七夕とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 七夕 > 七夕の意味・解説 

しち‐せき【七夕】

読み方:しちせき

五節句の一。たなばた。→たなばた(七夕)


たな‐ばた【七夕/棚機/織女】

読み方:たなばた

五節句の一。7月7日行事。この夜、天の川両側にある牽牛(けんぎゅう)星・織女星が、年に一度会うといい、この星に女性技芸の上達を祈ればかなえられるといって奈良時代から貴族社会では星祭りをした。これは中国伝来乞巧奠(きっこうでん)であるが、一方日本固有の習俗では、七日盆盆初めに当たり水浴などの禊(みそぎ)をし、この両者合体した行事になっているたなばたまつり。《 秋》「—のなかうどなれや宵の月貞徳

七夕の画像
仙台市七夕祭りのようす

七夕

読み方:タナバタ(tanabata)

陰暦7月7日織女星牽牛星をまつる行事


七夕

読み方:タナバタ(tanabata)

7月7日


たなばた 【棚機・七夕】

五節句一つ天の川両岸牽牛星織女星とが、年に一度七月七日夜に相会するという星を祭る年中行事中国乞巧奠風習日本の棚機つ女信仰とが習合しものらしい。棚機は横板)の付いた織機で、棚機つ女機を織る女をいう。日本では奈良時代から朝廷貴族行事だったが、江戸時代民間広がった庭前供物をし、葉竹立て五色短冊に歌や字を書いて飾り書道裁縫の上達を祈る。少女良縁祈願する風もある。仏教盆行事関係づけられ、七日盆称して墓掃除をし、仏壇仏具清めるなどした。葉竹立てるのも精霊依代(霊が寄り移るもの)として意味があったようだ。子供七度食べて七度水浴するなどの水浴行事をする所もあり、牛馬水浴日や井戸替えの日とする地方もある。必ず雨が降る信じている所もある。針仕事の上達を願う風は中国にも朝鮮にもある。七夕はシチセキとも。銀河祭・星祭

七夕

作者石牟礼道子

収載図書文学 1992
出版社講談社
刊行年月1992.4

収載図書石牟礼道子全集・不知火 第14巻 短篇小説批評
出版社藤原書店
刊行年月2008.11


七夕

作者さろ

収載図書桜草
出版社龍介&さろ
刊行年月2001.10


七夕

作者中山可穂

収載図書花伽藍
出版社新潮社
刊行年月2002.2

収載図書花伽藍
出版社新潮社
刊行年月2004.10
シリーズ名新潮文庫


七夕

作者川上八郎

収載図書ラヂオ
出版社新潟日報事業社(発売)
刊行年月2002.4


七夕

作者江戸美保

収載図書翳り
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.12


七夕

作者土谷典子

収載図書ペガサス願えば叶う
出版社文芸社
刊行年月2008.9


七夕

読み方:たなばた

  1. 揚弓大弓等にて金銭賭く時の七銭の隠語
  2. 七銭の意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

七夕

読み方:タナバタ(tanabata)

陰暦七月七日のこと。またその日行事

季節

分類 人事


七夕

読み方
七夕たなばた

七夕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 01:49 UTC 版)

七夕(たなばた[1]/しちせき、棚機)は、中国日本韓国ベトナムなどアジア圏における節供節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。星祭り(ほしまつり)という。


注釈

  1. ^ 詩経』の小雅、谷風之什の『大東』にも牽牛と織女の名が出ているが、恋愛伝説の形にはなっていない。
  2. ^ 『小説』の原典は失われているが、明代の馮應京(ひょう おうきょう)が万暦年間に著した『月令広義』にこれが引用されている(「七月令」・「牛郎織女」項 [1])。
  3. ^ 直近の例では、2006年7月31日が旧暦7月7日、8月30日が旧暦閏7月7日だった。旧七夕は新暦7月31日だけであり、年に2回行うことはない。
  4. ^ 中国では前日の8月23日。朔の瞬間から起算するため、時差により日本では1日遅い。

出典

  1. ^ 熟字訓
  2. ^ 古詩十九首之十、迢迢牽牛星(無名氏)
  3. ^ 『西京雑記』巻1「漢彩女常以七月七日穿七孔針於開襟楼、俱以習之。」
  4. ^ 西村白鳥 編「煙霞綺談」吉川弘文館(日本随筆大成 巻2)、1927年,582頁
  5. ^ 直木孝次郎 他訳注『続日本紀1』平凡社(東洋文庫457)1986年、237頁の注14
  6. ^ a b 中村義雄「七夕」『国史大辞典』
  7. ^ 山中裕「相撲節」『国史大辞典』
  8. ^ 中村義雄「乞巧奠」『国史大辞典』
  9. ^ 「乞巧奠」『日本国語大辞典』
  10. ^ 山中裕「乞巧奠」『日本第百科全書』
  11. ^ 内閣官報局『法令全書 明治6年』明20-45
  12. ^ 国立天文台「質問3-10)伝統的七夕について教えて」
  13. ^ 古事類苑』歳時部七月七日
  14. ^ 国際日本文化研究センター『古事類苑』歳時部七月七日
  15. ^ 七夕の由来同志社女子大学 吉海直人(2015年7月1日)2020年2月24日閲覧
  16. ^ 倉石忠彦「民間伝承の分布から見た内陸文化の性格」 (信州大学人文学部 『内陸文化研究』 1号、2001年) 61-79 ISSN [https://www.worldcat.org/search?fq=x0:jrnl&q=n2:1346-4108 1346-4108
  17. ^ 『とやま祭ガイド』(北日本新聞社2004年3月31日発行)76P ISBN 4-906678-87-4
  18. ^ 『てくてく風土記 黒部市東布施地区 4 尾山の七夕流し』北日本新聞 2022年7月4日12面
  19. ^ 沖縄の暮らしと行事の事~旧暦を知る~
  20. ^ チルォルチルソッ(7月七夕)韓国観光旅行ガイド ソウルナビ
  21. ^ 鲁山七夕爱情节系列活动筹备就绪邢台天河山七夕爱情节老河口七夕爱情节
  22. ^ 冯骥才:七夕应为中国爱情节
  23. ^ 商业包装“七夕节” 传统女儿节失落的背后[リンク切れ]
  24. ^ 广东七夕节风俗习惯
  25. ^ 真相大公開”. 台南市進學國小. 2010年3月27日閲覧。
  26. ^ 何烱榮 (2002年9月30日). “拜七娘媽 鹿港小鎮仍流傳” (繁體中文). 聯合報. http://www.udn.com/2002/9/30/NEWS/TRAVEL/TAIWAN_NOTE/1011465.shtml [リンク切れ]
  27. ^ 洪淑苓. “七夕” (繁體中文). 台灣大百科全書. 2011年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月27日閲覧。
  28. ^ 七夕飾りプロジェクトロサンゼルス七夕フェスティバル 2020年2月24日閲覧
  29. ^ 七夕まつりに37万人の人出/企業協賛で七夕飾り豪華に(八戸商工ニュース 2007年8月5日号)
  30. ^ 盛岡商工会議所ニュース第599号(盛岡商工会議所 2009年07月発行)
  31. ^ 復興支援目的、平日でも集客増 東北三大祭り閉幕河北新報 2013年8月9日) … 仙台七夕花火祭(約50万人)や夕涼みコンサート(約30万人)などの人出を含まない値。
  32. ^ 秋田県内の主な夏祭りの動向について (PDF)日本銀行秋田支店 2013年9月17日)
  33. ^ 平成22年「いわき夏まつり」入り込みについて(いわき市 2010年9月1日) … 平七夕の期間中に開催される「いわきおどり」の8万人を含む値。
  34. ^ 夏祭りの人出回復し322万人(上毛新聞 2012年9月5日)
  35. ^ 桐生八木節まつり閉幕、人出は延べ53万5000人(桐生タイムス 2016年8月8日)
  36. ^ 狭山市広報・お知らせ版 VOL.362 (PDF) (狭山市 2001年8月25日)
  37. ^ 市長の部屋 公務日記 平成25年度(ふじみ野市)
  38. ^ 事業評価シート【継続事業用】 茂原七夕まつり事業 (PDF) (茂原市)
  39. ^ 平成24年度 杉並区事務事業評価表 (PDF) (杉並区)
  40. ^ 平成25年8月定例記者会見(福生市)
  41. ^ WATCH
  42. ^ 第65回橋本七夕まつり結果概要 (PDF) (相模原市 2016年8月8日)
  43. ^ 第66回湘南ひらつか七夕まつり閉幕のご挨拶 3日間で155万人が来場(湘南ひらつか七夕まつり実行委員会 2016年7月13日)
  44. ^ 来場者14万7千人 今年の高岡七夕まつり北國新聞 2013年10月29日)
  45. ^ 清水七夕まつり終了報告(清水七夕まつり実行委員会 2017年7月12日)
  46. ^ 「I LOVE いちのみや(10分)」 8月21日~27日放映分(一宮市 2017年8月21日)
  47. ^ 多くの方のご来場、ありがとうございました(安城七夕まつり協賛会)
  48. ^ 山口七夕ちょうちんまつり、土日開催に山口新聞 2012年1月14日)
  49. ^ 大分市民の元気を改めて認識した3日間でした(大分市 2013年8月5日)
  50. ^ 邦楽ジャーナル『廃絶した七夕音楽を現代に 茂原七夕まつりで七調子の管弦』2009年07月01日
  51. ^ 国立天文台. “質問3-10) 伝統的七夕について教えて”. よくある質問. 2020年8月27日閲覧。



七夕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:58 UTC 版)

ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の記事における「七夕」の解説

カササギ 七夕のイベント登場した青年ヒコボシ仕えている。七夕の日に降ってヒコボシオリヒメ会えなくなることを危惧し晴れ呼び儀式行おうとする。2年目イベントではヒコボシオリヒメケンカ仲裁冒険者依頼するが、ケンカ原因くだらないことだとわかり、あきれていた。 ヒコボシ、オリヒメ 七夕のイベント登場一年に一度恋人会えるのを心待ちにしている。互いに「ヒコリン」「オリリン」と呼びあう。

※この「七夕」の解説は、「ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の解説の一部です。
「七夕」を含む「ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の記事については、「ドラゴンクエストXの登場キャラクター」の概要を参照ください。


七夕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 15:14 UTC 版)

二条為子」の記事における「七夕」の解説

七夕淵は瀬に かはらぬほども 天の川 としのわたり契りにぞしる(大意:あの急流明日香川は、昨日の淵が今日の瀬に変わるほどといいますが、ゆったりと変わらず流れるのが天の川一年に渡って川の水かさが変わらないように、離れ離れの恋人同士想い変わらない。それがはっきりとわかるのが、彦星織姫逢うため、一年に一度同じ日に天の川を渡る「年の渡り」の契りです) —権大納言局、『昭慶門院御屏風和歌』(『新後拾遺和歌集秋歌上・291同一歌) 『昭慶門院御屏風色紙和歌』(『群書類従所収)の徳治元年1306年11月3日奥書主張によれば上記の和歌亀山上皇後醍醐祖父)の皇女である昭慶門院憙子内親王)の屏風の上に色紙貼って、為子自身の筆で書かれものであるという。また、同和歌集には、為子の歌2首を含め冷泉為相50首の和歌収められているが、原本屏風では50全てについて為子が揮毫したという。奥書著者は、これらの和歌は、嘉元元年1303年)に後宇多上皇後醍醐の父)が開催した嘉元百首』に詠進されたものに含まれているのではないか、と推測している。 応安4年1371年4月6日奥書著者は、上記の逸話知って、「歌人云。文才云。能書云。名誉之女房也」(「歌人でもあり、文才漢学素養持った人物)でもあり、能書でもある。まさに名誉の女房偉大なる女性)である」)と為子を評している。

※この「七夕」の解説は、「二条為子」の解説の一部です。
「七夕」を含む「二条為子」の記事については、「二条為子」の概要を参照ください。


七夕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 03:30 UTC 版)

バトルアスリーテス大運動会」の記事における「七夕」の解説

年に一度男女大学衛星軌道変更のためのドッキング行事その際には男子校女子校親善試合開催され4999年度は神崎あかり、ターニャ・ナティピタッド、ミランダ・アーカー・ヴァルターの3名女子校代表として出場した

※この「七夕」の解説は、「バトルアスリーテス大運動会」の解説の一部です。
「七夕」を含む「バトルアスリーテス大運動会」の記事については、「バトルアスリーテス大運動会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「七夕」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

七夕

出典:『Wiktionary』 (2020/05/14 05:33 UTC 版)

名詞

  1. たなばた
  2. しちせき語義1の起源となった中国における祭り太陰太陽暦旧暦)の7月7日祝われる

関連語


「七夕」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



七夕と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



七夕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの七夕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのドラゴンクエストXの登場キャラクター (改訂履歴)、二条為子 (改訂履歴)、バトルアスリーテス大運動会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの七夕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS