殿堂とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > 殿堂の意味・解説 

でん‐どう〔‐ダウ〕【殿堂】

読み方:でんどう

大きくてりっぱな建物また、その分野中心的存在である建物施設殿宇。「オペラの—」「学問の—」

その分野業績のあった人々集め顕彰する機関。「野球の—入り果たす」

神仏祭ってある建物


でんどう 【殿堂】


殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 20:35 UTC 版)

殿堂(でんどう)とは、




「殿堂」の続きの解説一覧

殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:45 UTC 版)

フランケル (競走馬)」の記事における「殿堂」の解説

2021年新たに創設されブリティッシュ・チャンピオンズシリーズ名誉の殿堂最初の選出者として、レスター・ピゴット騎手とともに列された。

※この「殿堂」の解説は、「フランケル (競走馬)」の解説の一部です。
「殿堂」を含む「フランケル (競走馬)」の記事については、「フランケル (競走馬)」の概要を参照ください。


殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 01:31 UTC 版)

十二国」の記事における「殿堂」の解説

来客を一旦留め置く所。

※この「殿堂」の解説は、「十二国」の解説の一部です。
「殿堂」を含む「十二国」の記事については、「十二国」の概要を参照ください。


殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/26 05:28 UTC 版)

サミュエル・モスバーグ」の記事における「殿堂」の解説

モスバーグ1985年国際ユダヤ人スポーツの殿堂に選ばれた

※この「殿堂」の解説は、「サミュエル・モスバーグ」の解説の一部です。
「殿堂」を含む「サミュエル・モスバーグ」の記事については、「サミュエル・モスバーグ」の概要を参照ください。


殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:34 UTC 版)

全米発明家殿堂」の記事における「殿堂」の解説

詳細は「全米発明家殿堂入りした人物一覧を参照 殿堂入りした日本人 米国特許取得していれば選考されることから日本人選ばれている。 遠藤章 -2012年殿堂入り脂質降下薬スタチン類の発見と開発 中村修二 -2015年殿堂入り青色LED開発 浅川智恵子-2019年殿堂入り視覚障害者ウェブ読み上げ技術

※この「殿堂」の解説は、「全米発明家殿堂」の解説の一部です。
「殿堂」を含む「全米発明家殿堂」の記事については、「全米発明家殿堂」の概要を参照ください。


殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 14:06 UTC 版)

ナッシュビル・サウンズ」の記事における「殿堂」の解説

サウンズ関係する人物のうち2名がアメリカ野球殿堂殿堂入りしている。1982年から1984年サウンズのピッチング・コーチを務めたホイト・ウィルヘルム1985年殿堂入りした。1989年当時シンシナティ・レッズ所属しリハビリのためサウンズで2回登板していたショートバリー・ラーキン2012年殿堂入りした。

※この「殿堂」の解説は、「ナッシュビル・サウンズ」の解説の一部です。
「殿堂」を含む「ナッシュビル・サウンズ」の記事については、「ナッシュビル・サウンズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「殿堂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「殿堂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



殿堂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

殿堂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



殿堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの殿堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランケル (競走馬) (改訂履歴)、十二国 (改訂履歴)、サミュエル・モスバーグ (改訂履歴)、全米発明家殿堂 (改訂履歴)、ナッシュビル・サウンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS