カリブ海とは? わかりやすく解説

カリブ‐かい【カリブ海】


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 05:59 UTC 版)

カリブ海カリブかい、: Caribbean Sea西: Mar Caribe: mer des Caraïbesは、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。南はベネズエラコロンビアといった南アメリカ大陸パナマに、西は北アメリカ大陸に属するコスタリカニカラグアホンジュラスグアテマラベリーズ、そしてメキシコユカタン半島に、北はキューバイスパニョーラ島ハイチドミニカ共和国ジャマイカプエルトリコといった大アンティル諸島に、東は小アンティル諸島に接している[1]


  1. ^ The Caribbean Sea World Wildlife Fund. Website last accessed 5 December 2009
  2. ^ The Caribbean Sea All The Sea. URL last accessed May 7, 2006
  3. ^ 「『現代用語の基礎知識』特別編集 国際情勢ベーシックシリーズ9 ラテンアメリカ 第2版」 p150-151 自由国民社 加茂雄三ほか著 2005年2月10日第2版第1刷
  4. ^ 「地球を旅する地理の本 7 中南アメリカ」p165 大月書店 1993年11月29日第1刷発行
  5. ^ 「マヤ文明 密林に栄えた石器文化」p198 青山和夫 岩波新書 2012年4月20日第1刷
  6. ^ 「地球を旅する地理の本 7 中南アメリカ」p167 大月書店 1993年11月29日第1刷発行
  7. ^ 国本伊代・小林志郎・小沢卓也『パナマを知るための55章』p54 エリア・スタディーズ、明石書店 2004年
  8. ^ 「略奪の海カリブ」p104 増田義郎 岩波書店 1989年6月20日第1刷
  9. ^ 「略奪の海カリブ」p138-139 増田義郎 岩波書店 1989年6月20日第1刷
  10. ^ 「『現代用語の基礎知識』特別編集 国際情勢ベーシックシリーズ9 ラテンアメリカ 第2版」 p157 自由国民社 加茂雄三ほか著 2005年2月10日第2版第1刷
  11. ^ 「中米の奇跡コスタリカ」寿里順平 東洋書店 平成2年5月5日2版1刷
  12. ^ 「『現代用語の基礎知識』特別編集 国際情勢ベーシックシリーズ9 ラテンアメリカ 第2版」 p160 自由国民社 加茂雄三ほか著 2005年2月10日第2版第1刷
  13. ^ 「ラテンアメリカを知る事典」p119 平凡社 1999年12月10日新訂増補版第1刷
  14. ^ 「中部アメリカ」(世界地誌シリーズ10)p104-105 石井久生・浦部浩之編 朝倉書店 2018年3月20日初版第1刷
  15. ^ 「中部アメリカ」(世界地誌シリーズ10)p106-107 石井久生・浦部浩之編 朝倉書店 2018年3月20日初版第1刷
  16. ^ 「中部アメリカ」(世界地誌シリーズ10)p111-113 石井久生・浦部浩之編 朝倉書店 2018年3月20日初版第1刷
  17. ^ 「現代中米・カリブを読む 政治・経済・国際関係」(異文化理解講座8)p178 小池康弘編 国際交流基金 2008年3月31日1版1刷発行
  18. ^ 「世界地理14 ラテンアメリカⅠ」p313-315 福井英一郎編 昭和53年9月25日初版第1刷 朝倉書店
  19. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3027347 「過去20年に大きな被害を出した火山噴火一覧」AFPBB 2014年09月29日 2015年2月11日閲覧
  20. ^ 二村久則編集『コロンビアを知るための60章』エリアスタディーズ90  24ページ 明石書店 2011年6月30日初版第1刷 
  21. ^ Status of coral reefs in the Caribbean and Atlantic Ocean World Resource Institute. URL accessed on April 29, 2006.
  22. ^ 「世界地理14 ラテンアメリカⅠ」p258 福井英一郎編 昭和53年9月25日初版第1刷 朝倉書店
  23. ^ 「国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会」”. 外務省 (2016年7月7日). 2020年6月13日閲覧。
  24. ^ 「現代中米・カリブを読む 政治・経済・国際関係」(異文化理解講座8)p179-180 小池康弘編 国際交流基金 2008年3月31日1版1刷発行
  25. ^ a b An Overview of Land Based Sources of Marine Pollution Caribbean Environment Programme. URL last accessed May 14, 1 B.C.
  26. ^ LME 12: Caribbean Sea NOAA Fisheries Northeast Fisheries Science Center Narragansett Laboratory. URL last accessed May 14, 2006.
  27. ^ Reefs at Risk in the Caribbean: Economic Valuation Methodology World Resources Institute 2007.
  28. ^ パナマ運河を超えるニカラグア運河、まもなく着工予定”. WIRED.jp (2014年7月27日). 2015年2月11日閲覧。
  29. ^ Nicaragua announces start of China-backed canal to rival Panama ロイターBY GABRIEL STARGARDTER
  30. ^ ニカラグアの運河、12月着工 総延長パナマの3倍


「カリブ海」の続きの解説一覧

カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 01:22 UTC 版)

海賊」の記事における「カリブ海」の解説

詳細は「海賊の黄金時代」および「カリブ海の海賊 (歴史)を参照 17世紀のカリブ海では1630年頃からバッカニアよばれる海賊活動したバッカニア当時西インド諸島支配勢力であったスペイン船舶主として狙い元はトルトゥーガ島フランス人たちで構成されていたが、徐々にイングランド人オランダ人といった新興国人間加わりスペインへの略奪行為勤しんだ。当時西インド諸島にはスペインから遅れてイングランドフランスオランダ入植を始めていたが、当時海軍本国に留め置かれるものであり、植民地常備軍配置する力はなかった。そこで現地政府は、植民地敵国から守ると同時に敵国弱らせて貿易独占を守るためにバッカニア私掠免許与え私掠船員として雇った(この免許現地政府裁量で出されるものであり、国が公式に出したものではないことが多かった)。著名なイングランド人バッカニアであったヘンリー・モーガンは、そのスペインに対する略奪活躍から、後にイングランド王室からナイト叙され最終的にはジャマイカ副総督にまで出世した。 しかし、17世紀末になるとスペイン弱体化に伴う国際情勢の変化により、イングランドフランススペインとの友好や、貿易関係重視するうになる。特に1670年結ばれたマドリード条約によって、イングランド公式にはスペインに対する私掠免許発行しなくなり取り締まりも行うようになった。こうしてバッカニアたちは引退して一般職につくか(この中には政府公認の海賊ハンターとなって、元同業者たち狩る私掠船なるものもいた)、活動拠点北米もしくはマダガスカル変えて海賊行為継続するかの選択をした(後述)。 18世紀入ってスペイン継承戦争1701年 - 1714年)が勃発して西インド諸島戦火見舞われると(アン女王戦争)、再び各国政府海軍力を補うために私掠免許発行行ったこの中でイングランドイギリス)から許可を受けてスペインフランス船舶襲っていた私掠船が、戦後に職を失って海賊化した。彼らは戦中から統治機構撤退したニュープロビデンス島ナッソーなどを拠点にしていた(海賊共和国)。この時代著名な海賊黒髭バーソロミュー・ロバーツであり、海賊旗ジョリー・ロジャーを掲げ敵船を襲うなど、今日一般にイメージされるカリブの海賊である。 この時代海賊について書かれ史料には、航海に出る前に戦闘負傷した時の補償金制定していたこと、略奪品平等に分配していたこと、などが記されている(海賊の掟)。

※この「カリブ海」の解説は、「海賊」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「海賊」の記事については、「海賊」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/17 18:34 UTC 版)

メイフラワー (哨戒ヨット)」の記事における「カリブ海」の解説

1899年はじめ、メイフラワーニューヨークへ向かいプエルトリコ周辺海域での特殊任務用に改装するため、2月2日にいったん退役となった1900年6月15日、再び就役したメイフラワー艦長にはダンカン・ケネディ (Duncan Kennedy) 中佐就任したメイフラワーサンフアンで、アメリカ合衆国直轄領としての初代知事チャールズ・ハーバート・アレン(英語版)が組織した行政府拠点のひとつとして機能した1902年メイフラワー2度にわたってジョージ・デューイ少将旗艦となった1903年11月、ジョセフ・コクラン(英語版少将は、パナマ運河建設目的パナマコロンビアから独立した革命際にメイフラワー旗艦としてパナマ沖に展開した1904年の夏には、メイフラワーヨーロッパへ渡り秋にアメリカ合衆国陸軍長官だったウィリアム・タフト西インド諸島視察乗艦として用いられた。メイフラワー1904年11月1日ニューヨークで退役し大統領専用ヨット転用された。

※この「カリブ海」の解説は、「メイフラワー (哨戒ヨット)」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「メイフラワー (哨戒ヨット)」の記事については、「メイフラワー (哨戒ヨット)」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 02:49 UTC 版)

年季奉公」の記事における「カリブ海」の解説

16世紀と17世紀にカリブ海の諸島やってきたヨーロッパ人年季奉公制度採用した移民して来る人の大半は若い男であり、土地を所有する直ぐにでも金持ちになる夢を抱いて諸島への船賃引き換えに数年間の自由を売ってきた。諸島土地所有者到着した奉公人船賃払い食糧住居与えた奉公人主人の畑で一定期間通常4年ないし7年)働くことを要求された。この期間の奉公人主人財産考えられた。奉公人主人考え方売却あるいは追放もあり、主人許可無しで結婚もできなかった。通常奉公人商品売買許されなかったが、奴隷とは異なり自分の財産を持つことは認められた主人待遇がひどい時は、土地判事ところに行くこともできた。年季が明ける解放され、「自由手当て」を渡された。これらの手当て土地あるいは砂糖という現物の形を取ることもあり、それで独立した農夫あるいは自由労働者になる機会与えられた年季奉公1600年代イングランドアイルランドでは普通に見かけられるものであったこのころ多くのアイルランド人誘拐されバルバドス諸島連れて行かれた。「バルバドーズド」という言葉このような行為指し、「レッドレッグズ」はこの行為関わる集団表した1649年から1655年にかけてオリバー・クロムウェルアイルランドスコットランド遠征のときに捕まえられた者も年季奉公として強的に移住させられた。 奴隷貿易盛んな頃は、アイルランド人奴隷としてモントセラト島に連れてこられた聖パトリックの祝日祝日としているのはアイルランド共和国以外はここだけである。 1660年以後ヨーロッパからカリブ海諸島やって来る年季奉公人はほとんどいなくなった。ほとんどの島々ではアフリカ人奴隷厳し畑仕事行った自由の身になったばかりの奉公人は数エーカー土地与えられたが、砂糖利益を出すためには数百エーカー以上のプランテーション必要だったために、生活していけなかった多数奴隷を使うプランテーション所有者残酷だという評判があり、年季奉公考える者達を躊躇わせた。島自体恐ろし疫病の罠と考えられるものでもあった。一方アフリカ人優秀な労働者であった農業や牛を飼った経験があり、熱帯気候にも慣れており、熱帯病気にも耐性があり、プランテーション鉱山で「懸命に働く」ことができた。黄熱病マラリアおよびヨーロッパ人もたらした病気で、17世紀間に年季奉公人33ないし50%は年季が明ける前に死んだとされている1838年イギリス帝国奴隷制廃止されプランテーション所有者は安い労働者として年季奉公に顔を向けた。これら奉公人世界あちこち中国ポルトガル、特にインドから多く集められた。この仕組みモーリシャスアープラヴァシ・ガート始められ1917年まで続いたその結果インド系カリブ人ガイアナでは多数派トリニダード・トバゴスリナムでも多くの住人がおり、ジャマイカグレナダおよびバルバドス諸島などカリブ海の諸島少なからぬ人々生活している。 カリブ関連項目 人身売買

※この「カリブ海」の解説は、「年季奉公」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「年季奉公」の記事については、「年季奉公」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 05:55 UTC 版)

先住アメリカ人の一覧」の記事における「カリブ海」の解説

記事参照 カリブ海 アゲイバナ - スペイン人を神と思い込んでいたタイノ族酋長(Agüeybaná and Agüeybaná II) アダム・サンドフォード - ドミニカ国出身カリブ族クリケット選手アトゥエイ - スペインコンキスタドールに対して抵抗運動したタイノ族酋長(Hatuey) アラシボー - プエルトリコタイノ族酋長 アナカオーナ - 黄金の花呼ばれたハイチタイノ族の女酋長(Anacaona) エンリキージョ - スペイン人抵抗運動したタイノ族(Enriquillo) ガーネット・ジョセフ - 現ドミニカ国カリブ族酋長 ジェイコブ・フレデリック - ドミニカ国カリブ族出身芸術家 ジュマカオ - プエルトリコタイノ族酋長1人 ハユヤ ヒラリー・ベルグレーブ・フレデリック - ドミニカ国女性カリブ族酋長

※この「カリブ海」の解説は、「先住アメリカ人の一覧」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「先住アメリカ人の一覧」の記事については、「先住アメリカ人の一覧」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 05:46 UTC 版)

スウェーデンによるアメリカ大陸の植民地化」の記事における「カリブ海」の解説

カリブ海のリーワード諸島浮かサン・バルテルミー島1784年 - 1878年)は「ポルト・フランコ」(自由貿易港)として運営された。その首都であるグスタビアは、スウェーデン王グスタフ3世因むものであるスウェーデン勅許会社スウェーデン西インド会社設立し奴隷貿易開始したが、さほど利益もたらさず、1805年閉鎖された奴隷貿易1846年までに廃止された。移住者は、スウェーデンなど北欧からも来ており、現在、島の住民は、フランスから来たブルターニュ人並んでノルマン人の子孫も多い。その後フランス領となっている。 同じくリーワード諸島グアドループは、ナポレオン戦争結末として、1813年から1814年イギリスからスウェーデン所有するところになった。このときに、フアダループ基金設定された。ここもその後フランス海外県となっている。

※この「カリブ海」の解説は、「スウェーデンによるアメリカ大陸の植民地化」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「スウェーデンによるアメリカ大陸の植民地化」の記事については、「スウェーデンによるアメリカ大陸の植民地化」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 14:39 UTC 版)

リチャード・モントゴメリー」の記事における「カリブ海」の解説

イギリス政府カナダ征服した後、カリブ海でフランス軍を破る作戦立てた1761年11月モントゴメリーと第17歩連隊バルバドス移動し北アメリカから来た他の部隊合流した1762年1月5日部隊バルバドス出発してフランス領マルティニーク島向かい1月半ばには到着したフランス軍攻撃迫っているという報に接しており、その防御工作造り上げていた。上陸拠点すばやく構築され主力攻勢1月24日始められた。フランス軍外郭防御攻略され、残った部隊首都のロワイヤル砦に逃げ込んだイギリス軍は砦への攻撃準備を始めたが、フランス軍状況絶望的であることを察知して降伏した2月12日全島降伏したマルティニーク島陥落した後、フランス領西インド諸島グレナダセントルシアおよびセントビンセント島戦闘無しにイギリスの手落ちた1762年5月6日マルティニーク島での功績に対する褒賞としてジョン・キャンベル中佐モントゴメリー大尉昇進させ、第17歩連隊所属する10個中隊の1つ指揮官職を与えた1761年スペインフランス同盟国として参戦したイギリス軍上層部ハバナ占領すればスペイン本国とその植民地帝国通信線破壊できる考えた1762年6月6日イギリス軍の襲撃部隊ハバナ海岸から7マイル (11 km) 沖に到着したモントゴメリー中隊を含む第17歩連隊は、スペインハバナ防衛するための重要拠点であるモロ砦を攻略するものとされていたイギリス海軍戦闘艦が砦を砲撃しスペイン軍大砲のうち2門を除いて沈黙させた。7月30日モントゴメリーと第17歩連隊が砦を急襲して占領した8月下旬モントゴメリーと第17歩連隊ニューヨーク送られ戦争残り期間はそこに留まっていた。七年戦争1763年2月10日調印されパリ条約終結した

※この「カリブ海」の解説は、「リチャード・モントゴメリー」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「リチャード・モントゴメリー」の記事については、「リチャード・モントゴメリー」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 14:11 UTC 版)

ルレ・エ・シャトー」の記事における「カリブ海」の解説

バルバドスドミニカ共和国など5か国

※この「カリブ海」の解説は、「ルレ・エ・シャトー」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「ルレ・エ・シャトー」の記事については、「ルレ・エ・シャトー」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 00:12 UTC 版)

津波」の記事における「カリブ海」の解説

カリブ海では従来よりPTWC警報発表し各国に通知する体制があったが、2004年スマトラ島沖地震を受けて同様にユネスコ中心となって政府調整グループICG/CARIBE EWS設立独自の警報体制構築する動き模索されている

※この「カリブ海」の解説は、「津波」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「津波」の記事については、「津波」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 14:21 UTC 版)

エア・ジャマイカ」の記事における「カリブ海」の解説

ジャマイカキングストン モンテゴ・ベイ バハマナッソー このほかヴァージン・アトランティック航空とのコードシェアロンドンにも就航している。

※この「カリブ海」の解説は、「エア・ジャマイカ」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「エア・ジャマイカ」の記事については、「エア・ジャマイカ」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 03:01 UTC 版)

分水界」の記事における「カリブ海」の解説

カリブ海分水界は、アメリカ中西部および南部地域からなる。それはミシシッピ川流域含まれていると見て構わない五大湖周辺別とすればロッキー山脈アパラチア山脈挟まれ地域河川ミシシッピ川注いでいるからであるメキシコおよび中央アメリカ東海岸南アメリカ北東部領域含まれる。 ※地中海とカリブ海は大西洋に付属すものとい見方もあり、大西洋含めて考えて良い

※この「カリブ海」の解説は、「分水界」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「分水界」の記事については、「分水界」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 01:21 UTC 版)

キャプテンキッド」の記事における「カリブ海」の解説

J・スチュアート海の番人」と称される保安官キッドですら名を聞いただけで竦むほどの辣腕で、ドレイクライバル視していた。現在は引退しベイ・シティ花屋を営む。ピーコック差し金スタージェス戦わされたが、 ライザ・スチュアート スチュアート愛娘キッドメロメロになる心優しき美少女父と共にスタージェス一味捕らえられてしまうが、キッドにより救助された。 アルバート・スミス スチュアート後任を担う若き保安官ライザ恋人で、ピーコック捕まえた功績からライザとの結婚認められたビル・モーガン ハイ・ハーバー保安官かつては「剣戦士」と称される英雄だったが、ロロノア息子殺されてからは酒浸りの日々送っていた。 記憶失ったキッド発奮によりかつての情熱正義感取り戻し海に油を流してロロノア海賊団迎撃単身旗艦乗り込み奮戦するも、ジルロロノア凶弾からかばい戦死ロイ モーガン息子3年前保安官となって早々にロロノア人質にされ、殉職した。 ジル ハイ・ハーバーに住むボーイッシュ少女ボクっ子記憶失って放浪していたキッドジョイ半年前に死んだ飼い犬の名前)と名付け子分にしていた。実はビル娘。 ロロノアに攫われの餌にされそうになったが、ロロノア放った銃弾により記憶取り戻したキッド救助された。

※この「カリブ海」の解説は、「キャプテンキッド」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「キャプテンキッド」の記事については、「キャプテンキッド」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/09 15:55 UTC 版)

フランスによるアメリカ大陸の植民地化」の記事における「カリブ海」の解説

カリブ海でフランス主要な植民地は現在ハイチドミニカ共和国があるイスパニョーラ島であり、1664年に島の西側3分の1サン=ドマング植民地設立したサン=ドマングは「アンティル真珠」と呼ばれ、カリブ海でも最も裕福な植民地になったが、1791年黒人奴隷によるハイチ革命起こり1794年には奴隷に自由が与えられ10年後にはハイチという名前で完全な独立なされたフランスは島の東側短期間支配していたが、現在はドミニカ共和国になっている17世紀と18世紀フランス様々な時点で小アンティル諸島大半支配したこの期間にフランス支配下に入った島としては、ドミニカ島グレナダグアドループマリー・ガラント島マルティニークサン・バルテルミー島セント・クロイ島セントクリストファー島セントルシアセント・マーチン島セントビンセント島、およびトバゴ島があった。これら諸島多くはその支配を巡ってフランスイギリスおよびオランダの間で争われた。セント・マーチン島の場合はフランスオランダの間で支配分割され、それが今日まで及んでいる。七年戦争ナポレオン戦争間にイギリスフランス領諸島占領したナポレオン戦争の後、フランスグアドループマリー・ガラント島マルティニークサン・バルテルミー島およびセント・マーチン島一部領有した。これら全ては現在もフランス領のままであるグアドループマリー・ガラント島など近く諸島を含む)とマルティニークフランス海外県になっており、サン・バルテルミー島セント・マーチン島2007年フランス海外領土となっている。 マルティニークサン=ドマング異なりフランス革命の間も奴隷制廃止されなかった。一方グアドループでは1795年から奴隷が自由を獲得したフランス革命による圧力のためにパリ議会がこれを実行し新し法律執行するためにビクトル・ユーグーを派遣したが、1802年ナポレオン奴隷制度再度執行することになった

※この「カリブ海」の解説は、「フランスによるアメリカ大陸の植民地化」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「フランスによるアメリカ大陸の植民地化」の記事については、「フランスによるアメリカ大陸の植民地化」の概要を参照ください。


カリブ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/15 08:45 UTC 版)

中南米の武術一覧」の記事における「カリブ海」の解説

キューバ マニ - サトウキビ畑発達した踊りとして行われるナイフを使う。 マチェーテ・クバーノ ルチャ・デル・トレーテ ジュードーキックボックス - 柔道ベースとした、ヘッドギアレガース着用し柔道場の上行われる総合格闘技キュラソー ココ・マカク - 棒術祭りの中で行われるグアドループ ベノレ - 棒術マヨール(又はマヨレ) - 棒術。ダンミイェから生まれた。 ソヴェ・ヴァヤン - 棒術ジャマイカ バンガラン - 島流しになった人達伝え武術。 ジャマイカン・マチェーテ トリニダード・トバゴ カレンダ - 奴隷使った棒術トリニダード棒術 - 棒術二本の棒で行う。試合始めにほら貝を吹く。 ハイチ パンジュ - 奴隷武術ティレ・マチェット - なたを使った剣術バルバドス バジャン棒術 マルティニーク ダンミイェ - アフリカのンゴロの影響を受けた武術

※この「カリブ海」の解説は、「中南米の武術一覧」の解説の一部です。
「カリブ海」を含む「中南米の武術一覧」の記事については、「中南米の武術一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カリブ海」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カリブ海

出典:『Wiktionary』 (2021/06/13 09:00 UTC 版)

固有名詞

カリブ海カリブかい)

  1. 北アメリカ大陸南東南アメリカ大陸にあり、大西洋隣接する海域西インド諸島存在する

翻訳


「カリブ海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カリブ海」の関連用語

カリブ海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カリブ海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリブ海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海賊 (改訂履歴)、メイフラワー (哨戒ヨット) (改訂履歴)、年季奉公 (改訂履歴)、先住アメリカ人の一覧 (改訂履歴)、スウェーデンによるアメリカ大陸の植民地化 (改訂履歴)、リチャード・モントゴメリー (改訂履歴)、ルレ・エ・シャトー (改訂履歴)、津波 (改訂履歴)、エア・ジャマイカ (改訂履歴)、分水界 (改訂履歴)、キャプテンキッド (改訂履歴)、フランスによるアメリカ大陸の植民地化 (改訂履歴)、中南米の武術一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカリブ海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS