谷とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > > の意味・解説 

さこ 【谷・迫

多く関西九州地方で)山あいの小さな谷。

【こく】[漢字]

【石】
⇒ せき〔石〕 [漢]
【克】 [音] コク
困難にたえて勝つ。 「克服克己こつき)・相克超克
よく。十分に。 「克明
【告】 [音] コク
つげる。しらせる。 「告示告知告諭広告宣告布告報告予告
【谷】 [音] コク
たに。 「峡谷渓谷幽谷
【刻】 [音] コク
きざむ。 「刻印彫刻篆刻てんこく)」
むごい。ひどい。 「刻薄苛刻かこく)・残刻・深刻」
身を苦しめる。 「刻苦
【国(國)】 [音] コク
くに。 「国政国土国民・国家愛国外国建国
特に律令制下の、くに。 「国衙こくが)・国司国守任国
封建制下の諸侯領地。 「国主領国
わがくに日本。 「国学国史国字国書国風国文」 〔「圀」は異体字
【 剋 】 [音] コク
かつ。耐えぬいてかつ。 「相剋下剋上
【 哭 】 [音] コク
なく。(人の死を悲しんで)声をあげて泣く。 「哭声鬼哭号哭痛哭啼哭ていこく)・慟哭どうこく)」
【 梏 】 [音] コク
手かせ。かせをはめる。 「梏桎こくしつ)・桎梏しつこく)」
【黒( 黑 )】 [音] コク
くろ。くろい色。 「黒鉛黒色黒板漆黒
くらい。 「暗黒
【穀( 穀 )】 [音] コク
稲・麦など主食とする植物の実。 「穀倉穀物穀類五穀雑穀脱穀米穀
【酷】 [音] コク
きびしい。むごい。ひどい。 「酷薄酷吏酷刑苛酷かこく)・残酷・冷酷
はなはだしい。はげしい。 「酷似酷暑酷寒
】 [音] コク
くぐい。白鳥大形水鳥。 「鴻鵠こうこく)」
弓の的(まと)の中心の黒い星。 「正鵠せいこく)((せいこう))

たに [2] 【谷・渓・谿

山または丘にはさまれた細長い溝状の低地一般に河川浸食による河谷が多い。成因によって川や氷河による浸食谷断層褶曲しゆうきよく)による構造谷とに分ける。また、山脈沿う谷を縦谷ゆうこく)、山脈を横切るものを横谷おうこく)という。
高い所にはさまれた低い部分。 「波の-」 「気圧の-」
二つ屋根流れが交わる所。 「 -

たに 【谷】

姓氏の一。

[1] 【谷

やつ(谷)」に同じ。世田谷四谷深谷など関東地名中に残る。

やち [1] 【谷・谷地】

東日本で)湿地帯低湿地。たに。やつ。やと。 「 -田」

やつ [1] 【谷・谷津】

低地。たに。また、低湿地。やち。やと。 「 -七郷」 「 -田」 〔関東、特に鎌倉下総地方でいう〕

やと 【谷・谷戸】

やつ(谷)


谷(たに)

屋根二つ傾斜面流れの合う部分を谷という。谷の部分納まりには、谷板たにいたの上桟瓦を載せて葺く場合と、谷瓦を載せて葺く場合とがある。


作者宮沢賢治

収載図書新編 風の又三郎
出版社新潮社
刊行年月1989.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書校本 宮沢賢治全集 第9巻 童話 2
出版社筑摩書房
刊行年月1995.6

収載図書イーハトーボ農学校の春
出版社角川書店
刊行年月1996.3
シリーズ名角川書店

収載図書注文の多い料理店
出版社集英社
刊行年月1997.6
シリーズ名集英社文庫

収載図書ザ・賢治―全小説全一冊 グラスレス眼鏡無用 大活字版
出版社第三書館
刊行年月2007.1

収載図書名作童話 宮沢賢治20
出版社春陽堂
刊行年月2008.11


読み方:たに

  1. 八銭。或は陰門を云ふ。

読み方:たに

  1. 揚弓大弓等にて金銭賭く時の八銭の隠語。谷は一別「やつ」といふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:タニtani

所在 千葉県流山市


読み方:タニtani

所在 和歌山県和歌山市




読み方:タニtani

所在 鳥取県倉吉市


読み方:タニtani

所在 愛媛県八幡浜市





読み方:タニtani

所在 富山県南砺市



読み方:タニtani

所在 石川県かほく市


読み方:タニtani

所在 福井県敦賀市


読み方:タニtani

所在 兵庫県淡路市



読み方:タニtani

所在 奈良県桜井市


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
こく
さきがや
たに
たにさき
たにざき
たにたか
はざま
やざき
やなや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/01 05:45 UTC 版)

(たに、英語: Valley)とは、尾根山脈に挟まれた、周囲より標高の低い箇所が細長く溝状に伸びた地形




  1. ^ a b c d e f g h i 日本地形学連合 『地形の辞典』 朝倉書店、2017年、509頁。


「谷」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/01/15 02:00 UTC 版)

発音

名詞

  1. たに両側高地とし、それに垂直に低地長く続く地形

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



谷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「谷」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



谷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2019 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの谷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS