用字とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 用字の意味・解説 

よう‐じ【用字】

文字使い方また、使っている文字。「—用語」


国語国字問題

(用字 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/25 09:43 UTC 版)

国語国字問題(こくごこくじもんだい)は、国語の表記をめぐって議論となる事柄をいう。本項では、国語としての日本語の表記法である漢字仮名交じり文とそれを構成する漢字仮名遣いの在り方、改変に関わる近現代の言語政策(公的決定)と議論について、第二次世界大戦後の「国語改革」以降のものを中心に取り上げる。


  1. ^ 阿久澤論文の要旨については、近代語研究会編『日本近代語研究5 近代語研究会25周年記念』(ひつじ書房、2009年10月)に、阿久澤佳之「前島来輔『漢字御廃止之議』の成立問題」(37ページから54ページ)として収録されている
  2. ^ a b 臼井裕之 北一輝の<エスペラント採用論>に見る近代日本の<英語問題><国語問題>
  3. ^ 人名用漢字の新字旧字:「鉄」と「鐵」”. 三省堂国語辞典. 2019年5月8日閲覧。
  4. ^ けん引免許試験 警視庁公式サイト、2020年12月19日閲覧。
  5. ^ 人名用漢字の新字旧字:「曽」と「曾」”. Sanseido Word-Wise Web. 2014年10月9日閲覧。
  6. ^ 各期国語審議会の記録 | 第22期 | 表外漢字字体表 | 前文 | 表外漢字の字体問題に関する基本的な認識 | 従来の漢字施策と表外漢字の字体問題”. 文化庁. 2021年7月19日閲覧。
  7. ^ 各期国語審議会の記録 | 第22期 | 表外漢字字体表 | はじめに”. 文化庁. 2021年7月19日閲覧。
  8. ^ コラム 漢字の現在 第221回 新潟の「潟」の略字の今 三省堂W WORD-WISE WEB 辞書ウェブ編集部によることばの壺、2020年12月19日閲覧。


「国語国字問題」の続きの解説一覧

用字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:21 UTC 版)

全て違った文字で、一字重複していない。ただし「女慕貞絜」の「絜」と「紈扇員潔」の「潔」は音も意味も同じでありテキストによっては両方「潔」に作ったり、「潔」の異体字の「㓗」に作るものもある。 数字では「一」(ただし、大字として「壹」は入っている)「三」「六」「七」、方角では「北」、季節では「春」、地理では「山」が無いなど、初学者必要な漢字抜けている233文字が日本の常用漢字外である。

※この「用字」の解説は、「千字文」の解説の一部です。» 「千字文」の概要を見る


用字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 06:05 UTC 版)

「すし」には「寿司」「」「」などの字使われるこのうち寿司」は好字使った当て字である。「」「はいずれも、本来は別の魚料理(「」は「うおびしお」、「」は「つけうお」、より詳しく寿司#歴史へ)を意味し、「すし」の意は国訓である。 「寿司と言う表記は、京都朝廷献上することを考慮し使われるようになった江戸では「」、大坂では「の字使用された。

※この「用字」の解説は、「寿司」の解説の一部です。» 「寿司」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「用字」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



用字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

用字のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



用字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国語国字問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの千字文 (改訂履歴)、寿司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS