ルイ14世とは? わかりやすく解説

ルイ14世 (フランス王)

(ルイ14世 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 01:37 UTC 版)

ルイ14世: Louis XIV、漢字:第十四世路易[1]1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。


注釈

  1. ^ フーケの逮捕は彼のライバルだったコルベールの陰謀であったとする説がある。長谷川 2002,pp.122-123.
  2. ^ ジェームズ1世(在位1603年 - 1625年)の時にイングランドスコットランド同君連合が成立しており、これ以前からイングランド王位と共有されていたアイルランド王位と併せて以降は便宜上「イギリス」と表記する。なお、イングランドとスコットランドが実際に合同して連合王国が成立するのは1707年である。
  3. ^ 1661年の歳入が3280万リーヴルだったのに対し、1683年の歳入は9300万リーヴルに増えている。もっとも歳出は1億900万リーヴルで、2000万リーヴル近い赤字であり、完全な健全化は叶わなかった。メチヴィエ 1955,pp.115-116.
  4. ^ ルイ13世と王妃アンヌ・ドートリッシュとが不仲になった原因は王妃が2度も流産を続けたためであった。ライトナー 1996,pp.204-206.
  5. ^ オリンピア・マンチーニはオーストリアの名将と謳われたオイゲン公の生母であり、オイゲン公はルイ14世の落胤と噂された。中野 2008,p.31.
  6. ^ ルイ14世とマントノン侯爵夫人の秘密結婚の正確な日付には諸説あるが、1683年10月9日とするのが一般的である。ベルセ 2008,pp.47-48.

出典

  1. ^ 仏国史(具氏). 下冊”. 国立国会図書館. 2022年10月18日閲覧。
  2. ^ 『グランド現代百科事典 28 ミツカーヤシキ』(1983年、学研
  3. ^ ルイ14世とバレエ音楽
  4. ^ 長谷川 2002,p.102.
  5. ^ 長谷川 2002,p.96;千葉 1984,p.16..
  6. ^ 長谷川 2002,pp.103-104;吉田 1978,p.8.
  7. ^ 吉田 1978,p.10.
  8. ^ 長谷川 2002,pp.104-105.
  9. ^ 吉田 1978,pp.17-18;成瀬 1968,p.205.
  10. ^ 長谷川 2002,p.109.
  11. ^ 長谷川 2002,p.107.
  12. ^ 長谷川 2002,p.108.
  13. ^ 大野他 1974,p.56.
  14. ^ 吉田 1978,p.12.
  15. ^ 長谷川 2002,pp.112-113.
  16. ^ 長谷川 2002,p.113.
  17. ^ 長谷川 2002,p.114.
  18. ^ 長谷川 2009,p.268.
  19. ^ 成瀬 1978,pp.282-283.
  20. ^ 成瀬 1968,pp.223-224.
  21. ^ 吉田 1978,p.20.
  22. ^ 長谷川 2002,pp.117-118.
  23. ^ 長谷川 2002,p.118.
  24. ^ 千葉 1984,p.59.
  25. ^ メチヴィエ 1955,pp.18-19.
  26. ^ 長谷川 2002,p.121,123.
  27. ^ 長谷川 2002,p.123;山上 1975,pp.227-229.
  28. ^ 林田 1996,pp.201-202.
  29. ^ 山上 1975,p.227.
  30. ^ 長谷川 2009,p.269.
  31. ^ 林田 1996,pp.206-208.
  32. ^ 山上 1975,pp.229-231.
  33. ^ 長谷川 2002,pp.124-125.
  34. ^ a b 長谷川 2002,p.125.
  35. ^ a b Colbertisme とは - コトバンク”. 世界大百科事典 第2版(日立ソリューションズ). 2013年1月27日閲覧。
  36. ^ 長谷川 2002,p.126.
  37. ^ 千葉 1984,pp.88-89.
  38. ^ 千葉 1984,pp.90-91.
  39. ^ シャルトラン 2000,pp.9-13;林田 1996,pp.213-217.
  40. ^ 長谷川 2002,pp.129-130.
  41. ^ 山上 1975,p.236.
  42. ^ ベルセ 2008,p.165;長谷川 2002,p.130;林田 1996,pp.205-206.
  43. ^ 長谷川 2002,pp.130-131.
  44. ^ 『精神障害のある人の人権』
  45. ^ 岩波 2009,p.67.
  46. ^ 千葉 1984, p. 141.
  47. ^ 千葉 1984, pp. 142-143.
  48. ^ 千葉 1984, p. 148.
  49. ^ 千葉 1984, pp. 149-150; 金澤 1966, pp. 56-57.
  50. ^ メチヴィエ 1955, p. 84.
  51. ^ a b 長谷川 2002, p. 134.
  52. ^ 長谷川 2002, p. 135; メチヴィエ 1955, pp. 84-85.
  53. ^ 金澤 1966, p. 58.
  54. ^ 千葉 1984, p. 150; メチヴィエ 1955, p. 85.
  55. ^ 金澤 1966, pp. 58-59.
  56. ^ 金澤 1966, pp. 59-60.
  57. ^ 千葉 1984, p. 151.
  58. ^ 金澤 1966, pp. 61-62
  59. ^ 金澤 1966, p. 62.
  60. ^ 千葉 1984, p. 152; 金澤 1966, p. 63.
  61. ^ 金澤 1966, p. 64.
  62. ^ 金澤 1966, pp. 64-65.
  63. ^ 千葉 1984, pp. 152-153; 金澤 1966, p. 65.
  64. ^ 金澤 1966, pp. 65-66.
  65. ^ 千葉 1984, pp. 153-154; 金澤 1966, pp. 66-69.
  66. ^ 金澤 1966, pp. 69-70.
  67. ^ a b 千葉 1984, pp. 154-155.
  68. ^ 金澤 1966, pp. 71-72.
  69. ^ メチヴィエ 1955, p. 88.
  70. ^ 佐藤 2010b, p. 153; 林田 1996, pp. 225-226.
  71. ^ メチヴィエ 1955, pp. 88-89.
  72. ^ 千葉 1984, p. 156.
  73. ^ 佐藤 2010b, pp. 153-154; 千葉 1984, p. 156.
  74. ^ 千葉 1984, p. 156; メチヴィエ 1955, p. 89.
  75. ^ 千葉 1982,p.104.
  76. ^ 大野他 1974,p.117.
  77. ^ 山上 1975,p.237.
  78. ^ 千葉 1982,pp.101-102.
  79. ^ 中島 2008,pp.44-45.
  80. ^ 中島 2008,pp.36-37;長谷川 2002,p.131.
  81. ^ 中島 2008,pp.37-38.
  82. ^ 中島 2008,pp.46-49.
  83. ^ 中島 2008,pp.90-92;長谷川 2002,p.133.
  84. ^ ベルセ 2008,pp.9-11;長谷川 2002,p.133;林田 1996,p.205.
  85. ^ 中島 2008,p.82.
  86. ^ ルイ14世、ヴェルサイユの庭園の案内役 - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月9日閲覧。
  87. ^ 中島 2008,pp.82-89.
  88. ^ ベルセ 2008,pp.11-12;林田 1996,p.231.
  89. ^ 宮廷人 - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月9日閲覧。
  90. ^ 長谷川 2009,pp.269-270.
  91. ^ 長谷川 2002,pp.131-134.
  92. ^ 千葉 1984,pp.128-129;メチヴィエ 1955,pp.100-102.
  93. ^ 林田 1996,pp.237-238;千葉 1984,p.129.
  94. ^ Goyau, G.. “"Louis XIV"”. The Catholic Encyclopedia. (Volume IX). New York: Robert Appleton Company. 2013年1月28日閲覧。
  95. ^ a b メチヴィエ 1955,p.103.
  96. ^ 長谷川 2009,p.290.
  97. ^ a b 長谷川 2009,p.293.
  98. ^ 千葉 1984,p.118.
  99. ^ 林田 1996,p.232.
  100. ^ 長谷川 2002,p.129.
  101. ^ 山上 1975,p.259.
  102. ^ a b 山上 1975,p.251.
  103. ^ ベルセ 2008,pp.48-49,51-53.
  104. ^ 千葉 1984,pp.129-130;メチヴィエ 1955,pp.103-104.
  105. ^ 長谷川 2009,pp.273-276.
  106. ^ a b 長谷川 2009,p.272.
  107. ^ ベルセ 2008,pp.109,113-114;千葉 1984,pp.134-135.
  108. ^ 長谷川 2009,p.273.
  109. ^ 山上 1975,pp.258-259.
  110. ^ 佐藤 2010b,p.156.
  111. ^ 千葉治男. “ルイ(14世)- Yahoo!百科事典”. 日本大百科全書(小学館). 2013年2月9日閲覧。[リンク切れ]
  112. ^ 世界伝記大事典(1981)12,p.150.
  113. ^ ベルセ 2008,pp.52-53.
  114. ^ 長谷川 2002,p.142
  115. ^ 佐藤 2010b,pp.157-158;友野 2004b,pp.175-177.
  116. ^ 松村赳. “名誉革命- Yahoo!百科事典”. 日本大百科全書(小学館). 2013年2月3日閲覧。[リンク切れ]
  117. ^ a b 友野 2004b,p.177.
  118. ^ 志垣嘉夫. “プファルツ戦争- Yahoo!百科事典”. 日本大百科全書(小学館). 2013年2月3日閲覧。[リンク切れ]
  119. ^ 佐藤 2010b,p.158;金澤 1966,pp.87-89.
  120. ^ 金澤 1966,p.92.
  121. ^ 佐藤 2010b,p.159.
  122. ^ a b 金澤 1966,p.93.
  123. ^ 長谷川 2002,p.145.
  124. ^ a b 友野 2007,p.12.
  125. ^ a b 長谷川 2002,p.146.
  126. ^ a b 友野 2007,p.13.
  127. ^ 友野 2007,pp.14-15.
  128. ^ 友野 2007,pp.17-18.
  129. ^ a b 友野 2007,p.18.
  130. ^ 友野 2007,p.19.
  131. ^ 友野 2007,p.21.
  132. ^ 友野 2007,pp.21-23.
  133. ^ 友野 2007,pp.22-23.
  134. ^ メチヴィエ 1955,pp.93-94.
  135. ^ メチヴィエ 1955,p.94.
  136. ^ 友野 2007,p.23.
  137. ^ 友野 2007,pp.23-24,27-29.
  138. ^ 友野 2007,pp.25-26;金澤 1966,p.100.
  139. ^ 友野 2007,pp.49-50.
  140. ^ a b 佐藤 2010c,p.152.
  141. ^ 佐藤 2010c,p.157.
  142. ^ 金澤 1966,pp.108-109.
  143. ^ 佐藤 2010d,p.148.
  144. ^ 金澤 1966,pp.110-111.
  145. ^ 長谷川 2002,pp.149-150
  146. ^ 山上 1975,pp.260-263.
  147. ^ 山上 1975,p.263.
  148. ^ 長谷川 2002,pp.155-156.
  149. ^ 千葉 1984,p.193.
  150. ^ 山上 1975,p.265.
  151. ^ 長谷川 2002,pp.154-155.
  152. ^ 長谷川 2002,pp.154-159.
  153. ^ 長谷川 2002,pp.159-161.
  154. ^ 吉田 1978,p.19.
  155. ^ 千葉 1984,p.96.
  156. ^ 山上 1975,pp.239-240;大野他 1974,p.126.
  157. ^ 成瀬 1968,pp.226-227.
  158. ^ 成瀬 1968,pp.228-229.
  159. ^ 成瀬 1968,pp.233-235.
  160. ^ 山上 1975,p.240;大野他 1974,p.123-124.
  161. ^ 千葉 1984,pp.105-106.
  162. ^ 山上 1975,p.241.
  163. ^ 山上 1975,p.240;大野他 1974,p.126.
  164. ^ 国王の食卓 - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月8日閲覧。
  165. ^ 千葉 1984,pp.104-105;大野他 1974,pp.119-120;成瀬 1968,pp.259-261.
  166. ^ ベルセ 2008,pp.13-14.
  167. ^ 成瀬 1968,p.261.
  168. ^ 成瀬 1968,p.258.
  169. ^ ライトナー 1996,pp.208-212.
  170. ^ Louis Cromption, Homosexuality and Civilization, London, 1991. The grandson of Henry III, Saint-Luc, penned the irreverent rhyme: 'Become a bugger, Baradas / if you are not already one / like Maugiron my grandfather / and La Valette'.
  171. ^ 山上 1975,p.54-55.
  172. ^ ベルセ 2008,p.68.
  173. ^ ミシュレ 2010,p.204;ライトナー 1996,pp.230-231.
  174. ^ ライトナー 1996,pp.230-231.
  175. ^ ベルセ 2008,pp.69-70.
  176. ^ a b ベルセ 2008,p.34.
  177. ^ 大野他 1974,p.222.
  178. ^ ライトナー 1996,pp.246-247.
  179. ^ 大野他 1974,p.222-223.
  180. ^ 大野他 1974,p.223.
  181. ^ 長谷川 2002,p.140.
  182. ^ 長谷川 2002,pp.139-140.
  183. ^ 千葉 1982,p.107.
  184. ^ 中島 2008,p.116.
  185. ^ 長谷川 2002,pp.140-141.
  186. ^ ベルセ 2008,p.28;長谷川 2002,p.141;千葉 1982,p.107.
  187. ^ 別冊歴史読本55 マリー・アントワネットとヴェルサイユ 133頁(新人物往来社、2003年)
  188. ^ ベルセ 2008,p.36.
  189. ^ ミシュレ 2010,pp.287-299;千葉 1982,p.108;金澤 1966,pp.76-77.
  190. ^ 別冊歴史読本55 マリー・アントワネットとヴェルサイユ 128~131頁(新人物往来社、2003年)
  191. ^ 千葉 1982,pp.108-109.
  192. ^ 千葉 1982,p.109;金澤 1966,pp.77-78.
  193. ^ 川島 2006,pp.121-124;千葉 1982,p.110;金澤 1966,pp.78-79.
  194. ^ 川島 2006,pp.127-129,134;千葉 1982,pp.110-111.
  195. ^ a b 千葉 1982,p.111.
  196. ^ 川島 2006,pp.148-150;金澤 1966,p.82.
  197. ^ 川島 2006,p.149,151.
  198. ^ 川島 2006,pp.151-152
  199. ^ 山上 1975,p.250.
  200. ^ 川島 2006,p.155.
  201. ^ 山上 1975,pp.250-251.
  202. ^ 川島 2006,pp.158-159.
  203. ^ a b 白石嘉治「踊る王から見る王へ : ルイ14世治下におけるオペラ再興の一断面」、上智大学フランス語フランス文学会、1991年、2012年2月3日閲覧。
  204. ^ ボーシャン,P. とは- コトバンク”. 世界大百科事典 第2版(日立ソリューションズ). 2013年2月3日閲覧。
  205. ^ 千葉 1984,p.61.
  206. ^ 仏政府、スト支持のオペラ座ダンサーらに譲歩案”. AFP (2019年12月29日). 2019年12月29日閲覧。
  207. ^ バーク 2004,p.65,169.
  208. ^ 中野 2008,pp.27-29;バーク 2004,p.169.
  209. ^ 中野 2008,pp.27-29.
  210. ^ ベルセ 2008,pp.34
  211. ^ ベルセ 2008,pp.15-16.
  212. ^ a b サン=シモン - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月11日閲覧。
  213. ^ ベルセ 2008,p.16,186.
  214. ^ ベルセ 2008,p.15.
  215. ^ ベルセ 2008,p.185.
  216. ^ ベルセ 2008,p.185;千葉 1982,p.10.
  217. ^ ベルセ 2008,pp.4-5.
  218. ^ ベルセ 2008,p.5.
  219. ^ ミシュレ 2010,pp.531-533.
  220. ^ a b ベルセ 2008,p.187.
  221. ^ ベルセ 2008,pp.124-125.
  222. ^ ベルセ 2008,pp.149-152,187.
  223. ^ ベルセ 2008,pp.188-194.


「ルイ14世 (フランス王)」の続きの解説一覧

ルイ14世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/04 21:33 UTC 版)

ブラジュロンヌ子爵」の記事における「ルイ14世」の解説

ブルボン朝全盛期統治したフランス王第2部『二十年後』では幼く、母アンヌ宰相マザラン傀儡だったが、マザランの死と共に徐々に権力を掌握し、作中では太陽が昇るごとく絶頂迎える。

※この「ルイ14世」の解説は、「ブラジュロンヌ子爵」の解説の一部です。
「ルイ14世」を含む「ブラジュロンヌ子爵」の記事については、「ブラジュロンヌ子爵」の概要を参照ください。


ルイ14世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 21:18 UTC 版)

異世界のトイレで大をする。」の記事における「ルイ14世」の解説

誤った医療法により全ての歯を抜いてしまい、柔らかいものしか食べられなくなり消化不良による慢性的な下痢悩まされたため、玉座便器改造したという。

※この「ルイ14世」の解説は、「異世界のトイレで大をする。」の解説の一部です。
「ルイ14世」を含む「異世界のトイレで大をする。」の記事については、「異世界のトイレで大をする。」の概要を参照ください。


ルイ14世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 14:23 UTC 版)

アンジェリク (小説)」の記事における「ルイ14世」の解説

フランス国王宮廷見慣れた美女たちとは違うアンジェリク魅せられ手に入るためプレシ侯爵結婚させる戦場で命をはって助けてくれプレシ侯爵心の友信じ借金の形にすすめられる婚姻王名破棄させる人情も持つが、欲しモノなんとしてでも手に入れ専制君主として描かれる実在フランス国王ルイ14世がモデルとなっている。

※この「ルイ14世」の解説は、「アンジェリク (小説)」の解説の一部です。
「ルイ14世」を含む「アンジェリク (小説)」の記事については、「アンジェリク (小説)」の概要を参照ください。


ルイ14世(1643年 - 1715年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 17:22 UTC 版)

フランス元帥」の記事における「ルイ14世(1643年 - 1715年)」の解説

アンリ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ1611年 - 1675年)、テュレンヌ子爵授与年:1643年フランス大元帥授与年:1660年 ジャン・ド・ガッシオン(Jean de Gassion)(1609年 - 1647年)、ガッシオンGassion)伯。授与年:1643年 セザール・ド・ショワズール・デュ・プレシ=プララン(Cesar de Choiseul du Plessis-Praslin)(1598年 - 1675年)、シュワズール公。授与年:1645年 ヨシアス・ランツァウ(Josias Rantzau)(1609年 - 1650年)、ランツァウ伯。授与年:1645年 ニコラ・ド・ヌフヴィル(Nicolas de Neufville)(1597年 - 1685年)、ヴィルロワ公。授与年:1646年 ガスパール4世・ド・コリニー(Gaspard IV de Coligny)(1620年 - 1649年)、コリニー公。授与年:1649年 アントワーヌ・ドーモン・ド・ロシュバロン(Antoine d'Aumont de Rochebaron)(1601年 - 1669年)、オーモン公。授与年:1651年 ジャック・デタンプ(Jacques d'Étampes)(1590年 - 1663年)、ラ・フェルテ=アンボー侯。授与年:1651年 アンリ・ド・ラ・フェルテ=センテール(Henri de La Ferte-Senneterre)(1600年 - 1681年)、ラ・フェルテ=センテール公。授与年:1651年 シャルル・ド・モンシー(Charles de Monchy)(1599年 - 1658年)、オカンクール(Hocquincourt)侯。授与年:1651年 ジャック・ルエル(Jacques Rouxel)(1603年 - 1680年)、グランセ伯。授与年:1651年 アルマン・ノンパール・ド・コーモン(Armand Nompar de Caumont)(1582年 - 1672年)、ラ・フォルス公。授与年:1652年 フィリップ・ド・クレランボー(Philippe de Clérambault)(1606年 - 1665年)、ラ・パリョー(la Palluau)伯。授与年:1652年 セザール・フェビュス・ダルブレ(Cesar Phoebus d'Albret)(1614年 - 1676年)、ミオサン伯。授与年:1653年 ルイ・ド・フーコー・ド・サン=ジェルマン・ボープレ(Louis de Foucault de Saint-Germain Beaupre)(1616年 - 1659年)、Daugnon伯。授与年:1653年 ジャン・ド・シューレンベルグ(Jean de Schulemberg)(1597年 - 1671年)、モンジュ(Montejeu)伯。授与年:1658年 アブラアム・ド・ファベール(Abraham de Fabert)(1599年 - 1662年)、エステルネ侯。授与年:1658年 ジャック・ド・カステルノ(Jacques de Castelnau)(1620年 - 1658年)、カステルノ侯。授与年:1658年 ベルナルダン・ジゴー ・ド・ベルフォン(Bernardin Gigault de Bellefonds)(1630年 - 1694年)、ベルフォン(Bellefonds)侯。授与年:1668年 フランソワ・ド・クレキ1620年 - 1687年)、マリンMarines)侯。授与年:1668年 ルイ・ド・クルヴァン(1628年 - 1694年)、ユミエール公。授与年:1668年 ジョフロワ・デストラード(Godefroy d'Estrades)(1607年 - 1686年)、エストラード伯。授与年:1675年 フィリップ・ド・モントー=ベナック(Philippe de Montaut-Bénac)(1619年 - 1684年)、ナヴァイユ公。授与年:1675年 フレデリック・ションバーグ1616年 - 1690年)、ションバーグ公授与年:1675年 ジャック・アンリ・ド・デュルフォール(Jacques Henri de Durfort)(1625年 - 1704年)、デュラス公。授与年:1675年 フランソワ・ドービュッソン(François d'Aubusson)(1625年 - 1691年)、ラ・フイヤード(la Feuillade)公。授与年:1675年 ルイ・ヴィクトル・ド・ロシュシュアール(Louis Victor de Rochechouart)(1636年 - 1688年)、モルトマール公、le Marechal de Vivonne授与年:1675年 フランソワ・アンリ・ド・モンモランシー(1628年 - 1695年)、リュクサンブール公。授与年:1675年 アンリ・ルイ・ダロワーニ(Henri Louis d'Aloigny)(1636年 - 1676年)、ロシュフォール侯。授与年:1675年 ギー・ド・デュルフォール(Guy de Durfort)(1630年 - 1702年)、ロルジュ公。授与年:1676年 ジャン2世・デストレ(Jean II d'Estrées)(1624年 - 1707年)、エストレ伯。授与年:1681年 クロード・ド・ショワズール(Claude de Choiseul)(1632年 - 1711年)、フランシエール侯。授与年:1693年 ジャン=アルマン・ド・ジョワイユーズ(Jean-Armand de Joyeuse)(1632年 - 1710年)、グランプレ侯。授与年:1693年 フランソワ・ド・ヌフヴィル(1644年 - 1730年)、ヴィルロワ公。授与年:1693年 ルイ・フランソワ・ド・ブーフレール1644年 - 1711年)、ブーフレール公。授与年:1693年 アンヌ・イラリオン・ド・コタンタン1642年 - 1701年)、トゥールヴィル伯。授与年:1693年 アンヌ=ジュール・ド・ノアイユAnne-Jules de Noailles)(1650年 - 1708年)、ノアイユ公。授与年:1693年 ニコラ・カティナ1637年 - 1712年)、サン=グラティアン領主le marechal Catinat授与年:1693年 クロード・ルイ・エクトル・ド・ヴィラール1653年 - 1734年)、ヴィラール公。授与年:1702年フランス大元帥授与年:1733年 ノエル・ブトン・ド・シャミリー(Noël Bouton de Chamilly)(1636年 - 1715年)、シャミリー侯。授与年:1703年 ヴィクトル・マリー・デストレ(Victor Marie d'Estrées)(1660年 - 1737年)、エストレ公。授与年:1703年 フランソワ・ルイ・ルスレ・ド・シャトー=ルノーFrançois Louis Rousselet de Châteaurenault)(1637年 - 1716年)、シャトー=ルノー侯。授与年:1703年 セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバン1633年 - 1707年)、ヴォーバン侯。授与年:1703年 コンラー・ド・ローゼン(Conrad de Rosen)(1628年 - 1715年)、ローゼンRosen)侯。授与年:1703年 ニコラ・シャロン・デュ・ブレ(Nicolas Chalon du Ble)(1652年 - 1730年)、ユクセル(Huxelles)侯。授与年:1703年 ルネ・ド・フルーレ(1651年 - 1725年)、テッセ伯。授与年:1703年 カミーユ・ドスタン(1652年 - 1728年)、タラール公。授与年:1703年 ニコラ・アウグスト・ド・ラ・ボーム(Nicolas Auguste de La Baume)(1636年 - 1716年)、モンレヴェル侯。授与年:1703年 アンリ・ダルクール(Henry d'Harcourt)(1654年 - 1718年)、アルクール公。授与年:1703年 フェルディナン・ド・マルサン1656年 - 1706年)、マルサン伯。授与年:1703年 ジェームズ・フィッツジェームズ1670年 - 1734年)、ベリック公。授与年:1706年 シャルル・アウグスト・ド・ゴワイヨン(Charles Auguste de Goyon)(1647年 - 1739年)、マティニョン伯。授与年:1708年 ジャック・バザン・ド・ブゾン(Jacques Bazin de Bezons)(1645年 - 1733年)、ブゾン侯。授与年:1709年 ピエール・ド・モンテスキュー(Pierre de Montesquiou)(1645年 - 1725年)、アルタニャン伯。授与年:1709年

※この「ルイ14世(1643年 - 1715年)」の解説は、「フランス元帥」の解説の一部です。
「ルイ14世(1643年 - 1715年)」を含む「フランス元帥」の記事については、「フランス元帥」の概要を参照ください。


ルイ14世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 15:28 UTC 版)

シャンボール城」の記事における「ルイ14世」の解説

フランソワ1世死後80年以上、フランスの各王は城を放り出したままで、荒れ果てる任せていた。ようやく1639年ルイ13世が弟オルレアン公ガストンに城を与えると、ガストン公は城の修繕乗り出しシャンボール城荒廃から救い出した。ルイ14世は巨大な本丸改修し、城に調度品備え付けた。王は300頭の馬の厩舎作らせ狩猟出かけたりモリエールなどの名士毎年数週間滞在させたりできるようにした。にもかかわらず、ルイ14世は1685年には城を放棄した

※この「ルイ14世」の解説は、「シャンボール城」の解説の一部です。
「ルイ14世」を含む「シャンボール城」の記事については、「シャンボール城」の概要を参照ください。


ルイ14世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 14:28 UTC 版)

二十年後」の記事における「ルイ14世」の解説

フランス国王。まだ幼く、母アンヌ枢機卿マザラン実権握られている

※この「ルイ14世」の解説は、「二十年後」の解説の一部です。
「ルイ14世」を含む「二十年後」の記事については、「二十年後」の概要を参照ください。


ルイ14世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 19:50 UTC 版)

国王」の記事における「ルイ14世」の解説

ブルボン朝第3代国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日ナバラ王国国王

※この「ルイ14世」の解説は、「国王」の解説の一部です。
「ルイ14世」を含む「国王」の記事については、「国王」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ルイ14世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ルイ14世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルイ14世」の関連用語

ルイ14世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルイ14世のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイ14世 (フランス王) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラジュロンヌ子爵 (改訂履歴)、異世界のトイレで大をする。 (改訂履歴)、アンジェリク (小説) (改訂履歴)、フランス元帥 (改訂履歴)、シャンボール城 (改訂履歴)、二十年後 (改訂履歴)、国王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS