山門とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 山門 > 山門の意味・解説 

さん‐もん【山門】

読み方:さんもん

【一】寺院正門三門また、寺院。もと山に建てられところからいう。

【二】比叡山延暦寺異称

[補説] 作品名別項。→山門


さんもん【山門】


さんもん 【山門】

三門のこと。②天台宗比叡山延暦寺山門派といい、園城寺三井寺)を寺門派という。

山門

読み方:サンモンsanmon

初演 寛政12.2(江戸市村座)


山門

読み方:ヤマカド(yamakado)

所在 滋賀県伊香郡西浅井町


山門

読み方:ヤマカド(yamakado)

所在 山口県宇部市


山門

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山門

読み方
山門さんもん
山門やまかど
山門やまと
山門やまど
山門やまもん

山門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 09:44 UTC 版)

山門(さんもん、やまもん、やまと)




「山門」の続きの解説一覧

山門(鐘楼門)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 23:57 UTC 版)

長寿寺 (名古屋市)」の記事における「山門(鐘楼門)」の解説

昭和54年(1979)再建鉄筋コンクリート造

※この「山門(鐘楼門)」の解説は、「長寿寺 (名古屋市)」の解説の一部です。
「山門(鐘楼門)」を含む「長寿寺 (名古屋市)」の記事については、「長寿寺 (名古屋市)」の概要を参照ください。


山門(楼門)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 17:07 UTC 版)

須波阿湏疑神社」の記事における「山門(楼門)」の解説

三間一戸切妻銅板葺(元茅葺)、八脚楼門形式となっている。外壁真壁造り白漆喰仕上げ木部弁柄色神仏習合名残見られる江戸後期楼門建築遺構として貴重で、こちらも町の文化財指定されている。

※この「山門(楼門)」の解説は、「須波阿湏疑神社」の解説の一部です。
「山門(楼門)」を含む「須波阿湏疑神社」の記事については、「須波阿湏疑神社」の概要を参照ください。


山門(三門)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:55 UTC 版)

建長寺」の記事における「山門(三門)」の解説

安永4年1775年の上棟で、2005年重要文化財指定されている。「三門」とも表記する重要文化財指定名称は「建長寺山門」)。 三間一戸二重門で、上層屋根こけら葺き形銅板葺きとする。棟梁建長寺大工河内長兵衛である。下層はすべて吹き放しで、扉は設けていない。禅宗様建築一般に柄の細いのを特色とするが、この門はなどの各種部材太く豪快であるのが特色である。門の中心に位置する2本の柱からは前後左右虹梁こうりょう)を架け虹梁上に大瓶束たいへいづか)を立てて鏡天井支える。上層正面中央に唐破風設け、ここに「建長興国禅寺」の扁額掛ける上層内部に宝冠釈迦如来像を中心に十六羅漢像、五百羅漢像造)などを安置する上層非公開)。関東大震災では上層屋根破損したが、これは本来、こけら葺き用に造られていた小屋組江戸時代末期に重い銅板葺いたことが原因であり、門の主要部材の被害軽微であった。

※この「山門(三門)」の解説は、「建長寺」の解説の一部です。
「山門(三門)」を含む「建長寺」の記事については、「建長寺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「山門」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

山門

出典:『Wiktionary』 (2021/04/23 10:26 UTC 版)

この単語漢字
さん
第一学年
もん
第二学年
音読み 音読み

発音

さ↗んもん

名詞

(さんもん)

  1. (仏教) 寺院正門
  2. 延暦寺

「山門」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



山門と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

山門のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長寿寺 (名古屋市) (改訂履歴)、須波阿湏疑神社 (改訂履歴)、建長寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの山門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS