マーシャル諸島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 島国 > マーシャル諸島の意味・解説 

マーシャル‐しょとう〔‐シヨタウ〕【マーシャル諸島】


マーシャル諸島


マーシャル諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/29 14:23 UTC 版)

マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国で、ミニ国家の一つ。島々を構成する多くが環礁で「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする[2]ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。


注釈

  1. ^ 船長:マーシャル。
  2. ^ 船長:トーマス・ギルバート

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2022年8月2日閲覧。
  2. ^ マーシャル諸島
  3. ^ Marshall Islands”. imr.ptc.ac.fj. 2019年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月16日閲覧。
  4. ^ 太平洋諸島、中国の影 地域機構、5カ国脱退表明 台湾承認、1カ国に?”. 毎日新聞 (2021年7月29日). 2022年11月8日閲覧。
  5. ^ 太平洋島しょ国6カ国、過剰債務のリスク高い 世銀”. ロイター (2023年5月18日). 2023年5月18日閲覧。
  6. ^ 令和6年3月13日 日・マーシャル首脳会談 | 総理の一日”. 首相官邸ホームページ. 2024年5月8日閲覧。
  7. ^ 「日・マーシャル諸島首脳会談」『https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/mh/pageit_000001_00400.html』。
  8. ^ マーシャル諸島と協力強化 首脳会談で確認:時事ドットコム”. 時事ドットコム (2024年3月13日). 2024年5月8日閲覧。
  9. ^ “核の記憶、届かぬ思い 米に移住したマーシャル諸島民”. (2014年3月18日). オリジナルの2014年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141013221839/http://www.asahi.com/articles/ASG3C3447G3CUHBI018.html 2014年10月8日閲覧。 


「マーシャル諸島」の続きの解説一覧

マーシャル諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 08:06 UTC 版)

世界遺産の一覧 (オセアニア)」の記事における「マーシャル諸島」の解説

詳細は「マーシャル諸島の世界遺産」を参照 画像登録名登録年分類登録基準ID備考 ビキニ環礁核実験場 2010年 文化 (4), (6) 1339 いわゆる負の世界遺産」に分類される

※この「マーシャル諸島」の解説は、「世界遺産の一覧 (オセアニア)」の解説の一部です。
「マーシャル諸島」を含む「世界遺産の一覧 (オセアニア)」の記事については、「世界遺産の一覧 (オセアニア)」の概要を参照ください。


マーシャル諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 17:43 UTC 版)

風下住民」の記事における「マーシャル諸島」の解説

風下住民という用語は一般的にハンフォードネバダ核実験場など米国本土拠点による放射性降下物被害者を指すが、マーシャル諸島の住民米国太平洋核実験場計画のもとで核実験甚大な影響に耐えなければならなくなった現在のマーシャル諸島共和国1944年から1979年にかけては米国占領地であり、その期間中米国66回の核実験をマーシャル諸島において行った。 これらの多く核実験1つ1954年3月1日行われたキャッスル作戦ブラボー実験による水爆は、地元住民が耐えなければならなくなった広範囲放射線被曝主因となったブラボー実験関連する放射性降下物の量は、世界核実験歴史上最高記録考えられている。太平洋核実験場一部であったマーシャル諸島の多く放射性降下物によって汚染されたままであり、核実験時に島に住んでいたそれら風下住民多くは非常に増加した幾つかのタイプ癌の発生率と先天性欠損症苦しんでいる。

※この「マーシャル諸島」の解説は、「風下住民」の解説の一部です。
「マーシャル諸島」を含む「風下住民」の記事については、「風下住民」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マーシャル諸島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マーシャル諸島

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 14:05 UTC 版)

固有名詞

マーシャル諸島マーシャルしょとう

  1. ミクロネシア連邦の東、キリバスの北にある島嶼群
  2. 1.国土とするオセアニアの国のひとつ。太平洋中部位置する首都マジュロ正式名称マーシャル諸島共和国

「マーシャル諸島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マーシャル諸島」の関連用語

マーシャル諸島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マーシャル諸島のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2024 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマーシャル諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの世界遺産の一覧 (オセアニア) (改訂履歴)、風下住民 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマーシャル諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS