備考とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 備考の意味・解説 

び‐こう〔‐カウ〕【備考】

読み方:びこう

参考のために付記すること。また、その事柄・記事。「―


備考(放送休止の事例)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 18:49 UTC 版)

ゆきねえの名古屋なごやか喫茶」の記事における「備考(放送休止の事例)」の解説

2011年3月16日放送予定分は東日本大震災特別編成があったため休止となったこの分4月13日延期され4月20日と2週連続放送された。これは本来第2週放送されるみちのく亭」を製作する仙台局が震災報道専念し、この都合上みちのく亭」を中止したことによる。 また同9月21日11月16日放送される予定の回も、前者台風15号関東直撃ニュース伝えた関係上、後者2011年の日本シリーズ中日ドラゴンズ福岡ソフトバンクホークス試合延長となったため延期9月分は中止代替なし。11月分<この日はサタ★テンに出演した歌手のメッセージとミニライブの特集・後編>は10月19日前編再放送と併せ12月18日16時台・とっておきラジオ再構成て放送)となった

※この「備考(放送休止の事例)」の解説は、「ゆきねえの名古屋なごやか喫茶」の解説の一部です。
「備考(放送休止の事例)」を含む「ゆきねえの名古屋なごやか喫茶」の記事については、「ゆきねえの名古屋なごやか喫茶」の概要を参照ください。


備考(プルツー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 13:58 UTC 版)

プルシリーズ」の記事における「備考(プルツー)」の解説

ジオン軍にいたときのシャア・アズナブル連想させる服装で登場したこともある(第43参照)。ただし、マスクをつけていないなどの違いがあるCGアニメ『GUNDAM EVOLVE../10』では、第一次ネオ・ジオン抗争後木星圏へ向かジュピトリスIIにプルツーと同タイプパイロットスーツ着用した人物亡命する様子描かれているが、詳細不明

※この「備考(プルツー)」の解説は、「プルシリーズ」の解説の一部です。
「備考(プルツー)」を含む「プルシリーズ」の記事については、「プルシリーズ」の概要を参照ください。


備考(第2シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 01:40 UTC 版)

星界の戦旗」の記事における「備考(第2シリーズ)」の解説

2005年7月22日発売の『星界DVD-BOX』の映像特典として特別編収録された。

※この「備考(第2シリーズ)」の解説は、「星界の戦旗」の解説の一部です。
「備考(第2シリーズ)」を含む「星界の戦旗」の記事については、「星界の戦旗」の概要を参照ください。


備考(年末特番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 18:51 UTC 版)

サタデースクランブル」の記事における「備考(年末特番)」の解説

2006年12月30日放送は『2006年スペシャル』として、『旅サラダ』の時間枠である8:00から、10:55までの約3時間に及ぶ生放送であったこの日限り北海道テレビ青森朝日放送静岡朝日テレビ山口朝日放送熊本朝日放送大分朝日放送琉球朝日放送各局でもネットされたが、ネット地域向けて番組説明一切行なわれず、新聞ラ・テ欄タイトルも「スクランブル年末SP」と表記されるなど、配慮欠けていた。 2007年12月29日も『2007年スペシャル』として、7:59から11:45までの約4時間に及ぶ生放送だった。ネット局北海道テレビ静岡朝日テレビ琉球朝日放送新聞ラ・テ欄タイトルは「サタスク2007年SP」となり、番組冒頭で「サタスク」が関東ローカルである旨を、MC松井アナ説明するなど、ネット地域の配慮改善されたが、4局ネットのみにもかかわらず今日全国ネット」と誤ったアナウンスをしてしまった。 2008年12月27日の『2008年末スペシャル』では、『旅サラダ』を通常通り放送したあと、テレビ朝日11:20までその後の『食彩の王国』は開始時刻繰り下げで『あたしンち』は休止)、熊本朝日放送では通常通り10:25までの生放送だった。

※この「備考(年末特番)」の解説は、「サタデースクランブル」の解説の一部です。
「備考(年末特番)」を含む「サタデースクランブル」の記事については、「サタデースクランブル」の概要を参照ください。


備考(バスターダガー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 23:14 UTC 版)

ストライクダガー」の記事における「備考(バスターダガー)」の解説

デザイン町田能彦によって行われた

※この「備考(バスターダガー)」の解説は、「ストライクダガー」の解説の一部です。
「備考(バスターダガー)」を含む「ストライクダガー」の記事については、「ストライクダガー」の概要を参照ください。


備考(テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 01:39 UTC 版)

君のいる町」の記事における「備考(テレビアニメ)」の解説

裏番組で同じ週刊少年マガジン連載テレビドラマ山田くんと7人の魔女』(フジテレビ)が放送される事態となった

※この「備考(テレビアニメ)」の解説は、「君のいる町」の解説の一部です。
「備考(テレビアニメ)」を含む「君のいる町」の記事については、「君のいる町」の概要を参照ください。


備考(リーダー、サブリーダー関連)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:23 UTC 版)

モーニング娘。」の記事における「備考(リーダー、サブリーダー関連)」の解説

初代リーダーは、CD5万枚売り達成しメジャーデビュー決定後に決められた当時飯田が「リーダーやりたい」と発言していたが、結果として中澤決定した選ばれた理由は「最年長だから」。 サブリーダーは、飯田第2代リーダー就任2001年4月16日に合わせて創設され初代サブリーダー保田就任した保田就任以前中澤リーダー時代)は、サブリーダーという役職公表されていない石黒在籍時は彼女が中澤に次ぐ年長者位置的にナンバー2見なされることはあったが、サブリーダー明言はされていなかった。中澤モーニング娘。卒業し飯田2代目リーダー指名するにあたり2期メンバーありながら最年長保田処遇し飯田補佐委ねるために「サブリーダー」のポスト創設したとも考えられる保田飯田前にユニット卒業したが、矢口から新垣まではサブリーダーリーダーにも就任しているため実質的にサブリーダー次期リーダー候補)」と考えられていた。 新垣リーダー下では、サブリーダー置かれていなかった(CDジャーナル2012年2月号インタビュー道重発言より)。 2013年5月21日開催された『モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL田中れいな卒業記念日〜 in日本武道館』で、田中1年7か月21日ぶりとなるサブリーダー制度復活提案し9期譜久村聖および10期飯窪春菜指名したサブリーダー2人体制モーニング娘。初となる。飯窪のサブリーダー就任モーニング娘。加入してから1年7か月22日後だった。

※この「備考(リーダー、サブリーダー関連)」の解説は、「モーニング娘。」の解説の一部です。
「備考(リーダー、サブリーダー関連)」を含む「モーニング娘。」の記事については、「モーニング娘。」の概要を参照ください。


備考(テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 06:52 UTC 版)

地獄先生ぬ〜べ〜」の記事における「備考(テレビドラマ)」の解説

放送先駆け2014年10月1日発売グランドジャンプ21号の『地獄先生ぬ〜べ〜NEO』にて主演の丸山登場している。 日本テレビ系 土曜21時台前番組番組名番組金田一少年の事件簿N(neo)(2014.7.19 - 2014.9.20) 地獄先生ぬ〜べ〜(2014.10.11 - 2014.12.13) 学校のカイダン(2015.1.10 - 2015.3.14)

※この「備考(テレビドラマ)」の解説は、「地獄先生ぬ〜べ〜」の解説の一部です。
「備考(テレビドラマ)」を含む「地獄先生ぬ〜べ〜」の記事については、「地獄先生ぬ〜べ〜」の概要を参照ください。


備考(ライジング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 23:46 UTC 版)

シャイニングガンダム」の記事における「備考(ライジング)」の解説

放送開始前にアニメ誌等に掲載された一部記事では、シャイニングガンダムが「ライジング・ガンダム(仮)」として紹介されていたこともある。 シャイニングガンダム共用である部分が多いが、これはバンダイから「(生産コスト下げるため)シャイニングガンダムオプションパーツ追加して全く新しいモビルファイター作れないか?」という要望があったため。

※この「備考(ライジング)」の解説は、「シャイニングガンダム」の解説の一部です。
「備考(ライジング)」を含む「シャイニングガンダム」の記事については、「シャイニングガンダム」の概要を参照ください。


備考(テレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:03 UTC 版)

スポーツ中継」の記事における「備考(テレビ)」の解説

地上波スポーツ中継において、開催され大会国内ゴルフ・マラソン・駅伝バレーボール水泳ボクシングなど)の中継映像他局当日翌日スポーツニュースでも二次使用されている一方衛星放送中継され大会欧州サッカー・ゴルフの全米ツアー自転車ロードレース・ラグビー・テニスなど)の映像は、映像協力テロップ付けた上で二次使用されていることが多い。 ゴルフ以外原則として生放送で行うが、編成の都合で生中継のない地域起こ場合や、海外スポーツ日本時間深夜早朝にかけて試合が行われる場合録画放送実施されることもある。 プロ野球Jリーグなどでは、全国ネット対戦カード地元もしくは近隣チームカード差し替えて放送する例もある。 一般的に地方大会全国大会構成されているスポーツ大会地方大会中継に関しては、系列局製作協力体制を敷くのが一般的だが、全国高等学校サッカー選手権大会に関して例外で、製作委員会方式採用している。プロジェクト名は「民間放送43社」で、その性質上、クレジットタイトルTVer製作局部分に関しては、放送局の名称ではなく製作委員会プロジェクト名を必ず用いられOTTサービスTVerに関しては、どの系列かを指定しないと配信できない都合上、この大会映像全ての試合幹事局である日テレビ系列番組としての扱いを受けている。

※この「備考(テレビ)」の解説は、「スポーツ中継」の解説の一部です。
「備考(テレビ)」を含む「スポーツ中継」の記事については、「スポーツ中継」の概要を参照ください。


備考(第2作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 06:40 UTC 版)

ハヤテのごとく! (アニメ)」の記事における「備考(第2作)」の解説

美術監督は本来、ビック・スタジオの白石誠(元テレコム)の指名JC側よりあったが、ビック内で全ての作画をしておらず半数以上はビックおよび白石の「監修」であるという理由により、白石クレジット内で美術監督の名を冠することを拒否したため、OP内のクレジット当初の予定反して美術 ビック・スタジオ」となったEDクレジット同様にして「監督」を廃し美術 白石誠となっている。

※この「備考(第2作)」の解説は、「ハヤテのごとく! (アニメ)」の解説の一部です。
「備考(第2作)」を含む「ハヤテのごとく! (アニメ)」の記事については、「ハヤテのごとく! (アニメ)」の概要を参照ください。


備考(映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 08:39 UTC 版)

長いお別れ」の記事における「備考(映画)」の解説

松田優作がこの映画インスパイアされ、TVでは『探偵物語』、映画では『ヨコハマBJブルース』を生み出したことで知られている映画評論家町山智浩は『ビッグ・リボウスキ』『インヒアレント・ヴァイス』『アンダー・ザ・シルバーレイク』『グッドフェローズ』『アホーマンス』なども、この映画の影響をうけているとしている。 アニメ監督渡辺信一郎は、『映画秘宝』のインタビュー本自身のベスト10として本作ロング・グッドバイ』を入れている。 映画美術家の種田陽平本作を、1999年行われたキネマ旬報オールタイムベスト企画で、自身のベスト10一つ挙げてコメント欄で「『ガルシアの首』や『ロング・グッドバイ』に匹敵する熱いアメリカ映画はもう見られないのか。『ファーゴ』を演出しコーエン兄弟にはその可能性があると思います」と、サム・ペキンパー『ガルシアの首』と共に本作特別な映画と言えるコメント出した作家村上龍本作大ファンであり、本作含めた映画作品オマージュ捧げた村上龍映画小説集 (講談社文庫)」を出している。 『モダーンズ』の監督アラン・ルドルフ第二助監督務めた脚本家リイ・ブラケットは、フォークナー共作したチャンドラー原作の『三つ数えろ』など、ハワード・ホークス監督作品常連ライターである。 チンピラのボス・オーガスティンを演じたマーク・ライデルは、『黄昏』でアカデミー監督賞候補になった原作重要なシーン登場するギムレット映画版には登場しないまた、序盤マーロウ注文したCCジンジャー」とは、カナディアンクラブをジンジャーエール割ったものである映画画面は常に(固定カメラ撮影されたものでも微妙に動いている監督ロバート・アルトマンは、車に撥ねられ主人公搬送する救急車運転手役で、カメオ出演している。 表 話 編 歴 ロバート・アルトマン監督作品 1950年代The Delinquents (1957) 1960年代宇宙大征服 (1968) 雨にぬれた舗道 (1969) 1970年代M★A★S★H マッシュ (1970) BIRDSHT (1970年) ギャンブラー (1971) ロバート・アルトマンのイメージズ (1972) ロング・グッドバイ (1973) ボウイ&キーチ (1974) ジャックポット (1974) ナッシュビル (1975) ビッグ・アメリカン (1976) 三人の女 (1977) ウエディング (1978) クィンテット (1979) パーフェクト・カップル/おかしな大恋愛 (1979) 1980年代ロバート・アルトマンヘルス (1980) ポパイ (1980) わが心のジミー・ディーン (1982) ストリーマーズ 若き兵士たちの物語 (1983) 名誉ある撤退ニクソンの夜〜 (1984) 突撃!O・Cとスティッグス お笑い黙示録 (1984) フール・フォア・ラブ (1985) ニューヨーカーの青い鳥 (1987) 1990年代ゴッホ (1990) ザ・プレイヤー (1992) ショート・カッツ (1993) プレタポルテ (1994) カンザス・シティ (1996) 相続人 (1998) クッキー・フォーチュン (1999) 2000年代Dr.Tと女たち (2000) ゴスフォード・パーク (2001) バレエ・カンパニー (2003) 今宵、フィッツジェラルド劇場で (2006)

※この「備考(映画)」の解説は、「長いお別れ」の解説の一部です。
「備考(映画)」を含む「長いお別れ」の記事については、「長いお別れ」の概要を参照ください。


備考 (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:06 UTC 版)

GANTZ」の記事における「備考 (テレビアニメ)」の解説

バンダイチャンネルでも配信されている。なお、内容はほぼDVD版ベースにしている。

※この「備考 (テレビアニメ)」の解説は、「GANTZ」の解説の一部です。
「備考 (テレビアニメ)」を含む「GANTZ」の記事については、「GANTZ」の概要を参照ください。


備考(非宿泊型の青少年教育施設)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 01:53 UTC 版)

公民館」の記事における「備考(非宿泊型の青少年教育施設)」の解説

少年自然の家青年の家などの名称を用いた社会教育施設いわゆる青少年教育施設)は、当該施設主催事業学校等集団で宿泊研修において、宿泊を伴う活動にも対処できるようにするために専用宿泊施設併設されていることが多いが、その一方で、専用宿泊施設併設しない青少年教育施設もある。そのような施設は、非宿泊青少年教育施設といわれ、施設形態利用形態公民館並みであり、都市青年の家よくあるという。当然のことながら、非宿泊青少年教育施設主催事業は、日帰りのみである。しかし、非宿泊青少年教育施設は、近年行政改革等により、廃止されたか、公民館転用し施設もある。

※この「備考(非宿泊型の青少年教育施設)」の解説は、「公民館」の解説の一部です。
「備考(非宿泊型の青少年教育施設)」を含む「公民館」の記事については、「公民館」の概要を参照ください。


備考(パロディ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 09:54 UTC 版)

辛口ピーコのファッションチェック」の記事における「備考(パロディ)」の解説

日本テレビからもオファー受けたことがあったが、こちらは最終的にピーコ本人断った。 『2時のホント』が放送当時から、同じくフジテレビ放送されている『SMAP×SMAP』関西テレビ・フジテレビ共同制作の中で中居正広扮する「ヒーコ」による番組のパロディコント「10時ホント!?」を演じており、司会だった境・菊間登場している。『2時のホント終了後コーナー継続され菊間フジテレビ退社降板後はその座を平井理央2012年9月までフジテレビアナウンサー)が引き継いでいた(後にコーナー終了)。 MBSたかじんONEMAN』にて、本企画パロディ・「関西おばちゃんファッションチェック」が行なわれていたことがある

※この「備考(パロディ)」の解説は、「辛口ピーコのファッションチェック」の解説の一部です。
「備考(パロディ)」を含む「辛口ピーコのファッションチェック」の記事については、「辛口ピーコのファッションチェック」の概要を参照ください。


備考(西海放送~KBS全州第2ラジオの放送開始へ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 13:42 UTC 版)

KBS全州放送総局」の記事における「備考(西海放送KBS全州第2ラジオ放送開始へ)」の解説

ソウルTBC東洋放送ラジオ業務提携局で、群山市から放送されていたSBC西海放送(HLAS/675KHz)が、 言論統廃合により1980年11月30日放送最後に廃局KBS統合され翌日から「KBS群山放送局発足東洋放送統合して出来たチャンネルKBS第3放送現在のKBS第2ラジオHappyFM前身)をネットする「KBS群山ラジオ」として放開始その後群山局は全州局に統合後に第2ラジオFM移行により675kHzの周波数は、現在のKBS第3ラジオ・愛の声放送中継局となっている。

※この「備考(西海放送~KBS全州第2ラジオの放送開始へ)」の解説は、「KBS全州放送総局」の解説の一部です。
「備考(西海放送~KBS全州第2ラジオの放送開始へ)」を含む「KBS全州放送総局」の記事については、「KBS全州放送総局」の概要を参照ください。


備考(スーパーXIII)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:28 UTC 版)

スーパーX」の記事における「備考(スーパーXIII)」の解説

デザイン 決定デザイン西川伸司当初は脚本の「コウモリのような翼を持つ全翼機」という記述に基づいて翼の先端可動する全翼機として描かれていたが、機首スーパーXイメージ入れることとなり、翼のついたスーパーXという形状改められた。西川は、改定後も全翼機イメージを残すため機首短く描いていたが、実際の造形ではデザインよりも長くなっていたという。デジタルによって様々なカラーリング案が作られミリタリー色が強い深緑選ばれたビーム砲ミサイルランチャーミサイルポッドなど機体上部搭載され装備様々なアイデア提案された。 他に中野陽、岡本英郎スタジオOXなどによるデザイン案が存在する企画書段階ではGフォース最終兵器位置づけているものもあり、この設定に基づいて轟天号模したデザインのものも描かれている。 『ゴジラvsメカゴジラ』メカゴジラトランスポーターとしてデザインされていたメカが、後のスーパーXIII思わせるデザインであった川北は、冷凍レーザータンクともどもゴジラメルトダウン食い止めるための手段として冷凍砲を装備したメカ登場必然であった述べている。 造型 造形オガワモデリング小学館ゴジラVSデストロイア超全集』には、機体一部破損した態で三面写真掲載されており、作戦終了後撮影された旨が記述されている。 ドック ドックデザイン大澤哲三よる。鉄骨風のディテール大澤好みよるもので、隙間を作ることでカメラ位置取り照明で影を作るなどの効果出している。また、回転しながら上昇することで、様々なアングルから見せることができ、発進までの時間確保意図している。ホバリングできるという設定から、発進時格好良さを優先して射出後すぐに上昇する演出となった

※この「備考(スーパーXIII)」の解説は、「スーパーX」の解説の一部です。
「備考(スーパーXIII)」を含む「スーパーX」の記事については、「スーパーX」の概要を参照ください。


備考(YTE製作もしくは協力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:17 UTC 版)

MANPA」の記事における「備考(YTE製作もしくは協力)」の解説

2010年代以降は、読売テレビの子会社である読売テレビエンタープライズ(以下、YTE)が製作委員会もしくは協力として参加している作品もあるが(一部読売テレビ共同)、読売テレビでは作品自体放送しないケースがしばしば生じている。これらは主にUHFアニメとして、近畿地方ではサンテレビKBS京都いずれかもしくは両方)または朝日放送テレビABCアニメーション製作参加作品の場合)でネットされているが、中には近畿地方のどの放送局でも放送されないものもある(同様の事例TBS製作作品にも見られる)。 CHAOS;HEAD 近畿地方での放送なし(地上波はチバテレ・テレビ埼玉tvkTOKYO MXでの放送)。YTE製作委員会参加した初の作品てーきゅう 第1・2シリーズは、2015年4月期にサンテレビで遅れ放送第3シリーズ以降はサンテレビ同時期放送石田とあさくら 魔法少女大戦 ビキニ・ウォリアーズ セントールの悩み アニメガタリズ 伊藤潤二『コレクション』 チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜 終末のハーレム いずれも近畿地方での放送なし(かつ地上波TOKYO MXのみの放送)。 有頂天家族シリーズ 近畿地方では作品の舞台でもある京都府放送局KBS京都サンテレビ放送ヤマノススメ セカンドシーズン 近畿地方ではKBS京都放送され後にサンテレビにもネットされた(第1期YTE関与せず)。 毎度!浦安鉄筋家族 ありすorありす ISLAND 警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 無能なナナ EX-ARMエクスアーム さんかく窓の外側は夜 いずれも近畿地方ではサンテレビ放送錆色のアーマ-黎明- 近畿地方ではテレビ和歌山サンテレビ放送SERVAMP-サーヴァンプ- メ〜テレ企画協力近畿地方ではサンテレビ放送この世の果てで恋を唄う少女YU-NO ABCアニメーション・メ〜テレ製作委員会参加近畿地方では朝日放送テレビ水もん放送本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません (第1・2期) ABCアニメーション製作委員会参加近畿地方では朝日放送テレビアニサタ放送魔術士オーフェンはぐれ旅シリーズ 日本テレビ製作委員会参加近畿地方での放送なし(地上波TOKYO MXのみの放送)。 理系が恋に落ちたので証明してみた。シリーズ 北海道文化放送製作委員会参加近畿地方では毎日放送アニメ特区第1期)サンテレビ第2期)で放送継つぐもも 中京テレビ製作委員会参加近畿地方での放送なし(地上波TOKYO MX中京テレビ放送)。 憂国のモリアーティ 毎日放送製作委員会参加近畿地方では毎日放送アニメ特区放送

※この「備考(YTE製作もしくは協力)」の解説は、「MANPA」の解説の一部です。
「備考(YTE製作もしくは協力)」を含む「MANPA」の記事については、「MANPA」の概要を参照ください。


備考(テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 06:05 UTC 版)

サトラレ」の記事における「備考(テレビドラマ)」の解説

乳児用おむつに、提供スポンサーである花王の「メリーズではなく、なぜか王子ネピアの「ドレミ」を使用していた。 本放送終了後2005年12月25日から12月28日まで深夜3時から4時台に全10話再放送がされた。 2001年10月の『最後の家族以来本放送直前別途放送され番宣本作を以て2022年1月開始の『となりのチカラ番宣このあととなりのチカラ』まで19年3ヶ月中断する(更に関東ローカルとして放送)。 テレビ朝日系 木曜ドラマ前番組番組名番組眠れぬ夜を抱いて(2002.4.11 - 2002.6.27) サトラレ(2002.7.4 - 2002.9.12) 逮捕しちゃうぞ(2002.10.17 - 2002.12.12) テレビ朝日 木曜20:54 - 21:00このあと眠れぬ夜を抱いて このあとサトラレここまで番宣TOKYOサブリナ20:54 - 20:57都のかほり20:57 - 21:00 表 話 編 歴 テレビ朝日系列 木曜ドラマ21時台1990年以降1990年代前半 1990年川は泣いている 凪の光景 高円寺純情商店街 自由の丘に私が残った 美しい嘘つけますか 私を海まで流して 花ある季節 東京湾ブルース 女の敵は男の敵 冬の来る前に 1991年七人の女弁護士 芸者小春の華麗な冒険 外科病棟女医の事件ファイル 七人の女弁護士II 1992年真夜中は別の顔 女事件記者立花圭子 法医学教室の事件ファイル第1シリーズ大空港'92愛の旅立ち〜 1993年七人の女弁護士III セールスレディは何を見た 法医学教室の事件ファイル第2シリーズ女検事の捜査ファイル 1994年新空港物語 彼と彼女の事情 大家族ドラマ 嫁の出る幕 ママのベッドへいらっしゃい 1990年代後半 1995年味いちもんめ第1シリーズうちの母ですが… 外科医柊又三郎第1シリーズMissダイヤモンド 1996年味いちもんめ第2シリーズ炎の消防隊 小児病棟・命の季節 外科医柊又三郎第2シリーズ1997年流れ板七人 最高の食卓 ボディーガード 家政婦は見た! 1998年愛しすぎなくてよかった 凄絶!嫁姑戦争 羅刹の家 女教師 外科医・夏目三四郎 1999年ニュースキャスター 霞涼子 恋の奇跡 てっぺん 恋愛詐欺師 2000年代前半 2000年恋愛中毒 アナザヘヴンeclipseつぐみへ…〜小さな命を忘れない〜 スタイル! 2001年お前の諭吉が泣いている R-17 氷点2001 最後の家族 2002年婚外恋愛 眠れぬ夜を抱いて サトラレ 逮捕しちゃうぞ 2003年恋は戦い! 動物のお医者さん 菊次郎とさき第1シリーズ) TRICK3 2004年エースをねらえ! 電池が切れるまで 南くんの恋人 松本清張 黒革の手帖米倉涼子版) 2000年代後半 2005年富豪刑事 アタックNo.1 菊次郎とさき第2シリーズ熟年離婚 2006年けものみち 7人の女弁護士第1シリーズ下北サンデーズ だめんず・うぉ〜か〜 2007年エラいところに嫁いでしまった! ホテリアー 菊次郎とさき第3シリーズおいしいごはん 鎌倉・春日井米店 2008年交渉人〜THE NEGOTIATOR〜 7人の女弁護士第2シリーズ四つの嘘 小児救命 2009年特命係長 只野仁4thシーズン夜光の階段 ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜第2シリーズ2010年代前半 2010年エンゼルバンク転職代理人 同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 警視庁継続捜査班 ナサケの女〜国税局査察官〜 2011年告発〜国選弁護人 ハガネの女 season2 陽はまた昇る DOCTORS〜最強の名医〜 2012年聖なる怪物たち Wの悲劇 遺留捜査第2シーズンドクターX〜外科医・大門未知子〜第1期) 2013年おトメさん ダブルス〜二人の刑事 DOCTORS 2〜最強の名医ドクターX〜外科医・大門未知子〜第2期2014年緊急取調室FIRST SEASONBORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 ゼロの真実〜監察医・松本真央〜 ドクターX〜外科医・大門未知子〜第3期2010年代後半 2015年DOCTORS3〜最強の名医アイムホーム エイジハラスメント 遺産争族 2016年スペシャリスト グッドパートナー 無敵の弁護士 はじめまして、愛しています。 ドクターX〜外科医・大門未知子〜第4期) 2017年就活家族〜きっと、うまくいく〜 緊急取調室SECOND SEASON黒革の手帖武井咲版) ドクターX〜外科医・大門未知子〜第5期) 2018年BG〜身辺警護人〜 未解決の女 警視庁文書捜査官 ハゲタカ リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜 2019年ハケン占い師アタル 緊急取調室3rd SEASONサイン -法医学者 柚木貴志の事件- ドクターX〜外科医・大門未知子〜第6期2020年代前半 2020年ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜 BG〜身辺警護人〜第2章未解決の女 警視庁文書捜査官Season2七人の秘書 2021年にじいろカルテ 桜の塔 緊急取調室4th SEASONドクターX〜外科医・大門未知子〜第7期2022年となりのチカラ 未来への10カウント 六本木クラス

※この「備考(テレビドラマ)」の解説は、「サトラレ」の解説の一部です。
「備考(テレビドラマ)」を含む「サトラレ」の記事については、「サトラレ」の概要を参照ください。


備考(第2シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:47 UTC 版)

スティッチ!」の記事における「備考(第2シリーズ)」の解説

第2期では、イイコトカウンターの上昇と減少音声反応してスティッチが喋る番組連動ぬいぐるみ発売された。 「応援団長」にオセロ松嶋尚美就任し第2話でプリークリーの両親登場した際、母親声優担当した(なお、「〜シリーズ」の「フィバー」の回に登場した際は、プリークリーと同じ三ツ矢雄二が、第1シリーズでは新田万紀子担当していた)。 2009年最後の放送となった12月15日クリスマス1時間スペシャル2話一挙放送)が放送された(番組合間にはミッキーマウス仲間たち着ぐるみ東京ディズニーランド舞台特別出演した)。番組合間には、東京ディズニーリゾートパスポート東京ディズニーランドホテル宿泊券セット当たるプレゼントキーワードが発表され番組公式サイト応募が行われた。 2010年2月9日にはバレンタインスペシャルと題して二話連続一時間スペシャル放送しいずれもエンジェル登場する話が放送された。番組最後に放送されエピソード関連した電話プレゼントクイズが行われ、スティッチグッズ(ブライダルスティッチ&エンジェルぬいぐるみ)、スティッチCDプレイヤー、2ndOP『Rodeo star mateシングルCD)が視聴者プレゼントされた。 2010年1月にはディズニー・チャンネルでの放送サブタイトル付かずスティッチ!』として放送)が決定2009年12月12日には第1話未放送映像加えた特別編(ディレクターズカットバージョン)が先行放送され、DVDにも映像特典として収録された)。 放送開始前に一般視聴者から「キッズ部門」と「ファミリー部門」の二つ声優公募し合格者本人アフレコ担当2010年2月16日放送42話にホテルの宿泊客役として実名登場した2010年6月1日放送では、アニメ作品としては初め東京ディズニーランド舞台にしたエピソード放送されアニメ世界でスティッチ残した足跡放送翌日から同年8月31日まで実際に東京ディズニーランドペイントされた。

※この「備考(第2シリーズ)」の解説は、「スティッチ!」の解説の一部です。
「備考(第2シリーズ)」を含む「スティッチ!」の記事については、「スティッチ!」の概要を参照ください。


備考(第3シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:47 UTC 版)

スティッチ!」の記事における「備考(第3シリーズ)」の解説

オフィシャルサポーターとして子役濱田龍臣就任放送開始日当日の『スーパーJチャンネル』のエンディング濱田登場しテレビ朝日本社展示され巨大スティッチ人形バックスティッチ魅力伝えたまた、濱田10月12日放送67話で声優として特別出演した。 2010年8月3日放送時に東京ディズニーリゾートの1デーパスポートが当たプレゼントが行われた。 2010年8月17日放送され63話では、同局バラエティ番組シルシルミシル』とのコラボ企画として『AD堀くん』こと堀雅哉(『AD堀くん』とクレジット)が劇中クイズ番組ディレクター役で特別出演した(放送前週の8月11日放送分のシルシルミシルでは、アフレコの様子が放送された)。なお、シルシルミシル宣伝ならないようにする関係上、ディズニー・チャンネルでの放送では堀の出演シーンカットされた2010年8月31日9月7日放送時にはスティッチ生誕秘密に関すエピソード記念して、2週連続3組6名に2泊3日沖縄旅行プレゼントが行われた。 66話では、プリークリーが『リロ&スティッチ2』の出来事示唆する発言をしている。また、この話では『リロ&スティッチ2』に登場したフュージョンチェンバーが登場した2010年10月19日放送時にはスティッチ玩具当たプレゼントが行われた。 2010年11月16日放送分の71話では、俳優の谷原章介特別ゲストとして出演した放送後には、当時出演したドラマ霊能力者 小田霧響子の嘘』の番宣を顔出し行った2010年12月7日から12月21日の3週連続で、同時期公開されたディズニー映画トロン: レガシー』とのコラボレーション実施サブタイトル映像作中登場するパワードスーツ『トロンスーツ』を着たスティッチ登場し1週目では『トロン: レガシーの鑑賞券や関連グッズ当たプレゼント実施2011年1月25日放送で、『リロ・アンド・スティッチ』の主人公リロ登場したまた、先述たようにこの話で『リロ・アンド・スティッチ』と本作との関連性完全にまとまっている2011年6月19日には、未放送エピソードの『ヒーローはつらいよ』がディズニー・チャンネル放送された。

※この「備考(第3シリーズ)」の解説は、「スティッチ!」の解説の一部です。
「備考(第3シリーズ)」を含む「スティッチ!」の記事については、「スティッチ!」の概要を参照ください。


備考(新・俺たちの旅 Ver.1999)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:35 UTC 版)

俺たちの旅」の記事における「備考(新・俺たちの旅 Ver.1999)」の解説

2010年現在ソフト化されていない

※この「備考(新・俺たちの旅 Ver.1999)」の解説は、「俺たちの旅」の解説の一部です。
「備考(新・俺たちの旅 Ver.1999)」を含む「俺たちの旅」の記事については、「俺たちの旅」の概要を参照ください。


備考(主に旧版について)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 09:05 UTC 版)

ロストワールド (ゲームブック)」の記事における「備考(主に旧版について)」の解説

タイトル 表紙裏表紙には『アドベンチャーコンバットゲーム LOST WORLDS』と記載されているが、奥付には「LOST WORLDS」の文字はない(例、「アドベンチャーコンバットゲームシリーズ(1)剣士」。なお、本来は丸数字であるが、機種依存文字のためカッコ代用した)。 第1弾と第2弾の差異下の相違があるキャラクターシート 第1弾は、本体書籍)より横幅僅かに広く挟んだ場合はみ出る第2弾は、はみ出ない。 第1弾についても、第2版からは第2弾と同じサイズ修正されている。 DAZED(7ページ)の和訳 第1弾は「幻惑される」、第2弾は「目がくらむ」。 第1弾の『がいこつ男』第2版では「幻惑される」、『ゆうれい男』第3版では「目がくらむとなっている。 『恐竜』のみ、HEAD WOUND頭部負傷となっている。 女性戦士正式名称不明)の存在恐竜43ページ飛び去る)には、剣士小人闘士の他、女性戦士描かれている。 『レッドマジックカード』8「変身の術」にも、女性戦士描かれている。 本作品はイラスト構成されているが、人間写真撮影した作品もある。

※この「備考(主に旧版について)」の解説は、「ロストワールド (ゲームブック)」の解説の一部です。
「備考(主に旧版について)」を含む「ロストワールド (ゲームブック)」の記事については、「ロストワールド (ゲームブック)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「備考」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

備考

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 05:39 UTC 版)

名詞

(びこう)

  1. 参考としてつけくわえことがら

関連語


「備考」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



備考と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「備考」に関係したコラム

  • 株式のインターネット取引ができる証券会社の手数料比較

    2012年6月現在の株式のインターネット取引ができる証券会社の手数料の一覧です。以下の表は、約定代金が10万円以下の売買を行った時の1約定あたりの手数料です。なお、証券会社では1日の約定代金によって売...

  • 株式の単元未満株とは

    株式の単元未満株とは、株式の最低売買単位である1単元未満の株式のことです。1単元は銘柄ごとに異なりますが、100株や1000株であることが多いようです。1単元が100株の銘柄では、単元未満株は1株から...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「備考」の関連用語

備考のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



備考のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゆきねえの名古屋なごやか喫茶 (改訂履歴)、プルシリーズ (改訂履歴)、星界の戦旗 (改訂履歴)、サタデースクランブル (改訂履歴)、ストライクダガー (改訂履歴)、君のいる町 (改訂履歴)、モーニング娘。 (改訂履歴)、地獄先生ぬ〜べ〜 (改訂履歴)、シャイニングガンダム (改訂履歴)、スポーツ中継 (改訂履歴)、ハヤテのごとく! (アニメ) (改訂履歴)、長いお別れ (改訂履歴)、GANTZ (改訂履歴)、公民館 (改訂履歴)、辛口ピーコのファッションチェック (改訂履歴)、KBS全州放送総局 (改訂履歴)、スーパーX (改訂履歴)、MANPA (改訂履歴)、サトラレ (改訂履歴)、スティッチ! (改訂履歴)、俺たちの旅 (改訂履歴)、ロストワールド (ゲームブック) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの備考 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS