改元とは?

改元

読み方:かいげん

改元とは、改元の意味

改元とは、元号改めることである。それまで使用してきた元号を廃し、新たな号を冠して元年から始めることである。今日では、元号を公式に用いている国は日本のみであり、改元も日本のみで存続している習わしとなっている。

改元は、多く場合君主交替伴って行われる現代日本では皇位継承付随する形でのみ改元される。天皇君主一代につき元号をひとつのみ定めることを「一世一元」という。日本では明治以降一世一元原則化された。かつては君主交替同じ君主治世において改元が行われることもあった。吉事瑞祥)を記念する改元や凶事の後に縁起直しの意味で行われる改元などが行われた例がある。

平成から令和への改元

明治一世一元確立して以降大正昭和平成への改元はいずれも天皇崩御に伴う形で行われてきた。平成から令和への改元については、天皇陛下御意向を受けて2019年退位譲位執り行われ崩御伴わない形で改元が行われることになった。天皇崩御によらない改元はおよそ200年ぶりの事となる。

改元の日一覧(明治以降)


かい‐げん【改元】

[名](スル)年号元号)を改めること。改号。「昭和を改元して平成となった」→年号

[補説] 行われる理由により、代始(だいはじめ)改元(天皇代替わりに行う)、祥瑞(しょうずい)改元(珍し自然現象天意とみて行う)、災異改元(災害などに際して行う)、革命改元(讖緯(しんい)説に基づき辛酉(しんゆう)・甲子(かっし)の年に行う)の四つ分けられる。


かい‐げん【改元】

〔名〕 (「元」は元号で、年号のこと) 年号改めること。改号

続日本紀天平神護元年765一月己亥「改天平神護」〔文中子中説‐問易〕


改元


かいげん 【改元】

元号年号)を改めることだが、昔の中国では改め元年をたてることだった。魏の恵王三十六年を改め元年とし、秦の恵文王十四年を改め元年としたのに始まり、これを中途改元という。次いで漢の武帝初めて「建元」という年号をたて、その後天瑞天からのめでたいしるし)によって改元が行われるようになり、一年四度、一帝で十余度などという頻繁なこともあったが、明・清の時代になり一世一元とした。日本では六四年に大化」の年号ができ、以後年号がない時代を除いては改元が天災事変祥瑞即位などによって行われたが、明治以後一世一元となった。朝廷定めた正式な公年号のほかに、民間寺社などで私的私年号異年号逸年号)を用いることもあった。年号にはめでたい文字が選ばれ、除凶招福を願った。→ 瑞応改元

改元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 09:31 UTC 版)

改元(かいげん)とは、元号を改める(変更する)こと。


  1. ^ a b c 七戸(2017)
  2. ^ ただし日本も南北東西に長く、特に北海道と沖縄県を編入した明治初期以降はますます日時較差は開くことになる。交通の不便な離島は数か月以上遅延したこともあった。
  3. ^ 勝俣鎮夫「戦国時代東国の地域年号について」『戦国時代論』(岩波書店、1996年)
  4. ^ 丸島和洋「岩松持国の改元認識」(初出:『戦国史研究』58号(2009年)/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一五巻 上野岩松氏』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-164-6


「改元」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改元」の関連用語

改元のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



改元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの改元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS