パロディとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > パロディの意味・解説 

パロディ parody

衆知作品や有名作品の表現誇張したり、もじったり、模倣したりなどして、面白くつくり替えものをいう

パロディ

作者遠藤周作

収載図書遠藤周作文学全集 6 短篇小説
出版社新潮社
刊行年月1999.10


パロディ

名前 Parodi

パロディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 04:07 UTC 版)

パロディ英語: parodyギリシア語: παρωδία)とは、他者によって創作された文学音楽美術演説などを模倣し、意図的にユーモア皮肉を付け加えて作り替えられた作品、あるいは作り替える行為そのものを指す。


  1. ^ 実際に手塚側がディズニーを相手に訴訟を計画するも、断念した経緯がある[20]
  2. ^ 用語の初出はドーキンズ著『利己的遺伝子』(1976年) である[41][42]
  3. ^ 『蛙鼠合戦』の創作年は断定されていないが、ヘレニズム時代後期が有力説である[57]
  4. ^ なお『イーリアス』の作者はホメーロスとするのが通説であるが、ホメーロスは複数の人物であり、また執筆されたのも従前から考えられていた時代よりも1000年ほど前ではないかとの説がある[60]
  5. ^ プラウトゥスは古代ギリシャ劇を一部下敷きにして作品を生み出し、ラテン語で綴った古代ローマ喜劇の時代を象徴した人物とされる[63]
  6. ^ 10選にランクインしたのはグラント・ウッド作『アメリカン・ゴシック』、レオナルド・ダ・ヴィンチ作『モナ・リザ』、葛飾北斎作「神奈川沖浪裏」(『富嶽三十六景』の1枚)、サンドロ・ボッティチェッリ作『ヴィーナスの誕生』、レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』、ヨハネス・フェルメール作『真珠の耳飾りの少女』、エドヴァルド・ムンク作『叫び』、オーギュスト・ロダン作『考える人』、フィンセント・ファン・ゴッホ作『星月夜』、エドワード・ホッパー作『ナイトホークス』である[76]
  7. ^ 当時は1929年からの世界恐慌によってドイツ経済も疲弊し[77]、政治的にもナチスが台頭して国粋主義化 (反ユダヤ感情とドイツ至上主義) が進行した[17]。このような閉塞感の中、マンは1932年にアメリカ合衆国に亡命して[16]、パロディ作品を創作している。
  8. ^ ベルヌ条約の加盟国数は、1886年の原条約が179か国[92]、1971年の第6回パリ改正版が177か国に上る[93]
  9. ^ 2012年3月公表の文化庁委託事業調査報告書上で、イギリスおよびカナダは条文上でパロディが明文化されていない国に分類されているが[96]、その後2014年10月にイギリスは著作権法を改正し、第30A条でカリカチュア、パロディ、パスティーシュの3点を例外として明文化している[7]。また、カナダでは2012年11月に改正立法が成立し、著作権法 第29条 (フェアディーリング英語版) にパロディおよび風刺が追加明記された[97][98]
  10. ^ 米国のように商標の保護が不正競争法から発達してきた国もある。ビジネス上の信用を得るために他社・他者の商標を用いることは公正な競争を損ねることからこれを防止する目的があるほか、消費者が商標からその商品・サービスの性格・質を識別できることを商標制度の目的としている[101]
  11. ^ 著作権法上のフェアユースは4点の基準で構成されるが、商標法上のフェアユースは2点である。(1)「古典的フェアユース[107]」(classic fair use) あるいは「記述的フェアユース[108]」は、他社 (原告) の商標マークを使ったのではなく、自社 (被告) 自身の商品・サービスそのものを指し示すために商標を使ったとする抗弁である[107]。これに対して (2)「指名的フェアユース」(nominative fair use) は他社 (原告) の商品・サービスを参照するために用いるケースである。競合製品と自社製品を比較した広告や、報道・批評目的、あるいは非商用目的が指名的フェアユースとして一部の判例で認められている[107]
  12. ^ 後述の Louis Vuitton Malletier, S.A. v. My Other Bag, Inc. (2014年提訴) 以前にも Louis Vuitton Malletier S.A. v. Haute Diggity Dog, LLC, 507 F.3d 252, 258 (4th Cir. 2007) で敗訴となっている[107]。また実際に訴訟には至らなかったものの、ペンシルベニア大学が開催した商標法のシンポジウムで、当イベントの告知ポスターにルイ・ヴィトンの商標パロディが掲載されたことを受けて、大学側を提訴すると脅した事例もある[87]
  13. ^ 原文は "This is a joke. I understand you don't get the joke. But it's a joke" である[107]
  14. ^ : Dumb は「ばかな、まぬけな」の意味があり[123]、このパロディ店名はいわば「ばかスタバ」である[121]
  15. ^ ネイサン・フォー・ユー』は、中小企業経営者に酷い経営助言を行うリアリティ・コメディ番組であり[122]、同番組の第2シーズン第5話は「Dumb Starbucks英語版」と題され、同年7月 (閉店から5か月後) にテレビ放送された[125]
  16. ^ 欧州司法裁判所の判決文では、フラームス・ベランフは極右政党 (Vlaams Belang, a party of the far right) であると記されている[127]
  17. ^ 2つの絵に共通点が多いことから、カレンダーを受け取った一部の人は、カレンダーがコミック本の出版社から贈呈されたものと勘違いしたと証言している[127]
  18. ^ アズハリはシリアの都市ホムス出身[152]
  1. ^ Jansson, Niklas (2016年3月18日). “The Flying Spaghetti Monster”. 2020年10月4日閲覧。 “I hereby (18 March 2016) release my FSM paintings into Public Domain.”
  2. ^ a b parody”. Cambridge Dictionary. ケンブリッジ大学出版会. 2020年10月4日閲覧。
  3. ^ parody”. Merriam-Webster. 2020年10月4日閲覧。
  4. ^ a b parody”. Collins English Dictionary – Complete and Unabridged, 12th Edition 2014 (HarperCollins Publishers). The Free Dictonary. 2020年10月4日閲覧。
  5. ^ self-parody”. Merriam-Webster. 2020年10月4日閲覧。
  6. ^ self-parody”. Collins English Dictionary. ハーパーコリンズ. 2020年10月4日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k Lagarde, Laetitia (Baker & McKenzie LLP 弁護士); Ang, Carolyn (Baker & McKenzie LLP 弁護士) (24 May 2016). "Parody in the UK and France: defined by humour?" [イギリスとフランスにおけるパロディ: ユーモアが線引き基準となるか?] (英語). Thomson Reuters. 2020年10月4日閲覧
  8. ^ a b Directive 2001/29/EC of the European Parliament and of the Council of 22 May 2001 on the harmonisation of certain aspects of copyright and related rights in the information society” [2001年5月22日に成立した情報化社会における著作権ならびに著作隣接権の調和に関する欧州議会および欧州連合理事会の指令] (英語). 欧州連合官報 (Document 32001L0029). EUR-Lex (2001年6月22日). 2020年10月4日閲覧。 “Article 5 Exceptions and limitations | 3. Member States may provide for exceptions or limitations to the rights provided for in Articles 2 and 3 in the following cases: | (k) use for the purpose of caricature, parody or pastiche; (抄訳: 第5条 - 例外・制限規定、第3項 - EU加盟国は第2条および第3条に則って以下に該当する利用は著作権者に認められる排他的権利が排除ないし制限されることとする... (中略) 第(k) 号 - カリカチュア (風刺画)、パロディないしパスティーシュ (模倣)。)”
  9. ^ Lelièvre 1954, pp. 66–67.
  10. ^ Dentith 2000, p. 10.
  11. ^ a b c 文化庁パロディ報告書 2013, pp. 2–3.
  12. ^ 文化庁パロディ報告書 2013, p. 2--リンダ・ハッチオン著、辻麻子訳『パロディの理論』(未来社、1993年) p.16 の孫引き
  13. ^ a b c Hutcheon, Linda (1978). “Parody Without Ridicule: Observations on Modern Literary Parody” (英語). The Canadian Review of Comparative Literature (Canadian Comparative Literature Association (アルバータ大学図書館英語版経由の発行)) 5 (2): 201-211. ISSN 1913-9659. https://journals.library.ualberta.ca/crcl/index.php/crcl/article/view/2353. 
  14. ^ a b c Hutcheon 2000, p. 30.
  15. ^ a b c 尾方一郎 (一橋大学教授・ドイツ文学)「モンタージュとパロディ――トーマス・マンの「真面目な冗談」について――」『一橋論叢』第115巻第3号、1996年3月、 652-667頁。
  16. ^ a b c トーマス マン”. 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊). コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  17. ^ a b c d 下程 2010, p. 132.
  18. ^ a b c d Segrest, Colt Brazill (translator); Arbor, Ann (translator). "Parody". The Encyclopedia of Diderot & d'Alembert (Collaborative Translation Project). ミシガン大学図書館. 2020年10月4日閲覧Originally published as "Parodie," Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers, 12:73–74 (Paris, 1765)
  19. ^ a b c d 時実 2016, p. 11.
  20. ^ a b 時実 2016, p. 12.
  21. ^ 時実 2016, pp. 10–11.
  22. ^ homage”. Merriam-Webster. 2020年10月4日閲覧。
  23. ^ self-parody”. Collins English Dictionary. ハーパーコリンズ. 2020年10月4日閲覧。
  24. ^ a b 新井信昭 (知財コミュニケーション研究所代表、弁理士) (2017年11月21日). “パクリ商標 | パクリは創造の扉? 絶対悪と限らず”. 日経BizGate. 日本経済新聞社. 2020年10月4日閲覧。
  25. ^ 時実 2016, p. 116.
  26. ^ 時実 2016, p. 20.
  27. ^ 時実 2016, pp. 115–116--盗作、オマージュ、パロディの一般的な相違点の定義ではなく、あくまで筆者・時実の見解として紹介されている。
  28. ^ a b c 白鳥 2004, pp. 224–225.
  29. ^ Why is parody considered fair use but satire isn't?” [なぜパロディはフェアユースなのに風刺は違うのか?] (英語). 米国著作権連盟英語版. 2020年10月19日閲覧。
  30. ^ MURCパロディ報告書 2012, p. 8.
  31. ^ モンタージュ”. 小学館 デジタル大辞泉、および平凡社 百科事典マイペディア. コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  32. ^ モンタージュ写真”. 小学館 日本大百科全書 (ニッポニカ). コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  33. ^ a b c 作花 2018, p. 876.
  34. ^ a b c 最高裁判所判例集 | 事件番号 昭和51(オ)923 | 裁判年月日 昭和55年3月28日 | 判例集等巻・号・頁 民集 第34巻3号244頁”. 日本国裁判所. 2020年10月4日閲覧。
  35. ^ a b c 環昌一 (最高裁判所第三小法廷 裁判長裁判官); 江里口清雄 (裁判官); 横井大三 (裁判官). 主文 原判決を破棄する。本件を東京高等裁判所に差し戻す。 (Report). 日本国裁判所. https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/283/053283_hanrei.pdf 2020年10月4日閲覧。. 
  36. ^ a b UKIPO 2013, p. 3.
  37. ^ Thompson, J.W.M. (Books Literature) (2010年4月27日). “Close to the Bone | The Oxford Book of Parodies by John Gross” [迫真に迫る | ジョン・グロス著『The Oxford Book of Parodies』書評] (英語). Standpoint. 2020年10月19日閲覧。
  38. ^ “[著作権保護の例外規定: クリエイターおよび著作権者向けガイダンス]” (英語) Exceptions to copyright: Guidance for creators and copyright owners (Report). イギリス知的財産庁. (2014-10). p. 6. https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/448274/Exceptions_to_copyright_-_Guidance_for_creators_and_copyright_owners.pdf. 
  39. ^ a b meme”. Merriam-Webster. 2020年10月19日閲覧。
  40. ^ a b c Wiggins, Bradley E. (2019-02-25). The Discursive Power of Memes in Digital Culture: Ideology, Semiotics, and Intertextuality. Taylor & Francis. p. 27. ISBN 978-0-429-96049-9. https://books.google.com/books?id=XpCKDwAAQBAJ&pg=PT27 
  41. ^ Pallardy, Richard. “Richard Dawkins | British biologist and writer” [リチャード・ドーキンズ | イギリスの生物学者・著述家] (英語). ブリタニカ国際大百科事典. 2020年10月19日閲覧。
  42. ^ Jordan, Mark A. “What's in a Meme?” [ミーム解説] (英語). リチャード・ドーキンズ財団英語版. 2020年10月19日閲覧。
  43. ^ Kleinman, Zoey (2019年3月26日). “Article 13: Memes exempt as EU backs controversial copyright law” [物議を醸したDSM著作権指令がEU通過、第13条上でインターネットミームは免責に] (英語). BBC News Japan. 2019年9月18日閲覧。
  44. ^ Hamilton, Isobel Asher (2019年3月26日). “Your memes are safe, but these are the other fiercely opposed changes Europe is making to the internet” [ユーザ主導のインターネットミームは免責されるも、インターネット利用に関する新たな改革が痛烈な避難の的に] (英語). Business Insider. 2019年9月18日閲覧。
  45. ^ a b バーレスク”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、および平凡社 百科事典マイペディア. コトバンク. 2020年10月13日閲覧。
  46. ^ a b c d e Lelièvre 1954, p. 66.
  47. ^ Dentith 2000, p. 11.
  48. ^ a b エウリピデス”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  49. ^ a b 丹下和彦 (関西外国語大学外国語学部). “4番目の劇--エウリピデス『アルケスティス』考”. CiNii. 2020年10月4日閲覧。 “サテュロス劇とは、山野の精サテュロスが合唱隊に扮して幾分品の悪い下ネタで笑いを取る短い笑劇”
  50. ^ サテュロス”. 平凡社世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  51. ^ Dentith 2000, p. 39.
  52. ^ アリストファネス”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2020年10月4日閲覧。 “喜劇を通じて反戦論を唱え...(中略)...個人風刺とパロディ―風な表現を自由に行った。”
  53. ^ Dentith 2000, pp. 10, 39.
  54. ^ a b Arnott, Geoffrey (2015年12月). “Hegemon, of Thasos”. Oxford Classical Dictionary. オックスフォード大学出版会. 2020年10月19日閲覧。
  55. ^ 北野雅弘「アリストテレス『詩学』訳および注釈(1) : 1~3章」『群馬県立女子大学紀要』第36号、群馬県立女子大学、2015年2月、 85-101頁、 ISSN 0285-9432NAID 120006472517
  56. ^ Poetics By Aristotle | Written 350 B.C.E”. The Internet Classics Archive. マサチューセッツ工科大学. 2020年10月19日閲覧。 “Part II...Homer, for example, makes men better than they are; Cleophon as they are; Hegemon the Thasian, the inventor of parodies, and Nicochares, the author of the Deiliad, worse than they are... (抄訳: 例えばホメーロスは人々をより良く描き、クレオフォンはありのまま描き、パロディの発明者たるタロスのヘゲモンや『デイリアーダ』の著者ニコカレスはより劣った形で描いた。)”
  57. ^ a b Batrachomyomachia”. Oxford Classical Dictionary. オックスフォード大学出版会. 2020年10月4日閲覧。
  58. ^ a b Dentith 2000, pp. 10, 40.
  59. ^ Segrest, Colt Brazill (translator); Arbor, Ann (translator). "Burlesque". The Encyclopedia of Diderot & d'Alembert (Collaborative Translation Project). ミシガン大学図書館. 2020年10月13日閲覧Originally published as "Burlesque," Encyclopédie ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers, 2:467–468 (Paris, 1752)
  60. ^ Worral, Simon (2015年1月3日). “Author Says a Whole Culture — Not a Single 'Homer' — Wrote 'Iliad,' 'Odyssey' | "It's a mistake to think of Homer as a person," says the author of Why Homer Matters.” [『Why Homer Matters』の著者が語る、『イーリアス』を執筆したホメーロスは一人の人物ではないとの説] (英語). Book Talk (著者インタビュー) シリーズ. ナショナルジオグラフィック. 2020年10月4日閲覧。
  61. ^ a b Dentith 2000, p. 40.
  62. ^ Hunter, Richard. “Eubulus (2), Middle Comedy poet”. Oxford Classical Dictionary. オックスフォード大学出版会. 2020年10月4日閲覧。
  63. ^ Plautus | Roman dramatist” [プラウトゥス | ローマの劇作家] (英語). ブリタニカ百科事典. 2020年10月4日閲覧。
  64. ^ Lelièvre 1954, p. 68.
  65. ^ もじり”. 平凡社世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  66. ^ a b 武藤禎夫『江戸のパロディ もじり百人一首を読む』東京堂出版、1998年。ISBN 9784490203660
  67. ^ 時実 2016, p. 127.
  68. ^ a b 狂歌”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2020年10月4日閲覧。
  69. ^ a b Rybin, Viktor V.「狂歌を弁護して」『日本文化の解釈 : ロシアと日本からの視点 (シリーズ: ロシア・シンポジウム 2007)』、国際日本文化研究センター、2009年12月15日、 77-85頁、 doi:10.15055/00001342ISSN 09152822
  70. ^ a b Konnikova, Maria (2014年12月10日). “Excuse Me While I Kiss This Guy” [この男にキスしている間は邪魔しないで] (英語). The New Yorker. 2020年10月4日閲覧。 “One of the reasons that "Excuse me while I kiss this guy" substituted for Jimi Hendrix's "Excuse me while I kiss the sky" remains one of the most widely reported mondegreens of all time can be explained in part by frequency. (抄訳: ジミー・ヘンドリックスの名曲 "Excuse me while I kiss the sky" を "Excuse me while I kiss this guy" に聞き間違えたとする人は多いことから、モンデグリーンの典型例として挙げられるが、これはキスする対象が空 (the sky) ではなくこの男 (this guy) の方が実際によく耳にすることが要因の一つであろう。)”
  71. ^ mondegreen”. Merriam-Webster. 2020年10月4日閲覧。
  72. ^ Meyers, Michelle (2008年7月8日). “ウェブスターの英語辞典、約100語が追加に--多くのIT用語も登場”. CNET. 2020年10月13日閲覧。
  73. ^ a b 三間英樹「「空耳アワー」にみる音の類似と弁別素性」『神戸市外国語大学外国学研究』第87巻、神戸市外国語大学、2015年3月1日、 19-34頁、 ISSN 02899256
  74. ^ The chronology of Las Meninas of Picasso” [ピカソ作『ラス・メニーナス』の連作] (英語). El Blog del Museu Picasso de Barcelona (ピカソ美術館公式ブログ). ピカソ美術館 (2015年8月13日). 2020年10月13日閲覧。 “The series is made up of 58 works: 45 interpretations of the work Las Meninas by Velázquez... (抄訳: この連作は計58点で構成されており、うち45点はベラスケス作『ラス・メニーナス』を独自解釈して翻案されたものである)”
  75. ^ International American Studies Association. World Congress (2005). How Far is America from Here?: Selected Proceedings of the First World Congress of the International American Studies Association, 22-24 May 2003. Haen, Theo d'.; Kadir, Djelal; Zamora, Lois Parkinson (ed.). Rodopi. p. 293. ISBN 90-420-1756-2. https://books.google.com/books?id=_NDzP2fgvUoC&pg=PA293 
  76. ^ Sheen, Annabel (2017年3月31日). “10 of the most parodied artworks of all time” [時代を超えて最もパロディ化された芸術作品 10選] (英語). ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ. 2020年10月13日閲覧。
  77. ^ 下程 2010, p. 131.
  78. ^ Hutcheon 2000, p. 29.
  79. ^ 下程 2010, p. 134.
  80. ^ 物真似”. 小学館 日本大百科全書 (ニッポニカ). コトバンク. 2020年10月19日閲覧。
  81. ^ 69th Emmy Awards Nominees and Winners | Outstanding Supporting Actor in a Comedy Series - 2017” [第69回エミー賞候補者および受賞者 | コメディ・シリーズ部門助演男優賞] (英語). テレビ芸術科学アカデミー. 2020年10月19日閲覧。
  82. ^ MURCパロディ報告書 2012, p. 51.
  83. ^ a b イグノーベル賞”. 日本大百科全書(ニッポニカ). ジャパンナレッジ. 2020年10月4日閲覧。
  84. ^ a b 時実 2016, pp. 133–135.
  85. ^ a b c 伊藤 2013, p. 4.
  86. ^ a b c d e UIC 2015, p. 147.
  87. ^ a b c d Frankel, Alison (2018年1月12日). “Louis Vuitton spared from fee-shifting in 'obvious' parody case; appeal expected” [ルイ・ヴィトンは明らかにパロディと分かり切った訴訟で被告側から訴訟費用の賠償を求められるも逃げ切った] (英語). ロイター通信. 2020年10月29日閲覧。
  88. ^ a b MURCパロディ報告書 2012, p. 1.
  89. ^ 作花 2018, p. 104.
  90. ^ 作花 2018, p. 274.
  91. ^ a b 作花 2018, pp. 229–230.
  92. ^ Contracting Parties > Berne Convention (Total Contracting Parties : 179)” [ベルヌ条約 原条約加盟国数: 179 (閲覧時点)] (英語). WIPO. 2020年10月19日閲覧。
  93. ^ Contracting Parties > Berne Convention > Paris Act (1971) (Total Contracting Parties : 190)” [ベルヌ条約 1971年パリ改正版加盟国数: 190 (閲覧時点)] (英語). WIPO. 2020年10月19日閲覧。 “システムエラーにより13か国がダブルカウントされているため、正確には閲覧時点の加盟国数は177か国である。”
  94. ^ MURCパロディ報告書 2012, p. 30.
  95. ^ MURCパロディ報告書 2012, pp. 1, 6, 33, 47, 83.
  96. ^ a b c d MURCパロディ報告書 2012, pp. 94–95.
  97. ^ Copyright Act (R.S.C., 1985, c. C-42) | PART III Infringement of Copyright and Moral Rights and Exceptions to Infringement (continued) | Fair Dealing” [著作権法 (R.S.C., 1985, c. C-42) | パート3 著作権および著作者人格権侵害と例外規定 | フェアディーリング] (英語). Justice Laws Website. カナダ政府. 2020年10月19日閲覧。 “29 Fair dealing for the purpose of research, private study, education, parody or satire does not infringe copyright. ...(中略)... s. 18 2012, c. 20, s. 21 (抄訳: 第29条 研究、私的学習、教育、パロディまたは風刺を目的としたフェアディーリングは著作権侵害に該当しない。...(中略)... 2012年改正)”
  98. ^ Copyright Act Version of section 29 from 2002-12-31 to 2012-11-06” [著作権法 第29条 2002年12月31日から2012年11月6日時点版] (英語). Justice Laws Website. カナダ政府. 2020年10月19日閲覧。 “29 Fair dealing for the purpose of research or private study does not infringe copyright. (抄訳: 第29条 研究または私的学習を目的としたフェアディーリングは著作権侵害に該当しない。)”
  99. ^ 商標制度の概要”. 特許庁 (2019年5月20日). 2020年10月19日閲覧。
  100. ^ 井手李咲 (知的財産研究所特別研究員)「17 商標法と消費者保護 -日本・中国・韓国の標識制度の比較研究を中心に-」『知財研紀要』第21巻、一般財団法人 知的財産研究教育財団、2012年、 17-1頁。
  101. ^ 白鳥 2004, pp. 17–18.
  102. ^ Colombet, Claude (クロード・コロンベ)『著作権と隣接権』宮澤溥明訳、第一書房、1990年5月25日(原著1988年)。ISBN 978-4-8042-0001-9
  103. ^ UIC 2015, pp. 145–146.
  104. ^ a b 山本 2008, pp. 113–115.
  105. ^ Glossary | Lanham Trademark Act (Lanham Act)” [用語 | ランハム商標法 (ランハム法)] (英語). Practical Law. Thomson Reuters. 2020年10月29日閲覧。
  106. ^ a b c UIC 2015, p. 146.
  107. ^ a b c d e f Kobulnick, Jeffrey A.; Bernet, Michael A. (2017). “Parody Products: When Should Brand Owners "Smile or Laugh" and When Should They Sue? [パロディ商品: ブランドオーナーはいつニコっと笑い、いつ提訴すべきか?]”. Landslide (アメリカ法曹協会 (ABA)) 9 (6 (July/August 2017)). https://www.americanbar.org/groups/intellectual_property_law/publications/landslide/2016-17/july-august/parody-products-when-should-brand-owners-smile-or-laugh-and-when-should-they-sue/. 
  108. ^ 平澤卓人「表現規制としての標識法とその憲法的統制(1)」『知的財産法政策学研究』第50号、北海道大学大学院法学研究科, 北海道大学情報法政策学研究センター、2018年4月、 61-122頁、 ISSN 1880-2982NAID 120006471017
  109. ^ a b Luther Campbell (声、本人解説、別名: Luke Skyywalker); Jim Fitzgerald (クリエイティブ・ディレクター); Adam Vohlidka (クリエイティブ・ディレクター); Scott Padden (脚本); Orlando Lima (エグゼクティブ・プロデューサー) (2016年7月7日). “[2 Live Crewのルーサー・キャンベルが最高裁の歴史的パロディ判決を解説 | ヒップホップ称賛シリーズ]” (英語). Luther Campbell of 2 Live Crew's Historic Supreme Court Parody Case | Hip Hop Honors (ケーブルテレビ番組のYouTubeへの転載). VH1.. 該当時間: 0分45秒以降 
  110. ^ 作花 2018, pp. 853–855, 875.
  111. ^ MURCパロディ報告書 2012, p. 6.
  112. ^ Savage, David G. (1993年11月9日). “Parody a 'Big Hairy' Mess for Courts : When 2 Live Crew redid 'Oh, Pretty Woman,' it raised hackles. But judges have had a tough time drawing the line between humor, piracy.” [「デカい髪形」のパロディ惨事訴訟: 2 Live Crewによる 'Oh, Pretty Woman' のリメイクが怒りを呼ぶ。判事らはユーモアと海賊版の線引きに苦悩す] (英語). Los Angeles Times. 2020年10月3日閲覧。 “...the pretty woman turns out to be "a big hairy woman."...sold 248,000 copies by early 1990 (抄訳: プリティーウーマンが「ビッグヘアリーウーマン」(デカい髪形の女性)に。パロディ曲を収録したアルバムは1990年初旬には24万8000枚のセールスを記録した)”
  113. ^ Campbell v. Acuff-Rose Music, Inc., 510 U.S. 569 (1994)
  114. ^ 作花 2018, p. 875.
  115. ^ Summaries of Fair Use Cases” [フェアユース関連訴訟の概要] (英語). "Getting Permission" by Richard Stim (October 2016). スタンフォード大学図書館. 2020年10月19日閲覧。
  116. ^ 山本 2008, pp. 123–124.
  117. ^ MURCパロディ報告書 2012, pp. 11–12.
  118. ^ a b Dr. Seuss Enters., LP v. Penguin Books USA, Inc., 109 F.3d 1394 (9th Cir. 1997) (PDF)” [ドクター・スース対ペンギン・ブックス裁判, 109 F.3d 1394 (1997年 第9巡回区控訴裁判所判決)] (英語). アメリカ合衆国著作権局. 2020年10月19日閲覧。
  119. ^ Hays, Kali (2017年7月21日). “「ルイ・ヴィトン」のパロディーブランド訴訟 最高裁へ”. Women's Wear Daily英語版 (WWD Japan). 2020年10月29日閲覧。
  120. ^ UIC 2015, p. 159.
  121. ^ a b c d Crow, Jonathan (2014年2月10日). “スターバックスのデザインを拝借した「Dumb Starbucks」がロスにオープン”. Gigazine. 2020年10月29日閲覧。
  122. ^ a b Borodkin, Lisa (2014年2月12日). “Dumb Starbucks was the perfect crime, but Starbucks was smart to play dumb” [Dumb Starbucksは完璧に計画された犯罪であり、スターバックス社の賢人たちは馬鹿なまねをした] (英語). The Guardian. 2020年10月29日閲覧。
  123. ^ dumb とは”. 小学館 プログレッシブ英和中辞典. goo辞典. 2020年10月29日閲覧。
  124. ^ UIC 2015, p. 145.
  125. ^ Nathan For You | Dumb Starbucks | Season 2 Ep 5”. Comedy Central. Viacom. 2020年10月29日閲覧。
  126. ^ UIC 2015, pp. 145, 147.
  127. ^ a b c d e f Opinion of Mr Advocate General Cruz Villalón delivered on 22 May 2014. Johan Deckmyn and Vrijheidsfonds VZW v Helena Vandersteen and Others.” [Cruz Villalón判事による2014年5月22日判決。Johan Deckmyn および Vrijheidsfonds VZW 対 Helena Vandersteen 他裁判] (英語). Court Reports - general (裁判所関連資料全般). EUR-Lex (2014年5月22日). 2020年10月4日閲覧。
  128. ^ a b c 作花 2018, pp. 873–874.
  129. ^ a b Deckmyn v. Vandersteen”. Global Freedom of Expression. コロンビア大学. 2020年10月19日閲覧。
  130. ^ Loi no 122, Chapitre II : Droits patrimoniaux (第2章 第2節: 財産的権利 (著作財産権)、第122条)
  131. ^ 外国著作権法令集(55)—フランス編—”. 公益社団法人著作権情報センター (CRIC) (2018年3月). 2020年10月19日閲覧。 “この翻訳は、フランス政府のウェブサイトから2017年6月21日に入手したフランス著作権法(知的所有権法典(Code de la Propriété Intellectuelle):第1部)の最新版を翻訳したものである。”
  132. ^ 時実 2016, pp. 122–124.
  133. ^ MURCパロディ報告書 2012, pp. 50–51.
  134. ^ Edgington, Tom (2020年9月23日). “Brexit: All you need to know about the UK leaving the EU” [ブレグジット: イギリスのEU離脱について知るべき全容] (英語). BBC. 2020年10月19日閲覧。
  135. ^ Copyright, Designs and Patents Act 1988 | Section 30A | Caricature, parody or pastiche” [1988年著作権、意匠及び特許法 | 第30A条 | カリカチュア、パロディまたはパスティーシュ] (英語). legislation.gov.uk. イギリス国立公文書館. 2020年10月19日閲覧。 “Text amendment: S. 30A inserted (1.10.2014) by The Copyright and Rights in Performances (Quotation and Parody) Regulations 2014 (S.I. 2014/2356), regs. 1, 5(1) (抄訳: 第30A条は著作権法を改正する規制による、2014年10月1日に新設された条項である。)”
  136. ^ a b MURCパロディ報告書 2012, p. 34.
  137. ^ a b c d e f g Groves, Peter (1997-05). Sourcebook on Intellectual Property Law. Cavendish Publishing. ISBN 978-1-84314-292-8. https://books.google.com/books?id=aQ92HZvLshwC&pg=PA412 
  138. ^ a b MURCパロディ報告書 2012, pp. 35–36.
  139. ^ a b MURCパロディ報告書 2012, p. 35.
  140. ^ 時実 2016, p. 126.
  141. ^ 高度経済成長”. 平凡社 百科事典マイペディア. コトバンク. 2020年10月29日閲覧。
  142. ^ a b c d e 時実 2016, p. 13.
  143. ^ 1.調査の概要 (ページの先頭)”. 文部科学省 (2008年3月21日). 2020年10月29日閲覧。 “「本調査研究は、平成19年9月~平成20年3月に実施した。」”
  144. ^ a b c 4.4.権利制限規定の見直しについて”. 文部科学省 (2008年3月21日). 2020年10月29日閲覧。 “「日本法にはパロディの規定がないため、著作権法第32条1項(注1)の引用で解釈する説もあるが、それも難しく...(略)」”
  145. ^ 金子寛人 (電子報道部所属) (2012年6月7日). “著作権法に「パロディー」規定検討へ 文化審小委”. 日本経済新聞. 2020年10月29日閲覧。
  146. ^ 飯塚 2015, p. 75.
  147. ^ 飯塚 2015, p. 74.
  148. ^ 飯塚 2015, p. 76.
  149. ^ 「同人二次創作と著作権」『著作権・著作隣接権論文集. 第2回』著作権情報センター、1999年、62頁。
  150. ^ a b c 竹内健太 (文教科学委員会調査室所属) (2017-03). “国際的な制度調和に向けた著作権法改正 ― TPP関連法の著作権分野における国会論議 ―”. 立法と調査 (参議院事務局企画調整室) (386): 49-56. https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2017pdf/20170301049.pdf. 
  151. ^ 村上万純 (日本弁理士会・大沼加寿子へのインタビュー) (2019年1月17日). “著作権法改正で何が起きる? コミケ、二次創作の行方は 弁理士がポイントを解説”. ITMedia. 2020年10月29日閲覧。
  152. ^ Profile: Khaldon Azhari, Pan Orient News” [経歴: カルドン・アズハリ パンオリエント・ニュース社] (英語). 日本外国特派員協会. 2020年10月29日閲覧。
  153. ^ 西村奈緒美、荒ちひろ、赤田康和 (2020年5月28日). “五輪のコロナエンブレム、風刺か著作権侵害か 線引きは”. 朝日新聞. 2020年10月29日閲覧。
  154. ^ a b 伊藤 2013, p. 6.
  155. ^ a b 時実 2016, pp. 117–118.
  156. ^ a b 時実 2016, p. 119.
  157. ^ a b 伊藤 2013, p. 7.
  158. ^ 作花 2018, pp. 331 (注2), 325.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パロディ」の関連用語

パロディのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パロディのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパロディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS