絶頂とは? わかりやすく解説

ぜっ‐ちょう〔‐チヤウ〕【絶頂】

読み方:ぜっちょう

山の頂上。いただき

最高のところ。頂点。「得意の—にある」


絶頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 15:00 UTC 版)

絶頂(ぜっちょう)




「絶頂」の続きの解説一覧

絶頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 19:34 UTC 版)

洲崎西」の記事における「絶頂」の解説

2014年12月洲崎地元石川県テレビ番組月曜から絶好調!!』にゲスト出演し第81回放送にてその時話題をなった際、洲崎番組名改変し『月曜から絶頂』と発言した2015年春開催され番組イベントタイトル名(「ざきにし春の豚まつり 〜Majiで絶頂5秒前〜」)としても使用された。

※この「絶頂」の解説は、「洲崎西」の解説の一部です。
「絶頂」を含む「洲崎西」の記事については、「洲崎西」の概要を参照ください。


絶頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/29 07:48 UTC 版)

ピナトゥボ山」の記事における「絶頂」の解説

6月15日噴火は絶頂を迎えた台風第5号 (YUNYA) が接近する中で早朝から噴火繰り返され混じってゴルフボール大の軽石降り注いだ13時42分に始まった大きな揺れは、クラーク空軍基地すべての地震計の針を振り切った。マニラでも地震続いた火砕物混濁流のために、14時30分までにすべての地震計計測不能に陥ったまた、強烈な空振記録されている。 火山の北75km近辺通過した台風による噴火目視観察不可能だったが、センサの示すところ、噴火ピーク3時間ほど続き火山灰が高度40kmまで噴き上げられた。火砕流山頂から16km流下し、台風豪雨降り積もった火山灰染み込んで大規模な火山泥流ラハール)を引き起こした。まさに、プリニー式噴火である。 火山灰からなるは、125,000 km2もの面積をおおい、ルソン島中心部大部分が闇に包まれた。島のほぼ全域火山灰降り吸って重量増し雪のような態で一面おおった南シナ海一円火砕物降り降灰ベトナムカンボジアマレーシアにまで及んだ噴火ピーク至った9時後の22時30分頃には、空振噴火前レベルにまで落ちていた。この時地震の記録存在しないが、火山学者22時30分噴火ピーク終わった考えている

※この「絶頂」の解説は、「ピナトゥボ山」の解説の一部です。
「絶頂」を含む「ピナトゥボ山」の記事については、「ピナトゥボ山」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「絶頂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

絶頂

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:34 UTC 版)

名詞

ぜっちょう

  1. 山の頂上
  2. 最高状態
  3. オーガズムエクスタシー

発音(?)

ぜ↗っちょー

「絶頂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

絶頂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絶頂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絶頂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの洲崎西 (改訂履歴)、ピナトゥボ山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの絶頂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS