小銃とは? わかりやすく解説

しょう‐じゅう〔セウ‐〕【小銃】


小銃

作者小島信夫

収載図書昭和文学全集 21
出版社小学館
刊行年月1987.7

収載図書日本短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3

収載図書殉教微笑
出版社講談社
刊行年月1993.12
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書昭和短編 8版
出版社笠間書院
刊行年月1997.4

収載図書アメリカン・スクール 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.1
シリーズ名新潮文庫


小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/05 04:58 UTC 版)

小銃(しょうじゅう)は、の分類の一つ。兵士が個人用に使うための軍用銃として軍隊では最も一般的な小火器で、ライフル:Rifle)あるいはライフル銃とも呼ばれる[1]


注釈

  1. ^ 原文:"rifle, firearm with a rifled bore—i.e., having shallow spiral grooves cut inside the barrel to impart a spin to the projectile, thus stabilizing it in flight. A rifled barrel imparts much greater accuracy to a projectile, as compared with a smoothbore barrel. The name rifle, most often applied to a weapon fired from the shoulder, may also denote a crew-served weapon such as a rifled cannon or recoilless rifle. Although field guns, pistols, and machine guns have rifled barrels, they are not normally referred to as rifles."
  2. ^ ウィンチェスターがこの弾薬を使用するために開発した銃もボルトアクション方式である。M1896機銃では所要の引き幅を得るためにトグル機構が極端に長大化し、作動時には銃の下側へ飛び出す。

出典

  1. ^ 世界大百科事典 第2版「小銃」
  2. ^ 床井 2013, p. 133.
  3. ^ ライフル銃』 - コトバンク
  4. ^ 小山 1941, p. 52.
  5. ^ 小山 1941, pp. 52–55.
  6. ^ 小山 1941, pp. 56–58.
  7. ^ a b 小山 1941, p. 95.
  8. ^ 床井 2013, p. 132.
  9. ^ Rifle”. britannica.com. 2015年7月30日閲覧。
  10. ^ Glossary”. NRA-ILA. 2015年7月31日閲覧。
  11. ^ かの 2012, p. 18.
  12. ^ かの 2012, p. 12.
  13. ^ a b かの 2012, p. 22.
  14. ^ 防衛省規格 火器用語(小火器)” (PDF). 防衛省 (2009年5月13日). 2015年7月31日閲覧。
  15. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法等一部改正施行に係るQ&A”. 日本火薬銃砲商組合連合会 (2009年12月28日). 2020年9月24日閲覧。
  16. ^ 衆議院会議録第71回国会地方行政委員会第9号PDF) - 国会会議録検索システム
  17. ^ 小山 1941, pp. 146–147.
  18. ^ 2010 brings major transformation to Basic Combat Training”. U.S. Army (2010年7月19日). 2015年12月1日閲覧。
  19. ^ 小山 1941, pp. 150–151.
  20. ^ 小山 1941, pp. 247–249.
  21. ^ 小山 1941, pp. 249–252.


「小銃」の続きの解説一覧

小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:52 UTC 版)

陸上自衛隊の装備品一覧」の記事における「小銃」の解説

名称愛称(※は部隊内通称)画像調達数注釈64式7.62mm小銃ロクヨン 214,500 戦後初の国産自動小銃豊和工業製。陸上自衛隊では後継89式小銃更新されたが、予備装備として現在でも現役陸海空自衛隊の他、海上保安庁警視庁などで使用されている。 89式5.56mm小銃 バディーハチキュウ 144,723平成30年度現在) 現在の主力小銃。固定銃床式の他に折曲銃床式(画像下)もあり。様々な追加改修装備順次採用導入進められている。陸上自衛隊の他、海上自衛隊一部部隊海上保安庁警視庁警察庁でも使用されている。 20式5.56mm小銃 3,283令和2年度予算分) 下記SCAR小銃とHK416を含む三機種の中から2019年選定され2020年制式化令和2年度概算要求で3,283丁が9億円で調達されることが公表されている。 儀じょう銃 240平成30年度発注数) 2019年に7.62mm小銃M1に代わる儀仗用装備として導入され豊和工業ボルトアクション式小銃。 M4カービン有償援助2007年2008年にQDSS-NT4 サプレッサーやM203A2とともに対外有償軍事援助FMS)で導入特殊作戦群使用しているものと思われる。 特殊小銃 ヘッケラー&コッホ社製との記載。特殊小銃(B)という記載見られるため、M4カービンが「特殊小銃」であり、「特殊小銃(B)」が後継装備である。※参考画像H&K HK416 HK417ヘッケラー&コッホ社製。補給統制本部公募情報に「技術援助」の名目記載されている。「中央調達係わる公告」に記載されている(一度入札中止になっている)「小火器試験用)(HK型)」だと思われるG36ヘッケラー&コッホ社製。HK417同じく補給統制本部公募情報に「技術援助」の名目記載されている。「中央調達係わる公告」に記載されている(一度入札中止となった)「小火器試験用)(G型)」だと思われ、(G型, V)、(G型, KV)、(G型, CV)という記載確認されている。 SCAR小銃 ベルギーFNハースタル社製。補給統制本部公募情報に「技術援助」の名目記載されている。装備施設本部中央調達係わる公告」では「小火器(試験用)(SC型,H)」「小火器(試験用)(SC型,L)」とそれぞれ記載されている。ただし、5.56mm弾仕様L型か7.62mm弾仕様H型かは不明画像は7.62mm弾仕様H型退役 名称愛称(※は部隊内通称)画像調達数注釈7.62mm小銃M1903A3 ※スプリングフィールド供与1950年警察予備隊創設時少数供与されている。訓練用装備として使われた他、狙撃銃としてA4型を使用1960年代入り順次退役九九式口径.30小銃 ※九九式改、九九式30-06 75,000(※旧日本軍装備再利用警察予備隊時代米軍供与火器の不足を補うために旧日本軍の小銃から.30-06スプリングフィールド弾対応に改造されたもの。1952年より配備開始されたが、戦争末期製造粗悪品改造したものが多く事故・故障多発し1961年実射禁止となる。発砲行わない教練装備としては1970年代末まで用いられていた。 M1騎銃M1カービンカービン銃供与自衛隊前身である警察予備隊創設時主力小銃。陸上自衛隊では後方部隊教育部隊用として長らく使われた。1950年より供与され主要装備としては1960年代まで使用された後、教育装備としては1990年代入り順次退役一部は現在も予備兵器として保管されている。 7.62mm小銃M1 ※ガーランド供与陸上自衛隊発足時の主力小銃。1951年供与開始1960年代入り64式小銃更新され順次退役少数儀仗用として使用継続され2019年後継の「儀じょう銃」が採用されるまで現役装備として用いられた。

※この「小銃」の解説は、「陸上自衛隊の装備品一覧」の解説の一部です。
「小銃」を含む「陸上自衛隊の装備品一覧」の記事については、「陸上自衛隊の装備品一覧」の概要を参照ください。


小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 15:21 UTC 版)

幕末」の記事における「小銃」の解説

火縄銃 戦国時代以来の銃。幕府統制下での泰平の世を迎え兵器進化改良するためのインセンティブ発生しにくくなった。また戦技から競技としての砲術盛んになるにつれ、道具大幅な改変避けられるようになったゲベール銃 前装滑腔銃の中で、火縄以外の点火方法用い、頬に当てる和式銃床ではなく肩に当てて反動受け止める洋式銃床を持つもの。火打石用いフリントロック式火縄火種不要であるための多い日本では運用楽になる一方撃鉄バネ衝撃大きく操作から発射までタイムラグ長いため命中精度火縄銃に劣る。のちのパーカッション式命中精度射程距離共に火縄銃同等であるが、雨中でも問題なく使用できた。このため国内でも模造品改良品生産された。 ヤーゲル銃 前装ライフル銃ライフリング付けたことにより命中精度格段に高くなったが、ライフリング弾丸食い込ませる必要があるため、前装式では弾込め難しくなった。 ミニエー銃 フランス製の前装ライフル銃。「ミニエー弾」と呼ばれる独特な弾丸発明により、弾込め簡単になる。また命中精度高かったため、両軍主力銃として用いられた。 エンフィールド銃 イギリス製の前装ライフル銃エンフィールド銘柄ミニエー銃幕末の日本ではエンピール銃呼んだ南北戦争における南軍主力小銃であったが、当時欧米列強の間では旧式化していたこともあり、戦争終了後には余剰品が大量に日本輸入された。 ドライゼ銃 プロイセン製の針打後装ライフル銃ボルトアクション方式採用した実用後装ライフル銃としては世界初のものだが、その紙製薬莢からは発射ガス漏れ酷く威力弱かった針打式。ツンナール銃とも。 シャスポー銃 フランス製の後装ライフル銃フランス皇帝ナポレオン3世より幕府送られたもので、幕府軍精鋭部隊与えられた。ドライゼ銃改良した形式で、当時としては世界最新鋭の銃であった。しかし日本国内では専用弾薬調達が困難であり、戦局大勢影響与えことはなかった。 スナイドル銃 イギリス製。ミニエー銃エンフィールド銃後装式改造した銃。紙と真鍮作られたボクサー・パトロンという現代薬莢原型使用する明治初期陸軍主力小銃となる。 スペンサー銃 アメリカ製後装ライフル銃。7連発可能なレバーアクションライフルであったが、高価貴重だったほか伏せ撃ち出来ないデメリットがあった。

※この「小銃」の解説は、「幕末」の解説の一部です。
「小銃」を含む「幕末」の記事については、「幕末」の概要を参照ください。


小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 04:18 UTC 版)

7.62x54mmR弾」の記事における「小銃」の解説

ボルトアクション式モシン・ナガン小銃の派生型には、銃身切り詰めた「Obrez」ピストル含まれるウィンチェスター M1895 - 1915年から1916年にかけ、ロシア陸軍のために着剣装置などを追加した7.62×54 mm R仕様軍用モデルが約300,000作られた。 AVB 7.62 シモノフM1936半自動小銃 ドラグノフ狙撃銃 (中国製派生型NDM-86を含む) JS 7.62 SVT38 and SVT-40. PSL狙撃銃 ツァスタバ M91 ベルクト-2M1 IZH-18MH SV-98

※この「小銃」の解説は、「7.62x54mmR弾」の解説の一部です。
「小銃」を含む「7.62x54mmR弾」の記事については、「7.62x54mmR弾」の概要を参照ください。


小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:21 UTC 版)

ヘッケラー&コッホ」の記事における「小銃」の解説

HK 31 (G3H&K社の製品名)HK G3 (Gewehr 3.ドイツ連邦軍制式名称)HK G3A1 HK G3A2 HK G3A3 HK G3A3 ZF狙撃型HK G3A4 HK G3A5 HK G3A6 HK G3A7 HK G3KA4 ZF狙撃型HK G3-TGS HK G3SG/1狙撃銃型HK 32G37.62x39弾バージョンHK 32KA3 HK 33G3の5.56mm×45バージョンHK 33A2 HK 33A3 HK 33KA3 HK 33EA2 HK 33EA3 HK 33EKA3 HK 33ESA3 HK 33E-TGS HK 33SG/1 HK GR2HK 53照準器固定式スコープ化)HK GR2C HK GR2S HK GR3HK 33照準器固定式スコープ化)HK GR3E A2S HK GR3KS HK SR9 (サムホールストックを装備したHK91(=G3民間バージョン))HK SR9T (SR9PSG-1タイプトリガピストルグリップMSG-90タイプストック装備したモデルHK SR9TC (SR9PSG-1タイプトリガピストルグリップストック装備したモデルHK 36 (4.6mm×36ケースレス弾使用プロトタイプHK 41民間向けG3フルオート機能除去HK 43民間向けHK 33フルオート機能除去HK 51 (G3を切りつめて短機関銃サイズしたもの)HK 51A2 HK 51A3 HK 51K HK 53HK 33を切りつめて短機関銃サイズしたものHK 53 MICV HK 53A2 HK 53A3 HK 53B (VollmerコンバージョンHK 53K (VollmerコンバージョンHK 91民間向けG3HK 41改良型HK 91A2 HK 91A3HK 911 HK 93民間向けHK33HK 43改良型HK 93A2 HK 93A3 HK 94民間向けMP5フルオート機能除去したスポーターモデル)HK 94A2 HK 94A3 HK 94KA1 HK 270 HK 300(HK270の.22WMR弾仕様) HK 630 HK 770(HK630の.308ウィンチェスター仕様) HK 940(HK630の.30-06スプリングフィールド弾仕様) HK SL6HK SL7 (SL6の7.62mm×51仕様) HK G11HK G11K1 HK G11K2 HK G11K3 HK G36HK G36A1 HK G36A2 HK G36A3 HK G36A4 HK G36A11 HK G36C (短縮型 CはCommando/Compactの意)HK G36V(旧名G36E輸出型HK G36K (G36のカービンモデル KはKurz(短い)の意HK G36KV(旧名:G36KE)G36K輸出型HK MG36分隊支援火器型)HK MG36E (MG36輸出型) HK SL8G36民間向け銃床形式異なる)SL8-1 SL8-2 SL8-3 HK SL8-4(オリジナルG36と同じハンドガード弾倉用い公的機関向け型) HK SL8-5 HK R8 HK SL9(SL8-4を発展させたマークスマンライフルHK SL9SD消音器標準装備した隠密狙撃型HK PSG-8 HK G41G3NATOトライアル用5.56mm新NATO弾バージョン、M16のマガジン互換性持たせたもの)HK G41A1 HK G41A2 HK G41A3 HK G41K HK G41KA3 HK G41-TGS HK USC HK XM8 HK416M4カービン近代化改良型5.56mmNATO弾仕様)MR223(民間向けHK416ヨーロッパ向けモデルセミオートのみ)MR223A1 MR223A2 MR223A3 MR556(民間向けHK416アメリカ向けモデルセミオートのみ)MR556A1MR556A1SD G38(HK416A5のドイツ連邦政府制式番号)G38K(G38のカービンモデル) G38C(G38の短縮型銃身が短い) G95(HK416A7のドイツ連邦政府制式番号) HK337(H&K HK416.300 AAC Blackout仕様HK417HK4167.62mmNATO弾仕様HK417A2 MR762(民間向けHK417ヨーロッパ向けモデルセミオートのみ)MR762A1 MR308(民間向けHK417アメリカ向けモデルセミオートのみ)MR308A1(後にMR762A1統一された) MR308A2 MR308A3 G27P(HK417ドイツ連邦軍制式番号狙撃型G27とは異なりHK417そのままモデルHK SLB2000 HK433 ※Web上で出回っている情報として「HK G56」というものがあり、これはH&K社とTDI社(現:クリス USA社)が共同開発した、クリス ヴェクター(KRISS Vector)の構造を採り入れた、6.8×43mm レミントン弾を使用する口径6.8mmの新型小銃で、2023年アメリカ軍制式採用される予定である、とされている。しかしこの銃は実在せず、画像既存の銃のものを加工して製作された、架空の存在である。

※この「小銃」の解説は、「ヘッケラー&コッホ」の解説の一部です。
「小銃」を含む「ヘッケラー&コッホ」の記事については、「ヘッケラー&コッホ」の概要を参照ください。


小銃(ライフル銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:53 UTC 版)

「銃」の記事における「小銃(ライフル銃)」の解説

「小銃」も参照 施条銃長い銃身備えた銃で、威力精度ともに拳銃はるかに凌駕するライフルとは本来、銃身内に施され腔線ライフリング)を意味しており、これは螺旋状の浅い溝で、銃身内で加速される弾丸回転運動加え、弾軸の安定図り直進性高め目的施されている。 手動式ライフル ガス圧や反動などの外部動力利用せず全ての動作手動で行うライフルスナイドル銃などの古典的な単発銃連装中折れ式のエレファントガン。スライドアクション式やリボルリングライフル。ウィンチェスター代表されるレバーアクション式などがあるが、一番スタンダードなのはボルトアクション式ライフルで、代表的な物に1889年Gew88として採用されドイツモーゼル式が有名である。イギリスのメトフォード式、またスイスのシュミット・ルビンのように直動式ボルトアクションのような変種もある。 アサルトライフル 一発撃つと次弾が自動的に装填されるセミオート引き金引き続け限り次々弾丸発射され続けフルオート切り替え可能なライフルFN FALやM14のようなフル規格7.62x51mm NATO弾用いる銃は、バトルライフルとして区別されることもある。しかし、これらはフルオートでは反動制御難く主流米軍のM16、ソビエト開発したAK-47自衛隊89式小銃など、反動が軽いライフル弾拳銃弾中間的サイズの短実包用いる銃に移っている。また、フルオートでの弾薬消費激しいことから、一回引き金を引く自動的に三発または二発までしか発射できないバースト制限点射)という機能備えた銃も現在では多い。 アサルトライフル概念は、第二次大戦中ドイツ開発されStG44確立され、現在では軍用小銃の多く占め騎兵銃カービン銃) 元々は騎乗での使用想定し歩兵用小銃より短い銃身備えた小銃のことである。ここから転じて、現在ではおおむね小型ライフル」を意味する語となり、また短縮化したアサルトライフル派生種アサルトカービンなどとも呼ばれるが、現在では一概にカービン略される米軍M1カービンM4カービンドイツKar98kなど。 狙撃銃スナイパーライフル狙撃特化した銃。テレスコピックサイト装備し一部弾薬使用するもの1000メートル先まで正確に狙撃する事が可能。 レミントンM700が有名であるが、これは特に狙撃銃として特別に設計された物でなく、元は狩猟用ライフル同様に精度の高い銃身追加二脚スコープ設置狙撃銃仕上げられた銃も多い。一方最初から狙撃銃として設計された銃もあり、軍用としてはL96A1ドラグノフ狙撃銃挙げられる精密射撃要求される競技用ライフルからの転用も多い。 過去から現在まで構造セミオートマチック方式よりも精度で勝るボルトアクション方式多く採用されてきたが、近年ではセミオートマチックでもボルトアクション並の精度発揮できる狙撃銃存在する代表例としてはSR-25PSG-1等があげられる近年では銃本体スコープ二脚、クリーニングキット、ケースなど附属装備品セットにした「狙撃システムとしての提供もある。レミントンではM700改造し他社パーツ組み合わせたM24 SWS軍隊向けに販売している。 対戦車ライフル対物ライフル 戦車装甲車と言った防弾仕様車両などの戦闘車両のうち、比較装甲の薄い部分狙撃目的として開発され大口径の銃。イギリスボーイズ対戦車ライフル旧ソ連シモノフPTRS1941等がある。第二次世界大戦において戦車防御力急激な進化遂げた事や、成形炸薬弾撃ち出す無反動砲ロケット発射機実用化されたため活躍機会失った近年になって、非装甲目標防弾ガラス等に対す有効性や、弾丸質量大きい事による弾道直進性が高いことが見直され狙撃銃一種としてアメリカバレットM82など、これを対物ライフルとして採用する軍もある。

※この「小銃(ライフル銃)」の解説は、「銃」の解説の一部です。
「小銃(ライフル銃)」を含む「銃」の記事については、「銃」の概要を参照ください。


小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 04:32 UTC 版)

軍事技術」の記事における「小銃」の解説

小銃は弓矢比べて長い間命中精度射程発射速度経済性劣った武器であったが、16世紀開発され火縄銃当時造兵技術の向上によって着実に普及していった。しかし実戦における火縄銃発射速度不足しているためにテルシオのように、槍兵との連携の下で運用されていた。また1670年頃に銃剣発明され18世紀まで槍兵はその存在意義失っていった。

※この「小銃」の解説は、「軍事技術」の解説の一部です。
「小銃」を含む「軍事技術」の記事については、「軍事技術」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小銃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小銃

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:41 UTC 版)

名詞

しょうじゅう

  1. 歩兵向けに作られ小型軍用ライフルライフル銃

関連語


「小銃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小銃」の関連用語

小銃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小銃のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの陸上自衛隊の装備品一覧 (改訂履歴)、幕末 (改訂履歴)、7.62x54mmR弾 (改訂履歴)、ヘッケラー&コッホ (改訂履歴)、銃 (改訂履歴)、軍事技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS