新暦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 新暦の意味・解説 

しん‐れき【新暦】

日本明治6年(1873)以降採用されている、現行のグレゴリオ暦のこと。⇔旧暦


しん‐れき【新暦】

〔名〕

新たに制定した暦。新し方法によって作った暦。しんごよみ。

泰平年表常憲公・貞享元年(1684)四月二九日(古事類苑方技五)「新暦頒行仰出」〔晉書‐律歴志・下

新しい年の暦。来年度用いる暦。

看聞御記応永二四年(1417)一二月一九日「新暦二巻八卦等在弘進之」〔来早春詩〕

明治六年一八七三以後それまで太陰暦にかわって採用された暦。太陽暦陽暦旧暦明治五年(一八七二)一二三日をもって、新暦の明治六年一月一日とした。

西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛一三十五夜弓張月の新暦(シンレキ)に玉の兎の住所なし」


新暦

読み方:シンレキ(shinreki)

明治5年12月改暦採用された太陽暦


新暦

読み方:シンゴヨミ(shingoyomi)

新年初めてこの年の暦を用い始めること

季節 新年

分類 人事


新暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 04:30 UTC 版)

新暦(しんれき)とは改暦が行われた場合の改暦後の暦法のことである。改暦前の暦は旧暦という。日本ほか東アジアの諸国においては太陰太陽暦から改暦した太陽暦グレゴリオ暦)のことを言う。


注釈

  1. ^ 天保暦を「和暦」と呼ぶ場合は、現在のグレゴリオ暦は「洋暦」ということになるがほとんど用いられていない。なお西暦は本来紀年法のことであり、暦法ではなかったが後に混同された
  2. ^ 八十八夜など、もともと旧暦の季節からのズレを嫌って発生した、太陽暦をベースとした雑節も日本には多い
  3. ^ 「大の月」は30日間、「小の月」は29日間。
  4. ^ これが明治政府の改暦の目的だったとされる
  5. ^ 天保暦と合わせ、晴れた夜は月を見ることで日付をおおよそ確認ができ、これが習慣であったために新暦は戸惑いと一部には嫌悪感を産み、公然と反対するものもいた。新暦への戸惑いの一例が浅野梅堂『随筆聽興』にある。
    同じき年の冬(明治五年)十一月に布告ありて、来月三日は西洋の一月一日なれば吾邦も西洋の暦を用ふべしとて、十二月は僅か二日にして一月一日となりぬ、されば暮の餅つくこともあわただしく、あるは元旦の餅のみを餅屋にかひもとめて、ことをすますものあり(中略)、詩歌を作るにも初春といひ梅柳の景物もなく、春といふべからねば、桃李櫻花も皆夏咲くことになりて、趣向大ちがいとなれり。
    浅野梅堂『随筆聽興』

出典

  1. ^ 大辞林 第三版『新暦』
  2. ^ a b ウェブマガジン「月と月暦」『乱暴な明治改暦』
  3. ^ よってこの日は「旧暦の明治5年12月3日」と呼ぶことになるが、公的には存在しない日付であり、通常用いられることはない


「新暦」の続きの解説一覧

新暦

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:01 UTC 版)

名詞

 しんれき

  1. 暦法変更された場合における、新しい方の暦法
  2. グレゴリオ暦

類義語

語義2

対義語

語義1及び2

語義2

関連語




新暦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新暦」の関連用語

新暦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新暦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新暦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの新暦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS