ニューオーリンズとは? わかりやすく解説

ニュー‐オーリンズ【New Orleans】


ニューオーリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/08 13:58 UTC 版)

ニューオーリンズ: New Orleans[注釈 2]: La Nouvelle-Orléans[注釈 3])は、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある同州最大の都市。メキシコ湾に面し、ミシシッピ川の河口に位置する重要な港湾都市で、元来は穀物・綿花などミシシッピ川流域の農産物の輸出港として発展し、のちには工業都市観光都市としても発展した。英語名とフランス語名はどらちも「新しいオルレアン」という意味でルイ15世摂政オルレアン公フィリップ2世に因む。かつてはフランス領ルイジアナの首府であり、市内のフレンチ・クオーターと呼ばれる地区には、今なおフランス統治時代の雰囲気を残している。


注釈

  1. ^ 伝統的にこの日を記念日を祝う日付にしているが、実際の市制成立日は不明である。
  2. ^ 英語発音: [njuː ˈɔːrl(i)ənz, ɔːrˈliːnz]
  3. ^ [la nuvɛlɔʁleɑ̃] ( 音声ファイル)
  4. ^ Extremes are combined from Audubon Park, with records back to 1893, and New Orleans Int'l, the official climatology station for New Orleans since 1 May 1946. For more information, see Threadex
  5. ^ Sunshine normals are based on only 20 to 22 years of data
  6. ^ : Where Y'At
  7. ^ : Gambit Weekly
  8. ^ : The Louisiana Weekly
  9. ^ : Culinary Institute of New Orleans

出典




ニューオーリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 07:33 UTC 版)

ベンジャミン・ラトローブ」の記事における「ニューオーリンズ」の解説

ラトローブは、蒸気船出現とその技術に関する大きな興味とで、ミシシッピ川河口にあるニューオーリンズには大きな成長可能性があると見ていた。ニューオーリンズにおけるラトローブ最初プロジェクトは、1807年にロバート・アレクサンダーの監督建てられたニューオーリンズ税関だった。1810年ラトローブ息子のヘンリー・セロン・ボネバル・ラトローブをニューオーリンズに派遣しニューオーリンズ市議会上水道システム計画提出させた。ニューオーリンズ上水道システム計画は、以前設計したフィラデルフィアの上水道を基にしていた。フィラデルフィアシステム市内発生した黄熱病流行反応して作られた。ラトローブシステムスクーカル川から上流にある貯水池まで揚げるのに蒸気駆動ポンプ使ったそうすれば重力市民上水を送ることができた。ニューオーリンズ上水道システム計画蒸気駆動ポンプ使って脱塩するように設計された。ラトローブ息子はニューオーリンズに居る間に、米英戦争戦闘参加し灯台、ニューオーリンズ慈善病院およびフランス・オペラハウスの建設などの計画参加した。 ニューオーリンズは1811年上水道システム発注同意したが、ラトローブの方が即座に計画を受ける準備無く計画への十分な投資者確保するという財政的問題直面したアメリカ合衆国議会議事堂に関するラトローブ仕事米英戦争が始まる直前完成しており、固定収入の源が終わっていた。戦争中蒸気船プロジェクトなど、ラトローブは金を作るための幾つかの戦時プロジェクト試みて失敗した1814年ピッツバーグ本拠を置く蒸気船事業ロバート・フルトン共同経営者になったピッツバーグに居る間に、ピピンとブリシャードのサーカスのための劇場設計し建設した戦時中アメリカ合衆国議会議事堂ホワイトハウス焼けた後、ラトローブワシントンD.C.留まり、その再建協力したので、ラトローブ息子上水道プロジェクト仕事大半引き受けた1818年ラトローブ上水道プロジェクトに使う資本生み出すことを期待してボルティモアボルティモア商品取引所などのプロジェクト仕事をした。以前にジョン・キャロルからアメリカ合衆国では初めてのローマ・カトリック教会大聖堂建てる注文受けていた。ボルティモア・バシリカの建設1806年始まり何年もその建設妨げ財政的困難時期経た後で1821年にやっと完成したラトローブ1818年ボルティモア商品取引所プロジェクト完成し、その年12月にニューオーリンズに向けて出発し1819年1月10日到着した当初ジャクソン広場ホテル泊まったラトローブはそのプロジェクトのために作られるエンジンを得るためにプロジェクトがさらに遅れることになった。それは1819年にやっと獲得できた。ニューオーリンズ上水道システムの設計建設には実に11年年月要したこの上水道システム加えてセントルイス大聖堂中央塔設計したが、これがラトローブにとって最後建築プロジェクトになった1820年ラトローブ上水道プロジェクトのためにニューオーリンズで働いているときに黄熱病のために死んだラトローブはニューオーリンズのセントルイス墓地埋葬されたが、そこは、3年前にやはり黄熱病死んだ息子ヘンリー埋葬されている所だった。

※この「ニューオーリンズ」の解説は、「ベンジャミン・ラトローブ」の解説の一部です。
「ニューオーリンズ」を含む「ベンジャミン・ラトローブ」の記事については、「ベンジャミン・ラトローブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニューオーリンズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ニューオーリンズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ニューオーリンズと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューオーリンズ」の関連用語

ニューオーリンズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューオーリンズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューオーリンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベンジャミン・ラトローブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS