・豪雨時に、ため池の決壊危険度をリアルタイムに予測 -農研機構プレスリリース(2018年9月11日)2018年9月17日閲覧
  10. ^ ため池監視サービス脚光 豪雨時確認遠隔で/月額3万円から 早期避難に貢献」『日本農業新聞』2020年9月16日(1面)2020年10月10日閲覧
  11. ^ [1]読売新聞(2021年7月26日)2021年7月27日閲覧
  12. ^ [2]Yahooニュース(2021年5月10日)2021年7月27日閲覧
  13. ^ 後絶たぬ「ため池」転落死、10年間で255人…全体の9割が自治体の管理外読売新聞(2021年7月26日)2021年7月27日閲覧
  14. ^ a b c d 吉川弘之『コメ』東京大学出版会、1995年、133頁
  15. ^ a b c d e f g h i j k l 小山田 宏一「アジアモンスーン地帯のため池文化」 国際文化財研究センター
  16. ^ ため池講座 兵庫県(2020年10月10日閲覧)
  17. ^ a b c ため池とは (PDF)”. 農林水産省農村振興局整備部防災課 (2020年3月). 2021年6月1日閲覧。
  18. ^ ため池とは (PDF)”. 農林水産省農村振興局整備部防災課 (2014年3月). 2021年6月1日閲覧。
  19. ^ 京都府は2020年、鳥インフルエンザ防疫措置として、養鶏場近くにあるため池の水を抜いた。『日本農業新聞』2020年12月26日「渡り鳥来ないで/ため池の水 全部抜く/鳥インフル対策で京都府」。


「ため池」の続きの解説一覧

ため池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 21:02 UTC 版)

あはれ!名作くん」の記事における「ため池」の解説

名作達がラッスィーに命じられて罰掃除をしていた場所。ボルトそっくりな河童二匹住んでいるおばあさん木こり等の人間ゴミ等を捨てていたため、かなり汚れていたが名作達によって綺麗に掃除された

※この「ため池」の解説は、「あはれ!名作くん」の解説の一部です。
「ため池」を含む「あはれ!名作くん」の記事については、「あはれ!名作くん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ため池」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ため池」の関連用語

ため池のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ため池のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのため池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあはれ!名作くん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS