黄海とは? わかりやすく解説

こう‐かい〔クワウ‐〕【黄海】

中国朝鮮半島との間の海。北は遼東半島から南は済州島揚子江河口を結ぶ線までをいい、水深浅く黄河流入によって海水黄濁している。ホワンハイ。


黄海


黄海

読み方:キノミ(kinomi)

所在 岩手県東磐井郡藤沢町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

黄海

読み方
黄海きうみ

黄海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 09:48 UTC 版)

黄海(こうかい、ホワンハイ、: Yellow Sea)は、中国大陸朝鮮半島の間にある海[1][2]




「黄海」の続きの解説一覧

黄海(北岸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:45 UTC 版)

鴨緑江河口北朝鮮・中国国境愛河 (丹東市) 大洋湖里河 英那河 荘河 (遼寧省河川) 小寺河 碧流河

※この「黄海(北岸)」の解説は、「中華人民共和国の河川の一覧」の解説の一部です。» 「中華人民共和国の河川の一覧」の概要を見る


黄海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 01:31 UTC 版)

五山周囲広がる領域天帝定め法則外にあり、天界にも人界にも属さない(あるいは、天界人界とを分け隔て為の中間領域)。神に見捨てられた地とも言われる「海」という呼称だが、実際には海ではなく一国匹敵する広大な土地で、多種多様な植生育む起伏富んだ地形妖魔妖獣跳梁跋扈している。降雨量はさほど多くなく、人間世界では南方に行くほど暖かかくなるが、黄海では中央に近いほど暖かい気候となる。なお山付近の標高凌雲山の8合目相当する妖魔以外にも危険が多い土地で、流砂起こり瘴気くゆらせる沼や落石の多い山がある。黄海の外延部は金剛山呼ばれる登攀不可能な断崖絶壁険しい山脈が存在し、黄海の妖魔妖獣越えることが出来ない。「門」は騎獣飛び越える事は出来なくも無い高さだが、門番撃ち落され可能性があり、また西王母女仙達を憚って飛び越えようとする者自体少ない。そのため、金剛山越えて黄海内部に入ったり外に出たりするには、通常金剛山4つ存在する「門」を必ず通らなければならない。ただし王や麒麟玉葉招き受けた者などは、雲海の上から金剛山越えることが許される雲海の上騶虞空行すると、山から奏国の王宮清漢宮まで2日ほど掛かる雲海の上足の速い騎獣(猗即)で空行すると、金剛山早朝出発する日没五山にたどり着く。 一般には人の住めない「人外領域と言われているが、出入り自体は門が開いている間は自由となっている。そのため山に向う昇山以外にも黄海に入る者達がいる。代表的な例としては、黄海を生活の場とし、騎獣狩る朱氏や、昇山者の護衛生業とする剛氏と呼ばれる人達知られている。また自身の駆る騎獣求め武将なども、時折黄海を訪れている。 近年では天仙の中で黄海に入る人を守る唯一の存在である犬狼真君加護を受ける祈りをして黄海に入る者がいる。犬狼真君の祠廟は四令門の手前の街の四令門に通じる門の脇の壁と、四令門向こうにある城砦にあり、そこに置かれた浸した浸けられた葉がない水滴をかけるように黄海に入るもの(人や騎獣など)を払い、そのと、の脇の石壁掛けられ犬狼真君護符である小さな木のを持って黄海に入る。護符無事に黄海を出れば感謝を以って祠廟に返す慣わしなので、多くの人守ってきた墨の色も滲んでいるような古いの方好まれる人外領域あるため、黄海には本来道も里も存在しないとされるが、主に剛氏達によって各四令門から山までの道が維持されている。更に小規模ながら朱氏や剛氏など戸籍持たない「黄の民」の里があり、「黄海の守護者犬狼神君によって里木もたらされている。なお、里木もたらされ時の諸神との約束で、黄の民以外の者が里木に触れる枯れてしまうため、里の存在は黄の民以外に極秘とされている

※この「黄海」の解説は、「十二国」の解説の一部です。» 「十二国」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「黄海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



黄海と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

黄海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黄海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中華人民共和国の河川の一覧 (改訂履歴)、十二国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS