昭和54年とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 昭和54年の意味・解説 

昭和54年 (つちのとひつじ 己未)

昭和54年
年(年号)
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会
1971年 (昭和46年) 環境庁設置
1973年 (昭和48年) ■第1次オイルショック
1976年 (昭和51年) ロッキード事件
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約
1978年 (昭和53年) 成田空港開港
1979年 (昭和54年) 第2次オイルショック
昭和54年
1982年 (昭和57年) 東北上越新幹線開通
1983年 (昭和58年) 大韓航空機撃墜事件
1985年 (昭和60年) 日航ジャンボ機墜落事件
1986年 (昭和61年) 国鉄分割・民営化
1989年 (平成元年) ODA世界第1位となる
1989年 (平成元年) 消費税導入
1991年 (平成3年) バブル崩壊
1992年 (平成4年) 国際平和協力法成立
1995年 (平成7年) 阪神大震災
1995年 (平成7年) 地下鉄サリン事件


昭和54年
 人物
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 89
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 86
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 82
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 80
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 80
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 77
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 76
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 75
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年〜昭和54年) 73
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 72
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 70
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 69

1979年の日本

(昭和54年 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 14:11 UTC 版)

1979年の日本(1979ねんのにほん)では、1979年昭和54年)の日本出来事流行・世相などについてまとめる。


注釈

  1. ^ 1991年9月30日の連載終了まで掲載。
  2. ^ 1992年6月27日に園山の病気療養のため連載終了、園山は1993年1月20日死去。

出典

  1. ^ 朝日新聞』1979年11月17日西部朝刊第13版第一総合面1頁「失跡病院長、バラバラ死体 脅迫、監禁し?殺害 国東沖の漂着死体 暴力団の犯行か 自宅を出て12日ぶり確認」(朝日新聞西部本社
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2004 vol.1』小学館、2004年、175頁。ISBN 978-4-09-526301-4
  1. ^ 御嶽山 有史以降の火山活動”. 気象庁. 2021年5月4日閲覧。
  2. ^ 台風第20号 昭和54年(1979年)10月10日〜10月20日 気象庁災害をもたらした気象事例
  3. ^ 田中理恵”. ビクターエンタテインメント . 2020年11月6日閲覧。
  4. ^ こやまきみこの解説”. goo人名事典. 2021年1月22日閲覧。
  5. ^ 「ET-KING」いときんさん死去 38歳 昨年8月肺線がん公表”. スポニチアネックス. 2020年11月27日閲覧。
  6. ^ 榎本温子(えのもとあつこ)の解説”. goo人名事典. 2020年11月10日閲覧。


「1979年の日本」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「昭和54年」の関連用語

昭和54年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



昭和54年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1979年の日本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS