伽藍とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 伽藍 > 伽藍の意味・解説 

がらん [0][1]

samghārāma僧伽藍摩)の略。僧園衆園精舎しようじや)と訳す
寺の建物。特に、大きな寺院僧伽藍


伽藍

読み方:ガラン(garan)

僧侶住い及び修行の場、寺院建築物総称


伽藍

読み方:ガラン(garan)

寺院のこと。


伽藍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/03 23:56 UTC 版)

伽藍(がらん)は、僧侶が集まり修行する清浄な場所の意味であり、後には寺院または寺院の主要建物群を意味するようになった。サンスクリット語सँघारामsaṁghārāmaの音写で、「僧伽藍摩(そうぎゃらんま)」「僧伽藍」が略されて「伽藍」と言われた。漢訳の場合は「衆園(しゅおん)」「僧園(そうおん)」などと訳された例があるが、通常「伽藍」とのみ呼ばれる。


  1. ^ 岩波仏教辞典, p. 132.
  2. ^ 例として、ル・コルビュジエ著、生田勉樋口清訳『伽藍が白かったとき』(1957年、岩波書店)、ジョリス=カルル・ユイスマンス著、出口裕弘訳『大伽藍』(1966年、桃源社)、エリック・レイモンド著、山形浩生訳(2010年、USP出版)等がある。


「伽藍」の続きの解説一覧



伽藍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伽藍」の関連用語

1
94% |||||



4
74% |||||

5
伽藍鳥 国語辞典
74% |||||

6
巨刹 国語辞典
74% |||||





伽藍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伽藍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伽藍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS