湯川 秀樹とは?

ゆかわ‐ひでき〔ゆかは‐〕【湯川秀樹】


湯川 秀樹 (ゆかわ ひでき)

1907〜1981 (明治40年昭和56年)
物理学者日本人初のノーベル賞獲得中間子論は、クォークなど新素粒子発見きっかけに。
昭和期物理学者東京都出身京大卒。1934年昭和9)素粒子論原子核に働く中間子存在予言した。37年アンダーソンがその存在宇宙線発見すると、坂田昌一らと中間子理論を展開。39年京都帝国大学教授48年プリンストン高等研究所客員教授に招かれ、翌年コロンビア大学教授49年日本人初めノーベル物理学賞受賞した。53年京都大学基礎物理研究所所長55年ラッセル・アインシュタイン宣言共同署名者となるなど、平和運動にも貢献した。

 年(和暦)
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 0才
1910年 (明治43年) 韓国併合 3才
1918年 (大正7年) 米騒動 11
1923年 (大正12年) 関東大震災 16才
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 21
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 25
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 29
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 34
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 38
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 39
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 44
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 46
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 49
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 53
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 53
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 57
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位 61
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会 63
1971年 (昭和46年) 環境庁設置 64
1973年 (昭和48年) 第1次オイルショック 66
1976年 (昭和51年) ロッキード事件 69
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約 71
1978年 (昭和53年) 成田空港開港 71
1979年 (昭和54年) 第2次オイルショック 72


 人物
阪東 妻三郎 1901年1953年 (明治34年昭和28年) +6
小林 秀雄 1902年1983年 (明治35年昭和58年) +5
近藤 真柄 1903年1983年 (明治36年昭和58年) +4
古川 縁波 1903年1961年 (明治36年昭和36年) +4
美濃部 亮吉 1904年1984年 (明治37年昭和59年) +3
堀 辰雄 1904年1953年 (明治37年昭和28年) +3
榎本 健一 1904年1970年 (明治37年昭和45年) +3
朝永 振一郎 1906年1979年 (明治39年昭和54年) +1
大岡 昇平 1909年1988年 (明治42年昭和63年) -2
黒澤 明 1910年1998年 (明治43年平成10年) -3

湯川秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 06:29 UTC 版)

湯川 秀樹(ゆかわ ひでき、1907年明治40年)1月23日 - 1981年昭和56年)9月8日)は、日本理論物理学者京都大学大阪大学名誉教授京都市名誉市民1943年(昭和18年)文化勲章位階勲等従二位勲一等旭日大綬章学位理学博士




  1. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.10
  2. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.10
  3. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.44
  4. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.49
  5. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.92
  6. ^ a b 本田靖春『現代家系論』p.104(文藝春秋社、1973年)
  7. ^ 本田靖春『現代家系論』p.102(文藝春秋社、1973年)
  8. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.87
  9. ^ 『旅人 ある物理学者の回想』、p.88
  10. ^ 「適塾」No.15(1982)『湯川博士と大阪大学』
  11. ^ 湯川秀樹博士について 兵庫県西宮市・湯川記念事業(2017年12月22日閲覧)
  12. ^ 湯川秀樹、原爆研究記す/終戦前後の日記公開/戦後の平和運動 歩み知る記録にも『日本経済新聞』夕刊2017年12月22日
  13. ^ 岡本拓司「日本人とノーベル物理学賞 : 1901年-1949年」『日本物理学会誌』 2000年 55巻 7号 p.525-530, doi:10.11316/butsuri1946.55.525
  14. ^ Nomination Database - ノーベル賞公式サイト
  15. ^ 禍つ火。原子爆弾のこと
  16. ^ 湯川の因果律の問題を空間的なものに制限し因果律を回避し、湯川の考えを生かしたのが朝永振一郎の超多時間理論である。これにより場の量子論は、相対論的に共変な形に書き換えられた。湯川は、この問題を非局所場として扱ったが、成功したとはいいがたい。
  17. ^ 原治、「非局所場理論」 日本物理學會誌 1982年 37巻 4号 p.275-277, doi:10.11316/butsuri1946.37.275
  18. ^ 回想記『湯川家に生きた子と母』(編著、どりむ社、2008年)がある。
  19. ^ 『世界文學』1947年4月号、p.60
  20. ^ Hideki YUKAWA (1935). “On the Interaction of Elementary Particles. I”. Nippon Sugaku-Buturigakkwai Kizi Dai 3 Ki (日本物理学会、日本数学会) 17: 48-57. doi:10.11429/ppmsj1919.17.0_48. https://doi.org/10.11429/ppmsj1919.17.0_48.  ノーベル賞受賞論文
  21. ^ "Yukawa; Hideki (1907 - 1981)". Record (英語). The Royal Society. 2012年10月8日閲覧





湯川 秀樹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「湯川 秀樹」の関連用語

湯川 秀樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



湯川 秀樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湯川秀樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS