空軍基地とは? わかりやすく解説

軍用飛行場

(空軍基地 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 17:05 UTC 版)

軍用飛行場(ぐんようひこうじょう、英語: airbasemilitary airfieldmilitary airportair force stationair force base など)は、軍用機の運用のために軍隊が使用する飛行場




「軍用飛行場」の続きの解説一覧

空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/02 01:01 UTC 版)

エルレンゼー」の記事における「空軍基地」の解説

ドイツ空軍は、1936年にランゲンディーバッハに空軍基地(暗号名: ブリーフヴァーゲ)を建設した。この基地1945年3月まで使用されていたが、その後アメリカ軍によって無抵抗のまま接収された。第二次世界大戦後は、アメリカ軍利用した

※この「空軍基地」の解説は、「エルレンゼー」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「エルレンゼー」の記事については、「エルレンゼー」の概要を参照ください。


空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 16:46 UTC 版)

シリア空軍」の記事における「空軍基地」の解説

シリア反体制派は、シリア北西部北部南部いくつかの空軍基地占領した。これには、マルジ・アル=スルタンおよびタフタナズ空軍基地 (2013年1月中旬)、Dhab'a空軍基地(2013年4月、同基地アル=クサイルとしてよく知られている)、Kshesh空軍基地(2013年10月)が含まれる2014年8月24日にはイスラム国部隊がタブカ空軍基地を占領した

※この「空軍基地」の解説は、「シリア空軍」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「シリア空軍」の記事については、「シリア空軍」の概要を参照ください。


空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 07:03 UTC 版)

スーシティ (アイオワ州)」の記事における「空軍基地」の解説

第二次世界大戦初期アメリカ軍スーシティ中心街から8マイル (13 km) 南、サージャントブラフに大きな訓練基地設立した重爆撃機離着陸できるように新しく大きな滑走路整備されスーシティ陸軍航空部基地B-17重爆撃機基礎飛行能力訓練のための主要拠点、かつ様々な支援保守部隊本拠となったハリウッド俳優航空大尉後に大佐)のジミー・スチュワート1943年にその大隊とともにスーシティ駐在となり、彼とその乗組員海外派遣前に当初B-17能力試験完遂した。戦争終わった1946年12月、第185アイオワ航空州兵隊がスーシティ設立された。

※この「空軍基地」の解説は、「スーシティ (アイオワ州)」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「スーシティ (アイオワ州)」の記事については、「スーシティ (アイオワ州)」の概要を参照ください。


空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 05:44 UTC 版)

オスロ空港」の記事における「空軍基地」の解説

旅客ターミナル北側ノルウェー空軍基地がある。第135航空団、第335飛行隊駐在しロッキード輸送機C-130Jを2機擁する。この基地は4万平メートル小さいが、必要があれば容易に拡張可能配置になっている通常の人員輸送には民間旅客ターミナル利用しており、年間20万人達する。

※この「空軍基地」の解説は、「オスロ空港」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「オスロ空港」の記事については、「オスロ空港」の概要を参照ください。


空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 10:53 UTC 版)

スターリング島」の記事における「空軍基地」の解説

スターリング島に連合軍が上陸した後、この島は飛行場設けるのに絶好の、自然に平坦でサンゴ礁硬い地表恵まれた淡水と、上陸向いた砂浜のある場所であることはっきりしたアメリカ海軍の第87海軍工兵大隊 (87th Naval Construction Battalion) の偵察隊「シービーズ (Seabees)」は、1943年11月1日到着し現地調査して4日後に当地について肯定的な報告上げた。この報告に基づいて当初はブーゲンビル島設け予定だった爆撃機用の滑走路「W」の建設当地でおこなうことになった2011年5月ソロモン諸島の首相ダニー・フィリップは、オーストラリア政府に対し難民認定求め人々収容する施設を、空軍基地跡に設け提案繰り返した。この交渉は、ある程度進捗があったと考えられていたが、結局は打ち切られた。

※この「空軍基地」の解説は、「スターリング島」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「スターリング島」の記事については、「スターリング島」の概要を参照ください。


空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 01:35 UTC 版)

ヒリンドン区」の記事における「空軍基地」の解説

民間空港ヒースロー空港があるほか、区内にはイギリス空軍のノーソルト空軍基地(英語版)が現在稼働中である。 かつては、イーストコート空軍基地(英語版)、サウス・ルイスリップ空軍基地(英語版)、ウェスト・ドライトン空軍基地(英語版)、ウェスト・ルイスリップ空軍基地(英語版)、アクスブリッジ空軍基地(英語版)が置かれていた。

※この「空軍基地」の解説は、「ヒリンドン区」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「ヒリンドン区」の記事については、「ヒリンドン区」の概要を参照ください。


空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 07:18 UTC 版)

三池淵飛行場」の記事における「空軍基地」の解説

三池淵飛行場には、朝鮮人民軍空軍第8航空師団属する第8輸送連隊駐留している。

※この「空軍基地」の解説は、「三池淵飛行場」の解説の一部です。
「空軍基地」を含む「三池淵飛行場」の記事については、「三池淵飛行場」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「空軍基地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「空軍基地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空軍基地」の関連用語

空軍基地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



空軍基地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軍用飛行場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエルレンゼー (改訂履歴)、シリア空軍 (改訂履歴)、スーシティ (アイオワ州) (改訂履歴)、オスロ空港 (改訂履歴)、スターリング島 (改訂履歴)、ヒリンドン区 (改訂履歴)、三池淵飛行場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS