カービンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > カービンの意味・解説 

【カービン】(かーびん)

Carbine
携帯性などを重視して銃身切り詰めたり、物によっては銃床折りたたみ式伸縮式にする等、全長短くしたライフル銃のこと。

もともとは、騎兵馬上扱いすいよう歩兵銃ベース短く造られた「騎兵銃」のことを指した

また一時期は、拳銃銃床追加したものも馬上扱いやすいとして、やはりカービンと呼ばれていた。
拳銃外付けオプションとして銃床別途用意されるものが多く、この場合銃床ホルスター兼ね構造のものも多かった
また、こういった銃には遠距離対応の照門(タンジェントサイト)が備えられることも多かったが、銃身が短いため狙撃には適さず、もっぱら牽制射撃のために用いられたと思われる

近代では、単純に小銃小型化たような銃のことを指すことが多かった
後方部隊士官自衛などに用いられた「M1カービン」などが有名である。
これは旧来の歩兵銃切り詰めたものではなく新設計されたものであり、弾丸専用威力の弱い物に変更されている。

現代では突撃銃短縮版を指す。
突撃銃弾丸威力短機関銃携帯性をもつ中間的存在であり、CQB屋外戦の両方適するとして注目されつつある。
こうした現代版カービンは「アサルトカービン」とも呼ばれる
M16をベースつくられXM177やM4などが知られるほか、現代軍用突撃銃には多く場合、カービンモデルがバリエーションとして存在する


カービン

分子式C13H16O6
その他の名称Curvin、カービン、クルビン、2-Acetyl-3,5-dihydroxy-4-methoxybenzeneacetic acid ethyl ester、2-(1-Oxoethyl)-3,5-dihydroxy-4-methoxybenzeneacetic acid ethyl ester
体系名:2-(1-オキソエチル)-3,5-ジヒドロキシ-4-メトキシベンゼン酢酸エチル、2-アセチル-3,5-ジヒドロキシ-4-メトキシベンゼン酢酸エチル


カービン

名前 Carvin

カービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/30 02:41 UTC 版)

カービン(Carbine)とは本来、歩兵小銃より銃身が短い騎兵用小銃のことだが、今日では単に全長を短め(概ね80cm以下)にしたのことを指す。日本語では騎兵銃騎銃等と訳される。


  1. ^ 防衛省規格 火器用語(小火器)”. 防衛省 (2009年5月13日). 2014年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。


「カービン」の続きの解説一覧

カービン(M4カービン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 09:35 UTC 版)

マーセナリーズ」の記事における「カービン(M4カービン)」の解説

国連軍韓国軍使用している5.56mmカービン。集弾性能が高い反面弾薬補給難しい。装弾数は30発。

※この「カービン(M4カービン)」の解説は、「マーセナリーズ」の解説の一部です。
「カービン(M4カービン)」を含む「マーセナリーズ」の記事については、「マーセナリーズ」の概要を参照ください。


カービン(M4A1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 06:33 UTC 版)

マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の記事における「カービン(M4A1)」の解説

UPの傭兵部隊使用しているカービン銃命中率アサルトライフルより高いが、弾薬入手頻度が低いために弾切れを起こしやすい。

※この「カービン(M4A1)」の解説は、「マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の解説の一部です。
「カービン(M4A1)」を含む「マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の記事については、「マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カービン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カービン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カービン」の関連用語

カービンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カービンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカービン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマーセナリーズ (改訂履歴)、マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS