二・二六事件とは?

ににろく‐じけん【二・二六事件】


【二・二六事件】(に・にろくじけん)

1936年2月26日日本勃発したクーデター未遂事件
実行犯帝国陸軍青年将校らと、その指揮下にあった部隊将兵であった。

思想的背景

犯行に至った動機は、当時陸軍将校派閥皇道派」の思想暴走であった。
皇道派農村困窮など、当時日本社会にあった諸問題原因を「政財界重鎮天皇権威借り、ただ私利私欲満たすために国政私物化――『腐敗政治』を行っているため」だと断定
腐敗政治を行っている『君側の奸』を誅殺すれば、天皇陛下による親政実現し、民衆全て救済される」と信じていた。
即ち、昭和維新断行」「尊皇討奸」犯行スローガンであった。

後世研究から結果論を述べれば、これは誇大妄想であったと言わざるを得ない
実行犯社会問題背後関係について十分な知識を持たず、当然その対策など想像埒外であった。
陛下の御親政」に事後成り行き委ねていた点からも、彼らの政治的見識浅さが伺える。

主な参加者

扇動を行った若手将校の下、以下の各部隊から合計1483名の将兵、および少数民間人参加した。
しかし、参加将兵のほとんどは計画事前に知らされず、単に命令に従っただけだったという。

主な被害者

岡田啓介
内閣総理大臣予備役海軍大将
天皇大権掣肘する「君側の奸」とみなされ襲撃を受ける。
いったんは死亡が報じられたが、辛うじて生還
斉藤実
内大臣元首相子爵予備役海軍大将
天皇側近であったため襲撃を受け、死亡
高橋是清
大蔵大臣
陸軍省予算削減を図っていたために恨みを買い、襲撃を受けて死亡
渡辺錠太郎
陸軍教育総監陸軍大将
天皇機関説肯定派であり、実行犯らと政治思想違えていたため、襲撃を受けて死亡
鈴木貫太郎
侍従長予備役海軍大将
枢密顧問官地位にあったため、天皇意思妨げいたものと疑われて襲撃を受ける。
銃撃によって瀕死重傷を負うものの、夫人懇願により辛うじて一命取り留める
牧野伸顕
内大臣伯爵
昭和天皇厚く信任を受け、内大臣退任する際に伯爵に陞爵している。
欧米協調主義者であった点と、人脈派閥通じ政治的影響力から標的となった。
旅館滞在中に襲撃を受け、警備警察官旅館主人使用人などが死傷するも、本人生還
後藤文夫
内務大臣
警察機構束ね国内治安維持担当する内務省の長であったことから襲撃目標となる。
官邸襲撃されるが、外出中のため難を逃れる

政府・軍の対応

事件発生翌日27日に政府東京一帯に戒厳布告する緊急勅令発布
側近らへの襲撃統帥権侵犯などに対し、昭和天皇断固として武力鎮圧を命じた。

これと平行して、海軍発生即日対決姿勢取り武力鎮圧想定して行動開始
横須賀鎮守府海軍陸戦隊東京上陸戦艦長門」を旗艦とする第1艦隊東京湾回航させた。
重巡洋艦愛宕」を旗艦とする第2艦隊大阪湾内に展開し、騒動西日本波及した場合備えていた。

海軍のこの対応は、襲撃を受けた岡田首相斉藤内大臣鈴木侍従長の「弔い合戦」であったと言われる

これに対し、事件発生当初陸軍は非常に曖昧態度取っていた。
しかし天皇激怒を受けて鎮圧乗り出さざるを得なくなり、28日午後に決起部隊を「叛乱軍」と規定
同日午後5時8分に出された「奉勅命令」を降伏迫り29日決起部隊投降してクーデター鎮圧された。

事件後

事件後の軍法会議により、17名に死刑判決、7名に無期禁固22名に有期禁固判決が下った。
末端兵卒下士官大半法的処罰こそ免れたが、多くは安全な本土から満州事変前線へと異動させられた。

また、この事件によって当時岡田内閣解散廣田弘毅内閣陸軍影響力の下で組閣された。
この時、陸軍要求で「軍部大臣現役武官制」が3年ぶりに復活し、軍部による政治介入強化された。


二・二六事件

収載図書渋谷怪談サッちゃん都市伝説 モバイル・アナザー・ストーリーズ
出版社ジャイブ
刊行年月2004.12


二・二六事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 06:34 UTC 版)

座標: 北緯35度39分51秒 東経139度41分49秒 / 北緯35.66417度 東経139.69694度 / 35.66417; 139.69694









二・二六事件と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二・二六事件」の関連用語

二・二六事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二・二六事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二・二六事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS