ルイジアナ州とは? わかりやすく解説

ルイジアナ【Louisiana】

読み方:るいじあな

米国南部の州。メキシコ湾面しミシシッピ川河口部占める。州都バトンルージュフランスの植民地として出発し1682年ルイ14世にちなみ命名。→アメリカ合衆国[補説]

ルイジアナの画像
ルイジアナ州の位置
ルイジアナの画像
州会議事堂撮影・Antrell Williams http://os7.biz/u/nabdZ

ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 23:04 UTC 版)

ルイジアナ州(ルイジアナしゅう、: State of Louisiana)は、アメリカ合衆国南部。アメリカ合衆国50州の中で陸地面積では第31位、人口では第25位でもある。州都バトンルージュ市、最大の都市ニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法には大陸法の影響が色濃く残っている。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのも、フランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。


  1. ^ New Orleans a 'ghost town' after thousands flee Gustav: mayor Archived 2013年5月16日, at the Wayback Machine. August 31, 2008.
  2. ^ Baker, Lea Flowers. "Louisiana Purchase". Encyclopedia of Arkansas History & Culture. 2010年9月18日閲覧
  3. ^ Amélie A. Walker, "Earliest Mound Site", Archaeology Magazine, Volume 51 Number 1, January/February 1998
  4. ^ Robert W. Preucel, Stephen A. Mrozowski, Contemporary Archaeology in Theory: The New Pragmatism, John Wiley and Sons, 2010, p. 177
  5. ^ Jon L. Gibson, PhD, "Poverty Point: The First Complex Mississippi Culture" Archived 2013年12月7日, at the Wayback Machine., 2001, Delta Blues, accessed 26 October 2009
  6. ^ OAS-Oklahomas Past”. 2010年2月6日閲覧。
  7. ^ a b Tejas-Caddo Ancestors-Woodland Cultures”. 2010年2月6日閲覧。
  8. ^ Kidder, Tristram (1998). R. Barry Lewis, Charles Stout. ed. Mississippian Towns and Sacred Spaces. University of Alabama Press. ISBN 0-8173-0947-0 
  9. ^ Mississippian and Late Prehistoric Period”. 2008年9月8日閲覧。
  10. ^ The Plaquemine Culture, A.D 1000”. 2008年9月8日閲覧。
  11. ^ Tejas-Caddo Fundamentals-Caddoan Languages and Peoples”. 2010年2月4日閲覧。
  12. ^ The Slave Trade: The Story of the Atlantic Slave Trade, 1440–1870 by Hugh Thomas. 1997: Simon and Schuster. p. 242-43
  13. ^ a b c The Slave Trade: The Story of the Atlantic Slave Trade, 1440–1870 by Hugh Thomas. 1997: Simon and Schuster. p. 548.
  14. ^ The Slave Trade: The Story of the Atlantic Slave Trade, 1440–1870 by Hugh Thomas. 1997: Simon and Schuster. p. 549.
  15. ^ "The Slave Rebellion of 1791". Library of Congress Country Studies.
  16. ^ Saving New Orleans Archived 2012年5月30日, at Archive.is, Smithsonian magazine, August 2006. Retrieved 2010-02-16.
  17. ^ From Saint Domingue to Louisiana”. 2012年7月14日閲覧。
  18. ^ Rivet, Ryan (Summer 2008). Petroleum Dynamite. Tulane University. pp. 20–27. http://digital.olivesoftware.com/Olive/ODE/Tulanian/ 2009年9月7日閲覧。. 
  19. ^ Keddy, Paul (2010). Wetland Ecology: Principles and Conservation. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-51940-3 
  20. ^ Boesch, D. F., Josselyn, M. N., Mehta, A. J., Morris, J. T., Nuttle, W. K., Simenstad, C. A., and Swift, D. P. J. (1994). Scientific assessment of coastal wetland loss, restoration and management in Louisiana. Journal of Coastal Research, Special Issue No. 20.
  21. ^ Tidwell, Michael. Bayou Farewell: The Rich Life and Tragic Death of Louisiana's Cajun Coast. Vintage Departures: New York, 2003 ISBN 978-0-375-42076-4.
  22. ^ a b c d e Keddy, Paul A. (2008). Water, Earth, Fire: Louisiana’s Natural Heritage. Philadelphia: Xlibris. ISBN 978-1-4363-6234-4 
  23. ^ Spearing, D. 1995. Roadside Geology of Louisiana. Mountain Press Publishing Company, Missoula, MT. 225 p. p. 5-19
  24. ^ Coleman, J. M., Roberts, H. H., and Stone, G. W. (1998). Mississippi River Delta: an overview. Journal of Coastal Research, 14, 698–716.
  25. ^ Holland, W.C. 1944. Physiographic divisions of the Quarternary lowlands of Louisiana. Proceedings of the Louisiana Academy of Sciences VIII: 10-24.
  26. ^ Kniffen, F.B. and Hilliard, S.B. 1988. Louisiana: Its Land and People. Revised edition. Louisiana State University Press, Baton Rouge. p. 66-68.
  27. ^ Spearing, D. 1995. Roadside Geology of Louisiana. Mountain Press Publishing Company, Missoula, MT. 225 p. p. 19-30
  28. ^ NOAA National Climatic Data Center. Retrieved on October 24, 2006.
  29. ^ Stewart, Stacy (2005年8月23日). “Tropical Depression Twelve, Discussion No. 1, 5:00 p.m. EDT”. National Hurricane Center. 2007年7月25日閲覧。
  30. ^ Hurricane Gustav makes landfall, weakens to Category 1 storm Fox News, September 2, 2008.
  31. ^ Mandatory evacuations to begin Sunday morning in New Orleans CNN, August 31, 2008.
  32. ^ “Sixteen deaths connected to Gustav”. Associated Press. KTBS. (2008年9月3日). オリジナルの2009年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090301102322/http://www.ktbs.com/news/Sixteen-deaths-connected-to-Gustav--16463/ 2008年9月8日閲覧。 
  33. ^ Rowland, Michael (2008年9月2日). “Louisiana cleans up after Gustav”. Australian Broadcasting Corporation. http://www.abc.net.au/news/stories/2008/09/03/2353770.htm?section=justin 2008年9月8日閲覧。 
  34. ^ Florida Greenways Commission. 1994. Report to the Governor. Creating a statewide greenways system: For people ... for wildlife ... for Florida. Florida Department of Environmental Protection, Tallahassee, FL.
  35. ^ Lester, G. D., S.G. Sorensen, P. L. Faulkner, C. S. Reid and I. E. Maxit. 2005. Louisiana Comprehensive Wildlife Conservation Strategy. Louisiana Department of Wildlife and Fisheries, Baton Rouge, LA
  36. ^ Nature Conservancy
  37. ^ Resident Population Data. “Resident Population Data - 2010 Census”. 2010.census.gov. 2012年2月18日閲覧。
  38. ^ a b QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  39. ^ Population and Population Centers by State – 2000”. United States Census Bureau. 2008年12月5日閲覧。
  40. ^ MLA Language Map Data Center”. 2012年7月14日閲覧。
  41. ^ Louisiana State Constitution of 1974 [1] Retrieved on June 18, 2008.
  42. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年1月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月20日閲覧。
  43. ^ French Creole Heritage
  44. ^ Kinsella, Norman (1997年). “A Civil Law to Common Law Dictionary (PDF)”. KinsellaLaw.com. 2010年12月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月7日閲覧。
  45. ^ http://www.nola.com/crime/index.ssf/2012/05/louisiana_is_the_worlds_prison.html
  46. ^ Covenant Marriage - Pros and Cons”. Marriage.about.com (2012年1月1日). 2012年2月18日閲覧。
  47. ^ http://www.legis.state.la.us/lss/lss.asp?doc=111053
  48. ^ http://www.legis.state.la.us/lss/lss.asp?doc=111041
  49. ^ http://www.legis.state.la.us/lss/lss.asp?doc=109401
  50. ^ Retrieved 2009-10-30.
  51. ^ http://www.chicagotribune.com/news/chi-corruption-louisiana_wittmar27,0,2957672.story
  52. ^ "Louisiana's already-declining seafood industry could be wiped out". MiamiHerald.com. May 15, 2010.
  53. ^ [2] Archived 2010年1月7日, at the Wayback Machine. linked from [3], accessed September 28, 2006
  54. ^ Troeh, Eve (2007年2月1日). “Louisiana to be Southern Filmmaking Capital?”. VOA News (Voice of America). オリジナルの2008年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081202193843/http://www.voanews.com/english/archive/2007-02/2007-02-01-voa58.cfm 2008年12月25日閲覧。 
  55. ^ New Jersey Local Jobs – NJ.com
  56. ^ Shevory, Kristina. "The Fiery Family," New York Times, March 31, 2007, p. B1.
  57. ^ Economy Archived 2013年10月12日, at the Wayback Machine.
  58. ^ World Culture Economic Forum
  59. ^ Bls.gov; Local Area Unemployment Statistics
  60. ^ "State Unemployment Trends by Race, Ethnicity and Gender" (PDF).
  61. ^ Tax Foundation
  62. ^ "Despite BP oil spill, Louisiana still loves Big Oil". CSMonitor.com. May 24, 2010.
  63. ^ EIA State Energy Profiles: Louisiana” (2008年6月12日). 2008年6月24日閲覧。
  64. ^ S. Spacek, 2011 American State Litter Scorecard: New Rankings for an Increasingly Environmentally Concerned Populace.



ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 05:17 UTC 版)

カーペットバッガー」の記事における「ルイジアナ州」の解説

1868年から1874年までルイジアナ州知事務めた共和党員ヘンリー・C・ウォーマスは明らかに理想とは遠い立往生をしたカーペットバッガー象徴である。ウォーマス知事その死後長く続く汚職告発悩まされた。黒人投票権支持し、それと同時に自分の個人的利益のために州債の取引知事職権使用した。ウォーマスの所有する新聞社州政府との契約があった。レコンストラクション後もルイジアナ州に留まり、1931年89歳で死んだ

※この「ルイジアナ州」の解説は、「カーペットバッガー」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「カーペットバッガー」の記事については、「カーペットバッガー」の概要を参照ください。


ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 08:33 UTC 版)

北米のチャイナタウン」の記事における「ルイジアナ州」の解説

ニューオーリンズ初期の原形中華街1870年代から1930年代頃までフォーバーグ・サン・マリー地域 (今日同市中心業務地区)のチューレーン・アベニューおよびサウス・ランパート・ストリートに存在していたが、この頃中華街建物多く1950年代後期壊されてしまった。代わって新しく洗練された「中華街」2003年郊外テリータウンのベールマン・ハイウェイ沿いに建設された。

※この「ルイジアナ州」の解説は、「北米のチャイナタウン」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「北米のチャイナタウン」の記事については、「北米のチャイナタウン」の概要を参照ください。


ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 01:51 UTC 版)

ハリケーン・ハービー」の記事における「ルイジアナ州」の解説

ルイジアナ州知事ジョン・ベル・エドワーズ(英語版)は非常事態宣言しキャメロン郡の都市キャメロン英語版)・クレオール・グランド・チェニア(英語版)・ハックベリー英語版)・ホリー・ビーチ(英語版)・ジョンソン・バヨー(英語版)では避難指示出された。ルイジアナ州道14号南に位置するバーミリオン郡では避難するよう勧告された。 ルイジアナ州国立警備隊50土嚢洪水時に備えボートなどが用意された。しかし、ニューオーリンズではウォーターポンプ120機のう15機が稼働しておらず、大雨が処理できないという懸念があった。8月29日公立学校のほか、大学医学校6校が休校となったハービー8月28日メキシコ湾南下した当時テキサス州メスキート湾からハイ・ランド発表されていた熱帯性暴風警報15時キャメロンまでに拡大、ルイジアナ州もキャメロンからイントラ・コースタルシティにかけて熱帯性暴風注意報発表されたハリケーン・ハービーによる熱帯低気圧警報・注意報発表履歴日付時間UTC警報・注意報地域8月17日 15:00 熱帯性暴風注意報 ドミニカ国 熱帯性暴風警報 マルティニーク島・セントルシア・バルバドス・セントビンセント・グレナディーン 8月18日 12:00 熱帯性暴風警報解除 バルバドス 18:00 全ての警報・注意報解除 全ての地域 8月23日 15:00 熱帯性暴風注意報 リオ・グランデ川河口からポートマンズフィールド(テキサス州熱帯性暴風注意報 サン・ルイス・パスからハイ・ランドテキサス州熱帯性暴風注意報 ボカ・デ・カタンからリオ・グランデ川河口メキシコハリケーン注意報 ポートマンズフィールドからサン・ルイス・パス(テキサス州8月24日 09:00 熱帯性暴風警報 ポートマンズフィールドからリオ・グランデ川河口テキサス州ハリケーン注意報 リオ・グランデ川河口からポートマンズフィールド(テキサス州熱帯性暴風注意報解除 サン・ルイス・パスからハイ・ランドテキサス州熱帯性暴風警報 マタゴルダからハイ・ランドテキサス州ハリケーン警報 ポートマンズフィールドからマタゴルダ(テキサス州21:00 熱帯性暴風警報 サージェントからハイ・ランドテキサス州ハリケーン警報 ポートマンズフィールドからサージェントテキサス州8月25日 15:00 熱帯性暴風警報 リオ・グランデ川河口からポートマンズフィールド(テキサス州21:00 熱帯性暴風注意報解除 全ての地域 熱帯性暴風警報解除 リオ・グランデ川河口からポートマンズフィールド(テキサス州8月26日 09:00 熱帯性暴風警報 ポート・オコナーからハイ・ランドテキサス州ハリケーン警報解除 ポートマンズフィールドからサージェントテキサス州15:00 熱帯性暴風警報 バフィン・ベイからハイ・ランドテキサス州ハリケーン警報解除 全ての地域 8月27日 03:00 熱帯性暴風警報 バフィン・ベイからサージェントテキサス州09:00 熱帯性暴風警報 ポート・オコナーからサージェントテキサス州21:00 熱帯性暴風注意報 サージェントからサン・ルイス・パス(テキサス州8月28日 03:00 熱帯性暴風注意報解除 全ての地域 熱帯性暴風警報解除 ポート・オコナーからサージェントテキサス州熱帯性暴風警報 メスキート・ベイからハイ・ランドテキサス州15:00 熱帯性暴風注意報 キャメロンからイントラコースタルシティ(ルイジアナ州) 熱帯性暴風警報 メスキート・ベイ(テキサス州)からキャメロン(ルイジアナ州) 21:00 熱帯性暴風注意報解除 全ての地域 熱帯性暴風警報 メスキート・ベイ(テキサス州)からイントラコースタルシティ(ルイジアナ州) 8月29日 15:00 熱帯性暴風注意報 モルガンシティからグランド島(ルイジアナ州) 熱帯性暴風注意報解除 メスキート・ベイ(テキサス州)からイントラコースタルシティ(ルイジアナ州) 熱帯性暴風警報 ポート・オコナー(テキサス州)からモルガンシティ(ルイジアナ州) 8月30日 03:00 熱帯性暴風注意報解除 全ての地域 熱帯性暴風警報解除 ポート・オコナー(テキサス州)からモルガンシティ(ルイジアナ州) 熱帯性暴風警報 フリーポートテキサス州)からグランド島(ルイジアナ州) 09:00 熱帯性暴風警報 ハイ・ランドテキサス州)からグランド島(ルイジアナ州) 12:00 熱帯性暴風警報 フリーポートテキサス州)からグランド島(ルイジアナ州) 18:00 熱帯性暴風警報 サビヌ峠からグランド島(ルイジアナ州) 8月31日 00:00 熱帯性暴風警報解除 全ての地域

※この「ルイジアナ州」の解説は、「ハリケーン・ハービー」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「ハリケーン・ハービー」の記事については、「ハリケーン・ハービー」の概要を参照ください。


ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 01:51 UTC 版)

ハリケーン・ハービー」の記事における「ルイジアナ州」の解説

大雨はルイジアナ州でも観測されアイオワ (ルイジアナ州)(英語版)で378ミリの総降水量観測している。レイクチャールズの町では浸水高1.2メートル達し家屋浸水し数百人が避難せざるを得ない状況陥った。 ルイジアナ州全体で見ると、8月28日までに約500人救助され、約200人が家から救助され、ルイジアナ州南西部避難所269人が避難したEF2竜巻発生し、エヴァンジライン (ルイジアナ州)(英語版)では1棟全壊含め4棟フェンスオートバイピックアップトラック被害が及び、電柱は3個が倒れた

※この「ルイジアナ州」の解説は、「ハリケーン・ハービー」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「ハリケーン・ハービー」の記事については、「ハリケーン・ハービー」の概要を参照ください。


ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 22:58 UTC 版)

村 (アメリカ合衆国)」の記事における「ルイジアナ州」の解説

ルイジアナ州では、人口1,000人以下の基礎自治体 (village) と称される

※この「ルイジアナ州」の解説は、「村 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「村 (アメリカ合衆国)」の記事については、「村 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。


ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 23:48 UTC 版)

アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の記事における「ルイジアナ州」の解説

ニューオーリンズ2020年2月開催されニューオーリンズ・マルディグラ感染拡大加速させたとみられる

※この「ルイジアナ州」の解説は、「アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の記事については、「アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の概要を参照ください。


ルイジアナ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 03:27 UTC 版)

遺留分」の記事における「ルイジアナ州」の解説

ルイジアナ州は1802年アメリカ合衆国売却される前のフランス大陸法影響残っており、コモン・ロー基礎を置くアメリカ合衆国の州では唯一遺留分を持つ。1989年法律788号が成立するまで、ルイジアナ州では、遺留分は親が子の相続権完全に奪うことを妨げるものとして機能しており、このような子は従前も現在も「強制相続人」と呼ばれている。被相続人卑属として子が一人残されたという場合には、この卑属被相続人遺産少なくとも25%受け取る必要があった。複数の子が居るときは、子ら併せて少なくとも遺産50%を受け取る必要があった。これと同様規定により被相続人存命の親から相続権を奪うことも認められていなかった。 1989年以降のルイジアナ州法では、被相続人の子24歳未満のとき、又は恒久的に自己の世話をする能力を欠くときに限って強制相続分侵害禁止され又は禁止されるべきものとして規定されている。それ以外の場合には、被相続人卑属相続権全面的に奪われることがあり得る。この変化は、実質的にはコモン・ロー遺言の自由の法理導入したものであるが、強制相続制度を完全に廃止するには至っていない。これを完全に廃止することは、ルイジアナ州憲法第7条第5節により明示的に禁止されている。

※この「ルイジアナ州」の解説は、「遺留分」の解説の一部です。
「ルイジアナ州」を含む「遺留分」の記事については、「遺留分」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ルイジアナ州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ルイジアナ州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ルイジアナ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルイジアナ州のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイジアナ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカーペットバッガー (改訂履歴)、北米のチャイナタウン (改訂履歴)、ハリケーン・ハービー (改訂履歴)、村 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)、アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況 (改訂履歴)、遺留分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS