則天文字とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 則天文字の意味・解説 

則天文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/19 06:27 UTC 版)

則天文字(そくてんもじ)は、中国・武周の女帝武則天が制定した漢字則天新字武后新字とも言われる。六書の文字分類では象形文字あるいは会意文字である。 ※Unicodeでの番号は参考資料、注釈を参照のこと(以下このページにおいて同じ)


  1. ^ U+57CA
  2. ^ U+22611
  3. ^ U+66CC
  4. ^ 潘吉星論韓國發現的印本『無垢浄光大陀羅尼経』科学通報・1997、42 (10):1009-1028。
  5. ^ 從兩《唐書・則天后本紀》和《資治通鑑》唐会要・帝號上・中宗》作「二月初五」(3月4日)、
  6. ^ U+20011「丙(へい・ひのえ)」とは別字。
  7. ^ U+211A0
  8. ^ U+56DD
  9. ^ U+3007 ※但し0漢数字として登録されている。
  10. ^ U+20E9E
  11. ^ U+21540
  12. ^ U+21508
  13. ^ U+20866
  14. ^ U+2067A
  15. ^ U+25822
  16. ^ U+24A89
  17. ^ U+28CA2
  18. ^ U+24BD4
  19. ^ ただし、現代中国では「僭称」(即位を認めない)とされることが多い。
  20. ^ 権若訥の上奏は清の洪邁が著書『容斎随筆』・『容斎続筆』の中で述べている。
  21. ^ 北宋王欽若の編書『冊府元亀』。
  22. ^ 《字彙》:「同『照』」按《正字通》:「唐武后自製十九字以『瞾』爲名與『照』音義同從明非從二目也後訛爲『曌』」《字彙》改作「瞾」字彙補》又作「曌」並非
  23. ^ 《漢語大字典》:「同『天』唐武則天所造字。」
  24. ^ 《玉篇》:「古『地』字《前漢・趙充國傳》:『令不得帰肥繞之埊』」按《類篇》謂唐武后作埊又趙與時《賓退録・五》:「武后改易新字如以山水土爲地千千万万爲年永主久王爲證長正主爲聖。」
  25. ^ 《集韻》:「入質切同『日』《説文》:『実也太陽之精不虧從囗一象形』唐武后作則天文字の「日」。」
  26. ^ 《集韻》:「魚厥切音『刖』與『月』同武后所作。」
  27. ^ 《字彙補》:「與『月』同武則天制」見《大周泰山碑》
  28. ^ 王三慶論武后新字的創製與興廢兼論文字的正俗問題成大中文学報・2005年12月、(13)。
  29. ^ 《新唐書・后妃傳上・則天武皇后傳》:「載初中又享万象神宮以太穆文德二皇后配皇地祇引周忠孝太后從配。作……、則天文字の「君」 その1、……、十又二文。」
  30. ^ 《字彙補》:「唐武后所制『君』字。」
  31. ^ 《字彙補》:「古文『臣』字。」
  32. ^ 《新唐書・后妃傳上・則天武皇后傳》:「載初中又享万象神宮以太穆文德二皇后配皇地祇引周忠孝太后從配。作……、則天文字の「除」、……、十又二文。」
  33. ^ 《漢語大字典》:「同『載』、唐武則天所造字。」
  34. ^ 《新唐書・后妃傳上・則天武皇后傳》:「載初中又享万象神宮以太穆文德二皇后配皇地祇、引周忠孝太后從配。作……、𠧋、……、十又二文。」
  35. ^ 《字彙補》:「武則天所制『初』字。」
  36. ^ 趙與時《賓退録・五》:「武后改易新字、如以山水土爲地、千千万万爲年、永主久王爲證、長正主爲聖。」
  37. ^ 與「年」同武則天制見《大周泰山碑》
  38. ^ 《字彙補》:「武后所制『正』字。」
  39. ^ 《集韻》:「承呪切音『授』付也又姓出《姓苑》」《字彙》:「唐武后改『授』作𥢓 』。」
  40. ^ 《集韻》:「授或作則天文字の「授」 その1』、唐武后改『授』作則天文字の「授」 その1』。」
  41. ^ 《金石文字弁異》:「武后改易新字以永主久王爲證」又趙與時《賓退録・五》:「武后改易新字如以山水土爲地千千万万爲年永主久王爲證長正主爲聖。」
  42. ^ 《集韻》:「證唐武后作則天文字の「証」』。」
  43. ^ 《字彙補》:「武則天所制『聖』字」見《大周泰山碑》又趙與時《賓退録・五》:「武后改易新字如以山水土爲地千千万万爲年永主久王爲證長正主爲聖。」
  44. ^ 《玉篇》:「古文『國』字」唐武后所作《正字通》:「唐武后時有言『國』中『或』者惑也請以『武』鎮之又有言武在囗中與困何異復改爲圀。」
  45. ^ 《字彙補》:「與『人』同唐武后制。」
  46. ^ 《字彙補》:「與『幼』同武則天制。」
  47. ^ 《宣和書譜》卷一:「(武后)增減前人筆畫自我作古爲十九字、曰:……則天文字の「生」。」
  48. ^ 《字彙補》:「同『應』唐武后制」見《大周泰山碑》
  49. ^ a b 西林昭一 P.85
  50. ^ U+9F91
  51. ^ U+4DAE
  52. ^ 辞海・縮影本』1999年版に見える。
  53. ^ 昇仙太子とは、霊王の太子のことで、白鶴に乗って昇天したとの伝説がある(西林昭一 P.85)。
  54. ^ 木村卜堂 P.152
  55. ^ a b 比田井南谷 P.192 - 193


「則天文字」の続きの解説一覧

則天文字

出典:『Wiktionary』 (2008/03/27 00:24 UTC 版)

名詞

そくてんもじ)

  1. 中国武周朝の創始者である女帝武則天考案定め漢字。則天新字武后新字とも言われる
(例)「圀」()、「」(

関連語

翻訳




則天文字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「則天文字」の関連用語

則天文字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



則天文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの則天文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの則天文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS