黒髭とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 黒髭の意味・解説 

くろ ひげ [0] 【黒髭

黒いひげ。
能面の一。飛出とびで)の一種で、口を大きく開き黒くひげを描いたもの竜神に用いる。

黒髭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/16 16:26 UTC 版)

黒髭(くろひげ、英:Blackbeard)として知られるエドワード・ティーチ、あるいはエドワード・サッチ(英:Edward Teach または Edward Thatch、1680年? - 1718年11月22日)は、西インド諸島カリブ海)と北アメリカの東海岸周辺で活動していたイギリス出身の海賊。その経歴の初期はよくわかっていないが、アン女王戦争スペイン継承戦争)中に私掠船の船乗りとして生活し、1716年頃に海賊ベンジャミン・ホーニゴールドの手下となって彼の拠点であるニュープロビデンス島に移住した。ホーニゴールド配下の時代では、後に拿捕したスループ船の船長に任命されて海賊船団の一角を構成するなど、共に多数の略奪行為に従事する。船団は後にスティード・ボネットが船長を務める船を含む2隻が加わり拡大したが、1717年の終わり頃にホーニゴールドは2隻の船と共に海賊を辞め、それに前後してティーチは海賊団の実権を握り、残った船団を統率するようになる。


注釈

  1. ^ 奴隷を輸送する目的で特別に改造された大型貨物船の通称。
  2. ^ コンスタムは海賊たちはほぼ確実に「ホラを吹いて捕虜をからかう」として事実である可能性は低いと指摘している[25]
  3. ^ これらの話の中で、ボストックは、ティーチがしきりにPinkentham船長を見つけたがっており、繰り返し彼のことを尋ねてきたという。実はPinkenthamは、Grinnawayという名の海賊に捕まっていたが、ボストックは教えなかった[26]
  4. ^ ゆっくり均一に燃えるように作られた導火線。リーはこの導火線について「鉛筆ほどの太さで、麻紐を塩水と石灰水に浸して作った導火線」と説明している[31]
  5. ^ この方針はティーチに大きく貢献した。コンスタムによればティーチは最後の戦いまで一人とすら殺さなかった[34]。シカゴ大学の経済学者であるピーター・リーソンは、彼はそんなことをする必要はまったくなかったと指摘している[35]
  6. ^ おそらくアン女王の復讐号に備え付けられたロングボート[49]
  7. ^ 鹵獲されたリベンジ号は後にサウスカロライナ植民地総督の命令により艦隊に組み込まれた。艦隊はチャールズタウンの港の入り口近くにおいて海賊団と激しい戦闘になり、1ヶ月の間に49人の海賊が処刑された。それら遺体はホワイトポイント近くの絞首台に放置されていた[50]
  8. ^ 植民地総督は1702年にウィリアム3世の布告によってイギリス国外での海賊鎮圧の権限を与えられていたが、その期限は切れており、スポッツウッドは1718年12月までジョージ1世の新たな布告を受けていなかった[61]
  9. ^ 二人の艦長はホロウェイが民事訴訟に関与していたので拒否した。
  10. ^ パール号とライム号は船足が深く、オクラコーク周辺の浅瀬を航行できなかった[68]
  11. ^ このやり取りは他に裏付けする史料がなく、ジョンソンが内容を面白くするために捏造した疑いが強い[80]
  12. ^ コンスタムは、獄中のハンズがスポッツウッドへの情報提供者だったと示唆している[91]
  13. ^ ジョンソンの説明で疑わしい多くの「事実」の中に、ティーチと英国艦スカーボロー号の遭遇がある[105]。スカーボロー号の記録にも、その艦長の手紙にも、そのような出来事があったことに言及していない。歴史家のColin Woodardは、ジョンソンが、ジョン・マーテル一味とスカーボロー号が戦闘したことと、黒髭が別の軍艦シーフォードと遭遇したことを混同したのではないかと指摘している[106]

出典

  1. ^ Perry 2006, p. 14
  2. ^ Konstam 2007, pp. 10–12
  3. ^ Lee 1974, pp. 3–4
  4. ^ Wood, Peter H (2004), “Teach, Edward (Blackbeard) (d. 1718)”, Oxford Dictionary of National Biography (Oxford University Press), http://www.oxforddnb.com/view/article/27097 2009年6月9日閲覧。 
  5. ^ Lee 1974, pp. 4–5
  6. ^ Konstam 2007, p. 19
  7. ^ a b Johnson 1724, p. 70
  8. ^ Lee 1974, p. 9
  9. ^ Woodbury 1951, pp. 71–72
  10. ^ Lee 1974, pp. 9–11
  11. ^ Lee 1974, pp. 11–12
  12. ^ Konstam 2007, pp. 64–69
  13. ^ Konstam 2007, p. 64
  14. ^ Konstam 2007, pp. 78–79
  15. ^ Lee 1974, pp. 13–14
  16. ^ Konstam 2007, pp. 66–67
  17. ^ Konstam 2007, p. 79
  18. ^ Woodbury 1951, p. 155
  19. ^ Lee 1974, p. 14
  20. ^ Konstam 2007, pp. 81–88
  21. ^ Gosse, Philip (1924). The Pirates' Who's Who by Philip Gosse. New York: Burt Franklin. http://www.gutenberg.org/files/19564/19564-h/19564-h.htm 2017年6月23日閲覧。. 
  22. ^ Lee 1974, p. 18
  23. ^ Konstam 2007, p. 88
  24. ^ Konstam 2007, pp. 154–155
  25. ^ Konstam 2007, pp. 90–91
  26. ^ Woodard 2007, pp. 224–225
  27. ^ Lee 1974, pp. 27–28
  28. ^ a b Johnson 1724, p. 87
  29. ^ Konstam 2007, p. 91
  30. ^ Konstam 2007, p. 155
  31. ^ Lee 1974, p. 21
  32. ^ Johnson 1724, p. 57
  33. ^ Lee 1974, p. 20
  34. ^ Konstam 2007, p. 157
  35. ^ Leeson, Peter T. (2010), Pirational Choice: The Economics of Infamous Pirate Practices, p. 21, http://www.peterleeson.com/Papers.html 2010年4月21日閲覧。 
  36. ^ Konstam 2007, pp. 88–89
  37. ^ Konstam 2007, pp. 124–126
  38. ^ Downey, Cristopher Byrd (2012). “Blackbeard”. Stede Bonnet: Charleston's Gentleman Pirate. The History Press. p. 44. ISBN 1609495403. https://books.google.com/books?id=jSNmqFqIzfEC&pg=PA44. 
  39. ^ Lee 1974, pp. 30–33
  40. ^ Konstam 2007, pp. 127–128
  41. ^ Konstam 2007, p. 130
  42. ^ Konstam 2007, p. 164
  43. ^ Lee 1974, pp. 39–42
  44. ^ Lee 1974, pp. 42–47
  45. ^ Lee 1974, p. 47
  46. ^ Lee 1974, pp. 50–51
  47. ^ Konstam 2007, p. 183
  48. ^ Konstam 2007, pp. 183–185
  49. ^ Konstam 2007, p. 184
  50. ^ a b Lee 1974, pp. 52–54
  51. ^ Cobbett, Howell & Howell 1816, p. 1249
  52. ^ Lee 1974, pp. 51–52
  53. ^ Konstam 2007, pp. 150, 167
  54. ^ Konstam 2007, p. 187
  55. ^ Lee 1974, pp. 52–53, 56
  56. ^ Konstam 2007, pp. 198–202
  57. ^ Lee 1974, p. 80
  58. ^ Lee 1974, pp. 85,88–90
  59. ^ Konstam 2007, pp. 204–205
  60. ^ Lee 1974, pp. 94–95
  61. ^ Konstam 2007, pp. 205–206, 217
  62. ^ a b Lee 1974, pp. 98–101
  63. ^ Lee 1974, p. 104
  64. ^ Lee 1974, pp. 104–105
  65. ^ Konstam 2007, pp. 205–207
  66. ^ Lee 1974, p. 105
  67. ^ Lee 1974, p. 106
  68. ^ Konstam 2007, p. 241
  69. ^ Lee 1974, pp. 108–110
  70. ^ Konstam 2007, pp. 242–244
  71. ^ Lee 1974, pp. 111–112
  72. ^ Woodard 2007, pp. 289–290
  73. ^ Lee 1974, p. 113
  74. ^ Johnson 1724, p. 81
  75. ^ Lee 1974, p. 210
  76. ^ Konstam 2007, pp. 246–248
  77. ^ Lee 1974, pp. 115–117
  78. ^ Konstam 2007, p. 252
  79. ^ Johnson 1724, p. 82
  80. ^ Konstam 2007, p. 251
  81. ^ Lee 1974, p. 118
  82. ^ Konstam 2007, p. 253
  83. ^ Lee 1974, pp. 119–120
  84. ^ Konstam 2007, pp. 255–257
  85. ^ Lee 1974, pp. 120–123
  86. ^ Lee 1974, pp. 122, 124
  87. ^ Konstam 2007, p. 259
  88. ^ Lee 1974, p. 139
  89. ^ a b Lee 1974, pp. 125–126
  90. ^ Konstam 2007, pp. 272–274
  91. ^ Konstam 2007, p. 271
  92. ^ Lee 1974, pp. 136–138
  93. ^ Lee 1974, p. 127
  94. ^ Konstam 2007, p. 233
  95. ^ Lee 1974, pp. 127–135
  96. ^ Lee 1974, pp. 143–153
  97. ^ Konstam 2007, pp. 274–277
  98. ^ Konstam 2007, pp. 276–280
  99. ^ a b Matson, John (26 November 2008), What Would Blackbeard Do? Why Piracy Pays, scientificamerican.com, p. 2, http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=pirates-rational-choice&page=2 2010年2月20日閲覧。 
  100. ^ Lee 1974, p. 5
  101. ^ Lee 1974, p. 168
  102. ^ Woodbury 1951, pp. 201–208
  103. ^ Woodard 2007, p. 325
  104. ^ a b Lee 1974, pp. 8–9
  105. ^ Konstam 2007, p. 90
  106. ^ Woodard 2007, pp. 222–223
  107. ^ Konstam 2007, p. 4
  108. ^ a b Konstam 2007, pp. 1–2
  109. ^ Woodbury 1951, p. 198
  110. ^ a b 15 Facts About Blackbeard”. Mental Floss (2018年11月22日). 2019年1月2日閲覧。
  111. ^ Konstam 2007, pp. 176–177
  112. ^ Konstam 2007, pp. 176–177
  113. ^ Konstam 2007, p. viii
  114. ^ Ross, I. (October 1974), Blackbeard, United States Naval Institute Proceedings, pp. 72–74 
  115. ^ Woodbury 1951, pp. 131–133
  116. ^ Konstam 2007, p. 285
  117. ^ In Shipwreck Linked to Pirate, State Sees a Tourism Treasure, The New York Times, hosted at nytimes.com, (9 November 1997), p. 134, https://www.nytimes.com/1997/11/09/us/in-shipwreck-linked-to-pirate-state-sees-a-tourism-treasure.html 2010年4月21日閲覧。 
  118. ^ 250,000 Pieces of Blackbeard from Shipwreck, islandgazette.net, (20 November 2009), オリジナルの9 July 2015時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150709054722/http://www.islandgazette.net/news-server1/index.php?option=com_content&view=article&id=9534%3A250000-pieces- 2015年3月27日閲覧。 
  119. ^ Konstam 2007, p. 288
  120. ^ Lee 1974, p. 174
  121. ^ Whedbee 1989, pp. 32–33
  122. ^ Blackbeard's Cove, blackbeardscove.net, (2007), http://www.blackbeardscove.net/ 2010年4月21日閲覧。 
  123. ^ Douglas 1835, p. 34
  124. ^ 尾田栄一郎 (w, p, i). "SBS" ONE PIECE vol. 49, p.88 (2008年3月9日), 集英社, ISBN 9784088744858
  125. ^ Konstam 2007, pp. 284–285
  126. ^ Ostrow, Joanne (2014年5月28日). “John Malkovich is a bizarro Blackbeard in NBC’s "Crossbones"”. Denver Post. http://www.denverpost.com/2014/05/28/john-malkovich-is-a-bizarro-blackbeard-in-nbcs-crossbones/ 2017年10月24日閲覧。 
  127. ^ Frielander, Whitney (2015年3月24日). “‘Divergent’s’ Ray Stevenson Joins Starz’s ‘Black Sails’ as Blackbeard”. Variety. https://variety.com/2015/tv/news/black-sails-blackbeard-ray-stevenson-1201459131/ 2017年10月24日閲覧。 





黒髭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒髭」の関連用語

黒髭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒髭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒髭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS