ナッシュビルとは? わかりやすく解説

ナッシュビル【Nashville】


ナッシュビル

原題:Nashville
製作国:アメリカ
製作年:1975
配給:パラマウント映画CIC配給
スタッフ
監督:Robert Altman ロバート・アルトマン
製作:Robert Altman ロバート・アルトマン
脚本:Joan Tewkesbury ジョーン・テュークスベリー
撮影:Paul Lohmann ポール・ローマン
音楽:Richard Baskin リチャード・バスキン
編集:Sid Levin シド・レヴィン

Dennis Hill デニス・ヒル
字幕:高瀬鎮夫 タカセシズオ
キャスト(役名
David Arkin デイヴィッド・アーキン (Norman
Barbara Baxley バーバラ・バクスレイ (Lady Pearl
Ned Beatty ネッド・ビーティ (Delbert Reese
Karen Black カレン・ブラック (Connis White
Ronee Blakley ロニー・ブレイクリー (Barbara Jean
Timothy Brown ティモシー・ブラウン (Tommy Brown
Keith Carradine キース・キャラダイン (Tom Frank
Geraldine Chaplin ジェラルディン・チャップリン (Opal
Robert DoQui ロバート・ドキ (Wade
Shelley Duvall シェリー・デュヴァル (L. A. Joan
Allen Garfield アレン・ガーフィールド (Barnett
Henry Gibson ヘンリー・ギブソン (Haven Hamilton
Scott Glenn スコット・グレン (Glenn Kelly
Jeff Goldblum ジェフ・ゴールドブラム (Tricycle Man
Barbara Harris バーバラ・ハリス (Albuquerque
David Hayward デイヴィッド・ヘイワード (Kenny Fraiser
Michael Murphy マイケル・マーフィー (John Triplette)
Allan Nicholls アラン・ニコルズ (Bill
David Peel デイヴィッド・ピール (Bud Hamilton
Cristina Raines クリスティーナ・レインズ (Mary
Bert Remsen バート・レムゼン (Star
Lily Tomlin リリー・トムリン (Linnea Reese
Gwen Welles グエン・ウェルズ (Sueleen Gay
Keenan Wynn キーナン・ウィン (Mr.Green)
解説
アメリカで最も保守的な町といわれ、一方ではカントリー&ウエスタンメッカとして有名なテネシー州首都ナッシュビルに集まった24人の5日間の行動を通してアメリカ素顔を描く。製作・監督は「ボウイ&キーチ」のロバート・アルトマン脚本ジョーン・テュークスベリー撮影ポール・ローマン音楽編集監修リチャード・バスキン編集シド・レヴィンデニス・ヒル各々担当出演デイヴィッド・アーキンバーバラ・バクスレイネッド・ビーティカレン・ブラックロニー・ブレイクリーティモシー・ブラウンキース・キャラダインジェラルディン・チャップリンロバート・ドキシェリー・デュヴァルアレン・ガーフィールドヘンリー・ギブソンスコット・グレンジェフ・ゴールドブラムバーバラ・ハリスデイヴィッド・ヘイワードマイケル・マーフィーアラン・ニコルズデイヴィッド・ピールクリスティナ・レインズバート・レムゼンリリー・トムリングエン・ウェルズキーナン・ウィンなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
ハル・ウォーカー大統領候補のキャンペーン・カーがメイン・ストリートを行く。ムシ暑い初夏1日始まろうとしている、ここテネシー州ナッシュビル。イギリスBBCから派遣され、ナッシュビル・フェスティバルのドキュメンタリー番組取材にきたと称するオパールジェラルディン・チャップリン)は、初めてのアメリカ初めてのナッシュビルに興奮していた。見るも聞くものすべてが祖国イギリスとは全く異質のエネルギー動いている巨大な渦の中で彼女はマイク片手に走りまわるのである。さっそくナッシュビル一のスター、ヘブン・ハミルトン(ヘンリー・ギブソン)のレコーディングもぐり込むが、ていよく追い払われてしまう。大様な態度反面病的といえるほど自己顕示欲の強い彼は、いつも息子バディデイヴィッド・ピール)やナッシュビルの目抜き通りで「ピッキン・パーラー」というクラブ経営している名物マダムレディ・パールバーバラ・バクスレイ)を従え、『ミスター・ナッシュビル=清潔な歌手』というイメージ大切に守り人前ではバー行ってミルクしか呑まない徹底ぶり。その彼をテネシー州知事マークしているのが、この町キャンペーン予定しているハル・フィリップ・ウォーカー候補だ。そしてそのキャンペーン成功させるべく奔走する2人の男がいる。キャンペーン参謀ジョン・トリプレット(マイケル・マーフィー)とナッシュビルの大スター何人か顧客に持つ有力な弁護士デルバート・リーズ(ネッド・ビーティ)である。2人5日後にキャンペーン・コンサートを開くために人気歌手たちに接触を始めた。ハミルトンと共に、ここナッシュビルでは絶大な人気を持つ純情歌手バーバラ・ジーン(ロニー・ブレイクリー)と彼女をかばう夫兼マネージャーバーネットアレン・ガーフィールド)、バーバラライバル視するグラマー歌手コニー・ホワイト(カレン・ブラック)、黒人であるがために保守的な業界受け入れられないトミー・ブラウン(ティモシー・ブラウン)など、華やかな歌の世界生きる人々とのかけひき。『ビルメリートム』という3人組ロック・グループスター、トム・フランク(キース・キャラダイン)の魅力にひかれていくオパール2人聾唖者の子供を持つリーズの妻リネアリリー・トムリン)、同じグループ歌っているビルアラン・ニコルズ)の妻メリークリスティナ・レインズ)、さらに親衛隊女の子L・Aジョーンシェリー・デュヴァル)の4人の女性たち。ウォーカー・キャンペーンにまき込まれてゆく歌手志望ウェイトレス、スーリーン・ゲイ(グエン・ウェルズ)と彼女に惚れている空港バス・ボーイウエイドロバート・ドキ)、生まれつきコメディアン素質備え芸能界生きること夢見ている運転手ノーマンデイヴィッド・アーキン)。カントリー・シンガー夢見てテネシー田舎の農夫夫のもとから逃げてきたアルバカーキバーバラ・ハリス)、彼女を連れ戻そうと追ってきた夫のスターバート・レムゼン)。L・Aジョーン伯父で、彼女を入院している妻に一目会わせようとする老人ミスター・グリーンキーナン・ウィン)。口やかましい母を嫌い、バイオリン・ケース1つを持って家を棄ててきた青年ケニー・フレイザー(デイヴィッド・ヘイワード)、オートバイまたがってナッシュビルに流れついたイージーライダージェフ・ゴールドブラム)、バーバラ・ジーンの熱烈なファンで彼女を追いまわす若いGIグレン・ケリースコット・グレン)。いよいよキャンペーン・コンサートの当日やってきて会場にはたくさんの観客一眼スターをみようとつめかけてきた。コンサート始まり1番最初に舞台立ったのはバーバラ・ジーンだった。事件がおきたのは、そのときだった。1番前で見ていたケニー・フレイザーが、バイオリン・ケースにしのばせた拳銃とりだしバーバラめがけて発砲したのだ。バーバラトレード・マークの白いドレスを血にそめ、舞台の上に倒れた飛び出してきたハミルトンも腕を撃たれ負傷したケニー警官周囲の観客とりおさえられたものの、会場大混乱陥ったそんな中で、どこからともなく現われたアルバカーキ壇上にのぼりマイク片手に歌い始めた

ナッシュビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/26 07:38 UTC 版)

ナッシュビル英語: Nashville)は、アメリカ合衆国テネシー州にある都市。同州の州都であり、デイヴィッドソン郡郡庁所在地である[6]。州内で最大、アメリカ合衆国南東部で3番目に大きい都市である。州の中央部北に流れるカンバーランド川沿岸に位置する。音楽、医療、出版、銀行業、運輸業の中心地であり、多くの大学が存在している。テネシー州最高裁判所の本部であり、中部テネシーの裁判所がある。音楽業界の中心地として知られ、「ミュージック・シティ」というニックネームがつけられている。2019年にイギリスで発表された「グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク」(GaWC)ではガンマ都市と評されるなど、アメリカ南東部有数の世界都市である。




注釈

  1. ^ Consolidated (連結)はデイヴィッドソン郡の総人口を指し[3]、ナッシュビル・デイヴィッドソン地域の独立都市を除く人口を調整済みで示す[4]
  2. ^ この項のデータはベル・ミードベリー・ヒルなどの独立行政都市を含む。ナッシュビル・デイヴィッドソン地域の独立都市を除く人口は調整済み参照[4]
  3. ^ 人口統計における1960年から1970年の大幅な増加は、1963年のナッシュビルとデイヴィッドソン郡合併による[3][35][36][37]

出典

  1. ^ John Cooper sworn in as Nashville mayor, pledges to make city that 'works for everyone'” (英語). The Tennessean (2019年9月28日). 2020年2月18日閲覧。
  2. ^ Population, Housing Units, Area, and Density: 2010 - County -- County Subdivision and Place: 2010 Census Summary File 1”. Census.gov (2010年). 2015年2月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e 州・郡概要 – テネシー州デイヴィッドソン郡(State & County QuickFacts – Davidson County, Tennessee)” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2017年7月1日). 2018年4月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 州・郡概要 – ナッシュビル・デイヴィッドソン地域、調整済み(State & County QuickFacts – Nashville-Davidson (balance) )” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2016年7月1日). 2017年5月25日閲覧。
  5. ^ a b c Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2017”. アメリカ合衆国国勢調査局 (2018年3月). 2018年4月26日閲覧。
  6. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2011年6月7日閲覧。
  7. ^ a b 住民人口の推計: 2010年4月1日–2017年7月1日 – アメリカ合衆国 – 総合統計地域; プエルトリコを含む(Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2017 – United States – Combined Statistical Area; and for Puerto Rico)”. アメリカ合衆国国勢調査局 (2018年3月). 2018年4月27日閲覧。
  8. ^ SP1L132 2007, p. 132.
  9. ^ a b c Dr. Carole Bucy, "A Short History of the Creation of Metropolitan Government for Nashville", Nashville Metro Government, 2015
  10. ^ Morales, Lymari; Daly, Joe (2012年3月29日). “雇用創出でオクラホマシティが大都市をリード(Olahoma City Leads Large Cities in Job Creation)” (英語). ギャラップ. http://www.gallup.com/poll/153494/Oklahoma-City-Leads-Large-Cities-Job-Creation.aspx 2017年2月9日閲覧。 
  11. ^ Jankowski, Paul (2013年1月23日). “Nashville Is Nowville...And Has Been For A While”. フォーブス. https://www.forbes.com/sites/pauljankowski/2013/01/23/nashville-is-nowville-and-has-been-for-a-while/ 2017年2月9日閲覧。 
  12. ^ Nowville: The GQ Guide to Nashville, Tennessee”. GQ (2012年7月2日). 2017年2月9日閲覧。
  13. ^ Severson, Kim (2013年1月8日). “Nashville's Latest Big Hit Could Be the City Itself”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2013/01/09/us/nashville-takes-its-turn-in-the-spotlight.html 2017年2月9日閲覧。 
  14. ^ Garrison, Joey (2015年9月22日). “Barry picks 'We make Nashville' as inauguration theme”. The Tennessean. http://www.tennessean.com/story/news/politics/2015/09/22/barry-picks-we-make-nashville-inauguration-theme/72639988/ 2017年5月31日閲覧。 
  15. ^ “Mayoral candidate Megan Barry performs 1st wedding for same-sex couple in Nashville”. WJHL.com. (2015年6月26日). http://wjhl.com/2015/06/26/mayoral-candidate-megan-barry-performs-1st-wedding-for-same-sex-couple-in-nashville/ 
  16. ^ 2016年に最も急成長した大都市圏経済はグランドラピッズ、オーランド、ナッシュビル。経済の遅滞はオクラホマ、ヒューストン、ニューオーリンズ(Fastest Growing Large Metro Economies Of 2016 Are Grand Rapids, Orlando, Nashville; Slowest Are Oklahoma, Houston, New Orleans)” (英語). Headlight Data (2017年7月5日). 2017年7月9日閲覧。
  17. ^ De Lombaerde, Geert (2016年12月1日). “フレディマック、全米で最も盛況な住宅市場は依然、ナッシュビルと表明(Freddie Mac says Nashville still hottest housing market in U.S.)” (英語). Nashville Post. http://www.nashvillepost.com/business/development/residential-real-estate/article/20845554/freddie-mac-says-nashville-still-hottest-housing-market-in-us 
  18. ^ Elevations and Distances in the United States”. USGS.gov (2001年). 2011年8月3日閲覧。
  19. ^ Nashville Weather”. NashvilleFlights.com. 2010年1月29日閲覧。
  20. ^ a b Average Percent Sunshine through 2009”. NOAA.gov. National Climatic Data Center. 2012年11月14日閲覧。
  21. ^ Snowstorms Producing at Least 6" at Nashville”. NOAA.gov (2009年11月17日). 2009年12月30日閲覧。
  22. ^ Nashville Relative Humidity”. Cityrating.com. 2008年8月4日閲覧。
  23. ^ GaleR 2006, p. 511.
  24. ^ USDA Plant Hardiness Zone Map”. Planthardiness.ars.usda.gov. 2013年9月5日閲覧。
  25. ^ Buchanan, Joy (2007年3月21日). “Nashville's an allergy leader, but it's not alone”. The Tennessean. http://tennessean.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20070321/FEATURES04/703210425/1082/NEWS07 2007年3月21日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ Spring Allergy Capitals 2008 (PDF)”. AAFA.org. 2008年4月29日閲覧。
  27. ^ Calendar of Significant Weather Events in Middle Tennessee”. NOAA.gov (2009年8月3日). 2009年9月22日閲覧。
  28. ^ アメリカ合衆国ナッシュビルの気候情報(Climatological Information for Nashville, United States)” (英語). 香港天文台. 2010年5月13日閲覧。
  29. ^ テネシー州ナッシュビルの月間平均値(Monthly Averages for Nashville, TN)” (英語). Weather.com. 2010年9月26日閲覧。
  30. ^ “Gallery: Grand opening for Pinnacle tower”. Nashville Business Journal. (2010年2月11日). http://nashville.bizjournals.com/nashville/stories/2010/02/08/daily23.html 2010年2月17日閲覧。 
  31. ^ ダウンタウンの23億26百万ドルのブリヂストン本社高層ビル、新規雇用607人分を創出(Bridgestone's $232.6M downtown HQ high-rise to create 607 new jobs)
  32. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  33. ^ a b ACS Demographic and Housing Estimates: 2006–2010 American Community Survey 5-Year Estimates”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2018年4月27日閲覧。
  34. ^ a b c d 表43 テネシー – 代表的大都市およびその他の人種とヒスパニック系住民の人種:最初期から1990年までの国勢調査による(Table 43. Tennessee – Race and Hispanic Origin for Selected Large Cities and Other Places: Earliest Census to 1990)” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2005年7月13日). 2018年4月27日閲覧。
  35. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2015”. U.S. Census Bureau (2016年). 2016年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月31日閲覧。
  36. ^ Gibson, Campbell (1998年6月). “Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places In The U.S.: 1790 to 1990”. U.S. Census Bureau. 2007年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月3日閲覧。
  37. ^ Ranking Tables for Incorporated Places of 100,000 or More: 1990 and 2000”. U.S. Census Bureau (2001年4月2日). 2009年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月18日閲覧。
  38. ^ 2017年7月1日付人口推計 (V2017)(Population estimates, July 1, 2017 (V2017))” (英語). 2018年4月27日閲覧。
  39. ^ a b 15%のサンプルの内訳による。
  40. ^ テネシー州デイヴィッドソン郡:2007年–2009年 アメリカにおける代表的な社会の特徴(Davidson County, Tennessee: Selected Social Characteristics in the United States: 2007–2009” (英語). Census.gov) (2009年). 2011年8月3日閲覧。
  41. ^ テネシー州デイヴィッドソン郡:2007年–2009年 人口・住宅詳細プロファイル(Davidson County, Tennessee: Population and Housing Narrative Profile: 2007–2009)” (英語). Census.gov (2009年). 2011年8月3日閲覧。
  42. ^ Nashville-Davidson County metropolitan government: Selected Economic Characteristics: 2007–2011”. Census.gov (2011年). 2013年11月13日閲覧。
  43. ^ Swarns, Rachel L (2003年7月20日). “U.S. a Place of Miracles for Somali Refugees”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2003/07/20/national/20REFU.html?ei=5007&en=913fc8336985e647&ex=1374033600 2011年8月3日閲覧。 
  44. ^ “Nashville Refugee Population Grows”. WSMV.com. (2009年2月7日). http://www.wsmv.com/news/18664025/detail.html [リンク切れ]
  45. ^ Final Report of the Immigrant Community Assessment”. Nashville.gov (2003年8月15日). 2010年5月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2003年8月15日閲覧。
  46. ^ a b Copeland, Larry (2006年6月15日). “Who's the biggest fish in the South?”. USAトゥデイ. http://www.usatoday.com/news/nation/2006-06-15-south-big-fish_x.htm 2011年8月3日閲覧。 
  47. ^ Echegaray, Chris (2009年1月1日). “Newest refugees hail from Bhutan”. The Tennessean. http://www.tennessean.com/article/20090101/NEWS01/901010349/1001/RSS6001 
  48. ^ Alligood, Leon (2005年1月11日). “Local Iraqis ready to vote but worried about process”. The Tennessean. オリジナルの2005年1月11日時点におけるアーカイブ。. http://www.aina.org/news/20050111105713.jsp 
  49. ^ 2015 Nashville and Middle Tennessee Jewish Community Study (pdf)”. Maurice and Marilyn Cohen Center for Modern Jewish Studies, Brandeis University (2016年). 2016年9月6日閲覧。
  50. ^ Metropolitan Statistical Areas and Components, November 2004, With Codes”. Census.gov (2005年3月). 2011年8月3日閲覧。
  51. ^ Country Music Labels”. ClubNashville.com. 2007年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月8日閲覧。
  52. ^ “Hoedown on a Harpsichord”. Time. (1960年11月14日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,711961,00.html 2011年8月3日閲覧。 
  53. ^ “Nashville's Music Industry Worth $6.38 Billion”. MI2N.com. (2006年1月11日). http://www.mi2n.com/press.php3?ej=md&press_nb=86392 2011年8月3日閲覧。 
  54. ^ Hill, Melanie (2011年9月12日). “Nashville's Health-Care Industry has Great Prognosis”. Businessclimate.com. オリジナルの2013年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6ExSqe0yb?url=http://businessclimate.com/nashville-tn-area-economic-development/nashvilles-health-care-industry-has-great-prognosis 
  55. ^ Genova, Jane (2010年12月17日). “Hospital Corporation of America (HCA) has 4,000 Job Openings”. AOL Jobs. オリジナルの2013年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130308053721/http://jobs.aol.com/articles/2010/12/17/hospital-corporation-of-america-has-4-000-job-openings/ 
  56. ^ Williams, Tiffany L. (2012年4月12日). “Nashville's Premier Medical Services Keep Health-Care Industry Booming”. Businessclimate.com. オリジナルの2013年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6ExSqoL4D?url=http://www.businessclimate.com/nashville-tn-area-economic-development/nashvilles-premier-medical-services-keep-health-care-industry 
  57. ^ Goo Goo Cluster - A Real Milk Chocolate Original Southern Treat!”. Googoo.com (2013年8月13日). 2013年9月5日閲覧。
  58. ^ “Dell to Expand Nashville Operations; Increase Area Workforce By Up to 1,000 Employees” (プレスリリース), Dell.com, (2006年6月2日), オリジナルの2009年1月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090116054145/http://www.dell.com/content/topics/global.aspx/corp/pressoffice/en/2006/2006_06_02_nv_000?c=us&cs=19&l=en&s=dhs 2008年12月16日閲覧。 
  59. ^ Badenhausen, Kurt (2013年8月7日). “Best Places For Business and Careers”. Forbes. 2014年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月13日閲覧。
  60. ^ CAFR2014 2014.
  61. ^ BrownH 2012.
  62. ^ Romine2006-117 2006, pp. 117–120.
  63. ^ Guier 2007, pp. 118–129.
  64. ^ Davidson2005 2005, p. 31.
  65. ^ Nashville Fashion Week”. nashvillefasionweek.com. 2013年6月13日閲覧。
  66. ^ Staff (2015年6月27日). “Nashville Pride 2015 Draws Jubilant Crowds”. Out & About Nashville. 2015年7月5日閲覧。
  67. ^ Lori Grisham (2015年6月9日). “Nashville vies with New York for largest U.S. fireworks show”. USA Today. 2015年7月5日閲覧。
  68. ^ Home”. Tomato Art Festival. 2016年5月29日閲覧。
  69. ^ African American Cultural Alliance”. www.aacanashville.org. 2016年5月29日閲覧。
  70. ^ Nashville's Veterans Day Parade – HOME”. Nashvillesveteransdayparade.com. 2011年10月23日閲覧。
  71. ^ Music City, U.S.A.”. BMI.com. 2001年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2001年7月7日閲覧。
  72. ^ Guier 2007, pp. 13, 35, 396.
  73. ^ Nashville Area Churches”. NashCity.com. 2008年4月30日閲覧。
  74. ^ Miller, Rachel L (2008年4月14日). “Nashville: Sophisticated Southern City with a Country Edge”. RoadandTravel.com. 2008年4月30日閲覧。
  75. ^ Silverman 2005.
  76. ^ Demsky, Ian; Avila, Oscar (2004年12月30日). “Iraqis to cast votes in Nashville”. The Tennessean and Chicago Tribune 
  77. ^ Asimov, Eric (1997年7月6日). “True Grits in Nashville”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1997/07/06/travel/true-grits-in-nashville.html?pagewanted=3 2010年1月22日閲覧。 
  78. ^ Talbott, Chris (2013年3月27日). “Burning desire: Hot chicken takes over Nashville”. news.yahoo.com. http://news.yahoo.com/burning-desire--hot-chicken-takes-over-nashville-151831274.html 2013年11月12日閲覧。 
  79. ^ Olmsted, Larry (2011年11月3日). “Scorching Hot Fried Chicken in Nashville”. ABC News. http://abcnews.go.com/m/story?id=14875350&sid=80&p=10 2013年11月12日閲覧。 
  80. ^ Cornett, Alan (2013年7月3日). “Chicken That Lights You Up: Bolton's Spicy Chicken & Fish of Nashville”. Pinstripe Pulpit. 2013年11月12日閲覧。
  81. ^ Music City Hot Chicken Festival”. 2013年11月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月12日閲覧。
  82. ^ Bundgaard, Chris (2013年8月27日). “Amphitheater, more parks planned for Nashville riverfront”. WKRN.com. http://wkrn.com/2013/08/27/amphitheater-more-parks-planned-for-nashville-riverfront/ 2017年10月29日閲覧。 
  83. ^ Maldonado, Charles (2010年11月21日). “Metro's two-tiered revenue system raises taxing questions”. The City Paper. http://nashvillecitypaper.com/content/city-news/metros-two-tiered-revenue-system-raises-taxing-questions 2015年2月5日閲覧。 
  84. ^ Humbles, Andy (2011年4月15日). “Residents Vote To Surrender Lakewood's Charter”. NewsChannel5.com. オリジナルの2011年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110320024943/http://www.newschannel5.com/story/14258754/residents-vote-to-surrender-lakewoods-charter 2011年8月3日閲覧。 
  85. ^ “Rein of Council redefines mayoral relationship”. The City Paper. (2004年4月9日). http://nashvillecitypaper.com/content/city-voices/rein-council-redefines-mayoral-relationship 2011年8月3日閲覧。 
  86. ^ a b Garrison, Joey (2018年3月6日). “Meet David Briley, the man who will now become mayor after Megan Barry's resignation”. The Tennessean. https://www.tennessean.com/story/news/2018/03/06/meet-david-briley-man-who-now-become-mayor-after-megan-barrys-resignation/385790002/ 2018年3月6日閲覧。 
  87. ^ Kreyling1996 1996.
  88. ^ “American Baptist College Designated as HBCU”. The Tennessee Tribune. (2013年4月18日). オリジナルの2014年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140715200039/http://tntribune.com/education/american-baptist-college-designated-as-hbcu/ 2014年1月4日閲覧。 
  89. ^ Market Profiles”. TVB.org. 2011年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月3日閲覧。
  90. ^ Romine2006-32 2006, pp. 32.
  91. ^ Piedmont Atlantic Megaregion (PAM)”. GATech.edu (2009年). 2010年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月27日閲覧。
  92. ^ Airline Information”. Nashville International Airport. 2012年8月1日閲覧。
  93. ^ Sichko 2014.
  94. ^ Kenton, Malcolm. “大都市圏とアムトラック運行:テネシー州ナッシュビル–デイヴィッドソン–マーフリーズボロ–フランクリン地区(Amtrak Service by Metro Area: Nashville-Davidson–Murfreesboro–Franklin, TN MSA)” (英語). National Association of Railroad Passengers. 2013年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月27日閲覧。 人口順37位、アムトラック営業線=なし
  95. ^ アムトラック公式時刻表 2015年春-秋版 P.63,73
  96. ^ a b Howard, Kate (2007年7月2日). “Fans of rail want Amtrak here; Nashville not ready to support train service, state says”. The Tennessean. http://reporterkatehoward.blogspot.com/2007/07/tennessean-7207-fans-of-rail-want.html 2012年10月30日閲覧。 
  97. ^ a b 鉄道関連情報ホットライン#1,074:PTC免除についてFRAに勧告(Hotline #1,074: FRA Warned On Issuing PTC Exemptions)” (英語). Rail Passengers Association (2018年7月6日). 2019年1月10日時点のLtr to Batory re PTC Exemptions FINAL_B edits (002).pdf オリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  98. ^ アメリカ下院議員 (DeFazio, Peter (下院交通委員 House Transportation Committee); Capuano, Michael (鉄道・パイプライン・危険物小委員 Subcommittee on Railroads, Pipelines and Hazardous Materials), Cohen, Steve (テネシー州選出); Cooper, Jim (同左) (2018-06-21) (pdf). バトリー氏宛PTC免除に関する書簡最終稿B (Ltr to Batory re PTC Exemptions FINAL_B edits (002).pdf). Rail Passengers Association. Ltr to Batory re PTC Exemptions FINAL_B edits (002).pdf オリジナルの2019-01-10時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181222123930/https://democrats-transportation.house.gov/imo/media/doc/2018-06-19%20Ltr%20to%20Batory%20re%20PTC%20Exemptions%20FINAL_B%20edits%20(002).pdf 2019年1月10日閲覧。. 
  99. ^ Sister Cities of Nashville”. SCNashville.org. 2011年8月3日閲覧。
  100. ^ National Commission for Decentralised cooperation” (French). Délégation pour l’Action Extérieure des Collectivités Territoriales (Ministère des Affaires étrangères). 2013年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月26日閲覧。
  101. ^ Twin cities”. Magdeburg.de. 2012年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。2003年5月28日–。
  102. ^ 日本の鎌倉市との友好都市関係を承認し、市長に友好都市憲章の執行を承認する決議(A resolution approving a Friendship City relationship with Kamakura, Japan and authorizing the Mayor to execute a Friendship City Charter): Substitute Resolution No. RS2014-1213” (英語) (2014年9月10日). 2015年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月9日閲覧。
  103. ^ プロフィール”. cherish-cherish.jp. 2015年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月6日閲覧。
  104. ^ テネシー州ナッシュビル名誉市民賞受賞”. senbadaiko.com. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月6日閲覧。
  105. ^ プロフィール”. yoshio-ohno.jp. 2016年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月6日閲覧。
  106. ^ 永冨研二とテネシーファイブ:メンバー紹介”. k-country.com. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月6日閲覧。
  107. ^ カントリーダンス(ラインダンス)の歴史:Dancing Feet - ラインダンスの思い出”. country-dance.com (2002年6月). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月6日閲覧。
  108. ^ “すてきな生き方:鎌倉に住み、琵琶と出会い歩み続ける人生”. Passport (鎌倉市) 43: 1. (2013). オリジナルの2015年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150926013852/https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/danjo/documents/img029.pdf 2015年8月6日閲覧。. 
  109. ^ (pdf) 第12回旧モーガン邸募金コンサートについて. NPO法人旧モーガン邸を守る会. オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304203727/http://homepage1.nifty.com/Morgan/biwaconB.pdf 2015年8月6日閲覧。. 



ナッシュビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:18 UTC 版)

マゼラン (ガンダムシリーズ)」の記事における「ナッシュビル」の解説

小説ガンダム・カバード ネメシスの天秤』に登場

※この「ナッシュビル」の解説は、「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の解説の一部です。
「ナッシュビル」を含む「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の記事については、「マゼラン (ガンダムシリーズ)」の概要を参照ください。


ナッシュビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 07:21 UTC 版)

ジェイムズ・スティードマン」の記事における「ナッシュビル」の解説

詳細は「ナッシュビルの戦いを参照 スティードマンその地区指揮官間の1864年12月15日から16日ナッシュビルの戦いトーマスと共に戦った。ナッシュビルでのスティードマンは「暫定師団指揮し北軍左翼11連隊構成された。スティードマン自身の旅団休暇から戻ってきた他の部隊足して約6,000名の部隊作りチャタヌーガら列車で2日間をかけて到着したスティードマンはナッシュビルに参戦した6人の主要指揮官のうち唯一ウェストポイント陸軍士官学校出身者ではない者だった。 この戦闘数日前トーマスはこのとき北軍全軍指揮官になっていたユリシーズ・グラント中将宛てて部下ジョン・マカリスター・スコフィールド少将書いた電報見つけたその中でスコフィールドトーマステネシー軍攻撃を始め遅さこぼしており、それはグラント繰り返しトーマス急き立てていることでもあった。トーマスこの時側にいたスティードマンの方向いてスティードマンスコフィールドこのような電報送ること可能だろうか?」と尋ねると、スティードマンは、指揮官将軍スコフィールド筆跡識別できる必要がある答えたトーマスはそれができること認め、さらに「何故彼はこのような電報送っただろうか?」と尋ねたスティードマン指揮官無邪気さ微笑んでトーマス将軍、貴方が解任され時に誰が次に指揮官なるのですか?」と答えてスコフィールドのことを暗示したトーマスは少し考えた後、「あー、分かった」と静かに答えたトーマススティードマンその3旅団からなる師団12月15日午前6時陽動攻撃をかけるように命じそれによって南軍テネシー軍右翼ベンジャミン・F・チーザム少将軍団)が一日中捉われ他所行われる主力攻撃に対して支援できないようにしておくこととした。この命令後に修正されて、もしスティードマン師団がうまく攻撃できるならば、そうすべきだとされた。12月16日トーマストマス・J・ウッド少将軍団に(スティードマンと共に)、このときはスティーブン・D・リー少将軍団が守るテネシー軍右翼への攻撃命じた正午攻撃始まったが、当初は成功しなかった。スティードマン隊はこの日最初の攻撃大きな損失を受け、所属する連隊1つである第13有色人歩兵連隊221名を失いその日両軍で最も損失大き連隊となったトーマス軍の残り遂に午後4時チーザム隊の左翼中央突破したとき、ウッドスティードマンはその攻撃再開しトーマス軍の残りリー軍団圧倒して戦場から駆逐することに貢献したナッシュビルの戦い後、スティードマンエトワー戻りその後ジョージア方面軍指揮官任され1865年7月27日から12月10日までその職を続けたスティードマン南北戦争終了後軍隊に留まったが、1866年8月18日除隊した

※この「ナッシュビル」の解説は、「ジェイムズ・スティードマン」の解説の一部です。
「ナッシュビル」を含む「ジェイムズ・スティードマン」の記事については、「ジェイムズ・スティードマン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナッシュビル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ナッシュビル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ナッシュビル」の関連用語

ナッシュビルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナッシュビルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナッシュビル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマゼラン (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)、ジェイムズ・スティードマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS