CNNとは? わかりやすく解説

シー‐エヌ‐エヌ【CNN】


シー‐エヌ‐エヌ【CNN】


CNN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/04 00:47 UTC 版)

CNN(シーエヌエヌ、英語: Cable News Network)は、ワーナー・ブラザース・ディスカバリー傘下のCNNグローバルが所有するアメリカ合衆国ケーブルテレビおよび衛星放送向けのニュースチャンネルである。1980年テッド・ターナーによって世界初の24時間放送するニュース専門のチャンネルとして設立された[1]ジョージア州アトランタに本社を置く。


注釈

  1. ^ 番組終了1分30秒前に当局が生中継していたジョージ・シュルツ米国国務長官の会見の模様を放送。アメリカ軍によるマルコス夫妻のクラーク空軍基地への移送(=マルコス政権の崩壊)を表明する内容だった。「ニュースの記憶~報道50年映像全史~」(2009年2月1日放送)より。

出典

  1. ^ “CNN launches” (英語). HISTORY. (2009年11月24日). https://www.history.com/this-day-in-history/cnn-launches 2018年11月25日閲覧。 
  2. ^ Turner Broadcasting System”. タイム・ワーナー (2010年6月11日). 2011年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月18日閲覧。
  3. ^ CNN begins broadcasting”. The Deal (2006年5月31日). 2009年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月18日閲覧。
  4. ^ オバマ氏やクリントン氏など民主党幹部やCNNに爆発物 トランプ氏はマスコミ非難”. 2020年11月23日閲覧。
  5. ^ 逮捕の男はトランプ氏の熱心な支持者 爆発物を次々送付”. 朝日新聞 (2018年10月27日). 2020年12月30日閲覧。
  6. ^ 連続郵便爆弾、米フロリダ州で56歳男性を訴追 オバマ氏などに送付の疑い”. BBC (2018年10月27日). 2020年12月30日閲覧。
  7. ^ “米証券取引委員会、「ジョブズ氏が心臓発作」の誤報を調査” (日本語). CNET Japan. (2008年10月6日). https://japan.cnet.com/article/20381483/ 2018年11月25日閲覧。 
  8. ^ CNNのストリーミングサービス「CNN+」、今月末で終了”. CNN.co.jp (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  9. ^ ニュース動画配信のCNN+、1カ月で打ち切り 親会社変わり転換”. 朝日新聞 (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  10. ^ “動画配信サービス「CNNプラス」、1カ月で打ち切りへ”. ロイター通信. (2022年4月22日). https://jp.reuters.com/article/warner-bros-discovery-cnn-idJPKCN2ME0CN 2022年4月22日閲覧。 
  11. ^ CNN+ is dead: Here’s what killed the streaming news service only a month after it began”. USA Today. 2022年4月22日閲覧。
  12. ^ CNNデイウォッチ内でシャトル打ち上げの模様を生中継していた。
  13. ^ CNN/US”. スカパーJSAT. 2019年5月15日閲覧。
  14. ^ Huluで「CNN/US」と「日テレ NEWS24」のリアルタイム配信開始。SVOD初”. AV Watch(2017年6月2日作成). 2019年5月15日閲覧。
  15. ^ 尖閣衝突映像CNNに郵送、海上保安官供述”. 読売新聞 (2010年11月25日). 2010年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月18日閲覧。
  16. ^ CNN、SDカード配達認める…「廃棄した」”. 読売新聞 (2010年11月25日). 2010年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月18日閲覧。
  17. ^ 「CNNは偽ニュースではない」 トランプ政権幹部が明言”. CNN (2017年2月8日). 2020年6月13日閲覧。
  18. ^ 「無礼」「国民の敵」トランプ氏、CNN記者と口論 ホワイトハウス出禁に”. AFP (2018年11月8日). 2020年6月13日閲覧。
  19. ^ バイデン氏リードの世論調査、トランプ陣営がCNNに撤回と謝罪要求”. CNN (2020年6月11日). 2020年6月13日閲覧。



CNN(2000–2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:20 UTC 版)

タッカー・カールソン」の記事における「CNN(20002005年)」の解説

2000年カールソン短命番組『スピン・ルーム』の共同司会務めた2001年カールソン『クロスファイア』共同司会者任命された。番組ではカールソンとロバート・ノヴァクが交互に右派代表し、ジェームズ・カービルとポール・ベガラが司会として交互に左派代表した同時期にはPBS公共番組タッカー・カールソン〜アンフィルタード〜』で司会務めた2004年10月には、コメディ・セントラル放送するザ・デイリー・ショー』に出演し司会者ジョン・スチュワート意見交換をした。スチュワートは、カールソン存在『クロスファイア』性質アメリカの政治論にとって有害である主張した後にカールソンは、スチュワート番組内で彼が提起した問題について議論交わすために収録後何時間もCNNに残っていたことを回想し、「彼の誠実さだ」「そうせずいられない人だった」と述べている。2017年、『ニューヨーク・タイムズ』紙がこのスチュワートカールソンに対する番組内での「噛み付き発言」を取り上げ、「カールソンにとって屈辱的経歴瞬間)」と評した。同記事には、スチュワートによる批判が「(番組を)終わらせた」とある。 2005年1月、CNNはカールソンとの関係を終らせ近々に『クロスファイア』終了する発表。CNNのジョナサン・クレイン局長2005年4月に、局として契約の更新をしない判断下したカールソン告げたカールソンは、スチュワート番組ゲストブッキングされる前に既にCNNと『クロスファイア』辞任していたと、司会のパトリシア・ダフに対して次のように語っている。 「ジョン・スチュワートが我々の番組出演した何ヶ月も前の2004年の)4月に、私は『クロスファイア』辞めている党派心気に入らなかったし、いくつかの点で無駄なやり取りあったように思えたからだ。それぞれの立場から「これが私の意見だ」と主張はするが、誰一人として他者意見聞いていない。(CNNは)フラストレーションが溜ま職場だったよ」

※この「CNN(2000–2005年)」の解説は、「タッカー・カールソン」の解説の一部です。
「CNN(2000–2005年)」を含む「タッカー・カールソン」の記事については、「タッカー・カールソン」の概要を参照ください。


CNN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:02 UTC 版)

かぶせ放送」の記事における「CNN」の解説

CNNの日本向けチャンネルCNNj」では、ブラックアウト無音となる。

※この「CNN」の解説は、「かぶせ放送」の解説の一部です。
「CNN」を含む「かぶせ放送」の記事については、「かぶせ放送」の概要を参照ください。


CNN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 00:56 UTC 版)

アンダーソン・クーパー」の記事における「CNN」の解説

「The Mole」の2シーズン後にCNNに移籍2001年にはCNNのニュース番組担当する2002年からは、CNNの週末ゴールデンタイム番組キャスターとなったその年からタイムズスクエアでの大晦日スペシャル担当している。その後2003年9月8日に、平日夜の「アンダーソンクーパー360°」(Anderson Cooper 360°)というニュース番組キャスターとなった2005年1月南アジア津波被害取材したバグダード選挙取材2005年2月および3月レバノンベイルートで「杉の革命」を取材2005年4月ローマで教皇ヨハネ・パウロ2世死去後の様子を取材ロンドンではチャールズ皇太子カミラ夫人結婚式取材した2005年7月には、フロリダでハリケーン・デニスの取材している。 9月にはハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズ取材し被災地見て涙し感情むき出しにして報道したブッシュ大統領に対し社交辞令述べるだけの上院議員らに対し政府の対応厳しく批判その後継続的にニューオーリンズ取材し復興ぶりを伝えている。彼の出演した回は高視聴率上げた2005年11月大幅な番組変更により、AC360午後10時東部標準時)からの2時間番組となった2011年2月3日エジプト大規模デモ取材中、親ムバラク派に襲われ軽症負った同年3月東北地方太平洋沖地震では直後から被災地入りして取材したが、福島第一原発事故3号機爆発するやすぐに帰国したため批判受けた

※この「CNN」の解説は、「アンダーソン・クーパー」の解説の一部です。
「CNN」を含む「アンダーソン・クーパー」の記事については、「アンダーソン・クーパー」の概要を参照ください。


CNN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 00:57 UTC 版)

レベッカ・マッキノン」の記事における「CNN」の解説

彼女は1992年にCNNの北京支局補佐として同入社その後出世し1997年からはプロデューサー/特派員として、そして1998年からは北京支局長を務めた2001年彼女は東京支局となったこの間世界的に有名な政治指導者らにインタビュー行っており、小泉純一郎ダライ・ラマ14世パルヴェーズ・ムシャラフ、及びモハンマド・ハータミーらとの会見その一例である。

※この「CNN」の解説は、「レベッカ・マッキノン」の解説の一部です。
「CNN」を含む「レベッカ・マッキノン」の記事については、「レベッカ・マッキノン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CNN」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CNN」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



CNNと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CNN」の関連用語

CNNのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CNNのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCNN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタッカー・カールソン (改訂履歴)、かぶせ放送 (改訂履歴)、アンダーソン・クーパー (改訂履歴)、レベッカ・マッキノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS