デトロイトとは? わかりやすく解説

デトロイト【Detroit】

読み方:でとろいと

米国ミシガン州南東部工業都市五大湖工業地帯中枢で、自動車工業が盛ん。人口行政区912008)。

デトロイトの画像
撮影Bernt Rostad http://goo.gl/KoUQn
「デトロイト」に似た言葉

デトロイト(アメリカ)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

デトロイト

名前 Detroit

デトロイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 03:43 UTC 版)

デトロイト英語: Detroit [dɨˈtrɔɪt] 現地発音:[ˈdiːtrɔɪt])は、アメリカ合衆国ミシガン州南東部にある都市。南北をエリー湖ヒューロン湖に挟まれており、東はカナダウィンザー市に接する。アメリカ中西部有数の世界都市。主要産業は自動車産業であり、「自動車の街」とも呼ばれる(後述)。また近年ではスタートアップ企業・ロボット産業・医療産業などが盛んとなっている。また失業率貧困率が高く、犯罪都市としても知られていた。人口2000年国勢調査では約95万人、2020年では64万人と減り続けている。デトロイトの都市圏(大都市統計地域:MSA)の人口は約373万人 (2020年) で全米12位・フリントなどを含めた広域都市圏(合同統計地域:CSA)の人口は約439万人 (2020年) で全米14位の人口を抱える。


注釈

  1. ^ 長く仕事が見つからず働く意欲を失った縁辺労働者や、食いつなぐために短期の非正規雇用で働いている人が分子から除外される尺度

出典

  1. ^ 2020 Population and Housing State Data”. United States Census Bureau. 2022年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c 西村幸夫(編)『都市経営時代のアーバンデザイン』 学芸出版社 2017年、ISBN 978-4-7615-3228-4 pp.42-45.
  3. ^ a b c d 「デトロイト、米最悪都市の末路 GM破綻、犯罪増、人口減…」『日経ビジネス』2009年6月15日号 『株式会社日経BP
  4. ^ 米デトロイト市を「CCCマイナス」に格下げ=S&P(ロイター通信 2013年6月13日)
  5. ^ BUNKRUPTCY PETITION COVER SHEET (PDF) (英語)
  6. ^ CITY OF DETROIT PROPOSAL FOR CREDITORS (PDF) (英語)
  7. ^ “Billions in Debt, Detroit Tumbles Into Insolvency”. The New York Times (The New York Times Company). (2013年7月19日). http://www.nytimes.com/2013/07/19/us/detroit-files-for-bankruptcy.html 2013年7月19日閲覧。 (英語)
  8. ^ “Detroit's bankruptcy to set off pitched battles with creditors, pensions, unions”. Detroit Free Press (Detroit Free Press). (2013年7月18日). オリジナルの2013年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130721044941/http://www.freep.com/article/20130718/NEWS01/307180107/ 2013年7月18日閲覧。 (英語)
  9. ^ “Detroit's bankruptcy and its sweeping impact: What we know so far”. Detroit Free Press (Detroit Free Press). (2013年7月18日). オリジナルの2013年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130724103238/http://www.freep.com/article/20130718/NEWS01/307180162 2013年7月18日閲覧。 (英語)
  10. ^ “米デトロイト市が財政破綻=負債1.8兆円、自治体で最大-かつて繁栄「自動車の街」”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年7月19日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013071900083 2013年7月19日閲覧。 (日本語)
  11. ^ ベンジャミン・フルフォード 『アメリカがひた隠す日米同盟の真実』 青春出版 2014年2月 P 144-145
  12. ^ 破産を乗り越えて「再生」へ向かう都市、デトロイトの現在──新たな文化の誕生と、立ちはだかる課題
  13. ^ アメリカ デトロイト訪問記 :財政破綻からの再生を図る街の「陰」と「陽」
  14. ^ 「非常に安定した天才」トランプ大統領が自動車産業に“荒療治” 米国第一、復活のデトロイト
  15. ^ 日本の“ロボット大国”への成長を支えたカワサキロボット、 活躍の場を北米、そして欧州へ
  16. ^ ファナック、ロボット工場をミシガンに建設へ
  17. ^ Patricia Zacharias "The ghostly salt city beneath Detroit Archived 2008年12月13日, at the Wayback Machine." Michigan History, The Detroit News. January 23, 2000.
  18. ^ NOWData – NOAA Online Weather Data/”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年8月11日閲覧。
  19. ^ Station Name: MI DETROIT METRO AP”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年3月19日閲覧。
  20. ^ Detroit/Metropolitan ARPT MI Climate Normals 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年5月12日閲覧。
  21. ^ Crain's Detroit Business: Major Employers: Detroit Economic Growth Corporation アーカイブ 2013年7月22日 - ウェイバックマシン(January 2008). Retrieved on November 24, 2010.
  22. ^ Duggan, Daniel(August 16, 2010).Quicken Loans Inc. employees move into new Detroit offices.Crain's Detroit Business. Retrieved February 28, 2011.
  23. ^ Duggan, Daniel(January 26, 2011).Quicken Loans completes deal for Madison building; will be renovated for business incubator. Crain's Detroit Business. Retrieved February 28, 2011.
  24. ^ Dbusiness(January 7, 2011).Blue Cross Blue Shield of Michigan announces dates for move of 3,000 employees to Downtown Detroit.Hour Media. Retrieved February 28, 2011.
  25. ^ QuickFacts Detroit city, Michigan”. United States Census. 2018年6月1日閲覧。
  26. ^ detnews.com [リンク切れ]
  27. ^ Morgan Quitno Press 2008年(英語)
  28. ^ 米CNNが選んだ「世界の治安ワースト10都市」(CNN.NEWS.2010年4月26日)
  29. ^ The Most Dangerous Cities in America247wallst
  30. ^ “米デトロイト財政破綻「市は崩壊」”. NHK. (2013年7月19日). オリジナルの2013年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130722122545/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130719/k10013145751000.html 2013年7月19日閲覧。 
  31. ^ “デトロイト便、20周年を祝う 中部空港で式典”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 名古屋版. (2018年6月4日) 



デトロイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 13:53 UTC 版)

1960年代のカウンターカルチャー」の記事における「デトロイト」の解説

デトロイトのMC51960年代後半アンダーグラウンドロックシーンから出てきた。MC5は彼らの曲「Motor City Is Burning1943年デトロイト暴動1967年に対応させたジョン・リー・フッカーカバー)」のように、しばしば時代社会政治的なものとカウンター・カルチャー融合させた、ガレージロックのよりアグレシヴな進化系提示したMC5は、アナーキストアート集団の「The Motherfuckers」やジョン・シンクレアホワイトパンサー党などの急進的な左派組織結びついていた。また彼らは、1968年シカゴでの民主党全国大会ベトナム戦争抗議した警察学生悪名高い暴動、そしてのちに続くマーティン・ルーサー・キングロバート・ケネディ暗殺)で長いパフォーマンスをおこなった。現在、MC5とザ・ストゥージーズと前述のヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、1970年代後半パンク・ロックヘビーメタル音楽につながる前=パンクサウンドに影響与えたとみられている

※この「デトロイト」の解説は、「1960年代のカウンターカルチャー」の解説の一部です。
「デトロイト」を含む「1960年代のカウンターカルチャー」の記事については、「1960年代のカウンターカルチャー」の概要を参照ください。


デトロイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 08:42 UTC 版)

ラインホルド・ニーバー」の記事における「デトロイト」の解説

1915年ニーバー牧師叙任された。ドイツ福音派特命会議は、ニーバーに、ミシガン州、デトロイトの聖所福音教会への勤務命じた着任当初65人の信徒であったが、彼が退任する1928年には700人近く増えていた。この信徒増加は、ドイツ系アメリカ人コミュニティ内部だけに留まらず、成長著し自動車産業仕事ひきつけられてデトロイトに集まった人々心を動かことのできる彼の能力示している1900年代のデトロイトは、アメリカで四番目大き都市となっていた。デトロイトには、多くの東・南部ヨーロッパユダヤ人カトリック移民だけでなく、黒人白人アメリカ南部田舎からの出稼ぎ労働者も、集まっていた。彼らは仕事と、限られた住居を得るために争い都市の急速な変化と、社会的な緊張の増加は、白人至上主義秘密結社 クー・クラックス・クラン増長寄与した1925年にはそのピーク達した

※この「デトロイト」の解説は、「ラインホルド・ニーバー」の解説の一部です。
「デトロイト」を含む「ラインホルド・ニーバー」の記事については、「ラインホルド・ニーバー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「デトロイト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「デトロイト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



デトロイトと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

デトロイトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デトロイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデトロイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1960年代のカウンターカルチャー (改訂履歴)、ラインホルド・ニーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS