アメリカ空軍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > 軍隊 > 空軍 > アメリカ空軍の意味・解説 

【アメリカ空軍】(あめりかくうぐん)

U.S Air ForceUSAF).

アメリカ国防総省属すアメリカ空軍で、アメリカ合衆国における軍事組織一つ
航空宇宙戦力によって、アメリカ合衆国とその国益守ること任務としている。

当初は海軍属さない航空兵力は陸軍陸軍航空隊)が受け持っていたが、第二次世界大戦後の「国家安全保障法策定戦闘機爆撃機などの大型機とそれを運用する部隊陸軍指揮下から分離され1947年9月18日設立された。

陸軍航空隊時代第一次世界大戦から今日まで多くの戦争紛争に関わってきた歴史持ち2000年代現在では7,000以上の航空機運用する世界最大空軍となり、世界各地空軍基地を持つ。
戦闘機爆撃機輸送機他に大陸間弾道ミサイル擁しており、制空航空攻撃人員資材輸送核兵器運用による抑止力保持任務中心となっている。

空軍連邦政府行政機構上では空軍省」に属している。
空軍省文官である空軍長官筆頭に空軍行政面に携わっている。
また、空軍部隊管理責任有しているのは「空軍参謀本部」で、トップ空軍参謀総長務める。
空軍参謀総長はアメリカ空軍軍人トップであり、統合参謀本部構成員にもなっているが、統合参謀本部加わっている他三軍トップ陸軍参謀総長海軍作戦部長海兵隊総司令官と同様空軍各部隊に対する作戦指揮権限持っておらず、部隊管理最高責任者として部隊・兵器の即応態勢維持し必要に応じて統合軍拠出できるようにするのが任務となっている。

主要軍団

アメリカ空軍では10個の主要軍団組織されている。

呼称司令部所在地
航空戦闘軍団
Air Combat Command(ACC)
ラングレー空軍基地バージニア州
航空教育・訓練軍団
Air Education and Training Command(AETC)
ランドルフ空軍基地テキサス州
地球規模攻撃軍団
Global Strike Command(GSC)
バークステール空軍基地ルイジアナ州
空軍資材コマンド
Air Force Materiel Command(AFMC)
ライト・パターソン空軍基地オハイオ州
空軍予備役軍団
USAF Air Force Reserve Command(AFRC)
ロビンス空軍基地ジョージア州
空軍宇宙軍団
Air Force Space Command(AFSPC)
ピーターソン空軍基地コロラド州
空軍特殊作戦軍団
Air Force Special Operations Command(AFSOC)
ハルバートフィールドフロリダ州
航空機動軍団
Air Mobility Command(AMC)
スコット空軍基地イリノイ州
在欧アメリカ空軍
United States Air Forces in Europe(USAFE)
ラムシュタイン空軍基地ドイツ連邦共和国
太平洋空軍
Pacific Air Forces(PACAF)
ヒッカム空軍基地ハワイ州

航空軍

部隊司令部所在地上級部隊所属統合軍その他
第1空軍ティンダル空軍基地
フロリダ州
航空戦闘軍団北方軍州兵主体本土防空担当
第2空軍キースラー空軍基地
ミシシッピ州
航空教育・訓練軍団教育・訓練担当
第3空軍ラムシュタイン空軍基地
ドイツ連邦共和国
在欧米空軍欧州軍在欧米空軍唯一のメジャーコマンド。
第4空軍マーチ空軍予備役基地
カリフォルニア州
空軍予備役軍団輸送機・空中給油機主体
第5空軍横田空軍基地
日本国
太平洋空軍太平洋軍在日米軍の主要空軍部隊
第7空軍烏山(オサン)空軍基地
大韓民国
太平洋空軍太平洋軍韓国駐留国連軍の一組でもある
第8空軍バークスデール空軍基地
ルイジアナ州
地球規模攻撃軍団戦略軍戦略爆撃機運用
第9空軍ショウ空軍基地
サウスカロライナ州
航空戦闘軍団中央軍
10空軍カーズウェル空軍予備役基地
テキサス州
空軍予備役軍団
第11空軍エルメンドルフ空軍基地
アラスカ州
太平洋空軍太平洋軍
12空軍デビスモンサン空軍基地
アリゾナ州
航空戦闘軍団南方軍
14空軍ヴァンデンバーグ空軍基地
カリフォルニア州
空軍宇宙軍団戦略軍軍事衛星運用ミサイル防衛担当
18空軍スコット空軍基地
イリノイ州
航空機動軍団輸送輸送機・空中給油機運用
航空機動軍団唯一のメジャーコマンド。
19空軍ランドルフ空軍基地
テキサス州
航空教育・訓練軍団主に飛行教育担当
第20空軍フランシス・E・ワーレン空軍基地
ワイオミング州
地球規模攻撃軍団戦略軍弾道ミサイル運用担当
米軍における事実上の戦略ロケット軍
22空軍ドビンス空軍基地
ジョージア州
空軍予備役軍団空輸関係予備役部隊統括担当
23空軍ハルバートフィールド
フロリダ州
空軍特殊作戦軍団特殊作戦軍特殊作戦支援担当
24空軍ラックランド空軍基地
テキサス州
空軍宇宙軍団戦略軍サイバー軍隷下組織として、
電子戦情報戦サイバー戦担当

主要装備

階級

 

アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 09:18 UTC 版)

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF)は、アメリカ軍航空部門。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。


  1. ^ The Air Force Flag”. Air Force Historical Research Agency. United States Air Force (2007年3月24日). 2013年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月7日閲覧。


「アメリカ空軍」の続きの解説一覧

アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 04:11 UTC 版)

V-22 (航空機)」の記事における「アメリカ空軍」の解説

2007年10月4日カートランド空軍基地から離陸し捜索救難活動行った。これは、初めての任務となった2008年11月フリントロック演習支援するため、第8特殊作戦飛行隊の4機がマリ派遣された。これは、初めての海外派遣となった。この派遣自己展開により行われフロリダ州ハルバート飛行場からマリ共和国バマコまでの約9800キロメートル空中給油行いながら無着陸飛行した。派遣され機体は、多国間訓練における機動輸送手段として用いられた。その主要な任務は、各国特殊作戦部隊潜入および撤収させるための長距離空輸任務であった2009年6月ホンジュラスにおいて、第8特殊作戦飛行隊43,000ポンド (20,000 kg)の人道支援物資孤立した村落まで空輸した。 2013年12月21日クーデター未遂事件発生していた南スーダンボルにおいて、3機編隊アメリカ民間人救出しようとしたところ、小火器による射撃を受け、被弾した。編隊は、任務中止したのち、500 mi (800 km)離れたウガンダエンテベ向かった。3機の機体は、合計119発の銃弾被弾し、4名の搭乗員負傷し操縦系統および油圧系統損傷するとともに燃料漏れ発生していた。漏れた燃料を補うため、複数回空中給油行いながら飛行した。この事件の後空軍特殊作戦部隊は、オプション装着できる装甲フロア・パネル開発した2014年7月3日デルタ・フォースISIL過激派アメリカ人どの人質を拘束していたシリア東部のキャンプまで空輸した。過激派掃討には成功したが、人質はすでに別な所へ移されしまっていた。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「V-22 (航空機)」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「V-22 (航空機)」の記事については、「V-22 (航空機)」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 04:27 UTC 版)

航空師団」の記事における「アメリカ空軍」の解説

アメリカ空軍では1948年より1992年まで航空師団 (Air Division) が使用されていた。序数航空軍 (NAF) の下の編制であり、大佐司令とする複数航空団 (Wing) により構成されていた。師団長概ね准将であったが、少将大佐充てられた。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「航空師団」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「航空師団」の記事については、「航空師団」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 17:52 UTC 版)

サーブ 35 ドラケン」の記事における「アメリカ空軍」の解説

飛行試験用に元デンマーク空軍機を少数運用した2000年代以降も、米国テストパイロット学校(National Test Pilot School )において、複座型をクリティカルコントロールの実習教材として現用中。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「サーブ 35 ドラケン」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「サーブ 35 ドラケン」の記事については、「サーブ 35 ドラケン」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:07 UTC 版)

F-4 (戦闘機)」の記事における「アメリカ空軍」の解説

F-4C F-4B空軍要求に合わせて改修した型で、583機製造採用当初はF-110A スペクターSpectre)と呼ばれていたが、命名規則変更に伴いF-4C改称され愛称海軍型と同じ「ファントムII」に変更された。 変更点としてはAIM-4 ファルコンAGM-12 ブルパップ核爆弾運用ブーム式空中給油装置低圧タイヤ搭載挙げられる。特に海軍型との大きな違いとしては複操縦装置搭載があり後席にもパイロット資格を持つ要員乗り込む以降の空軍型も同様であるまた、主翼折り畳み機構コスト下げるために手動変更されている。アレスティングフック残されていて滑走路着陸距離を短縮する目的与えた。もちろん外形やシステム海軍型大差ないため空母からの発着艦や適合同じであるEF-4C F-105G後継機としてF-4C改修したSEAD敵防空網制圧)機(ワイルド・ウィーゼル)だが、AGM-78 スタンダードARM運用能力が無いなど、SEAD機として限定的な能力しか持たず兵器搭載能力運用面で制約があった。36機がF-4C改修する形で製造された。 F-4D F-4C改良型825機が製造された。空軍要求を元に設計され本格的なタイプであり、C型機首下面に取付けられていたAAA-4赤外線探知器レーダー警戒受信器変更サイドワインダー搭載機能削除しファルコンのみ搭載としたがファルコン成績不良からサイドワインダー搭載機能追加している。レーダー測距機能付きのAN/APQ-109Aに換装して低空目標探知能力向上している。また、東南アジアでの運用の為LORANという長距離航法システム追加した機体もあった。AN/ASQ-91爆撃計算機をAN/AJB-7全高核爆制御システム組み合わせることで誘導爆弾誘導機能を追加した。ASQ-91自体対地攻撃簡略して、かつ精度著しく上させている。このD型ではSEA迷彩(東南アジア迷彩)、俗に言うベトナム迷彩生産段階からの標準塗装になったEF-4D F-4D改修したSEAD防空網制圧)機のテストベッド機で、4機がF-4Dより改修された。EF-4Dとしては採用されなかったもののこの機体開発され機材F-4G信頼性上に繋がったF-4E F-4D改良型。1,387製造対地攻撃能力強化のためのC型からD型への改良に比べて、変更内容はかなり多い。 エンジンドライ推力52.53kN、アフターバーナー推力79.62kNのJ79-GE-17に換装偵察型倣い延長した機首M61A1 20mmバルカン砲固定装備し、このため従来より小型のAN/APQ-120レーダー換装しているが、APQ-120開発の遅れから初期の30機はレーダーなしで配備され後に追加搭載している。後期型からは前縁スロット付きスタビレーターと、空戦時の運能力向上を図るため前縁フラップ可動式スラット変更した他、機関砲砲口改良されている。 AN/APS-107レーダー警戒装置装備しており、そのアンテナ垂直尾翼上端に取付けられていたが、後期型ではAN/ALR-46となり、アンテナ取付け位置主翼端に変更されている。また一部後期型では、左主翼翼部前縁電子光学式目標識センサー(TISEO)が取付けられている。 F-4G F-105G本格的な後継機としてF-4Eをアメリカ空軍の要求に合わ改修したSEAD敵防空網制圧)機(ワイルド・ウィーゼル)で対レーダーミサイル主武装とする。134機がF-4Eより改修された。 機首下面垂直安定板上部に、AN/APR-38統合型制御/指示セットCIS)のセンサー類装備する為、機首M61A1 20mmバルカン砲撤去されている。CIS7つモジュール構成されており、敵のSAM(地対空ミサイルサイト追跡/誘導レーダーまたはレーダーサイトから発射されるレーダー波(電波)を、周波数0.01-25GHzの間で脅威電波輻射として探知し後席設置されCISシステム専用装置を操作する電子戦士官が、内蔵され脅威ライブラリー比較して探知したレーダー波を識別すると、その位置測定して、200nm(370km)の範囲コックピットPPIスコープ(平面位置表示機)に位置表示するものであり、搭載され対レーダーミサイルAGM-45・AGM-78・AGM-88を、探知した位置にある追跡/誘導レーダーまたはレーダーサイトに向けて発射することができる。 また、電子対抗手段ECM)として、電子妨害装置初期はAN/ALQ-119、後期には新型AN/ALQ-184が主に使用され、USAFEのみAN/ALQ-131ポットをスパローミサイルが取付けられる機体前方の兵装ステーション搭載する

※この「アメリカ空軍」の解説は、「F-4 (戦闘機)」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「F-4 (戦闘機)」の記事については、「F-4 (戦闘機)」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 23:12 UTC 版)

ホワイトサンズ・ミサイル実験場」の記事における「アメリカ空軍」の解説

アメリカ空軍調査研究所 (Air Force Research Laboratory) の指向性エネルギー局 (Directed Energy Directorate) は、ホワイトサンズ・ミサイル実験場内のノース・オスキュラ・ピーク (North Oscura Peak) にある施設管理している。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「ホワイトサンズ・ミサイル実験場」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「ホワイトサンズ・ミサイル実験場」の記事については、「ホワイトサンズ・ミサイル実験場」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 08:14 UTC 版)

紅 (漫画)」の記事における「アメリカ空軍」の解説

大佐 アメリカ空軍内部にあって、ホワイトメースに通じている人物アトキンスを罠にかけて暗殺しようとしたり、航空自衛隊パイロットそそのかしてナオミ倒そう試みたりする。 ケイン ハミル相棒だったF-16パイロットホワイトメースカチューシャ争い見てしまったことから大佐の罠にかけられデュポン撃墜され死亡する

※この「アメリカ空軍」の解説は、「紅 (漫画)」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「紅 (漫画)」の記事については、「紅 (漫画)」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 01:56 UTC 版)

アグレッサー部隊」の記事における「アメリカ空軍」の解説

アメリカ空軍においてはネバダ州ラスベガスネリス基地の第57航空団隷下の第64および第65アグレッサー飛行隊アラスカ州エイルソン空軍基地の第354戦闘航空団隷下での第18アグレッサー飛行隊の3飛行隊編成されている。第6465飛行隊冷戦終結に伴い一度は活動停止代わって414戦闘訓練飛行隊編成されたが、その後64アグレッサー飛行隊2003年に第414戦闘訓練飛行隊F-16移管されて活動再開し、また第65アグレッサー飛行隊2005年余剰となったF-15受領して再編された。第414戦闘訓練飛行隊現在ではレッドフラッグ演習運営担当している。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「アグレッサー部隊」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「アグレッサー部隊」の記事については、「アグレッサー部隊」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:48 UTC 版)

ボーイング737 AEW&C」の記事における「アメリカ空軍」の解説

アメリカ空軍は2022年4月26日E-3一部E-7「ウェッジテイル」で置き換える発表した契約締結2023年度予定しており、同年度の予算では試作初号機開発し、翌2024年度に2機目の試作機を製作、そして2025年度から量産機配備にむけた生産決定計画しているという。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「ボーイング737 AEW&C」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「ボーイング737 AEW&C」の記事については、「ボーイング737 AEW&C」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 18:26 UTC 版)

テールコード」の記事における「アメリカ空軍」の解説

所属機体(VC-25、C-32A、E-4除く)に付与されテールコード下にシリアルナンバー記載されているシリアルナンバーは2行2列の小さな文字とそれに続く大きな数字構成され空軍(Air Force)所属を示すAFの文字と、その下に発注され会計年度の下2桁書かれ会計年度内の連番が続く。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「テールコード」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「テールコード」の記事については、「テールコード」の概要を参照ください。


アメリカ空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 02:20 UTC 版)

エアストリーム」の記事における「アメリカ空軍」の解説

エアストリームキャンピングトレーラーは、世界中にアメリカ合衆国高官輸送するために使用されている軍用輸送機では、貨物室内に固縛されて用いられる2007年ディック・チェイニー副大統領使用した際の取材では、内装木製内張り施され絨毯敷かれていた。内部に革製椅子テレビDVDプレーヤー備えられていた。

※この「アメリカ空軍」の解説は、「エアストリーム」の解説の一部です。
「アメリカ空軍」を含む「エアストリーム」の記事については、「エアストリーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アメリカ空軍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アメリカ空軍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ空軍」の関連用語

アメリカ空軍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ空軍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ空軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのV-22 (航空機) (改訂履歴)、航空師団 (改訂履歴)、サーブ 35 ドラケン (改訂履歴)、F-4 (戦闘機) (改訂履歴)、ホワイトサンズ・ミサイル実験場 (改訂履歴)、紅 (漫画) (改訂履歴)、アグレッサー部隊 (改訂履歴)、ボーイング737 AEW&C (改訂履歴)、テールコード (改訂履歴)、エアストリーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS